に じ さん じ アルス。 アルス・ノヴァ代表・久保田翠さんが考える、重い障害のある人たちの新しい生き方

アルス サンロード店 (Ars)

に じ さん じ アルス

アルス・アルマル 📕 基本 の呼称 丸 年齢 駆け出しの。 のは色々と大変らしく、その息抜きとして配信活動を行っている。 ーー よりーー 「」所属の。 後半に加入。 とこちらのを行き来して配信活動を行っている。 一度聞いたら病になってしまうらしいもちもちの持ち。 がしゃがんだだけでもるお年頃なのでよくと笑い続けのを誘う。 いつも手に持っているの名は「あいでんてぃてぃ」。 得意のはとのことだがまだ駆け出し度々暴発させている。 自身はどちらかといえばのだと自嘲するもののであるく、 方の言動に含んだ意図への理解がく、上手にしてくれるという評価の通り、やを交えてのやりとりやとの駆け引きがを博している。 普段はその反応をやクションにて発揮させているがその価を発揮するのは 芸。 自分からはあまり仕掛けにいかないが売られたには嬉々としてを仕掛け、であろうがライであろうが容赦なく牙をむく。 ついには【番組】 みっくすあっぷ 2第一回放送において、芸のを授与された。 と同じく容姿がやや頭が大きくてまんまるなことから、他ライやから「」「みたいな顔しやがって」「ア・マル」といったに弄られている。 顔の大きさはのyi氏認。 本人と夢のを行った際には、配信画面が2人の顔でぎゅうぎゅう詰めになってしまった。 ちなみにの名である丸は元はがで飼っていた()から流入したもの。 が荒れてもみんなぷっくぷく膨らんでるみたいで可く見えるといった理由から。 アルスのはいしん 内容は、、、たまに。 好きなはなど人を倒して床ペロさせるものとまったり系の、あと。 、 配信で見せる手慣れた動きは全に経験者であり、勝つためには調整も行う。 の初回配信では黛とするかたちでなんと9時間連続配信を敢行。 以降も他ライからはは帯の、丸達からは睡眠というよりもはや睡眠時間とも謳われるなど、帯から明け方にかけて行われる長時間に及ぶ配信はの代名詞となっている。 もう寝ろとか言わないで!諦めてで見てくれぇ! 「この時間(午前)はにとっては」とするほどに逆転した生活を送っている模様。 と々のでは時差があるのでしょうがないね。 ともあれや記念配信ではの時間帯なので安心して欲しい。 予め苦手であると明言しつつも、 に強要され行った配信では悲鳴を聞かせてくれた。 アルスの交流・コラボ ・の、とは「 」というを組んでいる。 しがちだった頃にはが留学に立ち会えなかったこともあり黛に構ってもらうことが多かった。 で黛が系のをかまし、それを即座に理解したがを入れる、という流れが多く見られた。 に対しては可がったり、護しようとすることが多い。 一方で、からは時に辛辣なを食らったりゆえにお顔を食べられそうになったり裏でされたりとんでもねぇ扱いを受けることも。 はにて。 ゆえの気安さからか得てして普段よりックスした様子のの一面が見られる居場所である。 ・『』の配信中にて、(発端は不可抗ではあるものの)アゲしてきたとなことから組を組むことになる。 一応、の方がであるはずがなぜかと慕われる(?)ことに。 基本的にはのにがツッコむことがお決まりになりつつある。 1対1で通話したことはまだ一度もなく、すべてのやり取りはのみで行われており、による不思議で素敵な冒険譚がを呼んでいる。 アルスの関連動画 アルスの関連項目• (子)• (の)• (尊敬している芸の).

次の

アルス・アルマルとは (アルスアルマルとは) [単語記事]

に じ さん じ アルス

アルス・ノヴァのホームページにある「タレント名鑑」 施設のスタッフも、ミュージシャンや元劇団員、美大を出たデザイナーなど、個性的な面々です。 アルス・ノヴァは、重度知的障害の人たちのありのままの姿を見て、多様な価値観を感じ取ってほしいと、施設を「観光」する事業など様々な取り組みを続けています。 「障害のある人たちを理解してくださいと言ってるわけではなく、むしろこの世の中に壮みたいな人っているんです。 本当に存在してるんですね。 施設の中にどうしても閉じこもりがちにはなってしまうけど、存在してる。 その存在してる人たちと出会った時に、皆さんどう感じますか。 皆さんどうですかということを言いたい。 そういうことをやってみたい。 福祉施設は、もしかしたらそれをやることが仕事なんじゃないかなと。 正しく知るなんて知り方はないわけで、とにかく出会ってほしいというのがあります」(久保田さん) 本人がやり続けていることが「大切なもの」 大学院で環境デザインを学んだ久保田さん。 卒業後、自ら事務所を立ち上げ、がむしゃらに働いてきました。 仕事も軌道に乗ってきた時、壮さんが生まれました。 口唇口蓋裂という病気、そして重度の知的障害があることも分かりました。 居場所がなくなり、家に引きこもることも多くなっていきました。 自分も居場所、社会から周縁化してしまう。 ふと思い返すと、きょう誰ともしゃべってない、主人以外と誰ともしゃべってないみたいな日が連続してくるんですね」(久保田さん) 壮さんは大好きな石を肌身離さず持ち歩き、入れ物に入れて音を鳴らします。 しかし、「危ないから」と石を取り上げられたり、問題行動だと否定されたりすることに疑問を感じました。 「12年間(特別支援)学校に行って、結局、彼が獲得できたものはなかった。 だけど、入れ物に石を入れてずっとたたき続けることは、やり続けたこと。 それを問題行動だといって排除すると、彼の人格がなくなるんです。 だから本人がやり続ける、手放さないことをいちばん大切なものとして扱うと思ったんです。 それをいちばん大切に扱うということで、施設を作ってみようということになって、アルス・ノヴァができた」(久保田さん) そして、久保田さんは障害のある人たちの存在を通して、あることに気付きました。 「何かをやらせるとか、既存のことができるようになるっていう価値感ではない生き方が、この人たちの中にはあるんだって言うことがやっと、自覚できたんですよ。 好きなことをすることが、悪いことではないと思う。 何のかいもないと言われたらそうだけど、かいがないかどうかは、やってみなければ分からない。 そういうことを考えていくと、私たちがいかに何かに縛られているか、何かにとらわれながら生きているか、という息苦しさみたいなものも見えてくるんですよ。 21歳になった壮さんに「家族以外の支え」の必要性を強く感じているのです。 壮さんは、食事、着替え、排せつなど身の回りのことを1人ではできません。 ヘルパーの利用は、週に1回、3時間だけ。 ほとんど家族だけで、壮さんの生活を見てきました。 しかし、久保田さんは、今後少しずつ、ヘルパー利用や宿泊サービスの回数を増やそうと考えています。 壮さんは子どもの頃よりも腕力がつき、対処できないことも増えてきているからです。 食事のあとは、お決まりのお菓子バトル。 お菓子の詰まった袋を力ずくで取ろうとする壮さんを必死に止めます。 久保田さん「こら!ちょっとやめてそれは危ないから。 全部はだめ!全部はだめ!」 お菓子を取ろうとする壮さんを止める久保田さん 壮さんとの生活に、日々奮闘する久保田さん。 最近は、今の生活を続ける危うさを感じています。 「この生活は、長く続けられないなとは思います。 今はいいけど、何かがちょっとショートすると、もうどうにもならなくなるなとは思うから。 現在、月に1度、壮さんが利用している宿泊サービスを増やせないかと相談に来たのです。 しかし利用希望者が多く、常に2か月待ち。 すぐには回数を増やせません。 壮さんは、生活環境が変わるのが苦手なため、慣れるまでつきっきりのサポートが必要だと言われました。 人員の確保が大きな課題です。 重度の障害者にとって、選択肢は限られています。 家族で見るのが難しくなれば、今のところ入所施設やグループホームに入るしかありません。 しかし、入所すると今のような自由な生活が続けられなくなります。 地元施設の職員さん 「壮くんが好きな感じを入所施設で提供できるかというと、結局言い訳がましくなっちゃうけど『新聞紙があれば食べちゃう』とか、『石を持ってると食べちゃう』と言って、どんどんどんどん好きなものがなくなっていっちゃうだろうなと。 そうすると、入所施設とかグループホームじゃないスタイルの方が合ってるのかな。 そんな感じがしましたね」(施設の職員) しかし、久保田さんには、壮さんが自立できると強く感じた出来事がありました。 それは、壮さんがアルス・ノヴァの仲間と一緒に旅行に行ったときのこと。 久保田さんがいなくても、壮さんは食事をきちんと取り、眠ることができたのです。 旅行から帰ったあとも、壮さんはしばらくニコニコと過ごしていました。 仲間と行った旅行先で浴衣を着て踊る壮さんの写真 「親と一緒に行くと、とにかくごはんも食べられない、部屋に入ったとたんに障子を破るとか、そんな大惨事ばっかりです。 気の合う仲間と、若い子たちとわいわいと行くのは楽しいんですよ。 うれしかったんですね。 やっぱり、親じゃないんですよ。 親じゃないんだなというのは、つくづく思います」(久保田さん) 重い障害があっても多様な生き方を 壮さんが自立できると感じた久保田さんは、今、「新しい居場所」を作ろうと動き出しています。 ある日、建築家とデザイナーがアルス・ノヴァを訪れました。 現在のアルス・ノヴァと同じ通所施設をもう一つ作ろうと考えているのです。 その中に将来、壮さんのような重い障害のある若者たちが住む部屋も作ろうと計画しています。 一般の人も気軽に立ちより、障害のある人と一緒に過ごせる開かれた空間。 その上に、障害のある人と一般の人が暮らせる「シェアハウス」を作ろうという構想です。 重い障害のある人たちが、普通に暮らせる社会はどう実現できるのか。 久保田さんは、自分たちの手で障害のある人の自由で多様な生き方を模索し続けています。

次の

アルスコーポレーション株式会社

に じ さん じ アルス

アルスシムラでは授業の一環として、創設者である染織家志村ふくみ・志村洋子と志を同じくする方々の講義を行い、学びをさらに深める機会を作っています。 2018年10月は、独立研究者・森田真生さんのご講義と、アルスシムラ特別講師・志村昌司との対談をご案内いたします。 第1部の森田さんのご講義では、森田さんから生命と人工知能についてお話しを伺います。 第2部の森田さんとアルスシムラ特別講師・志村昌司との対談では、講義で伺った内容を更に深めます。 秋の良き日に、広沢池湖畔のお茶室をお借りして、共に学ぶ場にいたします。 通常はアルスシムラの生徒のみが対象ですが、今回は一般の方の参加もお待ちしています。 日程 2018年10月23日(水) 時間 14:00~16:00(開場13:40) 会場 京都平安郷 茶室聴松亭 定員 20名(事前申込制、先着順) アルスシムラの生徒も参加いたします。 まずは、 「 人工知能」前史として「人工言語」 が誕生する過程を概 観するところから始める予定です。 短い時間になりますが、 当日のみなさまとの出会いを楽しみにしています。 (森田 真生) 【申込み方法】 申込みページ()からお申込みいただくか、アルスシムラ事務局に お電話ください(075-585-5956、平日10時~17時)。 予定枚数に達し次第、終了いたします。 主催:アルスシムラ 共催:アトリエシムラ.

次の