楽天モバイル 解約 電話番号。 楽天モバイルの問い合わせ電話番号!問い合わせ通話料金・チャット営業時間解説

楽天モバイルの解約電話が繋がらない!電話窓口がViberに変わる?解約方法、解約金について解説

楽天モバイル 解約 電話番号

楽天モバイルカスタマーセンターが新規ユーザーと利用中ユーザーで分離 楽天モバイルでは電話の問い合わせ窓口として「楽天モバイルカスタマーセンター」を持っています。 他社ではサポートセンター、お客様サポートとも呼ばれているものです。 以前は楽天モバイルカスタマーセンターの窓口は1つであり、メンバーズステーションやチャットサポートでは扱えなかった契約に関することも楽天モバイルカスタマーセンターでは可能であったため、問い合わせ方法の中では一番出来ることの多かった問い合わせ先でした。 ところが2018年5月14日以降から楽天モバイルを検討している「新規ユーザー」と、現在既に楽天モバイルを利用している「利用中ユーザー」の2つに電話やチャットサポートの問い合わせ先が2分割されました。 また、既に楽天モバイルを利用している利用中ユーザーの場合、スマホアプリの「Viber」を使用しないと通話料が無料にならなくなりました。 このインパクトが大きかったせいでしょうか、「楽天モバイルカスタマーセンター 電話 への問い合わせはViberを使用しないといけない」といった情報がニュースやスマホサイトの記事になっていますが、正確には前述したように「既に楽天モバイルを利用している利用中ユーザー」の場合であり、楽天モバイルを検討している「新規ユーザー」には今まで通りフリーダイヤルの電話窓口が存在しています。 楽天モバイルカスタマーセンターの営業時間と繋がりやすい時間帯 楽天モバイルカスタマーセンターの共通情報としまして、営業時間と繋がりやすい時間帯は下記のようになります。 公式的には上の画像にありますように、待ち時間は「5~20分」となっています。 私は月曜日の17時にかけましたが、待ち時間は30秒ほどでした。 楽天モバイルカスタマーセンターの電話番号 新規ユーザー 楽天モバイルカスタマーセンターの電話番号と通話料金 楽天モバイルを検討している新規ユーザー向け は以下のようになります。 楽天モバイルカスタマーセンターへ電話した際、直接オペレーター 人 に繋がるわけではなく、自動音声によるメニューガイダンスが流れます。 その際に質問内容にあったメニュー番号を選択していくことになりますが、その一覧が下記になります。 2019年9月8日現在 1:ご契約前のお問い合わせ 申込後の本人確認手続き・配送状況のお問い合わせ 21:本人確認手続きについて 22:商品の発送状況について SIM・端末到着後の初期設定のお問い合わせ 31:インターネット接続設定(APN設定)について 32:ご自宅でのMNP開通手続きについて 33:その他のお問い合わせ 楽天モバイルカスタマーセンターへ電話をする際は、念のためのお問い合わせページで電話番号やダイヤル表を確認するとよいでしょう。 楽天モバイルに新規契約・MNPを考えている方の質問先 格安SIMの楽天モバイルへ新規に契約、もしくはMNP先として検討している方で、疑問点や質問がある場合は1番の「ご契約前のお問い合わせ」を選択しましょう。 特に今までドコモやauなど大手3大携帯会社を利用していた方にとっては、ネット契約主体のMVNOに不安や疑問点が多いと思います。 楽天モバイルは利用者の多さから問い合わせ傾向が蓄積されており、かなり短い間隔で問題を解決するための情報をサイトに盛り込んでいます。 まずは楽天モバイルサイトを見てみると、内容によっては楽天モバイルカスタマーセンターへ電話をするより早く解決するかもしれません。 この短いタイミングにかかわらず、細分化された問い合わせ先が2つ用意されています。 おそらく契約時期のズレやMNPの有効期間切れなどお金に撥ねてくるケースが多いですので、楽天モバイルカスタマーセンターでの問い合わせスピードを上げるためにこのような対策をしていると思います。 質問内容としましては「本人確認書類のデータアップロードがエラー」などの本人確認関係、楽天モバイルのSIMカードやセット販売スマホ端末の配送状況確認方法、初期設定に必要なインターネット接続設定 APN設定 の方法などでしょうか。 契約に絡むタイミングですので焦ってしまう方もいるかもしれませんが、少なくとも上記内容はサイトのお問い合わせページに回答、もしくは説明の動画が用意されているものもありますので、参照してみるとよいかもしれません。 楽天モバイル側もこのタイミングの重要性は理解しているようで、かなり手厚く情報提示をしていると感じます。 楽天モバイルカスタマーセンターの電話番号 利用中ユーザー 楽天モバイルカスタマーセンターの電話番号と通話料金 現在既に楽天モバイルを利用している利用中ユーザー向け は以下のようになります。 つまりフリーダイヤルではないということです。 利用中ユーザーが楽天モバイルカスタマーセンターへ無料で問い合わせするには、Viberというスマホアプリを使用するしかありません。 ただし電話料金はかかりませんが通信ネットワークは使用しますので、別途パケット通信料が発生します。 楽天モバイルカスタマーセンターへ電話した際、直接オペレーター 人 に繋がるわけではなく、自動音声によるメニューガイダンスが流れます。 その際に質問内容にあったメニュー番号を選択していくことになりますが、その一覧が下記になります。 2019年9月8日現在 ご契約・ご利用料金について 00:振込請求書や督促状発送、未払い料金照会について 01:ご契約情報の確認・変更について 02:楽天でんわなどのオプションに関する確認・変更について 03:ご利用料金の明細内容について 04:その他ご契約・ご利用料金について 1:端末の操作方法やトラブル・インターネット接続のお問い合わせ 2:紛失・盗難 3:ご解約や他社へのお乗換について 4:その他のお問い合わせ 楽天モバイルカスタマーセンターへ電話をする際は、念のためのお問い合わせページで電話番号やダイヤル表を確認するとよいでしょう。 お問い合わせ検索や楽天モバイルチャットサポートも活用 疑問点や質問などの問い合わせ先としてとりあえず電話、となりがちですが、楽天モバイルの公式サイトにあります「お問い合わせ検索」や「楽天モバイルチャットサポート」も視野に入れましょう。 楽天モバイルは格安SIM・格安スマホとしては公式サイトの情報がかなり充実しており、公式サイトを見るだけで解決することも多いです。 特に「お問い合わせ」ページにあります「お問い合わせ検索」は、わかりやすく良くできていると思います。 質問の内容に合わせて、該当するメニューをタップ クリック していきます。 選択内容に合わせて、細分化された選択肢が自動生成されていきます。 最終的に質問の回答になるような情報を、1ページにまとめて表示してくれます。 試しに「本人確認書類アップロード方法」を選択しますと、このようなページが表示されます。 文字情報だけでなく、わかり辛い手順などは動画も用意されており、電話や文字では伝わり難い部分を補完してくれます。 このような楽天モバイルサイト上の「よくある質問」や「各種マニュアル」、などの代替手段もありますので、賢く使い分けて無駄なくスムーズに問題解決できるとよいですね。

次の

楽天モバイルを解約する方法・手順【違約金・SIMカード返却・電話番号】 ≫ 使い方・方法まとめサイト

楽天モバイル 解約 電話番号

電話番号(フリーダイヤル・無料):• 受付時間:9時~20時• 営業日:年中無休 公式サイトによると、 12時~15時が特に混雑するそうです。 電話が繋がると音声ガイダンスが流れますので、番号をプッシュしてください。 楽天モバイルの公式サイトでは音声ガイダンスが簡単に表示されないため、こちらでもお伝えします。 電話番号(有料・Viberは無料):• 受付時間:9時~20時• 営業日:年中無休 公式サイトによると、 12時~14時が特に混雑するそうです。 電話が繋がると音声ガイダンスが流れますので、番号をプッシュしてください。 楽天モバイルの公式サイトでは音声ガイダンスが簡単に表示されないため、こちらでもお伝えします。 最初に流れる音声ガイダンス サービスの選択 番号 スーパーホーダイ・組合わせプランをご検討中の方 1 無料サポータープログラムに当選し、申し込み中の方 2 お問い合わせ内容 短縮番号 振込請求書や督促状発送、未払い料金照会 10 ご契約情報の確認・変更 11 楽天でんわなどのオプションに関する確認・変更 12 ご利用料金の明細内容 13 その他ご契約・ご利用料金 14 製品の操作方法やトラブル・インターネット接続 2 紛失・盗難 3 ご解約や他社へのお乗り換え 4 その他のお問い合わせ 5 盗難・紛失などによる利用停止・再開の電話番号 無料 楽天モバイルの端末が盗難にあったり紛失してしまった場合に、端末の利用停止や再開ができます。 上記でお伝えしました「楽天モバイルを利用中の電話番号(有料・Viberは無料)」でも盗難・紛失に対応してくれますが、営業時間が決まっていて、さらにオペレーターさんに繋がるまで時間がかかることがあります。 緊急の場合はこちらの電話番号にかけてください。 電話番号(有料):• 受付時間:24時間• 営業日:年中無休 楽天モバイルの電話以外の問い合わせ方法 楽天モバイルには電話以外にメール、チャット、アプリからの問い合わせ方法があります。 メールで問い合わせ 楽天モバイルにメールで問い合わせしたい場合は、ヘルプページのお問い合わせにある送信フォームから質問内容を入力し、「送信」を選択してください。 (楽天モバイルの公式サイト) チャットで問い合わせ 楽天モバイルにはAIが質問に答えてくれる「AIチャット」があります。 オペレーターさんが対応するわけではないので、期待したような答えが返ってこないことがありますが、基本的な質問にはちゃんと答えてくれます。 下記のリンクを選択すると「AIチャット」がスタートします。 (楽天モバイルの公式サイト).

次の

楽天モバイルを解約・MNP転出する手順を解説

楽天モバイル 解約 電話番号

Contents• 楽天モバイルはいつ解約しても大丈夫。 楽天モバイルの新プラン 『楽天アンリミット』がスタートしました。 早速私も申し込み・開通しました。 楽天アンリミットのウリの一つに 『契約期間なし・解約金なし』という項目があります。 これによってお試し感覚で乗り換えることも可能になりました。 新プランスタートから1か月弱。 無制限の恩恵をうけられるエリア内のユーザーから好評な反面、サポート対応の悪さなども目立ちます。 試してみたけどやっぱやめた!という方も一定程度いますので、早速ですが解約方法&注意点についてもまとめてみたいと思います。 楽天モバイル アンリミット の解約は『my楽天モバイル』から 開通手続きのためにインストールしたであろう、ユーザー専用サイト 『my楽天モバイル』。 こちらから解約手続きに進むことができます。 下のメニューの中から、『契約プラン』タップ。 その中から『解約』を選択しましょう。 解約に関してアンケート画面になりますので、入力して 『申し込みを完了する』をタップしてください。 いままでだと契約期間や違約金の関係で様々な確認事項があったりして、解約の手続きも結構ややこしかったのですが、楽天アンリミットに関しては契約期間やそれに対する縛りは一切ありません。 これで本当に解約できる? と心配になるくらい手続きはシンプルです。 解約に関してのQ&A 手続きに関してはシンプルなものでしたが、いくつか注意点もあります。 解約に関して多くみられる疑問をQ&A形式で見ていきます。 Q1,解約はいつでも大丈夫? 解約のタイミングについては制約はありません。 月の途中でも解約が可能ですし、1年・2年といった複数年契約の縛りもありませんので、いつでも解約することができます。 Q2,月の途中で解約の場合の料金は? 楽天モバイルの料金の請求は毎月1日~月末締めです。 月の途中で解約する場合は、その時点までの日割りで料金が請求されます。 解約日当日は含めず、解約日の前日までが日割り計算の対象になります。 Q3,スマホ交換保障プラスはどうなる? スマホを購入した時にのみ加入できるオプションで 『スマホ交換保障プラス』というサービスがあります。 このオプションは契約についているわけではなく、製品に紐づいているオプションです。 契約を解約したとしても、このオプションは解約にはなりませんので注意が必要です。 Q4、解約料は無料ということは、契約時の事務手数料などかえってくる? はぁ?という意見かもしれませんが、世の中には一定数こういう発想の人もいます。 もちろん、契約時の事務手数料だったり購入したスマホなど端末は返金されることはありません。 満足いただけなければいつでも解約、解約料なしとはいえ自分の費用で開通してそれを見極めるのは自己責任です。 Q5,解約時のSIMカードの返却先は? 解約時にはそれまで利用していたSIMカードを返却する必要があります。 返却費用はコチラ負担で送付する必要があります。 基本的にSIMカードはキャリアから貸与されているものなので、解約した場合は返却するのが筋です。 まぁ、私も返却していないですが特に請求があるわけでないし、問い合わせてみると紛失・破損した場合などは返却を要さないようなので、そんなに神経質にならなくても良いと思います。 Q6,対応悪いので、初期契約解除したい ハッキリ言って今回、ある程度サポート体制について見切り発車した楽天モバイルに関しては、相当数の初期解約者がでるのではないかと思っています。 契約から8日間であれば、契約回線の解除を書面で行うことができます。 回線の解約のみでスマホやアクセサリー類は解約してお金を戻すことはできませんので気を付けましょう。 書面に以下の項目を記入します。 契約者名• 楽天モバイルID• 対象のSIM電話番号• 連絡先電話番号• 初期契約解除制度による解除を希望する旨、およびその理由• 契約書面の受領日• MNP予約番号発行希望の有無 SIMカードの返却先は先ほど紹介したところと一緒なので、返却も忘れずに。 まとめ 楽天モバイルの解約については手順をしっかり解説する必要がないほど、簡単なものです。 いくつか注意点があります。 前述したとおり、サポート体制の不備・回線のエリアの狭さ、通信の不安定さなど解約につながる要素はスタートしたばかりの楽天モバイルには多くあります。 ま、そのために1年間無料キャンペーンをしてでも契約者を集めているわけですが。 いずれにしても事務手数料や、スマホ代など帰ってこない費用もありますので1年間は様子をみる。 いま不備のある部分がどのくらい改善されていくかを見るお試し期間と割り切っていく必要があります。

次の