アフターピル 副作用。 ピルの副作用、ピルを飲んではいけない人 [薬] All About

アフターピルについて

アフターピル 副作用

医療機関を受診して妊娠に異常がないことを確認するなど医師の診察を受けてください。 ヒトの性交は、妊娠の目的だけでなく、コミュニケーションとして行われることがあります。 妊娠を望まない場合は避妊をすることになります。 ただ、さまざまな理由により避妊ができなかったり、コンドームが外れてしまうなどの理由で避妊に失敗してしまうこともあります。 また、それ以外にも、大変残念なことですが強姦などの事件を含め、性交の強要により避妊ができなかったというケースもあります。 何らかの事情で避妊に失敗し、望まない妊娠を避けるために、緊急避妊薬(アフターピル)という薬があります。 このアフターピルには、2つの種類があります。 「緊急避妊薬」という薬で、レボノルゲストレルを有効成分とする薬(SOH-075)のことです。 これは、フランスで開発され、「ノルレボ」という名で約60カ国で販売されていますが、2010年3月現在、日本では販売されておらず、あすか製薬の100 %子会社である株式会社そーせいが治験を終了し承認申請をしている状況です(ただし、2006年4月から強姦事件の被害者は緊急避妊薬を公費で得られるようになっています)。 もうひとつは、「モーニングアフターピル」と称し、緊急避妊薬と同じ効果が得られるホルモン濃度の量の経口避妊薬(ピル)を服用するというパターンです。 これには、製剤に含まれるホルモン量の関係から、低用量よりも中用量の経口避妊薬が使われることがあります。 なお、緊急避妊ピルは、着床成立前に避妊目的で服用する薬剤ですので、着床し妊娠が分かってから行う中絶とは全く目的が異なります。 そして、日本は、先進国として緊急避妊を承認していない唯一の国になっています。 緊急避妊薬の服用法・使い方 まず、前述のような、強姦事件や母体保護法の中絶事由(身体的、経済的な要因など)が前提だと思いますが、避妊ができずに性交に至ったり、避妊に失敗した場合は、すぐに産婦人科を受診しましょう。 電話などで事前に問い合わせておくと確実です。 服用は医師の判断に従っていただければと思いますが、原則的には、避妊できなかった性交後、72時間以内に緊急避妊薬(レボノルゲストレル含有)を1回飲み、その12時間後にもう1度薬を服用します。 または、経口避妊薬の場合は、避妊が期待できるホルモン濃度と同じになるように72時間以内に1回、その12時間後に1回飲みます。 ただし、経口避妊薬で行う場合は、経口避妊薬によって含まれるホルモンとその含有量が異なり、飲む個数や飲む錠剤の部分(経口避妊薬は21錠の中で含有量が異なるものがあります)が変わりますので、きちんと医師に相談して判断を仰ぐなど自己判断は避けるようにしてください。 緊急避妊薬の副作用 主な副作用はつわりのような吐き気や、生理痛のような腹痛。 緊急避妊薬の方が、経口避妊薬で行う緊急避妊より副作用の発症は低いようです。 また、緊急避妊が失敗して妊娠したとしても、胎児には影響がないとの報告がなされています。 理由は、妊娠時には身体から緊急避妊薬の10倍以上の女性ホルモンが分泌されるため。 緊急避妊薬(経口避妊薬も同様)程度の女性ホルモン量では、胎児に与える影響はほとんどないとのことです。 緊急避妊薬は、あくまでも「緊急的な」避妊に用いる薬です。 倫理的にも色々な側面があると感じておりますので、安易に用いず、普段から経口避妊薬や、コンドームなどの方法で避妊することが大切です。 そのためにも、パートナーと色々話しあえるような良い関係を築いてくださいませ。 最後に……日本での薬局での取り扱いをすべきかの賛否 最近、日本でも性交以後72時間以内に服用することで効果を発揮する緊急避妊薬を薬局でも買えるようにするべきかという議論がされています。 実は緊急避妊薬は、ほとんどの先進国において、薬局で薬剤師を通じて買えたり、保健室のようなところで手に入れられるものなのです。 これに関しては様々な見解があると思いますが、望まれない妊娠や体に負荷のかかる堕胎手術のことを考えると、日本でも今よりは手に入れやすい方法が設けられることも、一つの選択肢なのかもしれません。 今後の状況が変わりましたらまた追って情報を更新したいと思います。

次の

経口避妊薬

アフターピル 副作用

ピル服用にはリスクがあることも……。 安全で快適なピル活用のために、しっかり理解しておきましょう ピルの飲み始めには、軽度の吐き気や乳房の張りなど「つわり」に似た症状が出ることがあります。 また、月経と月経の間に出血(不正性器出血)がみられることもあります。 軽度のものであれば、ピルの服用を2~3ヶ月間続けるうちに治まります。 しかし、副作用がひどい場合や数ヶ月しても軽減しない場合は、ピルを変えたり、それ以外の原因がないかを調べる必要があります。 違和感を感じたら、まずピルを処方してもらった担当医に相談するようにしてください。 副作用の有無は体質によって異なりますが、2シート分続けても合わないと感じたら、他の種類のピルを処方してもらったほうがよいです。 3種類目でやっと自分に合うピルに出会えたという患者さんもいます。 また、避妊効果が高いからといって、ピルだけに頼るのは危険。 最近では10~20代前半の人工中絶だけでなく、やなどの性感染症が増加しています。 ピルには性感染症の予防効果は一切ないので、性感染症予防のためにもコンドームを性器挿入行為の前から着用するようにしましょう。 ピルを飲んではいけない人 次の項目に当てはまる人は、基本的にはピルを服用することができません。 血管が詰まる血栓症の副作用リスクが高まったり、すでに追っている疾患を悪化させる恐れがあるためです。 医師に相談した上で、服用できるかどうかを判断してもらう必要があります。 35歳以上で1日15本以上タバコを喫う人• 、肝塞栓、またはその既住のある人• 、、、 または疑いがある人• 、の異常のある人• がある人• 、血栓症、にかかったことがある、またその疑いがある人• 、の人• 妊娠(または、その可能性)、授乳中の人•

次の

ピルの副作用、ピルを飲んではいけない人 [薬] All About

アフターピル 副作用

彼氏に「今日は生が良い」と言われて断れなかった、SEX中にコンドームが破れてしまった…。 このようなもしものSOSに対応してくれるのが、避妊を防ぐ薬「アフターピル(緊急避妊薬)」です! 今回はアフターピルとはどんな薬なのか、その効果や副作用、飲み方の注意点を解説! またアフターピルを通販することの危険性、病院に行かずにアフターピルを購入できるおすすめの方法などもご紹介します。 避妊効果のある「アフターピル」とは? 婦人科などで処方されるピルには様々な種類があります。 中でも避妊効果が高いとされているのが「アフターピル」です。 ここではアフターピルとはどんな薬なのか、効果や避妊の仕組み、服用時の注意点などをまとめてお伝えします。 実際にアフターピルを使う状況になった時のためにも、正しい知識をしっかり確認しておきましょうね。 アフターピルはどんな時に使うの? アフターピルは避妊に失敗してしまった、または性交時に避妊をしなかった時に、 望まない妊娠を防ぐために使われる緊急避妊薬です。 コンドームが破れてしまったり外れてしまったりと、避妊ができたかどうか心配になった時に処方してもらうことがほとんどです。 アフターピルの効果と仕組み 緊急避妊薬のアフターピルには、 受精や受精卵の着床を防ぐ仕組みがあります。 同じく避妊や生理周期を整える目的で服用される低用量ピルには、受精卵の着床を防ぐ仕組みはありません。 アフターピルによる 避妊効果は96~98%と言われていますが、 完全避妊するのは不可能です。 アフターピルを服用しても妊娠をする可能性がありますので「アフターピルを飲むから避妊をしなくていい」という考えは持たないでくださいね。 アフターピルの服用法&注意点 アフターピルは 性交後72時間以内に服用するのが望ましいとされています。 服用は食前食後や服用時間などに制限はありませんが、避妊効果を上げるためにも 性交後できるだけ早い時間に服用し、服用の効果を妨げないために 服用後24時間以内の飲酒は避けてください。 先程も解説しましたが、アフターピルを服用すれば必ず避妊が成功するわけではありません。 アフターピルはあくまで緊急避妊薬ですので、 服用後3週間~1ヵ月後に婦人科に受診または 妊娠検査薬を使用し、妊娠検査を行ってください。 「アフターピルを飲んだから安心」という考えを持つのは大変危険です! またアフターピル服用の 効果が出るのは1回限りです。 アフターピル服用後に性交をする場合、その都度避妊をしなければ再び妊娠の可能性があります。 また授乳中に服用する場合、服用後最低24時間は授乳しないように注意してください。 24時間後に授乳を行う際は、たまったお乳は搾って捨ててから授乳するようにしましょうね。 アフターピルの副作用や生理への影響は? 性交後の緊急避妊薬として処方されるアフターピルには、薬の副作用や生理への影響があるのかどうかが気になりますよね。 ここではアフターピル服用後の主な副作用と共に、服用後に起きる特徴的な症状や生理の影響について解説します。 アフターピルの「副作用」は? 性交後の避妊薬の1種アフターピルには、以下のような副作用があるとされています。 ・頭痛 ・吐き気 ・倦怠感 ・眠気 このようなアフターピルの副作用は服用後24時間以内には回復していき、症状自体も重くありません。 翌日会社や学校があっても体調を崩すほどではありませんが、もしも強い症状を感じたら婦人科の受診をおすすめします。 服用後に起きる「消退出血」とは? アフターピルの服用後に起こるのが「消退出血」と呼ばれる症状です。 この消退出血は服用効果によるもので、 ホルモンの減少によって子宮内膜がはがれることで起こります。 消退出血が起こると避妊が成功したとみなされますが、初期妊娠の出血や不正出血の可能性もあり、完全に安心できるわけではありません。 服用後の生理は早まるor遅れる? アフターピル服用後の生理への影響は一般的に起こらないとされています。 しかし、アフターピル服用時の子宮の状態によっては、月に2回生理が来ることがあります。 ・排卵前や排卵期:生理予定日より早い1回目の生理(消退出血)後、予定日に2回目の生理が来る ・排卵後:本来の予定日に生理が来る(自然な生理と消退出血が同時) アフターピル服用後の生理は、月2回または本来の予定日に1回かのどちらかです。 もしもアフターピル服用後に 予定日より生理が遅れた場合、 妊娠をしている可能性が高いと考えられます。 生理が予定日より遅れた時は婦人科や検査薬で妊娠検査を行い、妊娠をしているかどうかを確かめてくださいね。 アフターピルは通販で処方できるの? 高い確率で避妊を行うアフターピルは医薬品のため、通常は 産婦人科や婦人科の病院を受診して診察を受け、処方してもらう方法が一般的です。 しかし、通販サイトを見るとアフターピルとして販売されている薬を多く見かけるようになりました。 ここでは通販で販売されているアフターピルの安全性について、また直接病院を受診せず安全にアフターピルを処方してもらう方法をご紹介します。 通販でアフターピルを購入する危険性 通販サイトやフリマアプリでは、アフターピルを販売しているアカウントを見かけます。 このような通販サイトで販売されているアフターピルは 無許可販売や 偽造医薬品の可能性が高く大変危険です。 実際に2019年2月に国内未承認のアフターピル「アイピル」を販売した男性が医薬品医療機器法違反(無許可販売)の疑いで逮捕されたケースがありました。 また偽造医薬品の場合は避妊成分が含まれていないことが多く、服用した安心感から妊娠にすぐに気づけないという危険性もあるので注意です。 安全にアフターピルを使用したいなら、必ず婦人科などの医療機関を通して処方してもらうことを強くおすすめします。 オンライン診察できる「スマルナ」とは? アフターピルを処方してもらいたいけれど事情があって病院に行きにくい、また仕事などで受診する時間がないこともありますよね? そんな状況に悩む女性におすすめしたいのが、 オンライン診察サービスの「スマルナ」です。 スマルナは メッセージやビデオのチャットを通して、 提携医療機関の医師による診察を受けられるシステムです。 またオンライン診察によって処方された薬は、後日メール便にて自宅まで郵送してくれます。 最短で診察後翌日に薬が届くため、病院の予約や診察時間の待ち時間などのストレスなく簡単に薬が受け取れます! しかし、天候や交通状況の乱れ、一部地域によっては配送が遅れる場合もあるので要注意です。 またアフターピルの処方は性交後72時間の服用を推奨しているため、スマルナを利用するタイミングによっては処方できないこともありますのでご注意くださいね。 スマルナの使い方は? アフターピルや低用量ピルの処方をスマホで行えるスマルナを利用するには、いくつかのステップを踏まなければいけません。 ここではスマルナの利用方法を簡単にお教えします。 ポスト投函またはカスタマーセンター経由でセンター留めも可能 スマルナの安全性や料金は? アフターピルなどの薬の処方をスマホで行えるオンライン診察サービスのスマルナは、処方前に医師による診察が行われるため安全性は保障されています。 また処方されるピルも国内で認可&使用されたもの、医療機関へ適切な経路で納入された医薬品を使用しています。 スマルナは自費診療のオンライン診察サービスのため、健康保険料は適用されません。 スマルナでアフターピルを処方する場合は、以下の料金がかかります。 ・アフターピルの料金: 税別9,980円~12,000円(診察代・お薬代・配送代込み) 医療機関でのアフターピルの価格は数千円~2万円程度ですので、そこまで料金が高いということはありません。 病院までの移動費や診察代などを考えると、スマルナを利用して処方してもらう方法もありですね。 またアフターピルを服用後も性交時には必ず避妊をする必要があります。 さらに服用後消退出血があっても、後日検査薬などで妊娠しているかどうかをしっかり確認してくださいね。 アフターピルは安全性の高い病院またはオンライン処方サービスを利用して、正しい知識を持って服用しましょう。

次の