ブシロード。 「ブシロードミュージックフェア」開催!

ブシロードミュージック・パブリッシング

ブシロード

概要 [ ] グループ全体で展開している事業は、中核事業のカードゲーム事業を始め、アニメ作品等への出資、スマートフォンゲーム配信、広告代理店、書籍編集・出版、インターネットラジオ、アニメ等のキャラクターグッズ、音楽、タレント(声優)マネージメント、プロレス、キックボクシングなど、エンターテイメントジャンルを中心に多岐に渡る。 このグループ構成から、展開の多くを自前で賄うことが可能となっており、特に及びの2作品においては、原案・企画から、コミカライズ・主演声優のマネジメント・関連ライブイベントの企画主催・音楽制作・コンシューマゲーム企画販売・スマートフォンゲーム企画配信・カードゲーム企画販売・グッズ企画販売・実写テレビ番組制作・ラジオ番組制作・劇場版配給に至るまで広範囲を半独占的に行っている(ただし上記の一部は、などグループ外の大手企業などと共同名義で制作しているものもある)。 これらのIPのうち、いずれかで100億円にするのが目標となっている。 略歴 [ ] 、創業者で元社長のが、カードゲームを開発・販売する目的で株式会社ブシロードを設立。 にスピンアウトカンパニーとして、初のグループ企業である株式会社響(初代。 現・)を設立。 インターネットラジオ事業及びタレントマネージメント事業に参入する。 2010年11月には、初の海外法人となる現地法人Bushiroad South East Asia Pte. , Ltd. (現・Bushiroad International Pte. Ltd. )を設立、シンガポール国内のみならず、ブシロードの海外事業全般を統括する役割を担っている。 更に2014年8月からは木谷が駐在して直接指揮を行っており、ブシロードグループにとって重要なグローバル拠点となっている。 、ブシロードGPがを買収、また同年7月には同社と共同でを設立しレスリング選手の育成を行っている。 同社5月、現地法人Bushiroad USA Inc. を設立。 同社、株式会社響ミュージック(現・)を設立、音楽事業に参入。 、広告代理店事業本格展開に伴い、株式会社響を株式会社ブシロードメディアに商号変更。 同年、ブシロードGPを株式会社ブシロードが吸収合併、株式会社ブシロードが全ての中核となる。 2014年10月、現地法人Bushiroad Europe GmbHを設立。 2016年5月、株式会社アルカードを買収し、株式会社ブシロードクリエイティブとして、グループ入り。 同年8月、キックボクシング興行を立ち上げるため、株式会社キックスロードを設立。 同年、(2代目。 現・)を設立、グループ10社体制となる。 、代表の木谷が、株式会社ブシロードの社長及び代表権を返上、株式会社ブシロード取締役デジタルコンテンツ部本部長・広報宣伝部部長 兼 株式会社ブシロードミュージック代表取締役社長に就任(株主総会での承認)。 ブシロードの新しい代表は、橋本義賢。 2019年7月、・の間でアニメーション制作に関する包括的業務提携を締結。 同年10月、株式会社ソプラティコの株式の一部を取得し、同子会社と資本業務提携。 同年12月、興行権を買収し、株式会社キックスロードを株式会社ブシロードファイトに商号変更。 また、株式会社キネマシトラスを持分法適用関連会社化。 2020年2月、株式会社響を株式会社ブシロードムーブに商号変更の上、同社に株式会社ブシロードメディアの広告代理店事業を承継。 また、株式会社ソプラティコの全株式を取得し、同社及び株式会社劇団飛行船を完全子会社化。 同年4月、株式会社ブシロードミュージックより、音楽著作権管理事業を会社分割し、株式会社ブシロードミュージック・パブリッシングを設立、同時に新社の株式を株式会社ブシロードミュージックから株式会社ブシロードへ移管。 グループ企業と担当部門 [ ] 及びを元に作成。 独立記事が無い企業についてはここに事業の概要も記載する(記事がある企業はリンク先を参照)。 日本のグループ企業は、デジタルIP事業の各社が本社事務所をに置いている。 ライブIP事業のスポーツ系2社はかつては同じビルに置いていたが順次独立した。 2020年2月に子会社化した劇団飛行船・ソプラティコは現時点では本社移転の予定は無い。 デジタルIP事業 [ ] 株式会社ブシロード [ ] 詳細は「」を参照 株式会社ブシロードクリエイティブ [ ] 株式会社ブシロードクリエイティブ Bushiroad Creative 本社所在地 〒164-0011 東京都中野区中央1-38-1 住友中野坂上ビル1階 設立 2015年2月27日(株式会社アルカード) 事業内容 グッズの企画・製造・販売 代表者 代表取締役社長 成田耕祐(株式会社ブシロード 執行役員 MD、営業担当) 資本金 4,900万円 主要株主 株式会社ブシロード 外部リンク• MD部門• グッズの企画、開発、発売• 「コレクションフィギュア」「コレジャナイ寿司」など、カプセルトイ自動販売機向けグッズ• キャラクターグッズ 「ラバQ」など• グッズ販売イベントの企画、運営 略歴• 2015年2月27日にブシロード商品専門の卸売業・株式会社アルカードとして、に設立。 2016年5月にブシロードが資本参加。 2016年8月に現商号となり、本社を住友中野坂上ビル1階に移転。 2016年秋より、マーチャンダイズ事業を本格展開開始。 2018年10月頃(正確な日付不明)に資本金を900万円から4,900万円に増資。 株式会社ブシロードメディア [ ] 「」を参照• スポーツ部門• の興業• グッズの企画、販売• コンテンツ• 映像コンテンツの制作、配信• ファンクラブの運営 株式会社ブシロードファイト [ ] 株式会社ブシロードファイト BushiroadFight 本社所在地 〒164-0012 東京都中野区本町2-2-2 YSビル7F 設立 2016年8月1日 事業内容 スポーツ興行の企画・制作・プロデュース 代表者 代表取締役社長 原田克彦(前新日本プロレスリング社長) 資本金 1億円 主要株主 株式会社ブシロード 外部リンク• スポーツ部門• の興業• 女子プロレスリングの興行• グッズの企画、販売• コンテンツ• 映像コンテンツの制作、配信 「」および「」を参照• 音楽部門• マスクプレイミュージカルの企画・制作・公演事業等。 親会社であるソプラティコの一部株式取得により、2019年10月1日付で資本業務提携を締結。 更に2020年2月3日付で、ソプラティコの全株式を取得したことにより、完全子会社化・ブシロードグループ入り。 株式会社ソプラティコ [ ] 株式会社ソプラティコ Sopratico Co. , Ltd. 本社所在地 〒047-0024 花園4丁目17番3号 設立 2004年10月7日 事業内容 レジャー施設計画の調査及び企画業務 レジャー施設の運営,運営受託,指導員の派遣業務 スタッフ研修教育受託業務 各種イベントに関する企画及び運営業務 レジャー施設用機器,什器販売業務 レジャー施設の施工工事,運営システム構築業務 エンターテイメントコーディネート及びスクール経営 舞台制作,出版,映像制作,舞台演出,振付に関する業務 その他、上記に関する一切の業務 代表者 代表取締役 大場隆志 資本金 1千万円 主要株主 株式会社ブシロード 主要子会社 外部リンク• スポーツ部門• フィットネスクラブ事業。 同社子会社の劇団飛行船との提携を目的として、2019年10月1日付で株式の14. 更に2020年2月3日付で、全株式を取得して、完全子会社化・ブシロードグループ入り。 本買収は先述の通り、劇団飛行船との資本業務提携が主旨であるが、劇団飛行船の株式では無く、同親会社であるソプラティコの株式を買収することにより、ソプラティコの事業とブシロードグループ各事業と掛け合わせた業態やスタジオプログラムを開発するなどして、ライブIPセグメントの拡充を図る。 ソプラティコの公式サイトによれば、劇団飛行船以外にもグループ会社があるようであるが、これら企業の扱いは不明(ブシロードの子会社化発表のプレスリリース及び2019年2月3日時点のブシロードグループ会社一覧には劇団飛行船とソプラティコ以外の記載は無い)。 なお、ソプラティコの2020年2月現在のサイトは2016年に劇団飛行船と映劇が合併していること の記載が無いなど最新化されていない様子である為、最新の関連会社一覧を把握することはできない。 日本国外現地法人 [ ]• Bushiroad International Pte. Ltd. (現地法人 兼 ブシロード海外事業統括)• 旧商号:Bushiroad South East Asia Pte. Ltd. (2017年8月変更)• 代表:服部大輔• 海外事業全般を統括しているからなのか詳細は不明であるが、日本国内の を割り振られており、国内法人同様、住友中野坂上ビルに日本事務所を置いている形で申請されている。 Bushiroad USA Inc. (現地法人)• 代表:手塚要• にもオフィスがある。 New Japan Pro-wrestling of America, Inc. (新日本プロレスリングアメリカ合衆国現地法人)• 代表:大張高己 その他関連会社 [ ] ブシロード企業情報サイトのグループ会社ページには記載が無いが、ブシロードの関連会社として存在することが明らかな企業。 株式会社• アニメーション制作。 2019年12月2日付で株式の31. も同時に同額を出資しており、同社の持分法適用関連会社にもなっている。 株式会社リンガ・フランカ• の連結子会社。 電子コミック配信「マンガドア」運営。 Bushiroad Europe GmbH• 現地法人。 2019年6月21日にリニューアルされたブシロード企業サイトから記載が消滅しているが、2019年の有価証券報告書には持分法適用関連会社として記載されている 出資先 [ ] 関連会社には含まれないがブシロードが出資及び提携している企業(有価証券報告書によればその他にも出資のみしている企業もある)。 株式会社• アニメーション制作。 2019年12月20日付で株式の8. 過去のグループ企業 [ ] 株式会社ブシロードグループパブリッシング [ ] 「」を参照 純粋持株会社• 2013年、株式会社ブシロードに吸収合併され、解散。 その他グループと関係性が特に深い企業 [ ]• - 書籍の販売委託、同社出身のがブシロードメディア社長に就任、キネマシトラスと3者でのアニメーション制作の包括的業務提携、キネマシトラスへの共同出資、その他複数の大規模IPでの連携(製作委員会等)など。 株式会社アリア・エンターテインメント()/ - 探偵オペラ ミルキィホームズ(途中参加)、BanG Dream! 、D4DJ(一部ユニット)などにおける音楽制作の全面プロデュース(Elements Garden)、キャスティング(株式会社S)など繋がりが強い。 - BanG Dream! ・において、制作・キャスティング両面における協力体制が非常に強い。 その他作品での音楽制作など。 また、同社代表の都田和志がブシロードに出向していたこともある。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

ブシロード (7803) : 株価/予想・目標株価 [Bushiroad]

ブシロード

概要 [ ] グループ全体で展開している事業は、中核事業のカードゲーム事業を始め、アニメ作品等への出資、スマートフォンゲーム配信、広告代理店、書籍編集・出版、インターネットラジオ、アニメ等のキャラクターグッズ、音楽、タレント(声優)マネージメント、プロレス、キックボクシングなど、エンターテイメントジャンルを中心に多岐に渡る。 このグループ構成から、展開の多くを自前で賄うことが可能となっており、特に及びの2作品においては、原案・企画から、コミカライズ・主演声優のマネジメント・関連ライブイベントの企画主催・音楽制作・コンシューマゲーム企画販売・スマートフォンゲーム企画配信・カードゲーム企画販売・グッズ企画販売・実写テレビ番組制作・ラジオ番組制作・劇場版配給に至るまで広範囲を半独占的に行っている(ただし上記の一部は、などグループ外の大手企業などと共同名義で制作しているものもある)。 これらのIPのうち、いずれかで100億円にするのが目標となっている。 略歴 [ ] 、創業者で元社長のが、カードゲームを開発・販売する目的で株式会社ブシロードを設立。 にスピンアウトカンパニーとして、初のグループ企業である株式会社響(初代。 現・)を設立。 インターネットラジオ事業及びタレントマネージメント事業に参入する。 2010年11月には、初の海外法人となる現地法人Bushiroad South East Asia Pte. , Ltd. (現・Bushiroad International Pte. Ltd. )を設立、シンガポール国内のみならず、ブシロードの海外事業全般を統括する役割を担っている。 更に2014年8月からは木谷が駐在して直接指揮を行っており、ブシロードグループにとって重要なグローバル拠点となっている。 、ブシロードGPがを買収、また同年7月には同社と共同でを設立しレスリング選手の育成を行っている。 同社5月、現地法人Bushiroad USA Inc. を設立。 同社、株式会社響ミュージック(現・)を設立、音楽事業に参入。 、広告代理店事業本格展開に伴い、株式会社響を株式会社ブシロードメディアに商号変更。 同年、ブシロードGPを株式会社ブシロードが吸収合併、株式会社ブシロードが全ての中核となる。 2014年10月、現地法人Bushiroad Europe GmbHを設立。 2016年5月、株式会社アルカードを買収し、株式会社ブシロードクリエイティブとして、グループ入り。 同年8月、キックボクシング興行を立ち上げるため、株式会社キックスロードを設立。 同年、(2代目。 現・)を設立、グループ10社体制となる。 、代表の木谷が、株式会社ブシロードの社長及び代表権を返上、株式会社ブシロード取締役デジタルコンテンツ部本部長・広報宣伝部部長 兼 株式会社ブシロードミュージック代表取締役社長に就任(株主総会での承認)。 ブシロードの新しい代表は、橋本義賢。 2019年7月、・の間でアニメーション制作に関する包括的業務提携を締結。 同年10月、株式会社ソプラティコの株式の一部を取得し、同子会社と資本業務提携。 同年12月、興行権を買収し、株式会社キックスロードを株式会社ブシロードファイトに商号変更。 また、株式会社キネマシトラスを持分法適用関連会社化。 2020年2月、株式会社響を株式会社ブシロードムーブに商号変更の上、同社に株式会社ブシロードメディアの広告代理店事業を承継。 また、株式会社ソプラティコの全株式を取得し、同社及び株式会社劇団飛行船を完全子会社化。 同年4月、株式会社ブシロードミュージックより、音楽著作権管理事業を会社分割し、株式会社ブシロードミュージック・パブリッシングを設立、同時に新社の株式を株式会社ブシロードミュージックから株式会社ブシロードへ移管。 グループ企業と担当部門 [ ] 及びを元に作成。 独立記事が無い企業についてはここに事業の概要も記載する(記事がある企業はリンク先を参照)。 日本のグループ企業は、デジタルIP事業の各社が本社事務所をに置いている。 ライブIP事業のスポーツ系2社はかつては同じビルに置いていたが順次独立した。 2020年2月に子会社化した劇団飛行船・ソプラティコは現時点では本社移転の予定は無い。 デジタルIP事業 [ ] 株式会社ブシロード [ ] 詳細は「」を参照 株式会社ブシロードクリエイティブ [ ] 株式会社ブシロードクリエイティブ Bushiroad Creative 本社所在地 〒164-0011 東京都中野区中央1-38-1 住友中野坂上ビル1階 設立 2015年2月27日(株式会社アルカード) 事業内容 グッズの企画・製造・販売 代表者 代表取締役社長 成田耕祐(株式会社ブシロード 執行役員 MD、営業担当) 資本金 4,900万円 主要株主 株式会社ブシロード 外部リンク• MD部門• グッズの企画、開発、発売• 「コレクションフィギュア」「コレジャナイ寿司」など、カプセルトイ自動販売機向けグッズ• キャラクターグッズ 「ラバQ」など• グッズ販売イベントの企画、運営 略歴• 2015年2月27日にブシロード商品専門の卸売業・株式会社アルカードとして、に設立。 2016年5月にブシロードが資本参加。 2016年8月に現商号となり、本社を住友中野坂上ビル1階に移転。 2016年秋より、マーチャンダイズ事業を本格展開開始。 2018年10月頃(正確な日付不明)に資本金を900万円から4,900万円に増資。 株式会社ブシロードメディア [ ] 「」を参照• スポーツ部門• の興業• グッズの企画、販売• コンテンツ• 映像コンテンツの制作、配信• ファンクラブの運営 株式会社ブシロードファイト [ ] 株式会社ブシロードファイト BushiroadFight 本社所在地 〒164-0012 東京都中野区本町2-2-2 YSビル7F 設立 2016年8月1日 事業内容 スポーツ興行の企画・制作・プロデュース 代表者 代表取締役社長 原田克彦(前新日本プロレスリング社長) 資本金 1億円 主要株主 株式会社ブシロード 外部リンク• スポーツ部門• の興業• 女子プロレスリングの興行• グッズの企画、販売• コンテンツ• 映像コンテンツの制作、配信 「」および「」を参照• 音楽部門• マスクプレイミュージカルの企画・制作・公演事業等。 親会社であるソプラティコの一部株式取得により、2019年10月1日付で資本業務提携を締結。 更に2020年2月3日付で、ソプラティコの全株式を取得したことにより、完全子会社化・ブシロードグループ入り。 株式会社ソプラティコ [ ] 株式会社ソプラティコ Sopratico Co. , Ltd. 本社所在地 〒047-0024 花園4丁目17番3号 設立 2004年10月7日 事業内容 レジャー施設計画の調査及び企画業務 レジャー施設の運営,運営受託,指導員の派遣業務 スタッフ研修教育受託業務 各種イベントに関する企画及び運営業務 レジャー施設用機器,什器販売業務 レジャー施設の施工工事,運営システム構築業務 エンターテイメントコーディネート及びスクール経営 舞台制作,出版,映像制作,舞台演出,振付に関する業務 その他、上記に関する一切の業務 代表者 代表取締役 大場隆志 資本金 1千万円 主要株主 株式会社ブシロード 主要子会社 外部リンク• スポーツ部門• フィットネスクラブ事業。 同社子会社の劇団飛行船との提携を目的として、2019年10月1日付で株式の14. 更に2020年2月3日付で、全株式を取得して、完全子会社化・ブシロードグループ入り。 本買収は先述の通り、劇団飛行船との資本業務提携が主旨であるが、劇団飛行船の株式では無く、同親会社であるソプラティコの株式を買収することにより、ソプラティコの事業とブシロードグループ各事業と掛け合わせた業態やスタジオプログラムを開発するなどして、ライブIPセグメントの拡充を図る。 ソプラティコの公式サイトによれば、劇団飛行船以外にもグループ会社があるようであるが、これら企業の扱いは不明(ブシロードの子会社化発表のプレスリリース及び2019年2月3日時点のブシロードグループ会社一覧には劇団飛行船とソプラティコ以外の記載は無い)。 なお、ソプラティコの2020年2月現在のサイトは2016年に劇団飛行船と映劇が合併していること の記載が無いなど最新化されていない様子である為、最新の関連会社一覧を把握することはできない。 日本国外現地法人 [ ]• Bushiroad International Pte. Ltd. (現地法人 兼 ブシロード海外事業統括)• 旧商号:Bushiroad South East Asia Pte. Ltd. (2017年8月変更)• 代表:服部大輔• 海外事業全般を統括しているからなのか詳細は不明であるが、日本国内の を割り振られており、国内法人同様、住友中野坂上ビルに日本事務所を置いている形で申請されている。 Bushiroad USA Inc. (現地法人)• 代表:手塚要• にもオフィスがある。 New Japan Pro-wrestling of America, Inc. (新日本プロレスリングアメリカ合衆国現地法人)• 代表:大張高己 その他関連会社 [ ] ブシロード企業情報サイトのグループ会社ページには記載が無いが、ブシロードの関連会社として存在することが明らかな企業。 株式会社• アニメーション制作。 2019年12月2日付で株式の31. も同時に同額を出資しており、同社の持分法適用関連会社にもなっている。 株式会社リンガ・フランカ• の連結子会社。 電子コミック配信「マンガドア」運営。 Bushiroad Europe GmbH• 現地法人。 2019年6月21日にリニューアルされたブシロード企業サイトから記載が消滅しているが、2019年の有価証券報告書には持分法適用関連会社として記載されている 出資先 [ ] 関連会社には含まれないがブシロードが出資及び提携している企業(有価証券報告書によればその他にも出資のみしている企業もある)。 株式会社• アニメーション制作。 2019年12月20日付で株式の8. 過去のグループ企業 [ ] 株式会社ブシロードグループパブリッシング [ ] 「」を参照 純粋持株会社• 2013年、株式会社ブシロードに吸収合併され、解散。 その他グループと関係性が特に深い企業 [ ]• - 書籍の販売委託、同社出身のがブシロードメディア社長に就任、キネマシトラスと3者でのアニメーション制作の包括的業務提携、キネマシトラスへの共同出資、その他複数の大規模IPでの連携(製作委員会等)など。 株式会社アリア・エンターテインメント()/ - 探偵オペラ ミルキィホームズ(途中参加)、BanG Dream! 、D4DJ(一部ユニット)などにおける音楽制作の全面プロデュース(Elements Garden)、キャスティング(株式会社S)など繋がりが強い。 - BanG Dream! ・において、制作・キャスティング両面における協力体制が非常に強い。 その他作品での音楽制作など。 また、同社代表の都田和志がブシロードに出向していたこともある。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

ブシロード リモートファイトチャンネル|ブシロード公式サイト

ブシロード

Reバース for you• ChaosTCG• BanG Dream! FILM LIVE• BanG Dream!• ARGONAVIS from BanG Dream!• 木谷高明• 新日本プロレスリング• ヴァイスシュヴァルツ• リバース・フォー・ユー• ラブライブ!スクールアイドルコレクション• ミューモンコレクション• ミューコレ• フューチャーカード バディファイト• バンドリ!フィルムライブ• バンドリ!• スターダム• キックボクシング NOCK OUT• キックボクシング ノックアウト• カードファイト!! ヴァンガード• カオスTCG• アルゴナビス from バンドリ!• アルゴナビス フロム バンドリ!• ブシロードのみんかぶ目標株価は「3,428円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断は分析中となっており、証券アナリストによる予想では【強気買い】 予想株価 3,500円 、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 3,247円 と判断されています。 ブシロードは、【2019年のIPO、eスポーツ、オンラインゲーム】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の