漆喰 汚れ。 漆喰のDIY施工で初心者がおさえておきたいポイントってなに?

汚れ落とし

漆喰 汚れ

今回は塗り壁とカビの関係についてお話させていただきます。 近年、珪藻土や漆喰などの天然素材による塗り壁が多くなるとともに 問題が出てきているのがカビの発生です。 具体的には、 内壁に珪藻土を塗ったけれどカビが生えてしまった。 そして、 外壁に漆喰を塗ったけれどカビが生えてしまった・・・・と言うようなトラブルです。 結論から先に申し上げますと、 防カビ性能をうたう塗り壁材であっても一定の条件が揃うとカビが発生します。 まずはカビが発生するメカニズムを簡単に説明させていただきます。 カビの元となる胞子と呼ばれる原因菌は、目に見えませんがいかなる場所にも無数に浮遊しています。 それら胞子が湿度・温度・栄養・酸素の条件が整う事によって一気に繁殖します。 その結果、私たちが見るカビとして姿を現します。 天然素材の塗り壁の代表格である珪藻土や漆喰には、 室内の湿気を吸ったり吐いたりする「吸放湿性能」と言う特徴があります。 この特徴から、 珪藻土や漆喰がカビの大敵である湿度を吸ってくれるのでカビの発生を抑制すると謳われることが多いです。 実際、これは正しいことです。 しかし室内の湿度を吸う事で室内環境は良くなるのですが、 ここで注意しないといけないのが「吸放湿性能」の「放」の部分、 つまり「吸った湿度を吐かせてあげなければいけない」と言うことです。 カビが発生する条件として一番影響があるのは湿度です。 珪藻土や漆喰に限らず、天然素材である塗り壁は湿気を吸います。 ただ、吸ったままではいけません。 それらを吐かせてあげないと、カビの原因になる湿度をずっと蓄えたままになり、 そこにカビの胞子が付着し、限界量を超えてカビが発生します。 湿度を吸ったままの状態にせず、吐かせてあげる事も重要です。 具体的にはこまめに換気をすることです。 近年の住宅・建物は機密性が非常に高く、カビにとっては非常に好条件になります。 玄関・寝室・脱衣所・北側の部屋は特に注意が必要です。 これらの写真は珪藻土に発生したカビです。 写真提供:四国化成「カビストップ」 材料の特性として珪藻土自体にはカビの抑制効果はありません。 珪藻土の材料の特性としては中性に属し、 湿気を吸いますが材料自体でカビを止める事は出来ません。 しかし、各材料メーカーは対策をして、カビが発生しづらい材料を加えることでカビ対策をしています。 具体的には珪藻土に漆喰を混ぜるということをしているメーカーが多いようです。 漆喰は強アルカリ性という特徴を持ちます。 この強アルカリ性は殺菌作用を持つレベルで、結果的にカビの発生を抑制する働きがあります。 珪藻土建材が生まれる前から日本の家屋で主に押入れなどで漆喰が使用されるのは カビに強いからです。 自ら硬化する性質の無い珪藻土を漆喰で硬化させるのです。 上記の材料のみで対策は材料でのカビの発生を防ぐ方法ですが、完璧ではありません。 カビが発生しづらい成分の壁でもカビが生えることがあります。 それは、汚れです。 特に外壁ですが、 雨が降ることによって大気中・そして雨中の汚れが壁に付着し、 その汚れに対してカビの胞子が付着し、カビが発生することがあります。 在来の住宅ですと軒が長く取られることによって外壁への雨が降り注ぐことが少ないのですが、 軒の長さが極端に短い場合は注意が必要です。 これから塗り壁をリフォームをするにあたりカビがひどいから塗り壁を検討される方には、 以下を注意していただくことが大切です。 天然素材は吸放湿性能が優れますが、カビを完璧に抑制する事は出来ない。 天然素材の中にはカビに強い素材もあるので、それらを検討する。 漆喰か防カビ性能を持つ塗り壁素材 3. 室内の換気を定期的にし、風通しを良くして吸った湿気を放出することが非常に大切。 以上が塗り壁でカビを発生させない為のポイントです。 実際に塗り壁にカビが発生した場合、 状況によって異なるので一概には言えませんが、 カビ取り材で正面のカビを除去をするか、 既存の壁を除去して異素材を塗りなおす、 また、同じ壁素材にカビ防止剤を混和して塗るという方法がありますが根本的な解決にはならないので、 換気をこまめにするか除湿機の導入を検討するのがいいかもしれません。 カビの原因が目に見えない「胞子」である以上、なかなか原因を排除するのは難しいのですが、 事前に知って、そして説明しておくことにより万が一、カビが発生した時の対処方法も変わってくると思います。 また、材料メーカーが天然素材を売り出す際、 湿気を吸ったり吐いたりするという「吸放湿性能」が特徴として謳われることが多く、 天然素材を使用すればカビが生えないように受け取れる説明があるかもしれませんが、 ここで説明させていただいた話を少しでも思い出していただき、 施工後の環境を考えていただければと思います。 今回の記事は、 一見、塗り壁、天然素材はカビが発生しやすいと受け取られてしまいがちですが、 全くそんな事はありません。 一般的なクロスよりも断然カビの発生率は低いです。 そして、湿気以外にも臭気対策、そしてランニングコストの長さなど、 非常に魅力的な素材であることには変わりは無いので これからも塗り壁を候補に入れていただければと思います。 漆喰や珪藻土などの天然素材についてはこちらから 最後までお読みいただきありがとうございました。 今後ともよろしくお願いします。

次の

外壁を漆喰にする時の塗装・汚れ対策・補修・費用・DIY方法

漆喰 汚れ

漆喰(しっくい)とは何!? 「漆喰(しっくい)」と聞いてすぐにどのようなものか頭に浮かびますか!? 詳しい方がとお分かりになる方もいるかと思いますが、よく理解できていないという方も多いと思います。 まずは、こんな素材が外壁に使われているんだという事を知る事が大切です。 では、今からこの「漆喰(しっくい)」がどのようなものなのかをご紹介していきます。 漆喰(しっくい)の特徴とは? 「漆喰(しっくい)」とは、 消石灰(水酸化カルシウム)や炭酸カルシウムが主成分となっている素材の一つ。 主に、外壁材や瓦・石材の接着剤としての役割を担っています。 「漆喰(しっくい)」なんて初めて聞いたよなんて方もいるかと思いますが、 実は、我々が生まれる前の大昔から使われてきた素材であり、 古くは城郭や民家、土蔵などに使用されており、今でも採用されている素材になります。 実は今環境保全の問題や自然に拘る方も多い事から、 再び注目されている素材となっています。 漆喰の耐久性は約100年!? 「漆喰(しっくい)」は、 二酸化炭素を吸収しながら、長い年月を経て硬くなってきます。 そのためか、耐久性が約100年なんて言われる事もあります。 ただし、これはあくまで定期的なメンテナンスを行った場合であり、 手を抜くといくら漆喰でもそこまで耐久する事はできません。 今でも城郭などに採用されているのはこのような理由からでしょう。 漆喰の種類とは!? 「漆喰(しっくい)」にはいくつか種類が存在します。 メインとなるのは、以下の5種類となっています。 本漆喰(ほんしっくい) 既調合漆喰(きちょうごうしっくい) 土佐漆喰(とさしっくい) 琉球漆喰(りゅうきゅうしっくい) その他 それぞれ漆喰ではありますが、 混ざっている素材が異なりますので、使用する際にはよく検討した上で決定をしてください。 漆喰(しっくい)のメリット&デメリットとは? 「漆喰(しっくい)」がどのような素材なのかを先ほどはご紹介させていただきました。 では、今から使用する際にどのようなメリットが存在するのか、 またどのようなデメリットがあるのかを解説していきたいと思います。 しっかりと良い点だけでなく、悪い点も把握した上での検討が大切です。 漆喰のメリットについて 実は、今では住宅に採用される事が少なくなった「漆喰(しっくい)」ですが、 とても多くのメリットを持つ素材なんです。 先ほど、耐久性についても触れましたがこれだけでなく実に多くの良い点がありますので、まずはご紹介します。 ・強い防水性 ・和風はもちろん、洋風のデザインにする事も可能 ・ホルムアルデヒドなどの化学物質や二酸化炭素を分解・吸収してくれる ・防カビ効果 ・耐久性・耐火性がある ・防音性 上記のように、強い防水性を持っているだけでなく、 耐久性もあるほか、防臭効果やカビを生えにくくする効果などもあり、お家を長持ちさせるのにとても活躍する素材と言えます。 とても優秀な機能性であり、素晴らしい外壁材です。 漆喰のデメリットについて メリットを知って、採用したくなる方も少しはいるかと思います、 ここで即決するのはまだ早いかもしれません。 というのも、しっかりとデメリットも事前に把握しておく必要があるからです。 ・施工期間と施工費用が高くなりがち ・傷がつきやすい ・しっかりと施工ができる左官屋が少ない ・独特の臭いが気になる まず、漆喰を採用する場合、乾燥時間をその他の施工と比べると長く取らなければいけないことで、施工期間が伸びます。 さらに、費用も少々高くなる場合が多いです。 その他にも施工後の臭いが気になったり、引っ掻いたりすると傷がつきやすかったり、 水を弾かなかったりと、悪い点はいくつか存在します。 まずは、しっかりと悪い部分にも目を向けて把握しておきましょう。 漆喰に汚れやカビが発生した時のメンテナンス方法について もし、「漆喰(しっくい)」の外壁を採用しており、 汚れやカビが生えてしまった場合にはどのようにして綺麗すれば良いのでしょうか? そんな時の補修方法についてご紹介していきたいと思います。 軽い汚れは消しゴムや水洗いで落とせる! 例えば、漆喰の外壁に軽度な汚れを発見した時には、 消しゴムや水洗いで簡単に落とす事が可能です。 自分でも簡単に綺麗に補修できる点も漆喰のメリットとしての重要なポイントとなります。 カビが生えてしまった場合の補修方法 また、軽度な汚れではなくカビが生えてしまっているのとを発見した際には、 このような場合には、もしかしたら水洗いや消しゴムでは落ちない可能性があります。 その場合、塩素系漂白剤を水で薄めて、布で拭き取っていただくと綺麗に落ちるかと思います。 ただし、注意点がありまして、 酸性の洗剤だけは絶対に使用しないでください。 とういうのも、漆喰は主成分が水酸化カルシウムな為、アルカリ性だからです。 この点だけ注意してください。 漆喰の外壁の補修費用について もし、あなたのお家の外壁が漆喰(しっくい)で、プロにお願いして補修する必要がある場合、 どれくらいの費用がかかるのか気になりますよね。 外壁塗装というと、全体で100万円前後はかかるのが当たり前です。 ただし、これはあくまで一例にすぎず、業者によっても値段はまちまちですので参考程度にお考え下さい。 ただし、この時に一般的な外壁塗料での塗り替えはできず、特殊な塗料を使用しての塗り替えとなります。 もちろん、あくまで目安となる金額ですので、業者や状態によって前後する場合があります。 漆喰の外壁を採用する際の注意点とは? ここまで、漆喰について解説させていただきました。 実際に、現在お家の外壁が漆喰を採用しているという方、そしてこれから検討しているという方に、 注意てして欲しいポイントがいくつかありますので、それについてご紹介していきたいと思います。 1,漆喰の外壁に一般塗料を塗って剥がれないように注意 漆喰が採用されている外壁の塗り替え時に、一般的な外壁塗料を使用するのはやめましょう。 というのも、仮に塗ってしまった場合、1~2年で剥がれてしまう恐れがあります。 その為、必ず特殊な専用の塗料を使うようにしましょう。 絶対にこれ!といった塗料が存在するわけではないので、 あなたのお家の漆喰に合った塗料を使用することをオススメします。 2,定期的なメンテナンスを欠かさない! 「漆喰(しっくい)」はしっかりとメンテナンスをすることで、耐久性100年を実現できる素材です。 実際に、丁寧に補修され続けている寺や民家などは今でも現役です。 また、メンテナンスの期間は約15年に1度と言われていますので、通常の外壁塗装に比べてもそこまで手のかかるわけではありません。 しっかりとメンテナンスをすることで、徐々に硬くなっていき、 その機能性がさらに高まって、より丈夫なお家を作ってくれます。 さらに、定期的にメンテナンスを行うことで毎回のコストも最低ランクで済みます。 ひび割れなどを起こすとさらに費用がかさみますので、コンスタントにプロに見てもらいましょう。 漆喰についてまとめ 今回は、外壁に使われている「漆喰(しっくい)」について解説させていただきました。 最後までご覧になっていただきありがとうございました。 ここまでお疲れ様でした。 実は、大昔から使われている「漆喰」。 とても丈夫であり、優秀な機能性を持っている素材です。 しかし、現代では住宅に採用されることは少なくなっています。 ただし、今自然由来の素材ということで再び注目が集まっています。 メンテナンスを面倒臭いと思う方も多いとは思いますが、 どんなお家でも定期的に補修しないといつかは損壊してしまいます。 大きな劣化が見られる前に、プロに補修してもらうことでコスト的にも優しいです。 是非、漆喰を外壁に採用されるかどうか迷っている方は、 しっかりとメリット&デメリットのポイントを把握した上でご検討ください。

次の

漆喰の外壁壁ってどうなんですか?

漆喰 汚れ

外壁・屋根塗装の費用を知りたい方はこちら! 1.外壁を洗浄する必要性と洗浄の効果 そもそも何故外壁は洗浄する必要があるのでしょうか?その理由と効果をお伝えいたします。 1-1.外壁を洗浄する必要性 近年では耐久性の高い外壁素材も増え、光触媒などのセルフクリーニング機能のある外壁用の塗料も登場しました。 しかし、毎日雨や風にさらされている外壁にはどうしても埃、排気ガス、サビ、カビ、苔、藻、雨だれなどの汚れがついてしまうことがあります。 外壁の汚れを放置しておくと、見た目が悪いだけでなく、外壁内部の劣化に繋がる事もあります。 外壁の劣化が進むと、耐久性が落ち、変色、ひび割れ、雨水の浸入、そして建物内部の劣化という風に徐々に建物の内部の劣化に進行していくのです。 そのような事にならないためにも、外壁の汚れは定期的に洗浄してあげる必要があるのです。 1-2.外壁を洗浄する効果 掃除後 外壁の洗浄を行なうことによって得られるメリットとして、まず建物の見た目が綺麗になることです。 大切なマイホームはやっぱり綺麗な方が気持ちいいですよね。 アパートやマンションも同じで、綺麗に保つことで居住者の満足度や入居率にも影響します。 さらに重要な効果として、外壁の劣化の原因となる汚れを取り除くことによって、建物を長持ちさせる事ができるということです。 2.外壁の洗浄方法について ここでは3つの外壁の洗浄方法を紹介します。 汚れの範囲や程度によって洗浄方法も様々です。 是非知っておいてください。 2-1.ブラシやスポンジを使った洗浄 比較的汚れの範囲が少ない場合、ブラシやスポンジを使って汚れを落とすことができます。 ブラシ、ホース、バケツといった一般的に家庭内で準備できるものを使うため、最も手軽でコストのかからない方法です。 この記事では洗浄剤の種類や注意点についてもお伝えいたします。 2-2.高圧洗浄機を使った外壁の洗浄 ケルヒャーなどに代表される高圧洗浄機を使った外壁の洗浄方法です。 ブラシやスポンジによる手作業では落ちないような汚れを落としたい場合は高圧洗浄機を使って洗浄します。 広い範囲のしつこい汚れを落とす場合にお勧めの方法です。 この記事では高圧洗浄機の選び方や使用上の注意点についてもお伝えいたします。 2-3.プロの専門業者による外壁洗浄 プロの専門業者による外壁洗浄サービスを利用する方法です。 外壁の洗浄を自分でやる自信が無い、時間がない、自分でやったけど、落ちない汚れがあったなどの場合にはプロにお願いするのがお勧めの方法です。 この記事では気になる費用の相場や良い業者を選ぶコツもお伝えいたします。 3.ブラシを使った外壁の洗浄と外壁洗浄剤の種類 3-1.オススメの外壁洗浄剤 ホームセンターや通販で手に入る比較的手頃な価格のものからプロ仕様の強力なものまで、外壁洗浄剤をいくつか紹介いたします。 アマゾンのユーザー評価も4. 5以上と高評価です。 成分:脂肪酸塩 外壁についたホコリや水垢、排気ガスなどの汚れを落とす洗剤です。 外壁の藻や苔に塗ってしばらく置いた後、水で洗い流します。 htm 用途: 石材、タイル、アルミカーテンウォール等の洗浄 成分:酸性フッ化アンモン(医薬用外劇物) 参考価格:39,744円(税込) プロが使用する外壁洗浄剤です。 官公庁舎を始め大手マンションでも使用されている強力な洗浄剤です。 原液使用なので希釈で失敗することがありません。 こちらは医薬用外劇物ですのでお取り扱いにご注意ください。 3-2.ブラシ・スポンジを使った外壁の苔・カビの落とし方 まず初めにブラシやスポンジで洗う場合の注意です。 外壁の素材がモルタル・サイディング素材の場合はブラシで強くこすると、素材を痛めてしまう恐れがあります。 洗浄する時は必ず柔らかい素材のブラシ(洗車用のものなど)やスポンジを使用してください。 汚れは下に流れるため、上の階から下へとゆっくり洗い流していきましょう。 手の届かない高いところは水圧を強めにして汚れを落とします。 強く擦らないように注意しながら優しく汚れを落としていきましょう。 苔や藻の汚れは中性洗剤をぬるま湯で薄めてからブラシでこすります。 苔や藻は種類によっては中性洗剤でも落ちにくい場合があります。 専用の洗浄剤を散布してしばらく時間をおいてから再度洗い流しましょう。 油で汚れやすいキッチンの換気扇付近の汚れも洗浄剤を使って汚れを落としましょう。 洗剤が残ると変色やサビの原因になる恐れがありますので、洗浄後はしっかりと水で洗剤を洗い流してください。 2階部分の作業には高所用のブラシがあると便利です。 こちらのブラシは壁、天井の生地を傷めない適度な固さ。 3-3.外壁洗浄時の注意点 自分で外壁の洗浄を行なう時に注意していただきたい点をまとめています。 必ず、やわらかいブラシで優しく洗い流すように注意しましょう。 研磨剤やクレンザーなども傷の原因になりますので使用も避けてください。 4.高圧洗浄機での洗浄方法 ブラシを使って擦っても落ちない汚れがある時は高圧洗浄機を使って落とします。 高圧洗浄機とは高圧な水圧で水を噴射して汚れを落とす機械です。 ホースの水が出る部分を強く摘むと、水圧が上がって勢いよく水が吹き出す経験はみなさん経験がおありかと思います。 あの水の勢いで汚れを吹き飛ばすのが高圧洗浄機です。 4-1.高圧洗浄機の種類 高圧洗浄機は動力の違いやメーカーによって色々な種類があり、特徴が異なります。 それぞれのメリットとデメリットは以下の通りです。 ガソリンエンジン ケルヒャー(Karcher) G4. 耐久性が高い。 ですので、汚れがよく落ちる機種がいいという方は、水圧の高いガソリン駆動のものを選ぶといいでしょう。 黄色の製品が印象的で知名度も抜群。 非常に多くの種類の高圧洗浄機を販売しています。 初心者用から上級者用まで多数の製品ラインナップを提供している為、自分好みのスペックで探している人にお勧めです。 製品名にGが付いているものはガソリンタイプとなります。 リョービ RYOBI 国内の高圧洗浄機トップシェアのメーカー。 ダイカスト(金型鋳造)製品が有名です。 GOODデザイン賞を受賞したスタイリッシュなデザインです。 静音モードに切り替えが可能な機種もありますので、音が気になる方にオススメです。 日立工機 HITACHI 日立のグループ企業である日立工機。 アタッチメントなどのアクセサリが充実しています。 アイリスオーヤマ 家庭用製品の製造販売を行なう企業。 家庭用の安価な高圧洗浄機を販売しています。 ¥5,000程度のモデルもありますので、安くてお手頃な高圧洗浄機を探されている方にオススメです。 4-2.高圧洗浄機の使用方法 高圧洗浄機の一般的な使用方法をお伝えします。 メーカー・機種により多少異なる場合があります。 一定の場所に当てすぎないように注意する。 4-3.高圧洗浄機を使用する上での注意 高圧洗浄機はがんこな汚れを落とす大変便利な機械ですが、使用にあたっては注意すべき点がいくつかあります。 つまり、それだけ水が周りに飛び散る可能性があります。 隣の家への水の飛散がトラブルになることもあり得ます。 また、養生が甘いと窓の隙間から家の中へ水が浸入することもあります。 濡れてはまずいものは予め飛散防止用のシートを被せておく、窓や換気扇などの隙間はしっかり養生しておくように注意してください。 自分自身へも飛散しますので濡れてもいい格好で作業に臨みましょう。 当然ですが、人に向けて噴射すると大変危険です。 周りに人がいる場合は注意しながら使用しましょう。 特に集合住宅などですと迷惑になる恐れもありますので、ご近所の方に一声掛けるなどして使用したほうが良いでしょう。 サイディングなどの外壁素材は塗装が剥がれてしまうこともありますので、同じ場所に当てすぎないように気をつけましょう。 特にシーリング部分には直接当てないように注意しましょう。 5.外壁の洗浄をプロに頼む場合の費用 ここまで読んで自分で外壁の洗浄をやるのはちょっと心配だなとか、大変そうだな・・・と思われたかたもいるかもしれません。 そんな方には外壁の洗浄をプロに任せるという方法があります。 高い場所に汚れがあって届かないところがある、どうしても取れない汚れがあるといった場合は無理をせずにプロに頼んだほうが良いでしょう。 バイオ洗浄などの特殊な薬品などを使用した洗浄は単価がさらに上がります。 高圧洗浄でも落ちにくい、しぶとい苔やカビなどを落とすことができます。 汚れの原因となるバクテリアを分解し、発生も抑制します。 通常の高圧洗浄よりも費用は高くなります。 それほど汚れがひどくない場合は高圧洗浄のみでも良いでしょう。 バイオ洗浄をするかどうかは、業者と相談して汚れのレベルによって選択されることをお勧めします。 5-2.こんな外壁洗浄業者には要注意 外壁の洗浄を行なう業者の中には注意をしたほうが良いケースもあります。 下記のようなケースには注意しましょう。 あまりにも相場よりも高い金額を提示してくる業者は避けた方が良いでしょう。 5-3.信頼できる外壁クリーニング業者とは 信頼できる業者を選ぶ為には下記のような点をチェックしてみましょう。 選ぶ時には複数の業者から相見積もりを取りましょう。 上記で説明した通り相場よりも極端に高い見積りを出してくる業者は避けましょう。 正しい洗浄を行う為にも、しっかりとした調査を行ない、建物の外壁がどんな状態で、どんな洗剤を使って、どんな洗浄方法で行なうのがベストなのかを提案してくれる業者に依頼しましょう。 まとめ 外壁の洗浄方法や業者の選定方法についてお伝えしましたが、いかがでしたか? もし、外壁の洗浄を検討している場合はこの記事を読んで参考にされてみてください。 外壁の洗浄は自分でもできるものですが、注意しなければならない点もあります。 御自身で行なう場合はくれぐれも注意して行ってください。 また、自分でできないと感じた場合は、記事の内容を参考に専門の業者に頼むことも検討してみてください。

次の