映画 キングダム。 原作派からも高評価の実写映画『キングダム』のキャストが凄い!あらすじや続編についても紹介

映画『キングダム』初日舞台挨拶開催決定!

映画 キングダム

山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投! 天下の大将軍を夢見る主人公・信役の山崎賢人、中華統一を目指す王・エイ政役の、河了貂役のら前作の豪華キャストが再集結する。 続編製作発表時の山崎、吉沢のコメント全文は以下の通り。 監督やキャストのみんなで「続編も撮れるといいね」と話していたので、続編が決まって本当に嬉しい気持ちです。 前作同様、今回も原先生が脚本に関わってくださっているので、いちキングダムファンとしても、映画に関わる役者としても、本当にワクワクするような、期待を裏切らない熱い脚本になっています。 前作よりも成長した姿を皆さんにみていただけるように、そして、前作を超える面白い作品にできるように、キャスト・スタッフ一同頑張りますので、完成を楽しみにしていてください!! 今回も原先生が脚本に携わってくださっていることもあり、原作の世界観を壊さずに、本当に面白くて、熱くて、見ごたえのある物語になっています。 この作品を、どのような映像として届けられるのか、演じる我々も、今から本当に楽しみでワクワクしています。 皆さんが期待している以上の最高の作品にしたい、とキャスト・スタッフ一同思っていますので、是非とも期待してお待ちください! [PR] 今作にも原泰久が脚本に参加! 監督も引き続き監督が務め、原作者の原泰久が前作同様脚本を担当し、映画オリジナルのシーンやセリフも加筆されたという。 続編製作発表時の原泰久のコメント全文は以下の通り。 本当にありがとうございます!! 今回も長~い脚本会議に関わらせていただいております。 王騎が信へ告げた「戦場で会いましょう」、まさにその世界をしっかりと描くことになりそうです。 前作以上のスケールで、邦画史上に残る戦場とドラマを楽しんでもらえるのではないかと思います。 羌カイ役はだれ? 話題に (C)原泰久/集英社 5月29日発表の第一報では公開日、ストーリー、新キャストなどは未発表。 だが、原作者の原が羌カイを描いたイラストとともに「王騎が信へ告げた『戦場で会いましょう』、まさにその世界をしっかりと描くことになりそうです」とコメントを寄せていたことからSNSなどでは羌カイ役の予想合戦が繰り広げられた。 (山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記).

次の

映画『キングダム』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

映画 キングダム

週刊ヤングジャンプで連載中の大人気漫画『キングダム』の実写映画版がついに地上波放送されます。 1ヒットとなった超大作で、第43回日本アカデミー賞でも 「優秀監督賞」「最優秀助演男優賞」「最優秀助演女優賞」などなど多くの賞を受賞した映画です。 興行収入は 57億3000万円を叩き出した映画『キングダム』、原作は現在も連載中で57巻を発行、累計発行部数は 6400万部を突破しています。 この映画『キングダム』の地上波放送を楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。 更に、少し先取りしたい方のために実写映画『キングダム』のあらすじ(ネタバレ含む)もお伝えしたいと思います! 目次• 『キングダム』の主演が決まった際も、賛否両論ありましたが、映画が公開されると批判的な評価を一蹴、『キングダム』の大ヒットへとつなげました。 山崎賢人さんが演じる信は、大将軍を目指す戦争孤児で、下僕だった少年。 礼儀作法を知らず短気で乱雑なところがありますが、純粋な心を持ち自分の意志を貫く頑強な信念を持っています。 原作でも最初は猪突猛進で戦うスタイルでしたが、成長につれて数々の助言や経験を経て「本能型の将軍」としての実力を身に付けていきます。 嬴政(えいせい)・漂(ひょう) :吉沢亮 ただのイケメン俳優だと思っていた吉沢亮だけど「キングダム」を見てから私の評価は爆上がり中である。 漂と政の演じ分けもすごいし、何より役によって眼差しが全然違うのもすごい。 天陽くんと政の違いよ…。 — はなこ midorinoheiwa25 第三十一代目にして秦の若き国王、のちに始皇帝となる嬴政を演じたのは 吉沢亮さんです。 更に、信と同じ下僕で幼馴染の漂も吉沢亮さんが演じており、一人二役です。 吉沢亮さんは国宝級のイケメンに加え、高い演技力で数々のドラマや映画に出演しており、この映画『キングダム』において嬴政・漂の一人二役が高く評価され、第43回日本アカデミー賞で最優秀助演男優賞を受賞しました。 橋本環奈さんも多くの映画やドラマ、バラエティ番組などに出演しているため、この若さにして不思議な安定感がありますね。 橋本環奈さんが演じる河了貂は、山賊の末裔で鳥の被り物をしており、ムタから譲り受けた吹き矢が武器。 幼くして天涯孤独となったため、生き抜くために様々な知識や技能を身につけており、特に料理の腕前は一級品。 嬴政からのご褒美欲しさに、嬴政や信と行動を共にします。 昌文君(しょうぶんくん):高嶋政宏 【】 メインキャストの甲冑は、デザインを詰めたうえで、歴史もののノウハウを持つ中国に製作を発注。 重厚感あふれる甲冑が完成しました。 さんが演じた昌文君(しょうぶんくん)の甲冑は、30キロ以上もあったとの事です。 — 映画『キングダム』公式アカウント kingdomthemovie 嬴政から最も信頼されている側近で、秦国の文官である昌文君を演じるのは 高嶋政宏さんです。 周囲に高く評価される熟練の将軍で、王騎にも一目置かれている実力の持ち主です。 壁(へき):満島真之介 【】 「あれは、まぎれもなく将でした。 漂殿の一声で、絶望しかけていた 我らに再び火が灯ったのです」 — 映画『キングダム』公式アカウント kingdomthemovie 嬴政の側近である昌文君の副官・壁を演じるのは 満島真之介さんです。 名家出身ですが生真面目で気取らない性格の持ち主で、信の兄貴分。 王騎は個人的武勇と戦場全体を見渡せる知略の双方を兼ね備える最強の六大将軍。 大沢たかおさんによる原作の再現度も注目の一つでした。 常に王騎の傍に控えており、ひょうひょうとしてポーカーフェイスを崩しませんが、実力は王騎からも高く評価されています。 山の民 楊端和(ようたんわ) :長澤まさみ 【】 「矢ごときに屈する 我らではない!」 — 映画『キングダム』公式アカウント kingdomthemovie 山の民の王・楊端和を演じるのは、 長澤まさみさんです。 長澤まさみさんの美貌と演技力に注目です。 その長澤まさみさんが演じる楊端和は、山民族からは「山界の死王」と呼ばれ恐れられる存在で、何十万人という山の民と統率する美しき王です。 阿部進之介さんは「信長協奏曲」「下町ロケット」などの人気ドラマに出演している実力派俳優で、ワイルドな風貌がバジオウにマッチしていますが、作中では常に面をかぶっておりほとんど顔が見ないのが残念です。 阿部進之介さんが演じるバジオウは、山民族のNo. 2の実力ですが、元は戦に巻き込まれて滅びたバジ族の生き残りで、最初は言葉を話すこともできない野獣のような気性でしたが、楊端和に敗れ一族に加わり、人間性を取り戻して山の民、秦両方の言語を話す有能な戦士。 タジフ:一ノ瀬ワタル 映画『教科書にないッ!』の打ち上げに 半袖で来ちゃった人 — 大坂 夕 oosakayuu 山の民でも有数の怪力をもつタジフを演じるのは、 一ノ瀬ワタルさんです。 幼いころから格闘家を目指し、俳優の前はプロの格闘家として、単身ムエタイで修業もしています。 タジフを演じられるのも、一ノ瀬ワタルさんしかいないかもしれませんね。 本郷奏多さんはイケメンですが、プライベートでは引きこもりでちょっと変わった一面を持つ俳優さんです。 本郷奏多さんが演じる成蟜は、自らの血筋に誇りを持ち、臣下を道具の如く扱う暴虐な性格の持ち主で、平民の血を引くという理由から嬴政を憎み、王位を奪うためクーデターを起こします。 本郷奏多さん演じる成蟜がかなりのはまり役で、映画『キングダム』の見どころの一つです。 竭氏(けつし) :石橋蓮司 【】 竭氏(けつし) / 秦国左丞相。 王弟・成蟜(せいきょう)の腹心である。 — 映画『キングダム』公式アカウント kingdomthemovie 秦国の左丞相で、成蟜の腹心である竭氏を演じるのは、ベテラン俳優の 石橋蓮司さん。 1950年代から長きにわたり俳優として様々な役を演じてきた石橋蓮司さんですが、映画『キングダム』の竭氏役がイメージとぴったりと話題でした。 石橋蓮司さん演じる竭氏は、打倒・呂不韋を目論む野心家で、王位を奪った後の国政委任を約束された成蟜と共に謀反を起こします。 肆氏(しし) :加藤雅也 本日4月27日は \ さんの誕生日🎉/ 映画『キングダム』では、秦国左丞相・竭氏(けつし)の参謀である肆氏(しし)を演じています。 加藤雅也さんは1988年に俳優デビューして以来、数々のテレビドラマや映画に出演するベテラン俳優です。 加藤雅也さん演じる肆氏は、成蟜の起こした反乱で軍の指揮を任されています。 宇梶剛士さんが元暴走族の総長だったのは有名な話しですが、映画『キングダム』でも、上級武官であり他国も恐れる精鋭弩弓隊を率いる役を演じています。 ムタ:橋本じゅん 本日2月25日は \ さんの誕生日👏/ 毒矢を武器とするベッサ族の刺客、ムタを演じています。 橋本じゅんさんは舞台、テレビドラマ、映画など数多くの作品に出演している個性派俳優です。 映画『シン・ゴジラ』や、テレビドラマ『今日から俺は!! 』『4分間のマリーゴールド』などにも出演しています。 橋本じゅんさん演じるムタは、信たちを狙う刺客で吹き矢や素早い身のこなしが特徴です。 坂口拓さんは、アクション俳優をはじめ、アクション監督・映画監督やユーチューバーとしても活動。 坂口拓さん演じる左慈は、気性が荒く先鋭の山の民をも圧倒する武力の持ち主。 兵を率いて政の追跡の指揮をとり、口封じに信が居た村を焼き払ってしまいます。 ランカイ:阿見201 阿見201さんが『STEEL! 阿見201さんは、2014年までお笑いコンビ・デコボコ団として活動していましたが、2015年1月に解散。 その後は俳優業をメインとして、NHK大河ドラマ『いだてん』にも出演しています。 深水元基さんは元モデルで、現在は俳優やデザイナーとして活躍しています。 深水元基が演じる朱凶は、嬴政の命を狙う王弟側の暗殺者。 原作を忠実に再現した特殊メイクにも注目が集まりました。 キングダム実写映画の登場人物相関図 映画キングダムの登場人物相関図です。 映画キングダムのあらすじと感想(ネタバレあり) 映画キングダムのあらすじ 紀元前245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。 戦災孤児の少年の信(山崎賢人)と漂(吉沢亮)は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛錬を積んでいた。 ある日、漂は王都の大臣である昌文君(高嶋政宏)によって召し上げられ王宮へ。 信と漂は別の道を歩むことになる・・・。 王宮では王の弟・成蟜(本郷奏多)によるクーデターが勃発。 戦いの最中、漂は致命傷を負うが、何とか信のいる納屋へたどり着く。 「お前に頼みたいことがある」 血まみれの手に握られていたのは、ある丘に建つ小屋を示す地図だった。 「今すぐそこに行け!お前が羽ばたけば、俺もそこにいる・・・。 俺を天下に連れてってくれ・・・」 力尽きる漂。 泣き叫ぶ信。 漂が手にしていた剣とその地図を握りしめ、信は走り出した。 走る先に何があるのかもわからず一心不乱に走る信。 たどり着いた先で、信の目に飛び込んできたのは、なんと冷静にたたずむ漂の姿だった!? 死んだはずの漂がなぜ? 「お前が信か」 そこに居たのは、王座を奪われ、王都を追われた秦の若き王・嬴政(吉沢亮)だった。 その嬴政に瓜二つの漂は、彼の身代わりとして命を落としたのだった。 激高する信だったが、国を背負う嬴政の強さと漂の遺志を受け止め、嬴政と共に行動することを決意。 二人は王宮を奪還するために立ち上がる。 しかし、それは嬴政にとって、路の第一歩に過ぎなかった。 中華統一。 戦乱の世に終わりをもたらす、未だかつて誰もが成し遂げていない、とてつもなく大きな夢を嬴政は心に宿していた。 信は天下の大将軍を、嬴政は中華統一を。 その夢は途方もない修羅の道。

次の

キングダム実写映画キャスト一覧と相関図|信役は誰?あらすじ感想ネタバレあり|金曜ロードSHOWで地上波放送はいつ?

映画 キングダム

キングダムの作品情報 タイトル キングダム 原題 なし 製作年 2019年 日本公開日 2019年4月19日(金) 上映時間 134分 ジャンル アドベンチャー 歴史 監督 佐藤信介 脚本 黒岩勉 佐藤信介 原泰久 製作 北畠輝幸 今村司 市川南 谷和男 森田圭 田中祐介 小泉貴裕 弓矢政法 林誠 山本浩 本間道幸 松橋真三 北島直明 森亮介 平野宏治 製作総指揮 木下暢起 伊藤響 キャスト 山崎賢人 吉沢亮 長澤まさみ 橋本環奈 本郷奏多 満島真之介 阿部進之介 深水元基 製作国 日本 配給 東宝、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント キングダムの作品概要 累計発行部数3800万部を超える、原泰久原作の超人気漫画を元に制作された作品。 紀元前245年が物語の舞台となっており、王の座を巡っての争いに巻き込まれる青年達の姿が描かれている。 山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈など、人気・実力を兼ね備えた俳優達が集結している。 主題歌を担当したのは、世界でも活躍しているロックバンド「ONE OK ROCK」。 佐藤信介が監督を務め、原作者の原が脚本の執筆に参加している。 キングダムの予告動画 キングダムの登場人物(キャスト) 信(山崎賢人) 戦災孤児。 天下の大将軍になることを夢見て、友人の漂と剣術を磨き合う。 漂(吉沢亮) 信の友人で戦災孤児。 大臣・昌文君に召し上げられ、王宮に行くことになる。 嬴政と瓜二つ。 嬴政(吉沢亮) 成蟜の腹違いの兄。 成蟜がクーデターを起こしたことにより王宮を追われる。 楊端和(長澤まさみ) 女性でありながら、山の民を武力で束ねる。 謎多き女性で、信の味方かどうかも分からない。 河了貂(橋本環奈) 梟鳴(きゅうめい)という山民族の末裔。 烏を模した蓑を着ている。 金のため、信と行動を共にする。 成蟜(本郷奏多) 王弟。 実母が王族の血を引いており、自分こそが王の座に相応しいと考えている。 残虐で野心的な人物。 キングダムのあらすじ(ネタバレなし) 紀元前245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。 一度奴隷の身分に落ちた者は、大人になっても奴隷の身分から解放されることはなかった。 唯一抜け出す道があるとすれば、剣術で伸し上がっていくことだった。 戦災孤児である信と漂は、天下の大将軍になることを夢見て剣術を磨き合っていた。 ある日、漂は大臣・昌文君に召し上げられ、王宮に行くことになる。 そこで、王弟・成蟜がクーデターを起こし、戦いが起きた。 信は漂の元に向かうが、一足遅かった。 漂は致命傷を負っており、信に地図を託して亡くなってしまう。 信は友の死を深く悲しむが、漂の望み通り地図が指し示す場所に向かうことにした。 辿り着いた場所にいたのは、信と瓜二つの男だった。 果たして、その男は何者なのか!? ネタバレ キングダムの感想・評価 原泰久原作の漫画『キングダム』を元に制作! 本作は原泰久原作の漫画を元に制作されている。 原作の漫画は「第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞しており、累計発行部数3800万部を超える超人気作である。 今回の映画化の前にアニメ化・ゲーム化が行われており、幅広い年代の人から支持を集めている。 それは、2015年から原の出身地である佐賀県三養基郡基山町のふるさと納税の返礼品として、キングダムのグッズが使われていることからも明らかである。 今回の映画化に当たり、原自身も脚本に参加している。 原作の漫画をただ単に踏襲しているわけではなく、オリジナル要素も付け加えられている。 初見の人だけでなく、原作漫画のファンも新鮮な気持ちで楽しむことができるようになっている。 超人気俳優達が集結 主人公の信を演じるのは、数々の漫画を原作とした映画に出演している俳優の山崎賢人。 山崎はアクションシーンの訓練を行い、肉体改造を行って「信」という人物を演じている。 普段の優しい雰囲気とはまるで違う山崎の演技に驚く人も多いはずである。 物語のもう1人の主人公と言っても過言ではない漂と嬴政を演じたのは、『仮面ライダーフォーゼ』の朔田流星役で一躍有名になった吉沢亮である。 吉沢は威厳溢れる嬴政を見事に演じており、洗礼された空気を体現している。 その他にも、『』での体当たりの演技が話題を集めた橋本環奈や子役の頃から活躍している本郷奏多、長澤まさみや大沢たかおなど、人気・実力を兼ね備えた俳優達が集結している。 迫力あるアクションシーン 『キングダム』は王の座を巡っての争いや少年達の修業の日々など、人間ドラマが魅力の1つとなっている。 だが、魅力はそれだけではない。 広大な大地で繰り広げられる戦闘シーンも魅力の1つとなっている。 紀元前245年ならではの肉体を使った戦いは迫力があり、映画館のスクリーンで見れば圧倒されるのは間違いない。 アニメや漫画とはまた一味違ったリアリティ溢れる戦闘シーンは一見の価値がある。 本作のアクション監督を務めているのは、下村勇二である。 下村は『』(18)や『』(15)など、数々の作品でアクション監督やアクションコーディネーターを務めた実力者で、その道では有名な人物である。 映画『キングダム』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。 『キングダム』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。 羊と鋼の森 山崎賢人が主演を務めた作品。 宮下奈都原作の小説を元に制作されている。 原作の小説は「王様のブランチ・ブランチブックアワード2015大賞」や「第13回本屋大賞」などを受賞している話題作。 上白石萌音・萌歌姉妹が映画初共演を果たしたことでも注目を集めた。 ピアノは「羊」の毛で作られたハンマーが「鋼」の弦を叩くことで音を生み出していた。 外村直樹は板鳥宗一郎が調律したピアノの音に、「森」の匂いを感じた。 彼の音に魅せられた外村は、ピアノ調律師の世界に足を踏み入れた。 ピアニストの和音と由仁姉妹に出会い、外村は調律師としての自分の在り方に苦悩する。 周囲の人間はそんな外村を励まし、見守った。 詳細 猫は抱くもの 吉沢亮が沢尻エリカと共に主演を務めた作品。 大山淳子原作の連作短編小説集を元に制作された作品で、猫と人間の絆が描かれている。 水曜日のカンパネラのコムアイはこの作品で映画デビューを果たし、劇伴も手がけている。 吉沢が演じたのは、自分を人間だと思い込んでいる猫の良男。 沢尻はこっそり飼っている猫の良男に愚痴を零す、妄想好きな女性・沙織を演じている。 猫の良男はアラサーの元アイドルである沙織に恋をした。 良男は自分のことを人間だと思い込んでおり、ねこすて橋に集まる猫達は困惑し馬鹿にした。 良男は周囲の声など気にせず、沙織の傍にいられることに幸せを感じていた。 だが、ある男の登場で危機的な状況に陥る。 その男は売れない画家のゴッホだった。 良男は自分が猫だと自覚し、沙織のことを支えられない自分に苦悩した。 詳細 猫は抱くもの 図書館戦争 佐藤信介の代表作。 有川浩原作の小説を元に制作された作品。 原作の小説は「第39回星雲賞日本長編作品部門」を受賞しており、漫画化・アニメ化もされている人気作。 2015年には続編となる『図書館戦争 THE LAST MISSION』が公開された。 V6の一員である岡田准一が主演を務め、榮倉奈々がヒロインを演じた。 本を読む自由が奪われた世界。 そこには本を読む自由を守るための、「図書隊」と呼ばれる部隊があった。 笠原郁は高校生のとき、図書隊の隊員に良化機関員の検閲から守ってもらったことがあった。 笠原は顔も名前も分からない隊員に強い憧れを抱き、図書隊に入隊することを決める。 入隊先には、鬼教官として恐れられている堂上篤という男がいた。 笠原は堂上に反発しながらも少しずつ惹かれていった。 詳細 キングダムの評判・口コミ・レビュー 『キングダム』 ・山崎賢人が終始叫んでる ・でも今までにない演技幅 ・長澤まさみカッコ美しい ・吉沢亮までカッコ美しい ・橋本環奈着ぐるみだカンナ ・高嶋政宏安定の側近役 ・ヤな奴演技日本一だぜ本郷奏太 ・早過ぎてカメラに写らない坂口拓 ・地味に要潤が良い ・大沢たかおが全部持っていく — papiko papiko5656 はいキングダム これ観たらもう邦画に目覚めるしかないですよね。 原作も予告も全然見ずに空っぽで行ったんですけど楽しすぎた。 原作ファンはどう思うか知らないけどとりあえず所見の自分には最高でしたね。 アクションで泣ける映画が日本で誕生しましたよ。 続編も必ず観たい。 100点満点中100点。 — 長場 v9wkw7oo1 キングダムのまとめ 実現不可能と言われた作品が、満を持して映画化された。 戦闘シーンやたくさんの家来達が集まっているシーンなど、映画だからこそ感じられる迫力あるシーンがたくさん散りばめられている。 圧倒的なスケールの大きさは、感動すること間違いない。 実際に中国で撮影が行われており、漫画『キングダム』の雰囲気が忠実に再現されている。 主題歌を担当したONE OK ROCKの楽曲も物語に合っており、壮大な物語が描かれていることが音楽を聞いただけで分かるようになっている。

次の