赤ちゃん うつぶせ寝 危険。 赤ちゃんの死亡原因になることも!乳幼児のうつぶせ寝の危険性

赤ちゃんのうつぶせ寝が心配…SIDSや窒息を防ぐ対策

赤ちゃん うつぶせ寝 危険

赤ちゃんのうつぶせ寝は死亡リスクしかない【ひっくり返すべき理由】 赤ちゃんのうつぶせ寝はリスクしかありません。 しかし、 あまりにも危険ですので、絶対に避けておきましょう。 最悪の場合は死亡をしてしまうかもしれません。 窒息をするリスク【顔を自分で上げられない】 まずは 窒息のリスクです。 うつぶせ寝をすると、顔が布団やベッドにうずくまってしまいます。 すると、そのまま呼吸ができなる可能性もあり死亡リスクがあります。 うつぶせ寝による未発達の肺への圧迫などにより呼吸中枢機能が未熟な乳児は無呼吸のリスクが高まることがあります。 それに加えてうつぶせ寝は仰向けに比べこもり熱が拡散しにくくそれが突然死の原因の1つと言われています。 つまり、肺が圧迫をされてしまうリスクがあるため無呼吸の状態に陥ることもあるのです。 うつぶせ寝をさせる危険性がお分かりいただけます。 乳児突然死症候群【SIDS】の可能性 次に 乳児突然死症候群のリスクがあります。 乳児突然死症候群とは、赤ちゃんが突然なくなってしまう病気のことです。 しかも、何の前触れもなく、睡眠中に突然なくなってしまう病気のことで日本では年間109人(2016年度調査)のが実際になくなっています。 SIDS シズ)の原因はいまでも良くわかっていませんが、死亡の確率をあげる1つの要因がうつぶせ寝だと言われています。 そのため、うつぶせ寝を避けておくことで死亡リスクを避けることができるのです。 (参考:厚生労働省「11月は「」) うつぶせ寝から仰向けにひっくり返すべき うつぶせ寝はあおむけにすべきです。 SIDSの調査でもわかっているのですが、うつぶせ寝で寝ていた赤ちゃんの方がSIDSの発症率は高いです。 そのため、うつぶせ寝で寝ていたとしても仰向けにすべきです。 私もこのリスクを知っていたので、赤ちゃんを寝かせる時はあおむけにするように日ごろからしています。 赤ちゃんのうつぶせ寝はいつまでダメ?【1歳を目安にしよう】 どうしてもうつぶせ寝をしてしまう赤ちゃんも多いですね。 そんなときに何歳からならば、うつぶせ寝をさせても良いのでしょうか? これについても厚生労働省が発信をしています。 ・1歳になるまでは、寝かせる時はあおむけに寝かせましょう ・できるだけ母乳で育てましょう ・たばこをやめましょう (一部引用:厚生労働省「)」) 研究でも明らかにうつぶせ寝の方が発症リスクが高いことが分かっています。 それをさけるためにも 、1歳になるまではうつぶせ寝ではなく、あおむけに寝かせるようにしてあげたいですね。 赤ちゃんの窒息予防方法【うつぶせ寝以外の要因を知っておこう】 また、赤ちゃんの窒息を予防するために気を付けておきたいことも書いておきます。 窒息のリスクを避けるためにも、必ず対処をしておきましょう。 保育園でも赤ちゃんのうつぶせ寝は非推奨【対策はどうしてるの?】 保育園でも、もちろんうつぶせ寝は非推奨です。 理由は SIDSの危険性を高めるためで、保育士ならばみんな知っていることです。 もちろん、みんながみんなそうだというわけではなく、あくまでも傾向の話ではありますが…。 個人的には、昔は赤ちゃんはうつぶせ寝が良いと言われていて、背中が丸くなるようにうつぶせで寝かせられていた時代もありました。 赤ちゃんの命を守るためにも、 うつぶせ寝は避けておく方が絶対に良いですね。 では、保育園では他に睡眠中にどのような取り組みをしているのでしょうか? 睡眠中は10分おきに呼吸をチェック【大丈夫かを確認】 睡眠は10分おきにチェックをしています。 保育園には0歳児~2歳児まで睡眠をチェックしなければならない決まりがあります。 呼吸や寝ている姿勢、誰がチェックをしたのかというもので、常に呼吸をチェックしています。 うつぶせ寝を仰向けに変える【その都度もどす】 赤ちゃんはうつぶせ寝が好きです。 しかし、死亡リスクもあることを知っています。 そのため、うつぶせ寝をしている赤ちゃんは必ず 仰向けに変えます。 その都度ちゃんと方向を戻すので、死亡のリスクをさけているのです。 枕を使わない【全学年統一している園が多い】 枕は保育園では一切つかいません。 これは全学年に統一をしており、枕はすべて持ち帰ってもらっています。 赤ちゃんに限らず、他の年齢でも枕で窒息をしてしまう可能性がありますので、避けるべきです。 赤ちゃんのうつぶせ寝の注意点【気になる疑問を解決】 赤ちゃんのうつぶせ寝の注意点についても書いていきます。 気になる疑問もありますので、それにもこたえていきましょう。 うつぶせ寝が好きであおむけで寝てくれない 赤ちゃんがうつぶせ寝でしか寝てくれないことがありますね。 うちの赤ちゃんはうつぶせ寝が好きみたい。 親としては仰向けで寝てほしいのだが。 — suzuki campanalbero そんな時は寝るまでは、十分注意をして寝かせます。 うつぶせ寝で寝たあとは、あおむけにしておけば良いです。 もちろん、呼吸をチェック、周りに何もないことも確認をしてください。 うつぶせ寝をすると一重になる? 次にうつぶせ寝をすると一重になる?という疑問です。 これは二重の赤ちゃんがうつぶせ寝をすることにより、一時的に一重になってしまうというものです。 すぐに戻りますので、安心をして下さい。 うつぶせ寝をすると歯並びが悪くなる【横向きでもあり】 うつぶせ寝をすると歯並びが悪くなるのか? これは 可能性としてあります。 顔は体の中でも一番重たい部分で、うつぶせ寝をすると、その負担が顔にもかかってしまいます。 すると、結果的には下顎やかみあわせに影響を与えるのです。 横寝も一緒なので、歯並びもしっかりとするために注意をしたいですね。 (参考:日本歯科医師会「」) 赤ちゃんのうつぶせ寝は危険?仰向けに変えるべきのまとめ 赤ちゃんのうつぶせ寝は危険です。 それはここで紹介をしたように、死亡をしてしまうリスクがあるのです。 それを避けるためにも、あおむけを意識しておき、呼吸もこまめにチェックをしておきましょう。 うつぶせ寝は1歳までは避けておきましょうね。 幼稚園、小学校受験に関しては知識あります。 今は元保育士として普通のサラリーマン(営業)をしています。 【簡単な紹介】 関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。 趣味はキャンプと筋トレ、フットサル。 今はサラリーマンをしながら副業を実践中! ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。 個別のブログ運用コンサルも実践中。 【サイトの運営目的】 子育てって難しくて悩みがつきません。 そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。 保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です! 実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

次の

赤ちゃんのうつぶせ寝は練習すべき?効果はあるの?危険性は?

赤ちゃん うつぶせ寝 危険

Contents• うつぶせ寝は乳幼児突然死症候群のリスクを高めます 乳幼児突然死症候群 SDIS は、何の予兆や病気もないまま乳幼児が亡くなってしまう、原因の分からない病気です。 窒息などの事故とは異なります。 日本では、年間約100人前後の赤ちゃんがこの乳幼児突然死症候群で亡くなっています。 仰向け寝でも発症例はありますが、 うつぶせ寝の場合、仰向け寝よりも発症数が約2倍あるという事が米国小児学会の研究結果でわかっています。 うつぶせ寝で発症が多い原因は明確にわかっていないものの、赤ちゃんは呼吸中枢の発達が未熟で、うつぶせに寝た場合、眠りが深くなるため、眠りからさめにくくなるためではではないかと考えられています。 また、うつぶせ寝の場合、寝床の中にぬいぐるみやタオル、掛け布団、枕等の柔らかい物があると、鼻と口を塞いでしまい、 窒息してしまう恐れもあります。 マットレスも固いものを使う事が大切です。 安全な寝床については、下記記事で詳細を書いていますのでチェックしてくださいね! うつぶせ寝はいつまで避けた方が良いの? 厚生労働省は「1歳になるまでは、寝かせる時はあおむけに寝かせましょう」と注意を呼び掛けています。 これは、米国小児学会も同様の見解ですので、1歳までは極力仰向けで寝かせる様にしましょう。 うつぶせ寝を好む場合の対処法は? 仰向けにするコツ! 赤ちゃんは、就寝後10-15分程度で深い眠りに入っていきます。 そのため、寝付いてから15分後に優しく仰向けに戻してあげると、赤ちゃんを起こす事なく仰向けにできる可能性が高くなります! 横向き寝は大丈夫? 横向き寝が、直接的に乳幼児突然死症候群のリスクを高めるという研究結果はありません。 ただし、仰向けに比べて、横向きの方が乳幼児突然死症候群のリスクが高くなるとされています。 その理由は、横向き寝の場合、少しの反動でうつぶせ寝になりやすいためです。 そのため、うつぶせ寝になってしまう事を避けるためにも、仰向けに直してあげる様にしましょう。 もしお子さんが横向き寝を好み、何度も横向きになってしまう様であれば、うつぶせにならない様、身体の下になっている腕を前に出してあげる様にしてください。 仰向け寝で心配される事は? 仰向けに寝かせた方が良い事はわかったけど、仰向けにする事でのリスクはないのかしら? 仰向けに寝かせる事が推奨されていますが、よく聞かれる仰向け寝のリスクに下記の様なものがあります。 頭の形に影響する• 誤嚥による窒息 しかしながら、これらの問題は仰向け寝を避けるほどのリスクがあるものではありません。 それぞれの詳細を見ていきましょーう! 1. 頭の形に影響する 仰向け寝をさせていると、後頭部が平らになったり、また向き癖がある場合には、頭の片面が尖ってしまう事があります。 ママパパは、赤ちゃんの頭の形を見て心配になる事があると思います。 すぎままもそうでした! ただ、多くの場合は、赤ちゃんの成長に合わせて形が綺麗に整っていきますので、神経質になる必要はありません。 頭の形を整える枕や、向き癖を治すためにタオル等を身体の下に入れる方がいますが、これはうつぶせになってしまった際に窒息の危険があるため、利用はしない様にしてください。 そのため、赤ちゃんの頭の向きを、ベッドの上下で変えてあげる様にしてみてください。 例えばママパパと同室で寝ていて、ママパパの方に首を向けて寝る癖がある場合には、週ごと等でベッドの上下を変えてあげます。 そうする事で、ママパパの方を向いた際に下になる側面が逆になります。 赤ちゃんはほとんどの時間、仰向けの状態で過ごしているため、後頭部の変形が起きてしまいます。 早い月齢からこのタミータイムを取り入れる事で、頭の変形を抑える効果があります。 また、首や肩等の筋肉を鍛える効果もあるので、ぜひ積極的に取り入れてみてください! タミータイムを行う際は、必ず赤ちゃんが起きている状態で、保護者が見守っている状態で行う様にしてください。 ママパパも「抱き向きの癖」がある場合が多くありますが、意識的に逆の腕で抱っこをしてあげる事で、赤ちゃんも自然と逆に首を向ける様になる事があります。 誤嚥による窒息 これは、仰向け寝をさせる際の一番の懸念点になるかと思います。 そのため、授乳後にゲップが出ない場合には、身体を横向きにして寝かせる様に、とアドバイスをされる事もあるかと思います。 しかしながら、 仰向け寝の方が、横向きやうつぶせよりも、嘔吐物が気道を防ぐリスクは低いという事がわかっています。 吐き戻しを避けるためには、授乳後にゲップをする事が重要ですが、ゲップが出ない事もあるかと思います。 その様な際は、横向きやうつぶせにはせず、仰向けにして首だけを横向きにし、しばらくは見守ってあげる様にしましょう。 お願い この情報は、赤ちゃんの誤嚥のリスクを100%なくすものではありません。 あくまでも、リスクを下げるための情報になります。 必ず、かかりつけの小児科等、専門家の方へ相談のうえ、赤ちゃんへの対応を決定する様にしてくださいね! 起きている時には積極的に寝返り返りの練習を! 上でもお話しをした様に、寝返り返りができる様になった赤ちゃんは、うつぶせ寝をしていても仰向けに戻す必要はないとされています。 そのため、赤ちゃんが寝がえりを始めたら、ぜひ日中のふれあいの時間に、寝返り返りの練習を取り入れる様にしてみてください! 赤ちゃんの腕を優しく持ち、片方の腕をそっと逆側に入れ込み、身体をクルッと回して仰向けにしてあげます。 繰り返しやる事で、赤ちゃんも感覚を覚えていきます。 遊び感覚でぜひやってみてくださいね! まとめ 赤ちゃんのうつぶせ寝については、多くのママパパが不安を感じていると思います。 特に月齢が低いうちは、ママパパも何度も赤ちゃんを確認したりして、寝不足になりがちかと思います。 でも、なぜうつぶせ寝を避けた方が良いのを知り、安全な寝方、そして安全な寝床が整っていれば、赤ちゃんに危険が及ぶリスクは格段と低くなりますし、ママパパも安心して睡眠が取れる様になりますよね!ぜひ、参考にしてみてください。

次の

赤ちゃんがうつぶせ寝を好きな場合は対策するべき?窒息やSIDSの危険性は?

赤ちゃん うつぶせ寝 危険

寝返り防止は必要?クッションで赤ちゃんのうつぶせ寝を防止できる? 2018年10月15日 こそだてハック 今までただ仰向けに寝ているだけだった赤ちゃんが寝返りできるようになると、成長を感じられてうれしいですよね。 でも、寝返りできるようになったということは、「自分の意志で動けるようになった」ということでもあります。 パパ・ママが予想していない方向に動くようになると、様々な危険も出てきます。 そこで今回は、寝返りをした赤ちゃんがうつぶせ寝になって窒息してしまわないように、寝返りを防止する対策についてまとめました。 赤ちゃんの寝返りには窒息の危険がある? 寝返りをし始めたころは、赤ちゃん自身も自分で思うように体を動かせません。 仰向けから寝返りをしてうつぶせになると、仰向けには戻れないこともしばしば。 自力で寝返りができるのであれば、ただうつ伏せになっただけでは、首も持ち上げることができるので窒息しませんが、深い眠りに落ちているときや、状況次第では窒息に至る恐れもあります。 ここでは、窒息のほかにも寝返りによって遭遇しうる主な危険について挙げていきます。 窒息する可能性 大人でも睡眠中に寝返りをすることはありますよね。 赤ちゃんも同じで、寝ながら無意識のうちに寝返りをすることがあります。 この際に、布団が柔らかすぎたり顔の近くにクッションなどがあったりすると、そこに顔が埋まってしまって窒息する可能性があります。 吐き戻しの可能性 ミルクや母乳を与えたばかりですぐに寝返りをすると、吐き戻してしまう可能性があります。 大人でも食後にすぐ運動をすると気持ち悪くなりますが、赤ちゃんにとっての寝返りは激しい運動と一緒です。 吐いたものがのどに詰まり、窒息にいたる可能性もあるので、授乳後すぐに寝返りをしないように見守ってあげてくださいね。 落下する可能性 ソファやベッドなど地面より高いところで寝返りをすると、勢い余って地面へ落下してしまう危険性があります。 下が柔らかければ大事には至らないかもしれませんが、地面が固かったり物が置かれていたりすると怪我をする可能性があります。 高いところに寝かせない、あるいは必ず柵をつけるなどの対策が必要です。 関連記事 赤ちゃんの寝返り防止は必要? さまざまな危険をはらんでいる寝返りですが、防止したほうがいいのか、しないほうがいいのかについては意見が分かれます。 「寝返りができても自分の意志で自由に動けないから防止したほうがいい」という意見もあれば、「寝返りができるということは自力で対処できるようになったということだから防止しなくていい」という意見もあります。 これはどちらが正しいというより、「寝返りという動きに自分で対処できるようになっているかどうか」をきちんと見極めてあげることが大切です。 寝返りができても、うつ伏せになった体勢を自力で整えられないようであれば寝返り防止をしたほうが安全ですし、もう自分で寝返りできてうつ伏せ時にも体勢を整えられるようであれば寝返り防止は必要ないと判断できます。 ただ、寝返りをすること自体は赤ちゃんの成長のうえで必要な過程なので、いつまでも寝返り防止をしているのは成長を妨げることにもなります。 パパ・ママが目の前で見ているときは寝返りを防止しようとせず、赤ちゃんの動きを見守るようにしてあげてください。 関連記事 自作の寝返り防止策を用意する 寝返り防止グッズをわざわざ買いたくないという人は、自分で寝返り防止対策をすることもできます。 簡単なのはバスタオルを敷き、中央に赤ちゃんを寝かせ、そのバスタオルの両端を内側にくるくる丸めていくだけ。 赤ちゃんの両脇にタオルの丸太ができ、即席の寝返り防止クッションになりますよ。 しっかりと巻き込んでいれば赤ちゃんが動けませんし、タオルに顔が埋まるようなこともありません。 赤ちゃんにおすすめの寝返り防止クッション ここでは、寝返りを防止するために作られたグッズをご紹介します。 赤ちゃんの様子やライフスタイルに合わせて上手に活用してください。 サンデシカ 寝返り防止クッション.

次の