養老渓谷 宿。 養老渓谷温泉郷 小さな旅の宿 天龍荘 宿泊プラン一覧【楽天トラベル】

千葉・養老渓谷の2大ハイキングコース比較!紅葉や日帰り温泉も

養老渓谷 宿

東京の長女夫婦の家に2週間ほど滞在し、この日は活発な孫(2歳男)のために養老渓谷を散策しよう、ということになって、アクアラインを利用して東京湾を横断し1時間ほどでやって来た。 ナビを養老渓谷でセットしていたが、到着したのはなんと養老渓谷温泉郷のど真ん中。 気のきいた娘夫婦が、ここで食事をしてお風呂に入って行こう、と言ってくれて、ちょうど目の前にあった元祖 養老館という宿に向かった。 菓子類なら元祖はつきものだが、温泉宿で元湯ならぬ元祖という名称がユニークで面白い。 当館は鉄筋5階建て、外観も館内もやや草臥れているが、一昔前の観光旅館の趣きがあって懐かしい気分になる。 部屋はトイレ付きの和室が30室、宿泊料金は、平日で8,470円~15,750円、土曜・休前日は10,500円~15,750円(1室2人以上の場合で、2011年1月末現在)となっている。 手元のガイドブックでは「郷」がなく単に養老温泉となっているが、地元では養老渓谷温泉郷と複数の温泉の集合体の様な名称が付けられている。 この渓谷に湧く養老渓谷温泉郷は10軒の旅館から構成されており、県内で最も有名な温泉地である。 温泉郷の歴史は浅く、大正3年(1915年)に井戸から鉱泉が湧き出たことによる。 独自の源泉を持つ宿が多く、その温泉の大部分がヨウ素を含む茶褐色の湯だが、粟又の滝の周辺では透明な湯が湧くので、そこら辺で温泉郷と称しているのかもしれない。 多くの宿が渓谷沿いに建ち、客室から四季の移り変わりを眺めることが出来る。 ここでは、日帰り入浴を受け付けている宿が多く、また昼食も取れる宿も多いので手軽に入浴することが出来る。。 夷隅郡は、大多喜町と御宿(おんじゅく)の2町から成る。 大多喜町は房総丘陵に属する山林地帯で中央を夷隅川が貫流し、もう一方の御宿は太平洋に面し、房総を代表する海岸を持ち、童謡「月の沙漠」発祥の地である。 大多喜町は、徳川四天王・十六神将・徳川三傑に数えられる功臣・本田忠勝が初代大多喜藩主となった城下町である。 本田忠勝は、元亀元年(1570年)の姉川の戦いの際、、家康本陣に迫る朝倉軍1万に対して無謀とも思える単騎駆けを敢行。 そしてこの時、忠勝を救おうとする家康軍の行動が反撃となって朝倉軍を討ち崩した。 町域にある房総半島随一の紅葉の名所・養老渓谷は、養老川とその支流である蕪来川によって形成された谷で、西側にある梅ヶ瀬渓谷とともに千葉県内有数の観光地となっている。 春はツツジ、フジ、秋には紅葉が美しく、ハイキングコースも整備されている。

次の

養老渓谷旅館組合

養老渓谷 宿

天龍荘は部屋が10室(BT無し)、宿泊料金は9,000円〜13,500円程度(2014年7月現在)とリーズナブル。 部屋は宿泊してないので不明だが、フロント・ロビー等のパブリックスペースは、一昔も二昔も前のオールドファッションで、首都圏でこんな昔懐かしい雰囲気の旅館があるのに驚かされる。 養老渓谷温泉郷の他の旅館と同様に、低料金の定食や麺類を食べられ、もちろん日帰り入浴(大人800円)も大歓迎だ。 風呂は内湯のみで、露天風呂は無い。 養老温泉と言えば黒湯、もちろんここも同様だ。 黒湯は、神奈川県横須賀・鎌倉周辺から東京湾岸に沿って大田区・目黒区・江東区さらには千葉県内房までの深度100mから1000mの地下に湯脈がある。 この黒さは、古代の草木の成分が地下水に溶け込んで出来たためで、冷鉱泉である。 夷隅郡は、大多喜町と御宿(おんじゅく)の2町から成る。 大多喜町は、房総半島のほぼ中央に位置し、千葉県の町村で最も広大な面積を有している。 町域は房総丘陵に属する山林地帯で総面積の7割が森林で占められ、中央を夷隅川が北東に蛇行しながら貫流し、養老川が西部を北に流れている。 大多喜町は、徳川四天王・十六神将・徳川三傑として称えられる武将・本田忠勝が初代大多喜藩主となった城下町である。 本田忠勝は、元亀元年(1570年)の姉川の戦いの際、、家康本陣に迫る朝倉軍1万に対して無謀とも思える単騎駆けを敢行。 そしてこの時、忠勝を救おうとする家康軍の行動が反撃となって朝倉軍を討ち崩した。 町域にある房総半島随一の紅葉の名所・養老渓谷は、養老川とその支流である蕪来川によって形成された谷で、西側にある梅ヶ瀬渓谷とともに千葉県内有数の観光地となっている。 適応症 入浴時間 午前11時〜午後3時 定休日 不定休 入浴料金 大人800円 入浴施設 内湯:男女別各1 露天風呂無し 浴室備品 シャンプー・ボディソープ・ドライヤー・ロッカー 観光スポット 養老渓谷(特に紅葉の時期)、粟又の滝、大多喜城、大多喜町観光本陣、商い資料館、房総中央鉄道館、 マザー牧場、鴨川シーワールド、南房パラダイス、東京ドイツ村、鋸山 お土産・食事 館内で食事可 近くの温泉 亀山温泉、七里川温泉 大多喜町HP 養老渓谷観光協会HP 養老渓谷温泉郷HP 天龍荘HP その名の通り養老渓谷に湧く養老渓谷温泉郷は、8軒の旅館があって千葉県内最大、唯一温泉街を形成している温泉地である。 多くの宿が渓谷沿いに建ち、客室から四季の移り変わりを眺めることが出来る。 ここは、日帰り入浴を受け付けている宿が多くて8軒中7軒も有り、ほとんどが昼食も取れるので、気軽に入浴・食事をすることが出来る。 手元のガイドブックでは「郷」がなく単に養老温泉となっているが、地元では養老渓谷温泉郷と複数の温泉の集合体の様な名称が用いられている。 温泉街から数キロ離れた粟又の滝に近い所に一軒の宿()があるからだろうか。 温泉郷の歴史は浅く、大正3年(1915年)に井戸から鉱泉が湧き出たことに始まる。 少し古い資料によると温泉旅館は15軒ほどあったようだが、現在は8軒にまで減少している。 つい先日、温泉郷の老舗旅館「」が閉館したが、ここは孫が温泉デビューした思い出の場所だ。 その後、孫達と再訪してで昼食付き入浴、3度目の今回も孫と一緒に品川の娘夫婦の自宅からアクアラインを経由して1時間足らずでやって来た。

次の

黒湯の宿 喜代元|養老渓谷温泉|旅館|旅色

養老渓谷 宿

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. お食事のあとは養老渓谷温泉「黒湯」をお楽しみください。 手作りの味をお召し上がりください。 (バーベキュー場あり) ・粟又の滝:当館より車で30分 /房総一を誇る全長100mのなだらかな滝。 遊歩道もあり新緑、紅葉も美しい ・中瀬遊歩道:1周約1時間 /養老川沿いの遊歩道、マイナスイオンを浴びながら季節折々の自然を満喫。 ・鴨川シーワールド:当館より車で35分程 ・マザー牧場:当館より車で45分程 【送迎】ご希望のお客様は養老渓谷駅まで送迎致します。 脂ののった本マグロや房総の地魚などの旬魚盛りと、 山の幸もふんだんに使用した山海の幸たっぷりの会席です。 手作りの味をお召し上がりください。 (バーベキュー場あり) ・粟又の滝:当館より車で30分 /房総一を誇る全長100mのなだらかな滝。 遊歩道もあり新緑、紅葉も美しい ・中瀬遊歩道:1周約1時間 /養老川沿いの遊歩道、マイナスイオンを浴びながら季節折々の自然を満喫。 【送迎】 ご希望のお客様は養老渓谷駅まで送迎致します。 お日にち限定だからお得に、養老渓谷温泉でゆったりとお過ごしください。 (バーベキュー場あり) ・粟又の滝:当館より車で30分 /房総一を誇る全長100mのなだらかな滝。 遊歩道もあり新緑、紅葉も美しい ・中瀬遊歩道:1周約1時間 /養老川沿いの遊歩道、マイナスイオンを浴びながら季節折々の自然を満喫。 ・鴨川シーワールド:当館より車で35分程 ・マザー牧場:当館より車で45分程 【送迎】ご希望のお客様は養老渓谷駅まで送迎致します。 養老渓谷温泉で一番初めにできた昔ながらの温泉旅館 豊かな自然のなか、静かで落ち着いたひとときを ゆったりお過ごしください。 養老渓谷ハイキングの拠点などにも、是非ご利用ください*.. 朝食は地元のお米や焼き魚、だし巻き卵など 手作りの和定食をお召し上がり下さい。 お肌がすべすべになると評判で体の芯までぽかぽかにしてくれます。 朝食は地元のお米や焼き魚、だし巻き卵など手作りの和定食をお召し上がり下さい。 お肌がすべすべになると評判で体の芯までぽかぽかにしてくれます。 ご到着後には養老渓谷温泉「黒湯」をお楽しみください。 地元のお米や焼き魚、だし巻き卵など手作りの和定食をお召し上がりください。 (バーベキュー場あり) ・粟又の滝:当館より車で30分 /房総一を誇る全長100mのなだらかな滝。 遊歩道もあり新緑、紅葉も美しい ・中瀬遊歩道:1周約1時間 /養老川沿いの遊歩道、マイナスイオンを浴びながら季節折々の自然を満喫。 【送迎】 ご希望のお客様は養老渓谷駅まで送迎致します。 (バーベキュー場あり) ・粟又の滝:当館より車で30分 /房総一を誇る全長100mのなだらかな滝。 遊歩道もあり新緑、紅葉も美しい ・中瀬遊歩道:1周約1時間 /養老川沿いの遊歩道、マイナスイオンを浴びながら季節折々の自然を満喫。 【送迎】 ご希望のお客様は養老渓谷駅まで送迎致します。

次の