部屋 の 片付け どこから。 片付けはどこから手をつけたらいいの? 4つのコツをご紹介します!

部屋を片付けたいけどどこから手をつけるべき!?手順や収納のコツも!

部屋 の 片付け どこから

持ち手を切り取って、内側に折りたたむと簡易ボックスとして活用できる(左)。 残す紙袋はファイルボックスにIN 「あると役に立つかも」と思って、どんどん溜めてしまう紙袋。 ところが、いざ使おうと思ったらほこりをかぶっていたり薄汚れていたりして、結局使わなかったりしませんか。 同じ紙袋でも、高級ブランド店のものはコレクションとして別扱いなのかもしれません。 どうしようかと迷うようなものは最初から除外して、すぐに判断できるものから手をつけると作業がスムーズです。 対象とする紙袋はフリマ用やサブバッグといった、実用的な使い方をするもの限定でスタート。 次の項目に当てはまるものはすぐに処分しましょう。 大きい紙袋を使ってバッグインバッグにするか、箱に入れて取り出しやすい場所にしまいます。 家の片付け、まずここから2:カバンの中身を絞り込む 100均ショップのポーチをはじめ、市販のバッグインバッグ専用商品の中から使いやすいタイプを選んで組み合わせたい その日の予定で使う見込みがないものをカバンの中から抜き取る。 そんなことはあまりやらないものです。 いったん入れたらそのままの状態で使い続けるのではないでしょうか。 カバンが重たいのは、それが原因なのかもしれません。 お財布、鍵、携帯電話、化粧ポーチ、手帳、名刺入れ、筆記用具、デジカメ、本などを、カバンの中から出してテーブルに広げてみましょう。 カバンについているポケットからは、忘れていたアイテムが出てくるのでは? 中身をすべて見渡して、カバンに戻すものとそうではないものに分けていきます。 毎日のように持ち歩かなくてもいいものは別の場所で待機させて、必要なときに取り出せるようにしましょう。 反対にカバンに入れておきたいアイテムは、カテゴリーごとに整頓作業をするのがおすすめ。 たとえば次のような項目を目安に、ポーチを使ってまとめておくと管理がしやすくなります。 忘れ物も予防できます。 家の片付け、まずここから3:引き出しのゴチャつきを解消する 引き出しの中を仕切る道具はあとから購入。 当面はお菓子の空き箱や古くなった密閉容器で代用すればいい 最初はきちんと使っていたのに、何でもかんでも気軽に入れていくうちに乱雑になりやすいのが引き出しの特徴です。 それなのに気がかりなまま使い続けて、片付けるのが後回しになってしまいます。 とはいえ片付けるのは引き出しの中だけなので、作業の目途が立てやすいはず。 家事の合間や仕事のすき間時間を使ってリセットしておきましょう。 気になっている引き出しには何が入っていますか? たとえば文具の引き出しの中身を出して広げてみたら、サプリメントやボタン、ネジなど無関係なものが混ざっているかもしれません。 引き出しの用途とは違うものが見つかったら、それぞれが本来あるべき薬箱や裁縫箱、工具箱といった場所に戻します。 使えなくなった文具や不要になったレシートなど処分しやすいものから手をつけて、次の項目に照らして厳選しましょう。 クリップのように細かいものは、空き箱やチャック付きの袋に入れて散らばらないようにしたり、もの同士が重ならないように平たく置いたりして、ひと目でわかるような状態にしましょう。 キッチンや食器棚の浅い引き出しも同じ手順で片付けておくと、たちまち使いやすくなります。 家の片付け、まずここから4:洗面台下の魔窟を一掃する 100均ショップにはプラカゴがたくさんあるから、ちょうどいい大きさが見つかる。 プラスチック製品は手入れがしやすいから水回りにピッタリ スペースが限られている洗面所では、ものを出したままにしていると困る場所。 そのため、とりあえずのつもりで突っ込んだもので、洗面台下の収納が満杯状態。 手前から成り行き任せにしまっているとしたら、奥のほうには何が入っているのでしょうか。 何がどれくらいあるのかが把握できていないと、片付いていないことへの不安が強くなります。 まずは洗面台の下に入っているものを調べましょう。 中身を床に並べて持ち物を点検。 次の項目に当てはまるものは処分します。 探すのが面倒だから買ってしまったというダブり買い、安いからあってもいいかなと思ったまとめ買い。 もののありかがすぐわかるようにしまい直しましょう。 収納の奥まで無理に使いきろうと思わずに、見やすさと出し入れしやすさをモットーに、ラックやカゴを使って種類ごとにまとめて収納します。 身近なところにスポットを当てて片付けをすると、短時間でスッキリ完了できます。 このようなクセを身につけると、上手な整理整頓ができるようになりますよ。 !グッズの助けを借りて、としますよ。 デジタルグッズは専用のグッズを使うものと思っていませんか?がありますよ。 【関連記事】•

次の

片付けはどこから手をつけたらいいの? 4つのコツをご紹介します!

部屋 の 片付け どこから

汚部屋から脱出した方の経験では、特に重大な出来事がなくても「片付けよう!」という気持ちになることがあるようです。 親に泣かれても、彼氏に愛想をつかされても片付けることができなかったのに、突然閃いて片づけを始めたとのことです。 そして、1カ月後にはきれいなお部屋にすることができたと言っています。 今、汚部屋からどうすれば脱出できるのかと悩んでいても、片付けようと決めることができれば、汚部屋からの脱出はできるということですね。 汚部屋になる人は、失恋などのショックで何もする気持が起きなくなって、ふと気づくとゴミで一杯になっていたという方もいるようです。 性格的には内向的で繊細な方が多いとも言われていますから、精神的な落ち込みから汚部屋になってしまうということが多いのではないでしょうか。 このほかでは、「ちょっと散らかっているけれどもまだ大丈夫だろう」「年末にまとめてしよう」と思っている間に手が付けられなくなったという経験を持つ方がいます。 どのようなことが原因でも、お部屋は先にご紹介したように、きれいにすると決めることができれば解決できますので、諦めずにきれいなお部屋を目指しましょう。 汚部屋を1日できれいにするということは、難しいかもしれません。 そのような時、きれいにするという気持ちが折れそうになることがあります。 もしも、くじけそうになった時は、親や友人の手を借りるのもいいのではないでしょうか。 汚部屋をきれいにした方のお話では、「この汚部屋をなんとかしたら、人生が変わる」という思いで頑張ったそうです。 あなたの意気込みと、きれいになりつつある部屋を見れば、協力してくれる方も出てくるでしょう。 汚部屋から脱出できると、気持ちに余裕ができるそうです。 部屋がゴミで一杯のころは、落ち着かず、いつもイライラして、切羽詰まった気持ちになっていたともおっしゃっています。 さらに、部屋がきれいになると、自炊ができるようになって、ダイエットもできたというおまけもあったそうです。 汚部屋では細菌が繁殖しやすくなります。 この原因の多くは食べ残しといわれています。 「食べ物だけを気をつけている」という方でも、物が多いので一度見失ってしまうと食べ残しが見つけにくくなる可能性が高くなります。 食べ残しが原因の臭いは悪臭となることが多く、部屋の中だけでしたらいいのですが、近隣に臭いが漏れるようになると、苦情が寄せられる可能性があります。 臭いは、小さな粒子といわれていて、天井や室内の壁などにも付着するとされています。 臭いが気になるという程度でしたら、消臭剤で消すこともできますが、臭いが天井や壁についてしまうと消臭剤では臭いを取り除くことができなくなり、専門家の手を借りなければいけなくなるといわれています。

次の

お部屋の片付け方

部屋 の 片付け どこから

Contents• 【片付けのコツ】どこから始めたらいい? 迷わないやり方は? どこから手をつけていいのかというと、家の全体を ブ ロック別にわけて、やりやすそうなところから始めるといいです。 アレもコレもと、むやみにやたらと片付けても、どれも中途半端になるるだけで時間がもったいないです。 ここからここまでって。 ポイントを絞ると片付けやすくなります。 駅伝で言えばマラソンの選手がそれぞれのエリアだけを全力を尽くして次の人にタスキを渡しますよね。 あの感じです。 全部走ってたらグダグダになってしまうけど決まったエリアだけなら頑張れますよね。 範囲が小さければ小さいほど集中できるというわけです。 【片付けのコツ】どこからする? まずは家全体をブロック別にわけてみる 家の中全体をざっくり見ても、玄関、キッチン、浴室、リビング、寝室、クローゼット、物置などキリがないほど片付ける場所がありますよね。 その中から片付けをやりやすそうなところをメモでいいのでいくつか ピックアップしましょう。 そこからさらに 片付けやすそうな場所を選ぶと 楽です。 仮にリビングを片付けるとしたら、そこには何がありますか? テレビやソファ、テーブル、棚、などいろいろな物がありますよね。 その中からさらに自分の中で ここならできそう! って思うところがあればそこに決めます。 そしてもしソファーに決めたのなら、ソファーの上や周辺の 散らかったとこだけを片付けます。 そうすると一つのこに集中するので他のところの散らかりは気にならなくなりますよ。 例えばラーメンとギョーザを食べるとしたら、両方を少しずつ食べ進めるか、ラーメンを食べ終えてからギョーザを食べるような、単品で食べ進めてく違いですね。 なるほどねー。 わたしいつもアレもコレもってなっちゃって。 片付けてもどこかスッキリしないっていうか。 でも、これならなんとなくできそうな気がするわ。 ゆいさんもお片付けスイッチが入ってきたようですね。 では次にいるものをいらないものの分別の仕方についてお話ししますね。 【片付けのコツ】いるもの要らないもの。 どう分別したらいい? 片付ける場所が決まったら、いよいよいるものいらないものを仕分けをはじめるんですけど、その基本は 「いらないもの・迷うもの・いるもの。 」この3つに分わけることです。 とりあえず用意するものはポリ袋があればOK。 段ボールやカゴ、大きめの紙袋など何か入れるものがあれば用意してください。 基本的なやり方はシンプルですが、ポリ袋・段ボール・カゴなどに捨てるもの、必要なものを ポイポイ入れていきます。 へぇ~、そうなんだ。 いらないものを片づけるときのポイント いらないものは、後で捨てるときに困らないように 燃えるゴミと不燃物を袋を分けて入れることです。 いざ捨てるってときに 分別する手間が省けるし、次のエリアを片付けるときに 続きのゴミも入れられますよね。 あと、溜まった袋にはマジックで燃えるゴミの「も」とか書いたり、何かしらわかるように印をして燃えるゴミと不燃物を一目でわかるようにしておくといいですね。 そして 袋を置くスペースを適当に決めて、そこに燃えるゴミ・燃えないゴミの袋をそれぞれまとめておくと捨てるときにとっても楽なんです。 迷うものを段ボールにいれるわけは。。 段ボールに物をとりあえずいれると、それがいまの生活に 本当に必要なものなのかどうかがわかってきます。 一度箱に閉まってから、半年でも3ヶ月でもいいのですけど、一定期間開けなかったらそれはいらないものと同じです。 なくて困らないものは捨てても大丈夫なので溜め込んだ物とお別れしましょう。 【片付けのコツ】時間を決めてやる気を持続させよう 片付けってやりだすと不思議と止まらなくなりますよね。 持続するために お片付けタイムを決めましょう! どこかで 区切りつけないと次第に疲れてしまうし、やる気が失せる。 これがいちばん困りますよね。 ご飯の用意や子供の送り迎えに手が回らなくなってしまっては本末転倒。 片付けどころか夫婦の中までおかしくなっちゃいますよね。 人の集中力って2時間ほどっていいますよね。 なので、その2時間だけめいいっぱいやっちゃう! とか、部屋の中のテーブルとテレビの周辺だけする! とかでもいいです。 なにかしら自分なりのルールを決めてみてください。 もともと小さなエリアを絞ってるのでそんなに時間はかかりませんし、今日はここまでーー! っていう目的をもって動く方がはかどります。 それと、ちょっと 物足りないくらいの方がモチベーションが続きますよ。 オレ、んなこと思ったことない。。 あらあら。 そうたくんは幸せな人ですね。 まとめ• 片付けをはじめるならまずは 家の全体をブロック別にわけてみる。 家全体から部屋の中、部屋の中のどの場所が片付けやすそうか エリアを絞って決める。 物の分別の基本は「 いらないもの・迷うもの・いるもの。 」この3つに分わけること。 迷うものは段ボールに入れて保管する。 スッキリして見えるし、一定期間開けることがなければいらないものと考えて捨ててよし! 人の集中力は2時間まで。 時間を決めて片づけること。 物足りないくらいの時間での片付けがモチベーションを維持するコツ。 片付けは 物の位置を決めて、決めた場所に戻すこと。 一度散らかってしまったものを片付けるのはとってエネルギーがいりますよね。 でも、ほんのちょっとしたことで簡単にキレイにできてしまうことも確かなんですよ。 やる気スイッチが入ったときに最初に迷う「どこから片づけるんだ! 」って思ったときの参考にしていただけたらと思います。 ホントは自分の中でうっすらと気づいてるんじゃないでしょうか? 片付け本を読んだって雑誌やテレビを見てもノウハウを山ほど知ってるのにうまくできない。 キレイにしたい気持ちはすっごくあるのに片づけようとすればするほど 身動きが取れなくなってしまう本当の理由は 心の中に問題にあるってことを。 世間じゃ男女平等が当たり前になっても家の中では「主婦なんだからできて当然! 」みたいな空気っていまだにありますよね。 旦那さんや家族からの見えない圧がプレッシャーになってませんか? 片付けようとするといや~な気持ちに襲われてしまう• 部屋が汚いって言われても片付けられない 「やらなきゃいけない」「なんでできない? 」って気持ちとは裏腹に行動がズレてしまうのも無意識に 心にブレーキをかけてしまうからなんです。 心の奥底では苦手だと思ってることを無理にやろうとしてもうまくいくはずがありませんよね。 これまでも イライラして愚痴ってばかりではありませんでしたか? そのたびに自己嫌悪や罪悪感、孤独感、無気力に陥ってましたよね。 一時しのぎでザザーっと片付けても本当の解決にはなりませんし、すぐリバウンドしてしまいます。 勝間流のお片付け術では著者でもある先生のサポートを受けながら心のブレーキを開放しストレスなく自然と楽しくできる収納お片付け方法が身につきます。 片付け下手だったわたしも先生のサポートのおかげで少しずつ片付けができるようになりました。 このサイトで紹介してるチョコっとした片付け方も先生のアイデアを活かしたものも多いんですよ。 今度はあなたの番です。 片付け嫌いを克服しませんか?

次の