帽子 種類。 帽子の種類/名前一覧!自分に似合う帽子を見つける!

【保存版】メンズの帽子の種類一覧!自分に似合うものの選び方とは

帽子 種類

帽子の選び方のもくじ• 自分の顔立ちに合わせた帽子の選び方 顔立ちは大きく分けて、丸顔、面長、四角顔、逆三角顔、エラ張りのホームベース顏、といった5種類に分けられます。 まずは あなたの顔立ちに似合う帽子の選び方について紹介していきましょう。 丸顔な人に似合う帽子の選び方 丸顔な人は帽子との相性が良く、比較的どんな形でも似合います。 顔が丸いことにコンプレックスを感じている場合は、 トップの四角い帽子を選ぶと顔の丸さが強調されてしまうので注意が必要ですが、かといって似合わないというわけではありません。 特に似合う帽子はやなど、トップの丸い帽子、などもよく似合います。 縦の長さを出すように帽子をかぶるのがポイントで、浅めにかぶったり、おでこを出すように前を持ち上げて使用すると顔のバランスが取れるので、帽子をかぶる際はトップを高い位置に見せるようにするのがコツです。 丸顔な人におすすめの帽子はコチラ• 丸顔さんから人気の高い帽子はコレ! 面長な人に似合う帽子の選び方 面長な人は比較的どんな帽子を選んでも似合うタイプです。 ただし、 細長い帽子やトップの高い帽子を使用すると面長を強調してしまうため、高さのあるハットやニット帽を立たせてかぶるのは避けて、あまり高さのない帽子を選ぶことで顔立ちとのバランスがうまく取れます。 また、頭部が平らな帽子であったり、浅めの帽子が似合うので、や、などがオススメです。 トップにあまり飾りのない帽子を選んだほうが全体のバランスが取りやすいため、ニット帽を選ぶときはボンボンなどの付いていないもの、ベレー帽もコサージュなどの付いていない シンプルなものを選ぶと良いでしょう。 高さのある帽子を選ぶ場合は、後ろに倒したり深めにかぶったりして高さをごまかすようにするとシルエットが綺麗になります。 面長な人におすすめの帽子はコチラ• 面長さんから人気の高い帽子はコレ! 四角顔な人に似合う帽子の選び方 自分が四角顔である事を気にしている人の多くは、顔の幅やアゴの幅を気にするあまり、ツバの短い帽子やボリュームのないシンプルな帽子を選んでしまいがちですが、これは逆に 顔の輪郭を目立たせてしまうため注意する必要があります。 四角顔さんの帽子の選び方としては、正面から見たときに顔の幅を越えるような大きめのツバを持った帽子、また ボリューム感のある帽子を選ぶのがコツで、四角いシルエットも非常に相性が良く似合います。 特に似合うのはや個性的な柄やアクセントのある、夏場ならなんかもよく似合います。 トップは浅めの物で飾りのついている帽子を選べば全体のバランスが良くなります。 四角顔な人におすすめの帽子はコチラ• 四角顔さんから人気の高い帽子はコレ! 逆三角顔な人に似合う帽子の選び方 三角顔な人に似合う帽子の選び方としてはまず、 ツバの幅が狭く深めの帽子を選ぶことがポイントであり、帽子のトップはフラットなものよりも、丸い帽子や細くなっていく帽子を選ぶとよく似合います。 丸いシルエットの帽子はアゴの華奢さが目立って可愛らしい雰囲気になるため女性にオススメです、シャープでスタイリッシュな印象を与えるには先の細いシルエットの帽子を選ぶのがおすすめです。 キャップなら、ハンチングなら、さらになども三角顔な人におすすめです!浅めにかぶるよりも深めにかぶった方が顔のバランスが整うため、 しっかりめにかぶるのがコツです。 逆三角顔な人におすすめの帽子はコチラ• 逆三角顔さんから人気の高い帽子はコレ! ベース顏な人に似合う帽子の選び方 ベース顔な人はボリューム感のある帽子を選ぶのが、似合う帽子のポイントです。 エラ張り顔にコンプレックスのある場合は、ツバの大きいものや帽子のトップ部分がフラットになった形状の帽子を選ぶと顔のシルエットが綺麗になります。 つまりベース顔さんは「 浅めの角ばった帽子でツバの大きいボリューム感のある帽子」を選ぶのが良いでしょう。 ベース顔さんにはがおすすめですが、トップの高すぎないなんかもよく似合います、またなどの帽子を選べばバランスもいい感じに整います。 ベース顔な人におすすめの帽子はコチラ• ベース顔さんから人気の高い帽子はコレ! 髪型に合わせた帽子の選び方 代表的な髪の長さに合わせた帽子の選び方を紹介します。 顔立ち的には似合わない帽子も、髪の長さを利用することで似合う選び方も可能となるため、帽子選びの際は参考にしてください。 ベリーショートな人に似合う帽子の選び方 ベリーショートの場合は、顔の輪郭にぴったりとフィットする トップが丸くてかぶりの浅い帽子がおすすめです、例えばや、他にもを選ぶのが良いでしょう。 とくに顔の小さい人はツバの短い帽子を選ぶことで全体のバランスが整います。 ショートカットな人に似合う帽子の選び方 ショートカットな人には、大きめのを耳を出してかぶったり、頭にのせるようにしてを被ると髪型とのバランスが良いためおすすめです。 ポイントとしては、 帽子のツバが耳よりも外に出ないようにかぶること!を選ぶのもおすすめです。 ミディアムヘアな人に似合う帽子の選び方 どんな帽子も思いのままに楽しめるのがミディアムレングスな髪型、大定番はですが、やも顔の輪郭に合わせて使える髪型です。 大人カジュアルな雰囲気になる髪の長さですから、 ハット系の帽子を選ぶのが似合う帽子を選ぶコツです。 ロングヘアな人に似合う帽子の選び方 ロングヘアはアレンジ次第でどんな帽子にも似合う髪型です、夏場ならを選ぶのがおすすめですが、カジュアルにを選ぶのも良いでしょう、 髪の毛をまとめてトップの高い帽子の中に入れちゃうことでショートな雰囲気にもできますし、などの女性的な帽子にも相性抜群です。 帽子の種類の選び方 そもそも帽子の種類ってどんなものがあるの?って人のために、 一般的な帽子の種類を紹介しておきましょう。 形ごとに似合う顔立ちやファッションは違ってきますので、帽子選びの参考にしてください。 素材によっても表情は様々なため夏場ならストローハットなどを選び、冬場ならフェルト生地のハットを選ぶと良いでしょう。 この写真はハットの中でも定番とされるですが、シルエットの丸いや、角ばったなど形も様々です、帽子を選ぶならまずはハットからと言われるほどの定番ですから、自分に似合うハットを見つけましょう。 上の写真はと呼ばれている形でありキャップの定番ですが、角ばったシルエットのや、キャップの中でもちょっとドレッシーななど種類も豊富です、カジュアルな帽子を選ぶならキャップから探しましょう。 顔立ちなどに合わせて、シンプルなものや耳当ての付いたものなど 選べる種類は非常に豊富ですから、あなたに似合うニット帽も必ず存在しています、冬の帽子を選ぶならニット帽から選ぶのがおすすめです。 ですから カジュアルな中にもフォーマルな雰囲気があるため、ラフなファッションだけでなくジャケットなどのカッチリとした服装にも相性抜群! ハンチングにもコロンとしたシルエットのや、スタイリッシュななど種類があり、服装や顔立ちに合わせて選べばどんな人でも似合う帽子です、どこかボーイッシュな雰囲気も感じさせる使い勝手の良い帽子ですから初心者にもおすすめです。 上の写真はキャップ型のシルエットで作られたキャスケットでありボリュームが大きく可愛らしい印象を持っています、ハンチングに近いシルエットのものは少年的なアクティブとレトロな雰囲気が魅力です。 どんな人でも似合う事から人気が爆発しており、キ ャスケットは選び方もそこまで難しくありません、適度なカジュアル感を持ったキャスケットはシーンを選ばず使えるためおすすめです。 ベレー帽はその形から上級者向けの帽子とイメージされていますが、比較的似合う顔立ちも多く、 選び方さえ間違えなければ誰でもおしゃれにかぶる事のできる帽子です、もちろん男性でも似合うかぶり方はあります。 服装全体の約7割をベースカラーにすること• パンツやスカートで全体2割をアソートカラーにすること• 帽子や腕時計で全体の1割をアクセントカラーにすること。 色の振り分けは上記のようになるわけですが、 気になるのは配色ですよね。 帽子の選び方においても、色の選び方というのは結構重要なポイントです。 自分の服装に合わせた色の帽子を選ぶために、配色のテクニックを紹介します。 ドミナント・カラーで帽子の色を選ぶ方法 最も一般的なカラーコーティネートとされる、 色味で合わせた配色です。 帽子を合わせたい服装の色味に似た帽子を選ぶことで完成します。 トーン・オン・トーンで帽子の色を選ぶ方法 同じ系統の色相から、 色の濃淡を生かしてコーディネートする方法です。 同系色の服装に対して、淡い帽子や濃い帽子を選ぶのが良いでしょう。 トーン・イン・トーンで帽子の色を選ぶ方法 同じ 淡さや濃さのトーンを組み合わせて作るコーディネートです。 持っている服の濃さに合わせて、同じような濃さの色違いの帽子を選びましょう。 ドミナント・トーンで帽子の色を選ぶ方法 様々な色を使用しつつも、 明るさの階調をあわせたコーディネートです。 暗い色の服が好きなら暗い色の帽子を選び、明るい色の服が多いなら明るい帽子を選びます。 トーナルカラーで帽子の色を選ぶ方法 ダルトーン呼ばれる 中間色をベースにした配色のコーディネートです。 グレーの帽子を選んでおけば、どんな時でもアクセントカラーに使えます。 カマイユで帽子の色を選ぶ方法 微妙な濃度や明度の違いで生み出すコーディネートで素材の違いがポイント。 黒系の色で、アウターやパンツと素材の違う帽子を選ぶと作りやすいです。 フォ・カマイユで帽子の色を選ぶ方法 カマイユ配色に対して、 より色相の違いを強くしたコーディネートです。 統一感を持ちながらも全体のまとまり感が強くなるため帽子選びも繊細です。 マルチカラーで帽子の色を選ぶ方法 3色以上の色が 柄物のようにランダムに配色されているコーディネートです。 どれかの色を抜き取って、それにあわせた帽子の色を選ぶのがおすすめです。 5cm 61cm 62. 5cm 64cm 基本的に帽子のサイズを選ぶ際は、測ってぴったりのサイズよりも、 指1〜2本程度の余裕を持った大きめのサイズを選ぶのが良いとされています。 その理由は、個体差によって帽子の大きさが前後するためということもありますが、サイズに余裕をもたせておくことでかぶり心地は楽になりますし、髪型かが変わった際にも帽子が対応してくれるというのもあります。

次の

帽子の種類と名称 Laughigstock

帽子 種類

様々な種類がある帽子の中でキャップに続き、ベレー帽をご紹介します。 ベレー帽は画家がかぶっている印象が強い帽子です。 ベレー帽はフエルト素材で冬限定の帽子のようですが、素材を変えることで夏でも使うことができます。 ベレー帽は手作りする人も多く、生地を裁断して縫い合わせたり、手編みで作ることもできます。 ベレー帽は平たい形の2枚はぎタイプと立体的な形の6枚はぎタイプがあります。 6枚はぎのベレー帽は赤い生地に黒の水玉をプラスしててんとう虫などアレンジにもおすすめです。 ベレー帽は幼稚園や学校の制服の一部として、合唱団やお店のユニフォームにも使われています。 ベレー帽は作り方や使い方など用途に合わせた選び方ができる万能なアイテムです。 帽子はデザインや素材が多く、タイプごとに名前がついています。 メンズ用の帽子と言えば子供のころから親しんでいるベースボールキャップが思い浮かぶのではないでしょうか?ベースボールキャップは子供から大人まで使えるマストアイテムです。 ベースボールキャップはユニフォームの一部として、ワッペンや刺繍、イニシャルを入れてノベルティーとして使われることもあります。 ベースボールキャップは、飲食店やスーパーなど食料品を扱うお店でも使われているのを見かけます。 飲食店でベースボールキャップをかぶることで髪の毛をまとめて清潔な印象を与えられます。 ベースボールキャップは制服にもノベルティーにも使える人気のアイテムです。

次の

帽子の種類/名前一覧!自分に似合う帽子を見つける!

帽子 種類

概要 [ ] 素材にはや、や、やなどが用いられ、用途に応じたさまざまな形状がある。 や、、、などを帽子に含めるか否かについては議論がある。 日本では、明治4年()の(いわゆる断髪令)によりを結う男性が激減し、代わって帽子が急速に普及した。 西洋式の帽子は当初で「シャッポ 」「シャポー」(: chapeau )などと呼ばれ、「にシャッポ」というスタイルで男性を中心に広まった(後にも普及)。 用途 [ ]• によるやを避ける為の日除け• 頭頸部や耳の防寒• として(レインハット)• 衝撃、飛来落下物、、、などからの頭部保護• 主に昼間、屋外用のとしてと共に用いられる。 やの一部(・軍帽・官帽など)• 宗教上の• 通常の、おしゃれとして• 調理や医療、精密機器の組み立てなどの際に抜けた髪の毛が落ちないようにする• 髪型の保護(ナイトキャップ)• 薄毛や癖毛を隠す• 顔を隠す(目出し帽)• スポーツ(特に野球)の応援、主義主張の表明• の道具として 歴史的には特定の頭部の装身具は、その人物の社会での身分を示すこともある。 白い(: 、) は、白い上下のの制服(: )と共に一目でのと認識されるアイテム である。 はを、はやを連想させるものである。 今日では特定の帽子を身につけるように求められる状況は限られている。 代わって、ファッションとして帽子の必要性が認識されるようになった。 特定の被り方や、帽子が所属する地域やサブカルチャーを示す他、擬似的に制服に近い意味合いを持つものもある。 は一般に特定チームへの支持を示すものだが、、のアイテムとしても多用される。 ハットとキャップ [ ] では、頭に乗せるものの総称としてハット(hat)、比較的柔らかい素材で頭部にフィットする形状のものをキャップ(cap)と呼んでいる。 ハットと呼ばれるものは一般に装飾的で全周につば(ブリム)を持つものが多いが、例外もあるため一概には言えない。 現代に使用される実用的な帽子の大半はキャップに分類されるが、習慣的にハットと呼ばれるものもあり、その境界は曖昧である。 なお、下記の一覧のように、帽子の種類によって様々な呼び方が存在するため、具体的に何を指すかはこれらの呼び方を把握する必要がある。 各部の名称 [ ] 本体 [ ] クラウン 帽子の山の部分 天(天井、トップ) クラウンの頭頂部分。 天玉 天とジガミとの境に入る玉縁縫込み。 天張り(パッキン) 天を整形するために天の端に一周する形で入る細い芯。 主に製か製で、学生帽などでは入らないこともある。 腰(サイド) クラウンの基部。 制帽・軍帽・官帽などでは「鉢巻」と呼ばれることもある。 ジガミ(マチ、ヨツ) 天と腰とをつなぐ部位。 4枚の生地を縫い合せて作る。 庇(鍔、ブリム) 日除け。 野球帽のように前部のみのものはと呼ぶ。 付属部 [ ] 縁(へり)(帯・帽帯・周章) 腰の上に巻かれる帯布。 、など。 これが付かずに腰のままとされることもある。 顎紐(あごひも) 革製が多いが布製やビニール製、ゴム製などもある。 耳章 顎紐を腰に留める付属品。 主に製で、無装飾の場合と、団体のが入る場合がある。 主に制帽として用いられる帽子につける徽章。 エチケット [ ] もしその人物が家の中に入って来て、帽子を脱ぐようなら真の紳士。 帽子を脱がないのなら紳士のふりをしている男。 そして帽子をかぶっていない人物は、紳士のふりをすることさえあきらめている男。 このエチケットはのそれに準じており、入隊教育の中で新兵は帽子の取り扱いについて、講義を受ける。 軍隊では戦闘中でなければ、屋内だけでなく艦船の中でも脱いでいなくてはならない(逆に旧の様に、上官に対面する時の無帽は軍規違反になる軍隊もある)。 また、の一つとして帽子を取ることがある。 これ以外の状況では、や斉唱、などが帽子を脱ぐべき状況である。 の挨拶として帽子にを当て軽く前に傾ける・一瞬だけ持ち上げ掲げるという方法がある。 の場合、帽子は正装の一部と見做されている為この挨拶をする必要は無く、小さくお辞儀をする・をつまみ、小さく身を沈める(右脚を引いて屈む)などで十分である。 の教会では男性は帽子を取ることが求められるが(女性は帽子を取らないのがエチケット)、での徒やでの徒など帽子を取る必要が無い宗教もあり、帽子に対する態度は様々だが、いずれもへの敬虔さを示すという点で一致している。 キリスト教徒が帽子を脱ぐのはをつくことや頭を下げることと同じ意味で、神に対する敬虔さからである。 ユダヤ教徒はにより独特のをかぶることが決められている。 これもの偉大さ、人の卑小さ矮小さを、被る者に認識させるためである。 種類 [ ] この節のが望まれています。 も参照 宗教 [ ]• 、()• (berretta, )• (キッパ(kippah))• 儀礼 [ ]• 制帽 [ ] 軍隊 [ ]• (ドゴール帽)• 学校 [ ]• その他 [ ]• スポーツ [ ]• (ディアストーカー(deerstalker)、鹿撃ち)• (ボクシング用)• (ラグビー用)• 民族衣装 [ ]• (, Streimel)• (fez、(turkish hat)、(tarboosh))• 実用 [ ]• (コック帽)• (看護帽)• 防寒 [ ]• (イヤーマフ、耳袋)• (ニット帽、ビーニーキャップ)• 防暑 [ ]• (ボーター、キャノチエ)• (、ソーラ・トーピー(sola topee)、トーピー(topee)、サンヘルメット(sun helmet)、コークヘルメット(cork helmet)、トロピカルヘルメット(Tropical Helmet)、サラコット(salacot)、トーピ(topi)、探検帽、 防暑帽)• ファッション [ ]• (トップハット、チュリンダー(シリンダー))• (ダービーハット、メローネ)• (クルーハット、キャンポベローズ、ファティーグキャップ)• オペラハット• (, , , , )• ヘルメット [ ]• 猿面兜• (カストディアンヘルメット)• ヘルメット• 頭巾 [ ]• その他・未分類 [ ]• (ビコルヌ、バイコーン、ナポレオン帽、山形帽)• (トリコーン)• (キャペリン)• () ギャラリー [ ]•

次の