緋 牡丹 博徒。 仁侠映画について、その2。『緋牡丹博徒』での華麗なる手本引き、もしくは、ややこしい任侠映画タイトルを整理する。

映画「牡丹博徒」

緋 牡丹 博徒

作詞・作曲:渡辺岳夫、唄:藤 純子 1 娘盛りを渡世にかけて 張った体に緋牡丹燃える 女の女の 女の意気地 (いきじ) 旅の夜空に恋も散る 2 鉄火意気地もしょせんは女 濡れた黒髪 緋牡丹ゆれる 女の女の 女の未練 更けて夜空に星も散る 3 男衣装に飾っていても さしたかんざし 緋牡丹化粧 女の女の、女の運命 (さだめ) 捨てた夜空に一人行く 《蛇足》 昭和43年(1968) 公開の東映映画『緋牡丹博徒』(山下耕作監督) の主題歌。 女渡世人を主人公にした異色の任侠映画で、主演・藤純子(現在富司純子) 、助演・若山富三郎、特別出演・高倉健のキャスティングで爆発的なヒットとなりました。 このポスターの惹句 じゃっく が名作でした。 居並ぶ兄さん、お見知りおきを! ぱっくり割れた着物の下で 牡丹の花が真っ赤に燃えた 二つ異名は緋牡丹お竜 仁義も切りやす ドスも抜く 大ヒットを受けてシリーズ化され、『緋牡丹博徒・一宿一飯』(昭和43年) 、『緋牡丹博徒・花札勝負』 昭和44年) 、『緋牡丹博徒・二代目襲名』(同) 、『緋牡丹博徒・鉄火場列伝』 同) 、『緋牡丹博徒・お竜参上』(昭和45年) 、『緋牡丹博徒・お命戴きます』 昭和46年) 、『緋牡丹博徒・仁義通します』 昭和47年) と、計8作作られました。 昭和40年代前半の学生反乱(先進国にほぼ共通して見られました) の時代、多くの若者たちが任侠映画に対して連帯感にも似た共感を寄せました。 ただし、それは、損得を無視して強者に歯向かおうとする情念の発現であって、現実のヤクザに対する共感ではありません。 藤純子は、東映のプロデューサーで、任侠映画界のドンと呼ばれた俊藤浩滋の娘。 京都女子高在学中に、名監督・マキノ雅弘にスカウトされ、父の反対を押し切ってデビュー、『緋牡丹博徒』シリーズによって、東映任侠映画の金看板・高倉健に劣らぬ人気を集めました。 昭和47年(1972) 、歌舞伎俳優の四代目尾上菊之助(のち七代目尾上菊五郎) と結婚して引退。 2年後に 、寺島純子の本名で、ワイドショーの司会者として芸能界に復帰、平成元年(1989) 、女優活動を再開しました。 女優の寺島しのぶは長女、歌舞伎俳優・五代目尾上菊之助は長男。 (二木紘三) だいぶ前ですがテレビの深夜放送で映画「緋色牡丹博徒」をたまたま見た時のことです。 驚きました! 驚いたの何のって主人公のお竜さんは私の故郷熊本は人吉の出身となってるじゃーありませんか。 お竜さんが故郷人吉を思い出すシーンに写る球磨川と人吉の町の遠景に胸が熱くなったものです。 あの時までこの映画は単なるヤクザ映画それもチョットいかがわしい映画と勝手に思い込んでいましたので自分の無知蒙昧を思い知らされました。 今あの遠景は橋は増えるし建物は変わるしでもうすっかり変わってしまいました。 人吉が変わり果てる寸前のそれはそれは懐かしい景色でした。 投稿: 浜のぼくちゃん 2009年12月28日 月 20時25分 1966年に放送されたNHK大河ドラマ「源義経」で、静御前を演じた藤純子を見ていた頃から、彼女のファンになった私でしたが、「緋牡丹博徒」の映画が封切られた頃は、中学生だったため、映画を見ることはありませんでしたが、後年に出た、レンタルビデオやDVDなどで、このシリーズの全作品を何度となく視聴してきました。 昭和43年、この映画で女侠客の矢野竜子を演じた藤純子が、まだ若干22才だったことに、私は驚かされます。 それは、監督やスタッフの影響も、大きいと思いますが、それにしても、あの落ちつきのある風格、静かな凄みと艶やかさを漂わせる、女侠客「緋牡丹のお竜」を、彼女は見事に表現できていると思いました。 藤純子は、けして歌は上手ではありませんが、主題歌を彼女が歌ったことにより、この映画を一段と魅力的にしていると思います。 「熊本は五木の生まれ」お竜さんの人吉弁を使った、セリフも、この映画の大きな魅力の一つでした。 ピストルを片手に、お竜さんが吐く「動いてごらん、親分さんの胸板に血の花が咲くとよ」などは最高でした。 また清川虹子が演じた、女親分「お神楽のおたか」が、ピストルで片膝をたてたお竜に向けて、打とうとする名場面ですが、そのおたかを下から見上げていく時の、カメラが追う「お竜の目据え」のシーンを演じる藤純子の表情に、私はしびれました。 この場面はYouTube緋牡丹博徒「打ちなっせ」でも見れます。 そして、藤純子の引退記念映画「関東緋桜一家」は映画館で観ましたが、この映画には、片岡千恵蔵をはじめとする、東映オールスターキャストが出演しており、作品内容というより、一作品の映画の中で、これだけの豪華キャストを見れたというだけで、私は満足できました。 投稿: 芳勝 2018年2月28日 水 00時19分 芳勝様へ そして皆皆様へ 詳細多岐に渡る緋牡丹博徒シリーズのお話ありがとうございました。 私にはあの夜中にそれも途中から一回だけしか見なかった映画のお竜さんですが未だにしっかり脳裏に刻み込まれています。 あの晩からもう30年にもなりましょうか、いやもっと前のような気もします。 あの晩は勿論藤純子さんの迫真の演技に引き込まれましたが何より彼女の口から発せられる思わぬあの独特の訛りに、あの言葉つきに突き動かされました。 中学二年時ある事情で逃げるように離れた人吉が突然目の前に言葉で現れたのです。 肥後にして肥後にあらず と言われる球磨人吉のあの独特の懐かしい人吉訛りがお竜さんの口から次々と、、、、。 嬉しかった。 突然聞かされる懐かしい懐かしい絶えて聞くことがなかった人吉弁に涙があふれました。 七十代の今も都会の片隅で望郷の念綿々と続いておりますが六十年も経ってしまった故郷はもはや夢の中です。 人吉弁に言及して頂きありがとうございました。 投稿: 浜の望郷人(ぼくちゃん) 2018年3月 2日 金 09時45分.

次の

「通り名を緋牡丹のお竜と発します」 緋牡丹博徒【坂本朋彦のシネフィル・コラム】 |NHK_PR|NHKオンライン

緋 牡丹 博徒

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 明治十七年秋。 上州の農民たちは、高利貸倉持に収穫物をカタに取られ困っていた。 倉持がことあるごとに農民に襲われるという事態が起り、戸ヶ崎組が乗り出して農民をなだめる一方、戸ヶ崎の舎弟分笠松一家が事態収拾にあたった。 そんな時、笠松の賭場では、艶気をふりまき、背中に弁天の刺青を入れたおれんが、胴元を危うくするほどつきまくっていた。 そこで笠松は戸ヶ崎の客分緋牡丹のお竜に応援を頼んだ。 お竜は見事な手並みでおれんに勝った。 一方、笠松はひそかに倉持と結託、上州一帯の生糸の総元締会社設立を図っていた。 この計画を察知した戸ヶ崎は、農民に犠牲を強いる笠松のやり方に怒り、笠松一家に殴り込んだ。 その時は、お竜は戸ヶ崎のはからいで四国の熊虎一家を訪ねていた。 戸ヶ崎が殴り込んだことをお竜はそこで聞いたが、戸ヶ碕一家は笠松一家によって全滅したのだった。 お竜は急ぎ上州に戻ったが、そこはもう日の出の勢いの笠松一家の勢力圏になっていたのだ。 後日のことを考慮した戸ヶ崎によって彼の娘まちと結婚して戸ヶ崎組の跡目を継いだ勇吉は血気にはやって殴り込んだが、逆に私刑を受ける有様だった。 お竜はそんな勇吉を何かと助けていたが、関八州の親分の一人宮内がその後楯となってくれた。 一方笠松は邪魔なお竜を消そうとして襲ったが、一匹狼周太郎に阻まれた。 しかし、笠松にはもう一つ企みがあった。 戸ヶ崎組の経営する郵便馬車の権利を手に入れることだった。 笠松はまちを脅し、ついにその権利書を手に入れたのだ。 憤怒に燃えた勇吉は、笠松組と争いなぶり殺したあってしまった。 ここに至っては、お竜も決心せざるを得なかった。 周太郎とともに勇吉の葬合戦とばかり、笠松組に欧り込み、笠松を倒したのだった。

次の

藤 純子 緋牡丹博徒(ひぼたんばくと) 昭和43年(1968年)

緋 牡丹 博徒

緋牡丹お竜・藤純子の、華麗なる「手本引き」シーン! 、博奕の華と言われている「 手本引き」について言及しましたが、講座では、具体的な映画(『緋牡丹博徒』そのほか任侠映画)の賭場シーンをお見せしつつ、 「手本引き」のルールについて解説しました。 とにかく、「手本引き」のほんの基本だけでもルールを知ってると、映画に出てくる 博奕シーンの緊迫感が伝わってきて、より深く作品を楽しめるようになるんですよ! 何をやってるのか全くわからないと、「博奕シーン早く終わらないかな〜(早回ししちゃおうかな)」と思いかねません(昔の私がそうでした笑)。 しかし、東映任侠映画は、こうした細部のリアリティにものすご〜くこだわって作っているので、それを堪能しないのはちょっともったいないなと思うのです。 特に、藤純子さんの『緋牡丹博徒』シリーズなんて、実は、 藤純子演じる緋牡丹のお竜が、「手本引き」の「胴」をつとめるシーンにこそ、見どころがあるのですから! 「丁半」の壺振りならともかく、「手本引き」の胴を女性がつとめるということは、通常はありえないそうで。 にも書きましたが、「手本引き」は複雑かつ奥深い神経勝負ゆえ、体力的にも神経的にも消耗が激しい。 ゆえに、 実際は、女性が「手本引き」の胴をつとめるのは無理、とのこと。 というか、任侠界は歌舞伎界と同じく、「男の世界」ですから。 だけど、『緋牡丹博徒』では、美しい女博徒が、華麗に「手本引き」の胴をつとめる…! あまり言われていませんが、 これこそが、『緋牡丹博徒』シリーズの斬新かつ画期的な点であり、見どころのひとつなのです。 講座では時間が足りず、いろいろな映像をお見せできなかったので、ここで、 藤純子(現・富司純子)さんが「手本引き」の胴をつとめるシーンを、いくつかご紹介! ついでに、お竜さんの ジミ粋なキモノ姿もチェックしてみてください。 (以下、手持ちのDVDを撮影した画像です) 『』(1970年 山下耕作監督) 一体何回映画化されてるんだ…と言いたくなるほど映画化されている、 火野葦平原作の『花と竜』の、何回目かの映画化。 しかも『日本侠客伝』シリーズでは、 第9作「花と龍」(マキノ雅弘監督)と 第10作「昇り龍」(山下耕作監督)が、両方とも同じ『花と竜』が原作で、両方とも主演がほぼ同じ、というややこしさ(笑)。 なぜ…。 それはいいとして、上記画像は、『日本侠客伝 昇り龍』です。 女刺青師・お京(藤純子)は、賭場の胴もつとめており、その賭場で運命の男(高倉健)と出会うシーン。 大正時代の設定もあってか、紫色の刺繍半襟とか、大きなべっ甲の簪とか、 大正ロマンふうのキモノ姿。 というわけですが、藤純子さん、美しくて、カッコよくて、色っぽいですよね〜。 しかもふっくらした温かみ、情け深さ、優しさ、があってですね…(って、映画の中のキャラクターと完全にごっちゃになっちゃってますが)。 東映任侠映画の、ややこしいタイトルを整理する方法 それと、おまけですが。 以前、「ナギさんが東映任侠映画が面白いっていうから、DVD借りようかと思ったんだけど、同じようなタイトルがいっぱいあり過ぎて、どれを借りていいかわかんなかった」と言われたことがあります。 そうなんです! まず、任侠映画の何か難しいか? っていうと、タイトルなんですよ(笑)! とにかく、タイトルがややこし過ぎる。 日本女侠伝、日本侠客伝、昭和残侠伝、明治侠客伝、…といった 似たようなタイトルが続くうえに、さらに、それぞれがシリーズ化されていて何本もある。 『昭和残侠伝 唐獅子牡丹』『昭和残侠伝 人斬り唐獅子』『昭和残侠伝 唐獅子仁義』…といった調子で、これだけで、「なんかもうタイトルが面倒くさいからいいや」と嫌厭されてしまってもしょうがない、と思うほど。 が、それにもコツがあるんですよ! 私が長年(?)かけて体得した、東映任侠映画のタイトル整理法。 ポイントは、以下のとおり。 これだけで、かなり脳内が整理されるかと! 当時の東映では、スター俳優を中心にプログラムを組んでおり、スターは(ひどい時は)毎月のように出演作が撮影され、 ある意味で「月刊 鶴田浩二」みたいな感じだったため、実は、分類しやすいとも言えるのです。 脳内整理のために、以下に、 東映任侠映画における「スター役者」と「スター役者のシリーズもの」を掲げておきます。 これがすべてではないですが、でも以下の作品だけも既に膨大な作品数になるので、DVDなどを選ぶ際にはかなりヒントになるかと…。 年齢とともに、 コメディ俳優としての菅原文太の奥深い味わいがわかるようになり、ニヤニヤしながらその味を噛みしめてます(笑)。 オススメです!.

次の