導き の 地 モンスター 変更。 【MHWアイスボーン】導きの地のモンスターを変更する方法。アプデの対策後でも可能なリセマラ!

【MHWアイスボーン】導きの地の効率的な地帯レベル上げ|上限解放方法【モンハンワールド】|ゲームエイト

導き の 地 モンスター 変更

1:やっと全プレイヤーの願いが叶う 導きの地 修正が実現する、どうもイツキです。 アイスボーンが発売(2019年9月6日)してから1か月が経過しました。 初めは、問題点など 何処にも無い完璧なゲームに見えました。 しかし、 エンドコンテンツに大問題を抱えている事が判明しました。 登場するモンスターと地帯レベルの関係性が非常に悪く、 利害関係が一致しなければ一緒に狩りをする事すら憚られるそんなエンドコンテンツでした。 更に、 特定のモンスターが出現しなければ永遠ロードを繰り返してモンスターをリセットしなければなりませんでした。 更に更に、 一番簡単にリセット出来た 「トグルームの設置物変更リセット方法」が 最速で修正され使用不可能になりました。 一部では、 「切断の地」や 「びちびちのう〇ち」など言われたい放題状態でした。 そして、今日遂に新たな調整内容が発表されました。 これで、問題を抱えていた導きの地は全ハンターに受け入れられるのか見ていきましょう。 2:調整内容 公式サイトより抜粋しました。 部分的に区切ってコメントを付けていきます。 ターゲット設定が変更された時に、 ログ(履歴)が表示されるようになります。 これで、 「入ってみたけど自分たが戦いたいモンスターじゃない」という状況が減るはずです。 更に、 「呼び出したモンスターが速攻で帰るという痕跡だけ無駄になるという鬼畜設定」も緩和されるようです。 これは、 良い調整だと思います。 前の記事でも書きましたが、 私が地帯レベルを7にした時は1地帯特定のモンスターを数時間(4~5時間)ひたすら倒し続ける状態でした。 や歴戦個体を永遠倒し続ける苦行です。 アップデートで、 全体の増減値がアップデート前の地帯レベル3までに調整されているので非常に変動が大きくなります。 大幅に増えますが、 大幅に減るという事でもあります。 せっかくのあった、 良いシステムを腐らせていた運営ですが痕跡周りに調整が入りました。 発売1か月経過した時点でも、 特殊痕跡の入手条件が良く分かっていない人も多い状態だと思います。 それが、 「本体剥ぎ取り・切断部位剥ぎ取り・捕獲達成時」で 100%の確率で入手出来ます。 本体剥ぎ取りについては、 剥ぎ取った回数分手に入るのか 1回だけなのかは不明ですがコチラもようやくバランスに見合った確率になったと言えるでしょう。 ようやく、レベルを固定出来るようになりました。 欲を言えば、 「1度地帯レベルを7まで上げた人はレベルを指定して随時変更可能」になれば文句は一切在りませんでした。 ただ、これをやってしまうと レベル変動の意味が無くなってしまうのでこれがベストの調整だと思います。 レベルがを固定すれば、どの地帯のモンスターを倒してもレベルが変動しないので地帯レベルを気にすることなくプレイ出来る用になります。 この調整が為されたことで、やっとの本質である 「いろんな人と狩りに行く」事が出来る用になります。 上の画像が、地帯レベル固定画面です。 クトボードの 「地帯レベルを固定する」を選択する事で固定が可能です。 レベルの固定は、 探索目的の部分では「固定出来ない」です。 ルーム設定は、 あくまでも部屋の設定はこうなっていると言うだけなので注意が必要です。 今まででは、 設定が大雑把すぎたので入っても意味が無い状態になる事が多かったです。 固定調査の項目が追加されたことで、 「レベルを上げたい人」と 「素材を集めたい人」が分かれるので良い調整だと思います。 探索目的の画面です。 新しい欄が増えています。 救難信号の画面でも同様に項目が増えました。 非常にありがたいです。 この項目を見るたびに、 ツィツィヤックを発見した事で瘴気地帯レベルが下がり 激高(の如く)し 「起爆竜抗で粉微塵になるまで爆殺した思い出」が蘇ります。 私のような犠牲者が出なくなるのは喜ばしい事です。 3:全体調整を見て ザックリまとめると ・呼び出したモンスターが帰りにくい ・地帯レベルがかなり上げやすくなった(下がりやすくもなった) ・特殊痕跡が入手しやすくなり討伐か捕獲で100%入手可能なった ・地帯レベルを固定出来る と言った感じでしょうか。 個人的には非常に満足できる調整だと思います。 個人的には、 特殊痕跡がやっと機能しそうで非常に嬉しいです。 運営的にも、 「モンスターを倒して痕跡で呼び出す」という流れを想定していたはずです。 しかし、 現実はそんな状態には程遠く痕跡も集まらなければ倒したいモンスターも出てこない。 挙句の果てには、 呼び出したら光の速さで帰っていくというクソバランスになっていました。 これでは、切断プレイが横行しても無理は無いと思います。 それも、次のアップデートで改善されると思うとほっとします。 ここで少し余談です。 地帯レベルが上げやすくなるので、この情報はあまり意味が無いかもしれませんが一応書いておきます。 前にも、導きの地について何個か記事を書いていました。 そこでは、 該当する地帯が少ないモンスターを狩ると良いと書きました。 そこまで、見当違いでは無いと思いますが地帯レベルは 「モンスターを討伐する事であがるのでは無い」という事が分かりました。 正確には、討伐や部位破壊などの右側に出てくる ポイントが関係しているようです。 下の動画では、 罠を繰り返し設置しポイントを重ねる事で地帯レベルを上昇させています。 この動画では、 モンスターを一切討伐していないのでこのポイント制という考え方が正しいと言えるでしょう。 ただし、 この方法は4人集まって断続的に罠にかけ続けるだけなので落とし物を拾う事は出来ません。 更に、 膨大な素材を消費する事も問題になっています。 そもそも、 野良マルチではこの方法が成立する事は無いでしょう。 ただ、 ポイントが関係していて罠を仕掛ける事でポイントに影響を及ぼす事は覚えて置いて損は無いと思います。 このやり方が、主流にならなくて済むのは本当によかった言えるでしょう。 これが、最高効率になった場合 モンスター ハンター・・・? という状態になったでしょう。 しかし、 動画は面白い上に情報にも非常に高い価値があるので一見の価値ありです! 今回は、導きの地の内容をピックアップして書いてみましたが細かい調整もされているようです。 公式サイトに調整内容が掲載されているので1度は目を通してみるといいともいます。 今回はこの辺で ノシ ituki924.

次の

初めてでもわかる「導きの地」の歩き方 ~プレイ目的やシステムについて~(MHW:IB日記)

導き の 地 モンスター 変更

アン・イシュワルダ討伐後に行けるようになるフィールド。 森林地帯、荒地地帯、陸珊瑚地帯、瘴気地帯、溶岩地帯(ver11. 01で追加)、氷雪地帯(ver12. 01で追加)の6つの地帯から構成されており、 導きの地で初めて出現するモンスターやカスタム強化に使用する専用の素材が入手できる。 狩猟しても無限に大型モンスターが湧いてくる仕様。 ただし、ホスト(受注したプレイヤー)がいなくなるとモンスターは湧かなくなる。 森林地帯、荒地地帯、陸珊瑚地帯、瘴気地帯、溶岩地帯それぞれに地帯LVが存在し、 痕跡入手、部位破壊、罠にかける、狩猟及び捕獲でLVを上昇させるためのゲージが増加する。 ver11. 01からはモンスター発見で地帯レベルが変動しなくなった。 どの地帯のLVが上がるかは、そのモンスターの地帯アイコンで決まる。 地帯アイコンは生態マップで確認できる。 ただし、対象モンスターが複数の地帯に出現するモンスターだった場合、そのモンスターが出現できる全ての地帯のゲージが増加する傾向にある。 貰えるゲージ量の一部が分配されるだけなので、どこにでも出現するイヴェルカーナなどでは、一つの地帯を上げるのに向いていない。 現在のゲージ量は、導きの地のリザルト画面以外ではギルドカードからも確認できる。 LVが上がるとリオレウス希少種、リオレイア希少種、ティガレックス亜種、傷ついたイャンガルルガや歴戦の個体が登場するようになる。 初期の上限LVは4。 モンスターの発見、痕跡入手の2つは、その行為を行ったプレイヤーの地帯LVが上昇する。 一つの地帯ゲージを上げると、他の地帯のゲージが下がる仕組み。 合計LVは導きの地での狩猟数に応じて増えていく仕様。 4地帯のレベルを最大にすることも可能。 ただし、そのためには600~800ほどの狩猟数が必要と言われている。 自身で地帯LVはを上げる場合は、全地帯を満遍なく上げていくより、一つの地帯LVを上げていくのをオススメ。 他の地帯の素材が欲しい場合は、その地帯を最大LVまで上げている人を探すか、 その地帯だけを集中してLVを上げていくしかない。 ホスト(受注したプレイヤー)の地帯レベルが低いほど、ゲージの上昇量が大きい。 ホストのLVが1の場合でもモンスター1体でLV6の地帯ゲージを約半分上げることができる。 地帯レベルはレベルが高いほど上がりにくい仕様。 ver11. 01からは、 LV1、2が一番上がりやすく、LV3~6、LV7の順にレベルが上がりにくくなる。 ver11. 01から地帯レベルを変動させない設定が追加された。 ただし、固定できる地帯を選ぶことはできず、全地帯を固定するかしないかの二択。 01からは、導きの地からでも設定することが可能。 受付嬢に話しかけて「環境を固定する」で設定できる。 ver12. 01から地帯レベルを下げることができる。 (クエストリーダーのみ) 上げることはできないので注意。 また、地帯レベル1のゲージを0にすることはできない。 地帯レベルを下げるには、導きの地で受付嬢に話しかけて「環境の調節」で設定できる。 そもそもレベルが下がらず、上げた後は好きな地帯レベルに変更できる仕様にすればすごく快適になる。 各地帯の骨塚、鉱石を採取すると、専用の骨ゲージと鉱石ゲージが上昇する。 ゲージが最大まで上昇すると、ゲージが減ってしまうが、巨大骨塚、巨大鉱脈が出現。 ゲージの右側に「!」マークがある場合は、巨大骨塚、巨大鉱脈が出現していることを表す。 大型モンスターの剥ぎ取りや捕獲、縄張り争いの跡の入手で特殊痕跡が入手できる。 ver11. 01からは本体剥ぎ取り、切断部位剥ぎ取り、捕獲時に解析が100%進むようになった。 縄張り争いの跡は、縄張り争い時に発生するものではなく、各地にランダムで出現する特別な痕跡のことを指す。 痕跡なのに至近距離まで行かないと、光らないという見つけるのに不便な仕様になってしまっている。 特殊痕跡は、大型モンスターの討伐、捕獲、部位破壊(モンスター1頭につき1回)、縄張り争いの跡の入手で解析が進む。 特殊痕跡の対象と同じ種族の大型モンスターの部位破壊をした場合は、解析が2個進む。 解析状況が最大になると、モンスターをいつでもおびき出でるようになる。 ver12. 01から、特殊痕跡を入手した時に、クエストメンバーも特殊痕跡を獲得できるようになった。 非戦闘員かつ現場主義で危険が及んだ時に周囲の人間に庇わせることでその人物を危険に晒す受付嬢に話しかけて、 解析済みの特殊痕跡でモンスターをおびき出すことができる。 (調査を終了する必要あり) おびき出すモンスターはLVを無視して呼び出すことができる。 歴戦の個体が出現するLV帯の場合、呼び出されるモンスターは必ず歴戦の個体になる。 大型モンスター狩猟後に、すぐにおびき出すと、その後に古龍が乱入した場合、おびき出したモンスターが消されてしまうので、次のモンスターが出現してからおびき出すこと。 ver11. 50からはこの方法で特殊痕跡を集めることはできなくなったので注意。 歴戦の個体のラドバルキンかウラガンキンを ぶっ飛ばしなどで転倒させて背中から採掘すると、特殊痕跡が確定で入手できる。 転倒させるたびに1つ入手できる。 ただし、入手できる特殊痕跡はその地帯に出現するモンスターのみ。 古龍系はおそらく入手できない。 探索扱いのため、何回力尽きても問題ないので不屈スキルが有効。 力尽きたときのクエスト報酬が減る仕様は、未発覚時のときは適応されないので、問題なし。 防具なしでスロットのある武器(防御力が上がらない)に逆境珠を入れた装備をマイセットに登録。 (ボマースキルはハンターへのダメージに影響しないので不要) 次に不屈を発動させた別の防具をマイセットに登録。 アイテムマイセットにx2、大タル爆弾Gx2だけを用意し、 爆弾をアイテムショートカットに登録。 アイテムポーチに守りの護符、守りの爪は入れないこと。 開幕、食事をとらずにBCから出て、大タル爆弾と大タル爆弾Gそれぞれ1個ずつをクラッチクローで起爆して力尽きる。 これをもう一回行う。 こやし弾ではなく、クラッチクローで起爆したほうがいいことを教えてくれた方、ありがとうございます。 一度不屈スキルの効果が切れると、やり直さない限り、不屈スキルを発動させることはできない。 装備を変更する時に、地位度でも不屈スキルが発動していない装備に変更してしまうと、不屈スキルの効果が消滅してしまう。 こうなったら一度導きの地を出てやり直さないと不屈スキルを発動させることができない。 上げたい地帯のモンスター 探索と同じ仕様なので、探索してから他のフィールドの探索をするを繰り返すだけで初期配置のモンスターを変更できる。 ロード時間の長い渡りの凍て地は避けるのが無難。 トレーニングエリアのルームサービスに話しかけ、配置物の変更を選択すると、初期配置のモンスターを変更できる。 02でこの方法はできなくなってしまった。 剥ぎ取り、捕獲、落とし物で専用素材が入手できる。 剥ぎ取りより捕獲の方が多く入手できる。 落とし物は、怯み、ぶっ飛ばしで壁にぶつかるなどで通常とは違って大量に落ちるので、落とし物が消える前に拾っておく。 また、落とし物は地質学スキルLV1を発動させた状態で拾うと2個入手できる。 そのうち修正される。 骨系は龍脈の~が通常モンスターから、霊脈の~は歴戦の個体から入手できる。 霊脈玉のかけら、霊脈玉、大霊脈玉は歴戦の個体から入手できる。 一部の専用素材はマカ錬金で入手できる。 ただし、歴戦の個体の古龍、リオレイア希少種、リオレウス希少種、歴戦の個体ティガレックス亜種の専用素材はマカ錬金で入手できない。 戦闘が面倒なナナなどモンスターでかなり有効。 LV2睡眠弾の調合、LV1睡眠弾の調合、増強剤の調合をアイテムショートカットに登録しておく。 これらの調合素材のネムリ草、ハチミツ、にが虫をアイテムポーチに入れる。 ボウガンパーツは リロード補助パーツx2と反動抑制パーツx2。 ライトボウガンなので、クラッチからの武器攻撃でもぶっ飛ばし用のスリンガーを確保できる。 装衣は、クラッチしやすくする不動の装衣と転身の装衣。 ・真・業物/弾丸節約もしくは業物/弾丸節約 これがあると1回で3睡眠をとれることが多くなる。 ・属性解放/装填拡張LV3 LV2睡眠弾の装填数を増やすのに必要。 ・睡眠属性強化 ・耳栓LV5 モンスターが起きた時、怒り状態になったときの咆哮による硬直を防ぐ。 不動の装衣だけでは足りないので、あると非常に便利。 開幕、ぶっ飛ばしで壁にぶつける。 ダウン中にクラッチからの武器攻撃か落ちているスリンガーを拾って、ぶっ飛ばし用のスリンガーを確保しておく。 もう一度ぶっ飛ばすと怒り条件を満たすので、ダウン中にLV2睡眠弾を撃って眠らせる。 これを繰り返す。 ダウン中のモンスターはSA状態になっており、睡眠の条件を満たしても睡眠状態にならない。 状態異常に必要な量を蓄積させた場合、後1状態異常が発生する状態になる。 ダウン中のSAは罠に対しては無効。 睡眠状態中のモンスターが起きている動作中はSA状態でも怯み無効状態ではないので、 クラッチしたらすぐにぶっ飛ばしかクロー攻撃をしても問題ない。 武器攻撃でスリンガーを拾うと、モンスターによっては1回行動できるので、隙をみつけてクラッチする。 眠らせる時に壁際に移動し、怒り以降モーションを壁に向くように仕向けると、睡眠後のぶっ飛ばしが成功しやすくなる。 (怒りモーションが振り向きながら行うモンスターの場合) できるだけクロー攻撃は行わないようにする。 ぶっ飛ばしとクロー攻撃は怒り蓄積値が高めに設定されているので、 クロー攻撃を多用すると怒り状態になるまでの間に2回ぶっ飛ばすことができなくなる。 3回クロー攻撃をすればだいたいのモンスターは怒り状態になる。 もし、クロー攻撃で怒り状態を満たしても、クロー攻撃後のぶっ飛ばしは有効。 武器攻撃によってモンスターが落とすスリンガーの弾数には限りがあるので、 睡眠動作中に武器攻撃を当ててスリンガーを回収していると、スリンガー切れを起こすことがある。 怒り条件を満たしていても、怒り動作に入る前に眠らせてしまうと、 怒りを睡眠でキャンセルさせた扱いにならず、起きてから怒り動作に以降するので注意。 罠でもレベルが上がるのを利用したレベル上げ。 普通に大型モンスターと戦うより効率がいい。 罠を連続で使用して、なくなったらBCに戻って罠を補給する。 これを繰り返すだけ。 痕跡も拾っておく。 使う罠は連続で仕掛けられるシビレ罠が3個と落とし穴1個。 先にシビレ罠を3個使用して、最後に落とし穴を使用してモドリ玉でBCに戻る。 アイテムショートカットにシビレ罠の調合をセットしておく。 アイテムポーチにx2、x2、シビレ罠、落とし穴、モドリ玉。 これらの4頭のモンスターは、初めて遭遇するまでハンターノートには表示されない。 初めて出現した時は「???」で表示される。 その地帯のLVで初めて出現するモンスターは背景を水色にしています。 LV モンスター 専用素材 LV1 ドスジャグラス x1 x1 プケプケ x1 x1 トビカガチ x1 x1 アンジャナフ x1 x1 LV2 ドスジャグラス x1 x1 プケプケ x1 x1 トビカガチ x1 x1 アンジャナフ x1 x1 バフバロ x1 x1 リオレイア x1 x1 リオレウス x1 x1 パオウルムー亜種 x1 x1 ナルガクルガ x1 x1 ジンオウガ x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 LV3 アンジャナフ x1 x1 リオレウス x1 x1 ナルガクルガ x1 x1 ジンオウガ x1 x1 イャンガルルガ x1 x1 ドスジャグラス x1 x1 プケプケ x1 x1 トビカガチ x1 x1 リオレイア x1 x1 リオレウス亜種 x1 x1 バフバロ x1 x1 パオウルムー亜種 x1 x1 ディノバルド x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 ティガレックス x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 LV4 プケプケ(歴戦の個体) x1 x1 x1 トビカガチ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレウス x1 x1 リオレウス亜種 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ナルガクルガ x1 x1 ジンオウガ x1 x1 イャンガルルガ x1 x1 アンジャナフ x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 ドスジャグラス x1 x1 リオレイア x1 x1 パオウルムー亜種 x1 x1 ディノバルド x1 x1 ティガレックス x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 LV5 アンジャナフ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレウス(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレウス亜種 x1 x1 クシャルダオラ x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 ジンオウガ x1 x1 イャンガルルガ x1 x1 プケプケ(歴戦の個体) x1 x1 x1 トビカガチ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 パオウルムー亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ナルガクルガ x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 ドスジャグラス x1 ディノバルド x1 x1 ティガレックス x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV6 リオレウス亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 クシャルダオラ x1 x1 ナルガクルガ(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ジンオウガ(歴戦の個体) x1 x1 x1 傷ついたイャンガルルガ x1 x1 x1 アンジャナフ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレウス(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 ドスジャグラス x1 プケプケ(歴戦の個体) x1 x1 x1 トビカガチ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 パオウルムー亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディノバルド(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV7 クシャルダオラ(歴戦の個体) x1 歴戦の剛翼x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ(歴戦の個体) ver12. 01で追加 通常個体と歴戦の個体どちらが出現するかはランダム x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 傷ついたイャンガルルガ x1 x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 リオレウス亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ナルガクルガ(歴戦の個体) x1 x1 x1 イヴェルカーナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー(歴戦の個体) x1 x1 x1 ジンオウガ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ドスジャグラス x1 プケプケ(歴戦の個体) x1 x1 x1 トビカガチ(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレウス(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 パオウルムー亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディノバルド(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 LV モンスター 専用素材 LV1 クルルヤック x1 x1 ボルボロス x1 x1 プケプケ x1 x1 リオレイア x1 x1 パオウルムー亜種 x1 x1 LV2 クルルヤック x1 x1 ボルボロス x1 x1 リオレイア x1 x1 パオウルムー亜種 x1 x1 アンジャナフ x1 x1 ディアブロス x1 x1 リオレイア亜種 x1 x1 ディノバルド x1 x1 プケプケ x1 x1 バフバロ x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 LV3 リオレイア x1 x1 ディアブロス x1 x1 パオウルムー亜種 x1 x1 ディノバルド x1 x1 クルルヤック x1 x1 ボルボロス x1 x1 アンジャナフ x1 x1 リオレイア亜種 x1 x1 ディアブロス亜種 x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 プケプケ x1 x1 バフバロ x1 x1 ティガレックス x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 LV4 ボルボロス(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディアブロス x1 x1 ディアブロス亜種 x1 x1 ディノバルド x1 x1 プケプケ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア x1 x1 パオウルムー亜種 x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 クルルヤック x1 アンジャナフ x1 x1 リオレイア亜種 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 LV5 リオレイア(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディアブロス(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディアブロス亜種 x1 x1 テオ・テスカトル x1 x1 ナナ・テスカトリ x1 x1 パオウルムー亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 ボルボロス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディノバルド x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 クルルヤック x1 プケプケ(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV6 ディアブロス亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 テオ・テスカトル x1 x1 ナナ・テスカトリ x1 x1 ディノバルド(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 リオレイア(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディアブロス(歴戦の個体) x1 x1 x1 パオウルムー亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 リオレイア希少種 x1 x1 クルルヤック x1 プケプケ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ボルボロス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV7 テオ・テスカトル(歴戦の個体) x1 x1 x1 ナナ・テスカトリ(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ(歴戦の個体) ver12. 01で追加 通常個体と歴戦の個体どちらが出現するかはランダム x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 リオレイア希少種(歴戦の個体) ver11. 01から それ以前は通常個体が出現 x1 x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 ディアブロス亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディノバルド(歴戦の個体) x1 x1 x1 イヴェルカーナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー(歴戦の個体) x1 x1 x1 クルルヤック x1 プケプケ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ボルボロス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディアブロス(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 パオウルムー亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 LV モンスター 専用素材 LV1 ツィツィヤック x1 x1 バフバロ x1 x1 パオウルムー x1 x1 プケプケ亜種 x1 x1 LV2 ツィツィヤック x1 x1 パオウルムー x1 x1 リオレイア亜種 x1 x1 プケプケ亜種 x1 x1 レイギエナ x1 x1 バフバロ x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 LV3 パオウルムー x1 x1 レイギエナ x1 x1 リオレイア亜種 x1 x1 プケプケ亜種 x1 x1 ナルガクルガ x1 x1 ツィツィヤック x1 x1 オドガロン x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 ジンオウガ x1 x1 バフバロ x1 x1 LV4 パオウルムー(歴戦の個体) x1 x1 x1 レイギエナ x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 リオレイア亜種 x1 x1 プケプケ亜種 x1 x1 ナルガクルガ x1 x1 ジンオウガ x1 x1 ツィツィヤック x1 オドガロン x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 LV5 レイギエナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 キリン x1 x1 リオレイア亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 プケプケ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 ネロミェール x1 x1 パオウルムー(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ジンオウガ x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 ツィツィヤック x1 オドガロン(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ナルガクルガ x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV6 キリン x1 x1 ネロミェール x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 リオレウス希少種 x1 x1 レイギエナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 プケプケ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 ジンオウガ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 ツィツィヤック x1 パオウルムー(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ナルガクルガ(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV7 キリン(歴戦の個体) x1 x1 x1 ネロミェール(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ(歴戦の個体) ver12. 01で追加 通常個体と歴戦の個体どちらが出現するかはランダム x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 リオレウス希少種 ver11. 01から それ以前は通常個体が出現 x1 x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 イヴェルカーナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー(歴戦の個体) x1 x1 x1 ツィツィヤック x1 パオウルムー(歴戦の個体) x1 x1 x1 レイギエナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 プケプケ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ナルガクルガ(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ジンオウガ(歴戦の個体) x1 x1 x1 LV モンスター 専用素材 LV1 ドスギルオス x1 x1 バフバロ x1 x1 ラドバルキン x1 x1 LV2 ドスギルオス x1 x1 ラドバルキン x1 x1 オドガロン x1 x1 バフバロ x1 x1 ティガレックス x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 LV3 ラドバルキン x1 x1 オドガロン x1 x1 ティガレックス x1 x1 ドスギルオス x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 バフバロ x1 x1 ディノバルド亜種 x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 LV4 ラドバルキン(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン x1 x1 ティガレックス x1 x1 ディノバルド亜種 x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 ドスギルオス x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 LV5 オドガロン(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディノバルド亜種 x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 死を纏うヴァルハザク x1 x1 ラドバルキン(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 ドスギルオス x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV6 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 ディノバルド亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 死を纏うヴァルハザク x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ティガレックス亜種 x1 x1 オドガロン(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 ドスギルオス x1 ラドバルキン(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV7 死を纏うヴァルハザク(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ(歴戦の個体) ver12. 01で追加 通常個体と歴戦の個体どちらが出現するかはランダム x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 ティガレックス亜種 x1 x1 x1 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 ラージャン ver11. 01から x1 x1 ディノバルド亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 イヴェルカーナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー(歴戦の個体) x1 x1 x1 ドスギルオス x1 ラドバルキン(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 溶岩地帯は後に出現。 LV モンスター 専用素材 LV1 ドドガマル x1 x1 ヴォルガノス x1 x1 バフバロ x1 x1 LV2 ドドガマル x1 x1 ヴォルガノス x1 x1 ウラガンキン x1 x1 バフバロ x1 x1 ブラキディオス x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 LV3 リオレウス x1 x1 ヴォルガノス x1 x1 ウラガンキン x1 x1 ブラキディオス x1 x1 ドドガマル x1 x1 ディノバルド x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 バフバロ x1 x1 ティガレックス x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 ラージャン x1 x1 LV4 ヴォルガノス(歴戦の個体) x1 x1 x1 ウラガンキン x1 x1 リオレウス亜種 x1 x1 ブラキディオス x1 x1 リオレウス x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 紅蓮滾るバゼルギウス x1 x1 ラージャン x1 x1 ドドガマル x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 ディノバルド x1 x1 ティガレックス x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 LV5 リオレウス(歴戦の個体) x1 x1 x1 ウラガンキン x1 x1 テオ・テスカトル x1 x1 ナナ・テスカトリ x1 x1 クシャルダオラ x1 x1 紅蓮滾るバゼルギウス x1 x1 ラージャン x1 x1 ヴォルガノス(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレウス亜種 x1 x1 ブラキディオス x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ドドガマル x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 ディノバルド x1 x1 ティガレックス x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV6 リオレウス亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ブラキディオス(歴戦の個体) x1 x1 x1 紅蓮滾るバゼルギウス x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ラージャン x1 x1 リオレウス(歴戦の個体) x1 x1 x1 ウラガンキン(歴戦の個体) x1 x1 x1 テオ・テスカトル x1 x1 ナナ・テスカトリ x1 x1 クシャルダオラ x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレイア希少種 x1 x1 リオレウス希少種 x1 x1 ドドガマル x1 x1 ヴォルガノス(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 ディノバルド(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV7 テオ・テスカトル(歴戦の個体) x1 x1 x1 ナナ・テスカトリ(歴戦の個体) x1 x1 x1 クシャルダオラ(歴戦の個体) x1 x1 x1 紅蓮滾るバゼルギウス(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ(歴戦の個体) ver12. 01で追加 通常個体と歴戦の個体どちらが出現するかはランダム x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 リオレイア希少種 x1 x1 リオレウス希少種 x1 x1 ラージャン(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレウス亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ブラキディオス(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー(歴戦の個体) x1 x1 x1 リオレウス(歴戦の個体) x1 x1 x1 ドドガマル x1 x1 ヴォルガノス(歴戦の個体) x1 x1 x1 ウラガンキン(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 ディノバルド(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 氷雪地帯は後に出現。 ジンオウガ亜種はクリア後に出現 LV モンスター 専用素材 LV1 バフバロ x1 x1 トビカガチ亜種 x1 x1 LV2 トビカガチ亜種 x1 x1 レイギエナ x1 x1 バフバロ x1 x1 ベリオロス x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 LV3 レイギエナ x1 x1 トビカガチ亜種 x1 x1 ベリオロス x1 x1 ティガレックス x1 x1 凍て刺すレイギエナ x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 ジンオウガ亜種 x1 x1 バフバロ x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 LV4 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ベリオロス x1 x1 凍て刺すレイギエナ x1 x1 ジンオウガ亜種 x1 x1 レイギエナ x1 x1 トビカガチ亜種 x1 x1 ティガレックス x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 アンジャナフ亜種 x1 x1 ラージャン x1 x1 LV5 レイギエナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 トビカガチ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 凍て刺すレイギエナ x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 ジンオウガ亜種 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ベリオロス x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ラージャン x1 x1 ティガレックス x1 x1 オドガロン亜種 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV6 ベリオロス(歴戦の個体) x1 x1 x1 凍て刺すレイギエナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 イヴェルカーナ x1 x1 怒り喰らうイビルジョー x1 x1 ジンオウガ亜種 x1 x1 レイギエナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 トビカガチ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ラージャン x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ x1 x1 LV7 イヴェルカーナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 悉くを殲ぼすネルギガンテ(歴戦の個体) x1 x1 x1 ラージャン x1 x1 ジンオウガ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ベリオロス(歴戦の個体) x1 x1 x1 凍て刺すレイギエナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 怒り喰らうイビルジョー(歴戦の個体) x1 x1 x1 レイギエナ(歴戦の個体) x1 x1 x1 バフバロ(歴戦の個体) x1 x1 x1 トビカガチ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 ティガレックス(歴戦の個体) x1 x1 x1 アンジャナフ亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1 オドガロン亜種(歴戦の個体) x1 x1 x1.

次の

【モンハンワールド:アイスボーン】導きの地の基本情報と特殊痕跡の入手・解析方法について【MHWI】

導き の 地 モンスター 変更

恐らくは地帯レベル合計値の上限を上げたいということでしょうか。 上限が足りていて、4か所7にできる状態なら荒れ地で狩猟をしましょう。 そうでないなら、地帯レベルの上限を上昇させましょう。 何か特別な手段というのはありません。 導きの地で大型モンスターをただひたすら狩猟するだけです。 導きの地の上限はモンスターを狩猟するとほんのわずかに上昇します。 モンスターの種類や歴戦かどうかは関係ありませんが、地帯レベルは大きく関係してきます。 例えば、地帯レベル1の場所に出現したバフバロを狩猟するより、地帯レベル7の場所に出現したバフバロを狩猟する方が上限値の上昇は大きくなります。 地帯レベル7の場所(どこでもいい)に出現するモンスターを狩猟し続けてください。 色々な場所に出現するモンスターでも、マップでレベル7の場所に出現していれば大丈夫です。 ある程度狩猟を進めると上限が4地帯7にするまで上げることが可能となるので固定を解除してレベルを上げましょう。 地帯レベルは固定したままで大丈夫です。 解除しておくと変に上がりすぎたりどこか下がったりして面倒なので固定しておくことをお勧めします。 また、ゲスト参加で誰かの導きの地で狩猟をしても自分の上限値を上げることは可能です。 ただし、自分が氷雪7でもゲストが氷雪1の場合は氷雪1分の上限しか上がらないことは注意してください。

次の