喜寿 お祝い の 言葉。 【喜寿のプレゼント】喜寿祝い(77歳)喜ばれる人気商品ランキングをご紹介!

喜寿とは何歳のことでどういう意味があるの?お祝いやプレゼントは?

喜寿 お祝い の 言葉

喜寿[キジュ]とのこと、おめでとうございます。 (77才)• 喜寿[キジュ]おめでとうございます。 これからも、ますますお元気でご活躍ください。 喜寿のお祝い申し上げます。 喜寿おめでとうございます。 これからも、ますますお元気でご活躍ください。 いつも若々しい先生が喜寿だなんて、不思議な気がします。 お元気に喜寿を迎えられ、まことにおめでとうございます。 この度は喜寿を迎えられ、おめでとうございます。 いつまでもお元気で、ご活躍ください。 喜寿おめでとうございます。 これからも私たち皆の大先輩として、ご活躍を期待しています。 喜寿のお祝い 喜寿は何歳でお祝いするの? A:満76歳。 (数え年の77歳) 早見表 喜寿の意味は? A:「喜」という字の草書体が「七」を3つ、森の字と同じように書いていた所から来たようで七十七と読めることに由来しています。 お祝いする時期は? A:昔は、お正月に年をとる数え年が普通だったので、数え年の77歳になるお正月から節分の頃までにお祝いするのが一般的でした。 現在では、数え年で77歳、満年齢76歳の年の誕生日付近の都合の良い日に行うのが一般的です。 また、最近では満年齢77歳の年にお祝いをする方も増えています。 特に決まりがないので、家族や親戚が集まりやすい日を選んでお祝いをしましょう。 喜寿を迎えた年の正月やお盆,敬老の日等にお祝いをすることも多いようです。 喜寿のお祝いの仕方は? A:子や孫、ひ孫、親戚など主に内輪の人たちが集まってお祝いするのが一般的。 家に集まって喜寿のお祝いをしたり、レストラン、元気なら温泉旅館などでお祝いをしたりします。 本人の健康状態に十分に配慮するのが喜寿の祝い方の基本的な心得です。 喜寿のプレゼントは? A:紫色の品を贈るという習慣がありますが、最近では厳格な決まりはないので、お祝いの気持ちを込めて、プレゼントを選んでください。 実用品よりも記念になるものが喜ばれるようです。 お祝いの席を設けて楽しい思い出をつくったり、旅行や手作りのアルバムもいいですね。 古希を迎えた人のお名前で「詩」を作るサービスはおすすめです。 プレゼントの金額の相場は? A:贈る相手が両親の場合は2~5万円、祖父母の場合は1~3万円、親戚などの場合は1万円前後、その他の場合は数千円程度。 高価なプレゼントを贈りたい場合は、共同購入して贈るようです。 内祝い・お返しは? A:家族には本来不要です。 喜寿祝いの祝宴を開いた場合や、親戚や知人からお祝いをいただいた場合は、内祝いをすることが多くなってきています。 もらって嬉しい実用的な内祝いがおすすめです。 のしの書式は? A:水引は紅白の蝶結び、表書きは「内祝」「喜寿内祝い」 贈ってはいけないものはありますか? A:現金やギフト券は金額がわかったりすることから避けるのが無難です。 現金やギフト券• 靴下や靴などの履物(目上の方へ失礼)• 時計、かばん(勤勉に仕事に励むようにとの意味がある)• 老眼鏡、補聴器(老いを感じさせるため)• お茶(仏事のイメージ)• 「還暦祝いの食事会の流れなどありまあすか?」 A:食事会の例です。 開会(幹事)• 祝辞披露• 食事・歓談• プレゼント贈呈• お礼の挨拶(還暦を迎えた人)• 締めの言葉(幹事)• 記念撮影• 喜寿のお祝いの会は、だれが主催するのですか? A:お祝いされる人の家族が主催者として行われます。 昔はお祝いされる本人が主催者となり、行うのが一般的でしたから、ご本人が行うこともあります。

次の

喜寿って何?お祝いの由来とマナー、大切な方が喜ぶ特別なプレゼント12選

喜寿 お祝い の 言葉

喜寿とは長寿祝いの1つで、77歳のときにお祝いします。 『喜寿』の喜が草書体で『七』を重ねて七十七のように見えるため、喜寿と呼ばれるようになりました。 昔から行われている行事のため数え年でお祝いする人もいますが、最近では満年齢の方が馴染みがあるため満年齢で行う人も多いです。 喜寿のお祝いの内容 喜寿のお祝いは、これからも長生きしてくださいという意味を込めて家族や親族で食事会をしたりプレゼントを贈ったりします。 レストランでお祝いしたり、外出が難しい場合は家で行ったりすることもあります。 旅館やホテルを予約しておいて、そのまま宿泊できるようにする人もいます。 宿泊できる場合は、運転する人もお酒で乾杯することが可能で、帰りのことを考えず長く一緒にいることができます。 喜寿のお祝いにおすすめの食事会 紫のちゃんちゃんこ 喜寿のお祝いでは、紫のちゃんちゃんこを着ることがあります。 自分で購入することもできますが、日頃から使うものではありませんので、あまり高いものを購入する必要はありません。 紫のちゃんちゃんこは、主に写真撮影用に着用します。 レストランやホテルなどでは、喜寿のお祝い用にちゃんちゃんこを準備してくれるところもあります。 自分で準備するのが大変な人は、そういったレンタルを活用してみると良いでしょう。 旅館やホテルでお食事会 自分の家や、喜寿をお祝いする人の家でお食事会を開いても良いのですが、後片付けなどが大変です。 料理などを考える余裕がない人や、準備や後片付けが面倒という人は、旅館やホテル、レストランなどでお祝いをするのがおすすめです。 個室があるところを選べば、他の人の目を気にせずにゆっくりと過ごすことができます。 お祝い御膳を準備してくれるところもありますので、早めに電話やホームページなどでチェックしておくと良いでしょう。 家でお食事会 お祝いされる人が家から出るのが難しい場合は、家でお食事会を開くと良いでしょう。 家でする場合、料理はさまざまなものを準備して、自分が好きなものを食べられる形式にするのがおすすめです。 自分で料理を作るのが大変という人は、お店で作ったものを持ってきてもらうと良いでしょう。 仕出し屋に頼めば、さまざまなオードブルやお寿司、お祝い御膳などから選ぶことができます。 食事したあとは、食べ終わった食器などを持って帰ってくれるところもあります。 そういったところに頼めば準備も片付けも手間が掛かりませんので、誰でも企画しやすいです。 特別なケーキでお祝い ケーキ屋さんでは、喜寿のお祝い用に写真をプリントしたケーキや豪華なものを作ってくれるところがあります。 ケーキには、お祝いのメッセージをつけてもらうだけでも、特別感ばっちりになります。 自分でケーキを取りに行く余裕がない場合は、ネットでも取り扱っているところがありますので、そういったところで注文してみてください。 喜寿のお祝いのメッセージ・言葉 喜寿のお祝いをするときにおすすめのメッセージや言葉をご紹介します。 喜寿のお祝いのさまざまな場面で使えますので、ぜひ参考にしてみてください。 手紙で感謝を伝えよう 喜寿のお祝いで手紙を書く際は、まずはおめでとうの気持ちと感謝の気持ちを書くと喜ばれます。 ひと言に『喜寿おめでとうございます』と書くのがおすすめです。 感謝の気持ちを伝えるときは、ただありがとうございますと書くのではなく、具体的な内容を書いた方が特別感が出ます。 手紙の締めには、これらも元気でいてほしいというメッセージを入れると良いでしょう。 『いつまでも明るく元気でいてください』や『これからも笑顔で楽しい日々を過ごしてください』など、未来に希望がもてるメッセージがおすすめです。 名前を使ったポエムが人気 お祝いする人の名前を使って、ポエムを作ってくれるところがあります。 ネット販売しているところなら、どこにいても簡単に作ってもらうことができます。 またポエムだけでなく、似顔絵も一緒に入れられるものもあります。 自分の名前が入ったポエムは、自分だけの特別なプレゼントなので家に飾りたくなることでしょう。 ポエムの内容は、贈られる人の人柄などを考慮して作ってくれるところもあります。 特別感が増し、サプライズプレゼントにもなります。 食べられるメッセージ ケーキにメッセージを入れられるものがあります。 一般的なケーキだとチョコプレートに数文字しか入れられないことが多いですが、喜寿用にたくさんのメッセージを直接ケーキに書き込んでくれるところもあります。 表彰状に見立てたものや、写真入りのものなどユニークな商品がたくさんあります。 手紙は残るから恥ずかしいという人も、ケーキなどのメッセージなら贈りやすいことでしょう。 喜寿のお祝いにおすすめのお花 喜寿のお祝いに買ったものに、のしを付けるかどうか悩む人もいることでしょう。 のしの種類や書き方などをご説明しますので、間違わないようにしましょう。 のしは必要? 同居している場合などは、改まってのしを付ける必要があるのかどうか悩む人もいることでしょう。 基本的には、のしを付けた方が丁寧で相手を敬っている気持ちが伝わります。 のしには、相手をお祝いしている気持ちが込められています。 プレゼントを贈るときも、のしがある方がより豪華に見えますので、ぜひのしを付けて渡しましょう。 水引の種類 喜寿のお祝いをするときは、蝶結びの水引を選びましょう。 蝶結びのものは、何度でも結び直せることから、何度あっても嬉しいことに使います。 逆に結び切りと呼ばれるものは、結婚式や弔事など何度も繰り返したくないものに使います。 のしを選ぶ上でかなり重要なものですので、覚えておくと良いでしょう。 のしの表書き のしの上部には、『喜寿御祝』『祝喜寿』などと書くのが一般的です。 相手に感謝を伝えたい場合は、『感謝』と書いても大丈夫です。 のしの下部には、相手の名前ではなく贈った自分の名前を書きます。 喜寿のお祝いは、家族や孫など多くの人でお祝いをすることが多いです。 そのため皆で一緒にお祝いを贈る際は、『家族一同』『孫一同』など書くのがおすすめです。 喜寿のお祝いにおすすめの色紙 色紙は、記念に残せるプレゼントになります。 喜寿祝いにぴったりの色紙がありますので、ご紹介します。 皆で寄せ書き 家族や孫たちで寄せ書きをすれば、ずっとメッセージを残しておくことができます。 皆からの温かい言葉は、きっと深く心に刻まれることでしょう。 皆でお食事会をするときは、少し前に寄せ書きをしてサプライズで贈ってみてください。 似顔絵付き 普段あまり似顔絵を描いてもらうことはありませんので、自分の似顔絵の入った色紙はとても喜ばれます。 プロに描いてもらうこともできますが、上手い下手に関わらず自分で描いても心がこもっていて素敵です。 ポエム色紙 喜寿を祝われる人の名前を使ったポエムは、特別感があって喜ばれます。 自分の名前が誇らしくなることでしょう。 プロに頼めば、ポエムだけでなく喜寿らしいイラストを入れてくれることもあります。 お祝い後に作ってもOK 食事会で写真を撮っておいて、あとで色紙を完成させるのもおすすめです。 喜寿祝いのことを写真と寄せ書きで思い出すことができますので、とても素晴らしい贈り物になります。 皆で一緒に写った写真が喜ばれます。 喜寿のお祝いにおすすめの贈り物ランキングTOP3.

次の

傘寿のお祝い!長寿のお祝いの言葉やプレゼント | 年祝い|お祝いの年齢やお祝いの方法【還暦・古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿】

喜寿 お祝い の 言葉

喜寿祝いのプレゼントの平均相場は? 77歳で行う喜寿祝いのプレゼントの相場は、お祝いする側とされる側の関係性によって変わってきます。 お祝いする対象が自分の両親である場合、3万円前後のプレゼントを用意する人が多いようです。 対象が祖父母である場合は1万円前後、上司や兄弟、友人などの場合は数千円から1万円程度が相場といえます。 金額を考えることも重要ですが、長寿者の好みを考慮し喜んでくれそうなプレゼントを選ぶことが大切。 場合によっては高価なプレゼントより、かわいいお孫さんが書いた手作りの似顔絵とお花なども喜んでくれると思います。 一緒にお祝いする人と相談して、予算のすり合わせやプレゼントのチョイスをするようにしてください。 人によって差があると、気まずい思いをすることがあります。 プレゼントを渡すタイミングとオススメの場所 喜寿祝いの席をもうけて、その場所でプレゼントを贈る人がもっとも多いようです。 喜寿祝いのタイミングは、お祝いされる人の誕生日前後がベストですが、難しい場合はみんなが集まれそうな日を調整しましょう。 比較的みんなが集まりやすいお正月に、長寿祝いを行う家庭も少なくありません。 喜寿祝いを行う会場は自宅や雰囲気の良いレストランや料亭、さらにはホテルなどでのお食事会が一般的ですが、ご家族やご親族で旅行に出かけるとより強い思い出として残ります。 旅行券などをプレゼントするのも人気です。 77歳となると体調が優れない方も多いので、配慮しながら計画を立てましょう。 ちょっと豪華な温泉旅館を選ぶと、おいしい料理やゆっくりできる温泉を期待できます。 夕食の席では乾杯しつつ長寿者にお祝いの言葉を贈り、花束やプレゼントを渡しましょう。 プレゼントには名入れ商品がオススメ 喜寿祝いのプレゼントに悩んでいる方は少なくありません。 還暦や古希祝いのプレゼントとかぶるのは避けたいものですね。 父親(男性)でしたら日本酒などのお酒や服、母親(女性)でしたら洋服やストールなども定番ですが、今回おすすめしたいのはネームを入れたオリジナルのプレゼント。 最近では実用的な湯呑みやマグカップ、タンブラー、テーマカラーの紫色のTシャツ、アルコールのボトル、筆記用具などに名前を入れてくれるサービスが豊富なので、お気に入りの商品を楽天などのショッピングモールで見つけることができるでしょう。 ユニークな名入れサービスを提供しているオンラインショップも少なくありません。 さまざまな商品の中から長寿者(相手)が喜んでくれそうなプレゼントを見つけましょう。 喜寿祝いのプレゼントで 気をつけるポイント おじいちゃん・おばあちゃんの喜寿祝いのプレゼント。 せっかくなら喜ばれるモノを贈りたいですよね。 ここで気を付けたいのは、「縁起の悪い贈り物」を選ばないようにすること。 お茶 年配の方はお茶好きな方が多いのでプレゼントしたくなりますが、 「香典返し」のイメージが強いため避けた方が無難です。 クシ クシは「苦」と「死」を連想するため、昔からお祝いにタブーとされています。 靴 靴や靴下は「人を踏む」という意味があります。 古希祝いのような目上の方に贈るケースでは避けましょう。 老眼鏡 実用性があり良さそうですが、貰う側からすると老いを感じて傷つくことも。 お祝いとは別に贈る方が良いでしょう。 時計 時計や筆記用具など「勤勉」なイメージのあるモノは、目上の方に贈らない方が良いとされています。 ベルト 締め付けるベルトは「気を抜くな」という意味に取られます。 目上の方には贈らないようにしましょう。

次の