ご返事をいただけると幸いです。 「いただけると幸いです」の意味と使い方|ビジネスメールでの例文

「幸いです」という表現は曖昧!状況によるベストな敬語とは

ご返事をいただけると幸いです

仕事をしている際、ビジネスメールの存在は欠かせないものでしょう。 送ったらすぐ届く速達性のほか、常識的な時間帯であればいつでも自由に案内できます。 また、電話や手紙で送られたてきた案件に対してすぐに返答するためにビジネスメールは欠かせないツールです。 そんな速達性が特徴のビジネスメールですが、送信しても返信がなかなか来ない場合ケースも少なくありません。 1日以内ならともかく、2~3日、最悪回答締切りギリギリまで来ない時もあるでしょう。 そういった場合は「早く返信してください」と催促をしなければなりません。 では、実際に催促する場合はどのような点に注意すべきでしょうか。 返事の催促は相手を尊重した表現を心がける 催促のメールを書くコツはやんわりとした文章を心がけることです。 感情的、一方的にならずに相手を尊重した表現を使いましょう。 締切り日のありなし関係なくです。 基本的に以下のような催促のビジネスメールは送信先の反感を買うでしょう。 例:「早くしてください。 なんで返信が遅いんですか、こっちはとても迷惑です。 」 上記の例文は少々オーバーな表現になっているものの、言い切るような言葉遣いをビジネスメールに組み込んでしまうと反感を買ってしまいます。 そのため、催促のメールを送る前には、「自分がこの内容を送られてきたらどう思うか」を冷静に考えたうえでメールを作成すると、相手もすぐに返信を返さなきゃと思えるような内容に仕上がるでしょう。 相手に負担にならない催促の仕方 実際に催促のビジネスメールを相手に送信する時は、どのような形式が良いのでしょうか。 いきなり本題から入ると相手は不快感を感じるため、送信者の方から下手に出ましょう。 以下のような表現を組み込むのをおすすめします。 お忙しいところ恐れ入りますが• 御多忙中のところ申し訳ございませんが• 大変恐れ入りますが• ご繁忙中、無理なお願いではございますが• お仕事中にご迷惑をお掛けしますが 該当する内容に対する催促をお願いしてください。 その場合の言葉遣いも「~していただけますでしょうか。 」や「~していただけると幸いです。 」など、言い切りにならない表現にするよう心掛けましょう。 」と表現するとなおいいですね。 業務に支障が出る場合のみ厳しい表現にできる 何度も催促のメールを送ったり、締め切り直前になっても返信が来なかったりした時はどうすればいいのでしょうか。 そのような場合には、言い回しを厳しい表現にして送信者が切迫した状況であることを伝える必要があります。 1回目のメールでは禁物の行為ですが、さすがに何度も送っても返信がない場合は致し方ありません。 以下のような表現を使ってみましょう。 件名:貸出品返却のお願い• いつも大変お世話になっております。 お忙しいところ恐れ入りますが、先日まで開催しておりました• 現在まだこちらの方に返送されておりません。 当方といたしましては、他店で開催する同キャンペーン実施時に• までに返送していただきますよう、ご配慮いただけると助かります。 送付先はDVDプレーヤーに記載されている住所ではありますが、• メールでも改めて記載しますのでご確認ください。 送付先• 販売促進部担当丸井宛• 念のため、ご手配いただきましたらご一報いただけますと幸いです。 まずは、書中をもって返却のお願いを申し上げます。 催促のビジネスメールはなるべく柔らかい表現を心がけよう ここまで、ビジネスメールにおける催促の方法について確認してきました。 基本的には下手に出て柔らかい表現で催促する必要があります。 しかし、何度も同様のメールを送っても一向にリアクションが来ない場合は、厳しい表現で催促をしても問題はありません。 その時その時の状況に応じて、柔軟に対応しましょう。

次の

「ご返信いただけますと幸いです」意味と使い方・メール例文

ご返事をいただけると幸いです

期待を込めることでポジティブに遠回しに伝える 穏便に柔和に「お返事くださいね」と伝えられる言い方として、まずは「 お便りを楽しみにしています」「返信もらえると嬉しいな」というように前向きな期待を表明する方法が挙げられます。 全面的にポジティブな言い方であり、読み手の気持ちを損ねにくく、「自分の手紙を楽しみに待ってくれているんだな」と受けてってもらいやすい表現です。 要請や催促のニュアンスは比較的軽めです。 この言い方には hear from ~という表現が便利に使えます。 字義通りは「(相手)から聞く」という意味で、「お便り(連絡)をもらう」という意味でも使われます。 「返事」や「返答」という直接的な言葉を避けることで、より気軽な表現にできます。 メールの件名で「返事が必要」と匂わせる 電子メールを通じてやり取りする場合には、メール本文に先立って件名を確認する段階があります。 そのため、件名はメールの趣旨・目的や重要度が明確に読み取れるような内容にすることが大切です。 メールの件名で内容の重要度が示せれば、「このメールは 優先度が高い」と判断してもらいやすくなり、返信作成のタイミングも早めてもらえることが期待できます。 「このメールは 返信が必要そうな案件だ」と察してもらえれば、さらに期待度はたかまるでしょう。 ビジネスメールには書き方に一定の「型」があります。 を把握してスマートかつ効果的な件名をつけましょう。 コツは「簡潔」「明瞭」「具体的」であるように意識することです。 友人・知人への私信の場合は、差出人が自分であると明確に判断できる内容を盛り込むことが重要といえます。 これはスパムメールに紛れてしまわないようにする意味合いで特に重要です。 メール件名の先頭に一言加える書き方 電子メールの件名には、返信を表す RE: や転送メッセージであることを表す FW: と同様に、「【至急】」のような一言を記号的に添える書き方があります。 件名そのもので重要性や緊急度を伝えきれない場合には、こうした表記を加えてみるのも手でしょう。 ただしスパムメールもよく使う手なので使い所は慎重に、件名そのものの具体性は確保できるように注意しましょう。 Important: Change of Friday Meeting Time 【重要】金曜日の会議時間の変更 略語を使う 定型表現として比較的よく使われる略語もいくつかあります。 WFR Waiting For Your Reply (返信をお待ちしています)の略。 FYI For Your Information(ご参考までに)の略。 これは返信不要の旨を暗に示す表現。 NRN No Reply Needed(返信は不要です)の略。 これは返信は不要と明示する表現。 NFA No Further Action(対処不要です)の略。 メールの返信も不要、メール本文の内容に対しても特に行動は必要ない(報告のみである)と示します。 ビジネス略語は使い所が難しく、相手がどう受け止めるかも不確かな部分が残る言い方です。 先方が使ってきたら正しく解釈できるように知識を得ておくことは大切でしょうけれど、自分からあえて積極的に使っていくことはあまり必要ないかもしれません。

次の

「早くしてください」ビジネスメールで催促を伝えるには?

ご返事をいただけると幸いです

助かります / 「助かります」は、動詞の「助かる」に丁寧語の「ます」を付加した言い回しで、軽い敬意を表す丁寧語です。 丁寧語も敬語の一種ですから、敬語を必要とするシーンで用いることができます。 社外向けのビジネス文書では、改まった言い回しに変換した「幸甚に存じます」や「幸いに存じます」といった表現がよく使われます。 メールをご覧になった後、お返事いただけると幸いです• たくさんのご批評をお聞かせ顋えれば、幸いに存じます• 誠に勝手なお願いですが、納期を前倒しいただけると非常に助かります。 前向きなご返事をお待ちしております。 お祝いのしるしまでに、粗品を送らせていただきました。 ご笑納いただいて、お身近くお使いくだされば幸いでございます。 感謝の一端としまして、粗品を別送いたしましたので、ご笑納いただければ幸いでございます。 お見積もりをご持参いただけると幸いです。 どうしても都合がつかないようでしたら、ご一報いただければ幸甚です。 ご来臨くだされば幸甚の至りに存じます。 ご高覧いただければ幸甚に存じます。 当社とお取引を希望とのこと、誠にありがたく存じます。 〜していただけると助かります。 お引き受けくださると、たいへん助かるのですが。

次の