ブルー アイズ デッキ レシピ。 遊戯王 儀式融合青眼デッキレシピ青眼(ブルーアイズ)【ビートダウン】

『遊戯王デュエルリンクス』ウィッチクラフト零式魔導粉砕機のデッキレシピ3種&回し方【闇のゲーム/バランス】

ブルー アイズ デッキ レシピ

どんな相手でも粉砕する、その破壊力は計り知れない。 2 8 2500 2000 このカードはルール上としても扱う。 1 :このカードは手札・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。 2 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを除外する。 3 :相手フィールドにモンスターが存在する場合、このカードをリリースして発動できる。 手札から1体を特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 3 8 3000 2500 このカードは通常召喚できない。 手札の1体を相手に見せた場合に特殊召喚できる。 この方法によるの特殊召喚は1ターンに1度しかできない。 1 :このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限りとして扱う。 2 :1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。 1 8 2500 2500 このカード名の 1 2 3 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、自分フィールドまたは自分の墓地にが存在する場合にしか発動できない。 1 :このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから儀式魔法カードまたは1枚を手札に加える。 2 :自分エンドフェイズに発動できる。 デッキから1体を手札に加える。 3 :墓地のこのカードを除外して発動できる。 自分フィールドの全てのの攻撃力は1000アップする。 3 2 500 200 このカードを手札から墓地へ送って発動する。 このターン、相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はデッキからカードを1枚ドローする。 この効果は相手ターンでも発動する事ができる。 は1ターンに1度しか発動できない。 3 1 0 1500 の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードが召喚に成功した時に発動できる。 デッキから以外の光属性・レベル11体を手札に加える。 2 :このカードを手札から捨て、自分フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを墓地へ送り、デッキから1体を特殊召喚する。 3 1 600 500 の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから1体を特殊召喚する。 2 :墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。 1 1 300 250 このカードが墓地へ送られた時、自分のデッキから1体を手札に加える。 2 8 4000 0 により降臨。 このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。 1 :このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。 2 :このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が越えた分の倍の数値だけ戦闘ダメージを与える。 2 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :デッキから以下のカードを合計3枚選んで相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。 そのカード1枚を自分の手札に加え、残りのカードはデッキに戻す。 手札またはデッキから1体を自分フィールド上に特殊召喚する。 2 デッキから1体を墓地へ送る。 墓地へ送ったモンスターがドラゴン族の通常モンスターだった場合、さらにデッキから1体を墓地へ送る事ができる。 は1ターンに1枚しか発動できない。 1 制限 自分または相手の墓地からモンスター1体を選択して発動する。 選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。 3 1 :自分の墓地のレベル7・8の1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 2 :自分フィールドのが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。 3 手札からレベル8のモンスターカードを1枚捨てる。 自分のデッキからカードを2枚ドローする。 1 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分フィールドに表側表示のカードが存在しない場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。 3 手札を1枚捨てて発動できる。 デッキから攻撃力が3000以上で守備力が2500以下のを2体まで手札に加える。 1 の降臨に必要。 1 :レベルの合計が儀式召喚するモンスターと同じ数値になるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリース、またはリリースの代わりに自分の墓地からまたはを除外し、手札から1体を儀式召喚する。 1 手札の1体を選択し、そのカードとレベルの合計が同じになるように自分のデッキから通常モンスターを選択して墓地に送る。 選択した1体を特殊召喚する。 1 10 3300 3000 の+チューナー以外のモンスター1体以上 1 :自分ターンにこのカードがS召喚に成功した時に発動できる。 自分フィールドに 魚族・水・星10・攻3300/守3000 1体を守備表示で特殊召喚する。 2 :相手ターンに1度、自分フィールドにトークンがない場合に発動できる。 自分フィールドに1体を特殊召喚する。 3 :このカードが相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に、自分フィールドにが存在していれば発動できる。 このカードを守備表示で特殊召喚する。 1 9 2500 3000 +チューナー以外の通常モンスター1体以上 このカードが特殊召喚に成功した時に発動する。 自分フィールド上のは次のターンの終了時まで、カードの効果の対象にならず、カードの効果では破壊されない。 また、1ターンに1度、自分のスタンバイフェイズ時に発動できる。 自分の墓地の通常モンスター1体を選択して特殊召喚する。 2 9 2500 3000 +チューナー以外の1体以上 1 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いに2体以上のモンスターを同時に特殊召喚できない。 2 :1ターンに1度、墓地のカードの効果が発動した時に発動できる。 その発動を無効にする。 3 :S召喚したこのカードをリリースして発動できる。 エクストラデッキから以外のドラゴン族・1体を守備表示で特殊召喚する。 そのモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。 この効果は相手ターンでも発動できる。 1 8 3000 2500 +チューナー以外の1体以上 1 :1ターンに1度、このカード以外のモンスターの効果が発動した時に発動できる。 その発動を無効にし破壊する。 この効果でモンスターを破壊した場合、このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。 2 :このカードがレベル5以上の相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。 このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。 1 7 2400 1800 +チューナー以外のモンスター1体以上 このカードが特殊召喚に成功した時、または相手フィールド上にレベル5以上のモンスターが特殊召喚された時に発動する。 相手フィールド上の特殊召喚されたモンスター1体を選択して持ち主の手札に戻す。 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 7 2600 2000 +チューナー以外の1体以上 1ターンに1度、1000ライフポイントを払って発動できる。 フィールド上のカード1枚を選択して除外する。 このカードが破壊された時、このカード以外の自分の墓地のを任意の数だけ選択して発動できる。 また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。 自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。 1 7 2100 1700 +チューナー以外のモンスター1体以上 このカード名の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。 フィールドのこのカードより低いレベルを持つモンスター1体をデッキから墓地へ送り、そのモンスターのレベルの分だけこのカードのレベルを下げる。 このターン、自分は墓地へ送ったそのモンスター及び同名モンスターのモンスター効果を発動できない。 2 :相手メインフェイズに発動できる。 このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。 1 2 200 1500 +チューナー以外のモンスター1体 このカードがシンクロ召喚に成功した時、自分のデッキからカードを1枚ドローする事ができる。 また、相手のメインフェイズ時、自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードをシンクロ素材としてシンクロ召喚をする事ができる。 1 :このカードが特殊召喚に成功した場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。 2 :自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。 2 :このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 3 :1ターンに1度、このカード以外のモンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動する。 その発動を無効にする。 その効果を無効にし、そのカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。 2 :相手モンスターの攻撃宣言時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 攻撃対象をこのカードに移し替えてダメージ計算を行う。 3 :自分フィールドのが戦闘・効果で破壊された場合、自分フィールドの1体を対象として発動できる。 対象のモンスターの攻撃力は、破壊されたそのモンスターの元々の攻撃力分アップする。 1 - 300 - 1体 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをリリースして発動できる。 その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。 2 :このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの1体をリリースして発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 LINK - 1 1 - 0 - 2体 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :相手ターンに1度、このカードがEXモンスターゾーンに存在する場合、自分の手札・フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。 フィールドの表側表示のカード1枚を選んで持ち主の手札に戻す。 2 :このカードがリリースされた場合に発動する。 手札・デッキから1体を選び、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。 LINK - 2 1 制限 - 1500 - 1体以上を含むモンスター2体 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 手札・デッキからレベル3以下の1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。 2 :相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。 EXデッキからの1体をS召喚扱いで特殊召喚する。 LINK - 2 閲覧数 1805 評価回数 0 評価 0 ブックマーク数 0 - NEW -.

次の

遊戯王 デッキレシピ 詳細

ブルー アイズ デッキ レシピ

この記事は2018年12月25日に更新されました はじめに 「どんな構築の【 青眼 ブルーアイズ】デッキが優勝しているのか知りたい」 「色んな構築の【 青眼 ブルーアイズ】デッキを参考にしたい」 この記事はそんな方へ向けて書かれた情報まとめ記事です。 Twitterの情報を元に、【ブルーアイズ】カードを使用して公認、非公認を問わずに様々な大会で優勝しているデッキレシピを紹介します。 『そもそも【ブルーアイズ】がどんなテーマか分からない』という方は以下の記事でデッキ構築パターン別に解説しているので参考にしてみてください。 デッキレシピは優勝日が新しい順に並んでいます。 また、デッキレシピに記されているカードをクリックすると、該当するカードをAmazonで購入することができます。 Yさん デッキ 先行ワンキル型青眼 一言「わーい」 先行ワンキル型でキャノンソルジャーなどが規制をされて、少しずつデッキタイプが少なくなってきています。 現在の主流は破滅龍ガンドラXを使用するデッキ型 — カードキングダム名古屋野並店 ck758nonami デッキレシピ詳細 メインデッキリスト• 11名のご参加ありがとうございます。 優勝:小巨人さん🏆 ・デッキ「閃刀姫青眼」 です。 みなさまのご参加お待ちしております。 エクストラデッキリスト• サイドデッキリスト• 次の大会は火曜日です。 サイドデッキリスト• エクストラデッキリスト• エクストラデッキリスト• サイドデッキリスト•

次の

遊戯王 デッキレシピ 詳細

ブルー アイズ デッキ レシピ

遊戯王OCGの青眼・ブルーアイズと2019年以降優勝した青眼デッキ等をまとめ! 【青眼デッキ ブルーアイズデッキ 】優勝デッキレシピや回し方,相性の良いカードを紹介&考察 青眼デッキ ブルーアイズデッキ が新規で強化が確定の中、青眼デッキ ブルーアイズデッキ デッキの相性の良いカードや採用カードを紹介&効果考察! 遊戯王 環境情報コーナーです。 青眼デッキ ブルーアイズデッキ を使ったデッキ等が2019年で優勝したのでここでは青眼デッキ ブルーアイズデッキ の回し方・動かし方・相性の良いカードを紹介すると共に、優勝者さんにデッキのイチオシポイント等を順次更新するまとめ記事です。 20年経っても3000と言う遊戯王のルールの基盤となる打点。 また 【青眼の白龍】は大型モンスターとしてのコンセプトを守る 『遊戯王デッキのルール上超えてはいけない壁』として登場した貴重なモンスターとも言えるのではないでしょうか」 「元々、【青眼の白龍】はカード化から遊戯王の20周年を超えても継続的に強化が来るテーマカテゴリーですの。 ドラゴンを活かす効果が出れば即悪用。 そして2016年にブルーアイズのカテゴリーとして登場したらそのまま世界大会で優勝等、本当に公式にも愛されてるんですわよね」 「そうですねー。 本当にネタとしても尽きないんですよね。 という訳でココでは青眼 ブルーアイズ に関しての回し方や相性の良いカードを総まとめ。 過去の青眼のコンセプトデッキから色々と青眼の現状を確認していきましょう。 とりあえずキーボードが現在壊れてるのと、1万文字を超えてるので各種リンクを製作予定です。 — カードキングダム名古屋野並店 ck758nonami ブルーアイズデッキ 青眼デッキ のデッキ構築は2019年以降どんな感じ? 【青眼の白龍】とブルーアイズデッキ 青眼デッキ の概要 「 青眼デッキは元々カテゴリーデッキでは無かったのですが、Vジャンプ 2016年1月号 付属カードの《》の登場で正式にカテゴリ化される事になりました。 名称カテゴリーは「ブルーアイズ」。 Yさん デッキ 先行ワンキル型青眼 一言「わーい」 先行ワンキル型でキャノンソルジャーなどが規制をされて、少しずつデッキタイプが少なくなってきています。 >> 「と、結構数は多く 初期勢の人から見たら青眼の種類が増えて驚くんですよねー 経験談 そんな訳で現在の 青眼 ブルーアイズ を回す上での戦術は多々あって『自分の好きな回し方やイラストで決める』というのもアリなロマンデッキとなっております。 儀式青眼ではカオスMAXからの守備倍貫通を活かした戦術。 純構築はそのままぶん殴る・・・と構築面では面白いので各種今後説明していきますね」 【青眼の白龍】デッキのモンスターカード達 「青眼のモンスターは基本的に高打点・レベル8のモンスターが中心となっていて、ブルーアイズのサポートカードでこれらのカードを出すというのが基本となります」 「もちろん回し方は色々とあるけど 青眼デッキの基本はこれら大型のブルーアイズを如何にして使うかがポイントだもんね。 どんな相手でも粉砕する、その破壊力は計り知れない。 「まずは 《》ですね!このカードは様々なイラストが存在しているのも特徴で遊戯王ユーザーからも愛されているカードの1枚だと思っています。 どのイラストが皆さんは好きですか? 私は思い入れが強い一番左!ストラクチャーデッキに封入されていたカードで今でも使ってるイラストです!」 「思いっきり年齢バレする内容じゃないの!!!」 「あっ!しまったっ! ・・・とまぁ色々と脱線しましたが、青眼デッキで重要なのはこの部分。 のイラストは本当に多いので好きな絵柄を選ぶのが個人的には通かなぁと思っています。 ちなみに戦術としても非常にこのモンスターは重要で『通常モンスターを蘇生するカード』は豊富にあり、レベル1のチューナーと合わせてレベル9のシンクロモンスターを出すというのがメインとなります。 また、 の召喚コストとなる点も忘れてはいけません。 こういった面で複数枚は欲しいカードでしょう。 一方で3000打点ってだけでもコンセプトになるので『オネスト』等を採用した光属性ビートとして活躍させるのもアリ。 :このカードは手札・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを除外する。 :相手フィールドにモンスターが存在する場合、このカードをリリースして発動できる。 手札から「青眼の白龍」1体を特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 「青眼デッキを組む上で非常に重要なモンスターとなるのがコレ。 このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として除外する効果や、リリースして青眼の白龍を特殊召喚するって効果が強力。 相手の魔法罠を除外してくれるので墓地での再利用をさせなくしたりする利点など 『青眼の強さを支えるカードの1枚』と言っても良いでしょう。 また、手札や墓地で通常モンスターとして扱うカードなので普通に通常モンスター等の蘇生等を活用することが可能です。 《》《》等のカードで特殊召喚を行いつつ展開が出来るようになっています。 手札の「青眼の白龍」1体を相手に見せた場合に特殊召喚できる。 この方法による「青眼の亜白龍」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。 :このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「青眼の白龍」として扱う。 :1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。 「青眼が組めないっていう最大の問題がコレですの。 逆にこのカードが再録されれば青眼デッキは初心者でもオススメって言えますのに」 「まぁ値段が高いってのが最大の難点ですよねぇ。 青眼の中でもトップレアレベルの高額カード《》。 効果は《青眼の白龍》を見せることで自身を特殊召喚するという自立で特殊召喚できる効果に加えて、フィールド・墓地で《青眼の白龍》となってしまえる名称変更。 更には攻撃しない事を条件に相手のカードを破壊するっていう効果も備えている強力なカードです。 自分フィールドの「青眼の究極竜」1体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。 2 :このカードを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。 その効果を無効にする。 「 青眼の映画シリーズその1! ブルーアイズでは異端なカードでもありいまや様々な耐性持ちが登場しましたが、攻撃力の無限アップと対象にする効果を無効化するなどの特徴があるロマンタイプのカードです。 現状出すのは難しい・・・って訳じゃないんですけど強さを求めた際にうーんとなる一枚。 正規融合等ではなく《》や《》・《》等の青眼の白龍を使わない方法で盤面に出す事や《》等で出すってのが基本になります。 ザボルグからのファンカスでも面白いですし工夫次第では様々なデッキで出す事は可能ですよ」 「恐らくコレのリメイク?的な存在がディープアイズっぽい立ち位置なんですわよね」 「どうなんだろなぁ。 デッキから「青眼の白龍」1体を除外した場合に特殊召喚できる。 「Sin」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。 また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、 自分の他のモンスターは攻撃宣言できない。 フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合、このカードを破壊する。 「 映画青眼新規その2!このカードは『デッキの青眼の白龍』を除外して盤面に出すことが出来るトリッキーなカードです。 sinと言えば《》が定番・・・ではあるものの、現在では《》でpスケールの設置で青眼の白龍を回収。 そのまま光と闇を揃えつつ・・・って流れも出来てしまうキーカードとなります」 「ちなみにレベル8を気軽に出せるのでランク8を容易に出すことが出来ますの。 自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在し、 自分フィールドのモンスター2体をリリースした場合に特殊召喚できる。 :このカードは特殊召喚したターンには攻撃できない。 :このカードの攻撃宣言の際に、自分は500LPを払わなければならない。 :相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、このカードは直接攻撃できる。 存在する場合、トゥーンモンスターを攻撃対象にしなければならない。 :フィールドの「トゥーン・ワールド」が破壊された時にこのカードは破壊される。 「実用性が強いって訳ではないんですけどトゥーンデッキでの採用がメインになるので今回の青眼の白龍デッキではファンデッキとして活用する事になります。 :自分フィールドの表側表示の「ブルーアイズ」モンスターが戦闘または相手の効果で破壊された時に発動できる。 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のドラゴン族モンスター1体を対象として発動する。 このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力と同じになる。 :フィールドのこのカードが効果で破壊された場合に発動する。 相手フィールドのモンスターを全て破壊する。 「ブルーアイズの中で異端なカードではありますが、ブルーアイズの破壊時に出てくる大型モンスター。 ドラゴンの種類分バーンを与えて尚且つ攻撃力を墓地のドラゴン1体にしてくれる切り札になってくれるカード。 儀式と違って専用サポートを入れる心配が無い面や 打点を最高5000に出来る面等で差別化が出来ますよ! ブルーアイズでは種類を墓地に送る事が困難でもありますが、《》でドラゴンを一気に落としてバーン火力を上げる戦法等があります」 「ブルーアイズの種類分じゃないだけ『様々なデッキで活躍できる』カードになりましたわね。 青眼デッキのコンセプトに加えて『ドラゴンを主軸とした』デッキでは大活躍ですの。 バーンは相手に取ってはびっくりする逆転の一手に成りえますので、安価で組めるロマン青眼デッキを作りたい時には採用すると面白いかもしれませんわね。 ちなみに今までサーチには殆ど対応してませんけど、奇襲性が無くなるのでサブフィニッシャーという立ち位置の方が良いかもしれませんわね」 「まぁ戦闘破壊で・・・ってなるとオネスト入れる方がってなりますもんね」 [rakuten:kamehonpo:10005516:detail] 【青眼の白龍】デッキの「青眼」儀式モンスター達。 このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。 1 :このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。 2 :このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、 その守備力を攻撃力が越えた分の倍の数値だけ戦闘ダメージを与える。 「 儀式青眼と言えばこのカード! 攻撃力が4000と高く効果の対象にならず破壊されないっていう効果を持っています。 昨今リンク召喚で『守備表示にする事が出来ない』デメリットを抱えてしまっていますが、それを除けば普通に優秀なカードです。 「デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-」にて発売される儀式青眼の新規カードを合わせる事で攻守0からの8000貫通が実現! 純構築でロマンになってしまいますが、一度は狙いたいコンボなのですよね!」 ブルーアイズデッキ 青眼デッキ の「青眼」融合モンスター達 「海馬のエースモンスターのアルティメットを始め様々なエースモンスターを排出したのは融合次元だって私信じてますから! 負けフラグ 攻撃力は最高4500とTCGにおいて非常に高い打点を持っているモンスターが多く一時期巨大化ワンキルなど猛威を振るっていた時代から今もその強さは色あせてはいません。 :融合召喚したこのカードが攻撃したダメージステップ終了時、自分フィールドの表側表示のカードがこのカードのみの場合、エクストラデッキから「ブルーアイズ」融合モンスター1体を墓地へ送って発動できる。 このカードは続けて攻撃できる。 :自分フィールドの「ブルーアイズ」モンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、墓地のこのカードを除外して発動できる。 その発動を無効にし破壊する。 「【】が映画記念でリメイクされたカードの1枚ね。 融合召喚したこのカードの攻撃後に、EXデッキのブルーアイズの融合モンスターをコストとして追加攻撃をする事で最大3回の攻撃をする事が出来るわよ。 :このカードは戦闘では破壊されない。 :このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。 :このカードの攻撃によって相手モンスターが破壊されなかったダメージステップ終了時に発動できる。 その相手モンスターを除外する。 「出たー!ツーヘッドの青眼だー! 青眼デッキの中で採用するかは悩んでしまうカードですが、上記のカードを墓地に送る事で出すことが出来る『エクシーズの様に展開できる大型』モンスターです。 打点自体は変わらないものの、バトルフェイズを行い破壊されなかったら除外するっていう特徴は強力。 ソウルチャージからの二体展開は出来るから出せるけど攻撃が出来ない。 ランク8というライバルの脅威等は控えてはいるけど」 「ま、レベル10ってのが幸いしてランク10のグスタフオラァ!から、《神縛りの塚》で2回攻撃&バーンダメージも狙うデッキを作るってのもありですね。 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いに2体以上のモンスターを同時に特殊召喚できない。 :1ターンに1度、墓地のカードの効果が発動した時に発動できる。 その発動を無効にする。 :S召喚したこのカードをリリースして発動できる。 エクストラデッキから「青眼の精霊龍」以外のドラゴン族・光属性のSモンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 そのモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。 この効果は相手ターンでも発動できる。 「青眼では持っておくと嬉しいレベル9シンクロですね!もちろん他にもいますが「ブルーアイズ」の名称を持っていたりするのが特徴。 2体以上出せないという特殊召喚制限は昨今のペンデュラム召喚の対策にももってこい。 また「青眼の精霊龍」以外のドラゴン族・光属性のSモンスター1体を守備表示で特殊召喚するって書いてあるんですが、《》《》等のシンクロモンスター等を出すことが可能。 ガチもロマンも可能な戦術が出来るのが最大の特徴と言えます」 「打点が低くて困った!という問題はありますがリリースで様々なモンスターに変えれるほかにサクリファイス・エスケープとしても使えますの。 エンドフェイズに自壊してしまうので『活用手段』を色々と持っておく事が大事になりますわね。 ちなみに《白き霊龍》等の素材にしてそのまま墓地に送ったりする過程で採用する事も考えられるのも面白くて『コンボの起点としても採用したいカード』の1枚ですの。 青眼デッキではそこまで高くないパーツなので是非とも1枚は欲しいですわよね」 [rakuten:fullahead:10121383:detail] [rakuten:toretoku:10058474:detail] [rakuten:surugaya-a-too:110753059:detail] 【青眼の白龍】デッキの関連記事はこちら! 青眼デッキの相性の良いカードをご紹介。 参加・興味のある企業様等はメールにてご連絡ください。 ご連絡はこちら>>mailog2020 gmail. com.

次の