カード現金化 口コミ。 北海道(札幌)でクレジットカード現金化できる店舗10選!実際に現金化したおすすめチケットショップ

換金クレジットの現金化 口コミ評判はこちら!│【2020年最新】クレジットカード現金化のおすすめ優良店を徹底比較!

カード現金化 口コミ

【40歳 女性】 何度も利用させてもらっているけどここまで丁寧で優良の業者は24キャッシュぐらいしかいませんでした。 入金も早いので予定に合わせた現金化をしやすくてとても重宝しています。 これからもよろしくお願いしますね。 クレジットカード現金化と消費者金融、どっちがお得? 当日中にお金を用意する手段として最も一般的な方法は消費者金融だと思われます。 大手のチェーン店舗を使えば安心して取引ができますし、金利に関しても法定内に収められていますので問題ありませんよね。 とはいえ、消費者金融からお金を借りずに、このクレジットカード現金化サービスでお金を用意している方が多く存在するのも事実です。 では、なぜ消費者金融を使わずにクレジットカード現金化を使う人がいるのでしょうか? クレジットカード現金化と消費者金融、どっちがお得なのか比較してみましょう。 今回はこの3項目から比較します。 また、現金化業者も24時間営業の業者が多くいますので、時間帯に気にせず使えるのもメリットと言えます。 利便性で比較 次は利便性から比較してみましょう。 ここで言う利便性は利用時の来店や在籍確認といった手間がどれだけ少ないか、といった観点から比較します。 利便性で比較 消費者金融 初回:店舗来店が必要 2回目:ATMが必要 在籍確認:あり クレジットカード現金化 携帯があればどこからでも利用可能 在籍確認:なし こちらによると消費者金融の利便性は高いとは言えませんね。 初回利用時に店舗に来店する必要がありますし、2回目以降もATMからしかお金を借りることはできません。 また、借入の審査では在籍確認が必須となっていますので、職場にバレてしまう可能性も否めないところです。 (実際にわたしが消費者金融を使ったときは職場にバレてしまいました・・・。 ) その点、クレジットカード現金化は携帯があればどこからでも利用が可能であり、在籍確認も必要ありません。 このことから利便性ではクレジットカード現金化のほうが上と言えるでしょう。 クレジットカード現金化と消費者金融を比較した結果をまとめると、• カードが利用停止になる可能性有• 店舗によって換金率が変わる• 流行を過ぎると大損する可能性有 これは下記の『クレジットカード現金化のリスクと対処法』にもあるように、現金化行為はクレジットカードの利用規約違反だからです。 カード会社は誰がどこで何を買ったかを把握していることをご存知でしょうか? キャッシング枠が限度額いっぱいに利用されている状態で換金性の高いものを購入していることや高額のショッピング枠を利用していると高確率で連絡があります。 そのため自分でする現金化では高額の利用・換金性の高い商品を購入すると クレジットカードが利用停止になる可能性が高まるのです。 業者を利用することによって特殊なルートで決済されるためリスクを防げているわけですね。 また、わざわざ店舗に出向いた後に再び売買をしなければならないため手間がかかることも自分でする現金化の特徴でしょう。 ブランド物や新作ゲーム機などはメジャーな現金化方法ですが、常に流行のものに目を光らせていないと換金率は大きく下がってしまい、大損をしてしまうことも考えられます。 最終的には支払いが増える• 法律的にグレーゾーン• カード会社の利用規約違反 クレジットカード現金化には、このようなリスクがあり、それぞれに対処法がありますので詳しく確認しておきましょう。 そのため、最終的には支払いが増えることになります。 もし、あなたがクレジットカード現金化を借金の支払いのために利用しようとしているのであれば、ただ借金を増やすことになりかねません。 お金を用意できる当てがあるなら問題ありませんが、 当てもなくクレジットカード現金化をするのは自殺行為ですので、支払いがあることを忘れないでおきましょう。 しかし、業者が逮捕された事例もありますので全くの合法とは言い切れず、 法律的にグレーゾーンなサービスであるのが現状なのです。 ヤフオク・メルカリでの現金化が国会で議論された事例もありますので、これから先に違法になる可能性も否定できません。 今現在が法律で違法でない以上、 法の不遡及(法律は施行時以前には遡って適用されないという法の一般原則)がありますので利用者が逮捕されることはありませんし、警察が訪ねてくることもありませんが、グレーゾーンなサービスなことは覚えておいたほうが良いでしょう。 ですので、クレジットカード現金化がカード会社にバレてしまうと、クレジットカードが利用停止にされてしまいます。 現金化業者を使った方法であればカード会社に現金化がバレることはありませんが、自分で取引をしたり新幹線の回数券などの換金性の高い商品を現金化に使うのは危険ですので、止めておきましょう。 クレジットカード現金化を利用して逮捕される事はないのか? クレジットカード現金化と聞くとあまり良いイメージが沸きませんよね? 中には 闇金業者とそうそう変わらない印象を持っている方もいるのではないでしょうか。 そうなると怖くなるのは、 利用するだけで法律で罰せられるのではないか?という不安かと思います。 一見危ないサービスに見えるこのクレジットカード現金化ですが、 実は法律に罰せられるような部分はありません。 原理としては、クレジットカードで商品を購入してキャッシュバックをもらっているだけです。 この行為が法律に引っかかるのであれば、世のショッピングモールや携帯ショップは常に逮捕者続出ですよね? しかし、実は逮捕者が出ているのです。 それは利用者が購入しなかった商品を送らずに現金だけを送金していた業者でした。 キャッシュバック方式でのサービス提供だったのですが、こちらの業者は 商品を送らなかったことで貸金業法に引っかかってしまったのです。 購入した商品を郵送しなければそのサービスは 貸金業になってしまうのです。 当然、相応の資格が必要でしたがその業者は免許を持っているわけもなく逮捕という結果になりました。 ここで、気付いていただきたいのは業者が捕まったという事ではなく、 貸金業法の違法で捕まった。 という事です。 つまり、 商品をしっかり送っていれば業者は捕まることはなかったという証明になりますよね? 更に「クレジットカード現金化を行っていたから」ではなく、 貸金業法に反していたから、というのがこの逮捕の全容です。 実はクレジットカード現金化に対しての法律は今現在では見受けられません。 法的処置を行うのがとても難しいとされているため裁く法律が存在していないのです。 詳しくはこちらの詳細ページをご確認ください。

次の

クレジットカード現金化比較

カード現金化 口コミ

現金化の口コミを信用してはいけない理由 はじめまして。 元現金化業者の神崎智也 です。 突然ですが、みなさんは 『口コミ』を見るのは好きですか? 口コミとは、そのものごとに対する利用者の感想をインターネット上に投稿したものです。 今やどこの業界にも口コミが存在しており、飲食系の口コミサイトの 『食べログ』なんかも有名ですよね。 めずらしいものだと、大工さんの口コミなんてのもありますので、わたしたちの生活には欠かせないものとなっています。 しかし、その口コミは果たして真実を書かれているものなのでしょうか? を調べてみたところ、 『ヤラセ』による投稿が問題になっていると書かれていました。 大手の口コミサイトですら、ヤラセの問題が多発しているのが口コミ業界の現状なのです。 そして、現金化の口コミでも同じようにヤラセや自作自演、ウソの口コミがあり、問題となっているのです。 たとえ、どんな口コミだったとしても、その情報の発信者がはっきりとしていなかったら到底信用できるものではありませんよ! 「アメリカ大統領がトランプ氏になったのはウソの口コミが原因だった!」 なんて話もありますので、クチコミは絶対に信用してはならないのです。 【参考】: 現金化の口コミは9割がウソ みなさんは 『情報弱者』という言葉を知っていますか? 情報弱者とは、インターネット上に存在する情報を自分で考えることなく鵜呑みにしてしまう人のことを言います。 情報弱者という言葉だけでも、かなりバカにしている言葉ですよね。 では、なぜインターネット上の情報を信用すると、ここまで言われることになるのでしょうか? その理由は、 インターネット上の情報の約9割はウソが書き込まれているからなのです。 インターネットの一番の利点は誰にでも利用することができるという点です。 インターネットを利用するのに審査は存在しませんし、携帯やパソコンを持っていれば好きな言葉をインターネットで発信することができます。 そのため、情報の真偽を確認せず拡散してしまう人が非常に多いのです。 もし、あなたが現金化の口コミを信用しているというのなら認識を改めなければなりません。 『情報弱者』なんてバカにされないためにも、口コミを信用しないということはインターネットを使うときの必須知識ですよ! 現金化の口コミに限らず、すべてのクチコミに言えることなので、しっかりと危険性を学んでおきましょう。 【現金化の口コミの対策方法1】 目的を持って調べる みなさんは、ただなんとなく口コミを見てはいませんか? インターネットでの口コミを見るのが慣れていない人だと、つい目的がズレてしまうということがよくあります。 例えば、信頼できる現金化業者を探していたはずなのに、いつのまにか換金率の高い現金化業者を探していたりといったことです。 このように目的をしっかりせずに、口コミで情報を探しても絶対に上手くはいきません。 なぜなら、目的がないため、多くの情報に振り回されて、情報の真偽がわからなくなってしまうからです。 目的がはっきりした上で口コミを見るのであれば、情報の取り捨て選択をすることができます。 しかし、目的が無いとすべての情報が重要に見えてきてしまって、結局口コミを参考にしても意味がなくなってしまうのです。 結果、ウソの口コミに騙されてしまうことになりますので、現金化の口コミを探すときには目的を持って、目的がズレてしまわないように注意してくださいね。 【現金化の口コミの対策方法2】 内容をしっかりと考える。 」 あなたはこの2つの口コミを見たときに、どちらを参考にしますか? おそらく後者の口コミなのではないでしょうか。 後者の口コミのほうが多くの情報が書かれていて信憑性がありますよね。 しかし、こうして2つを比べてみれば簡単にわかることですが、実際に前者の口コミばかりだったらどうでしょうか? 実は、現金化の口コミにはこうした短文で書かれている信憑性のまったく無いものが多くあるのです。 そして、こんな信憑性のない口コミでも、たくさん並んでいると、つい信用してしまうという人も少なくありません。 現金化の口コミで大事なのは数ではなく、信憑性ですよ! しっかりと実際の契約内容まで書かれた信憑性のある現金化の口コミのみを参考にするのが、口コミで騙されないための最大の近道なのです。 【現金化の口コミの対策方法3】 口コミは"ウソ"だと思い続ける。 どんなに信憑性の高い現金化の口コミだったとしても、その口コミは「"ウソ"かもしれない」と思い続けてください。 なぜなら信憑性があったとしても、その情報が真実であるという確証はまったく無いからです。 真実だったとしても、その口コミの利用者が優良業者だと思ったというだけで、あなたにとっても優良業者だとは限りません。 例えば、 「入金スピードが早かった」 という口コミがあったとします。 ですが、その人によって入金スピードの基準はまったく違いますよね。 予定まで時間があるのであれば、入金まで5時間かかったとしても早いと思うことでしょう。 逆に、1時間以内に現金を手に入れたい人であれば、5時間はとても遅く感じるのではないでしょうか。 それぞれ感じ方は人によって違いますので、現金化の口コミは信用はせず、常にウソの可能性があるということを忘れないでくださいね。 現金化の口コミはウソが多く、ただ適当に選んでいたのでは効率的に現金化をすることはできません。 こうした対策をして、ウソの現金化の口コミに騙されないようにすることが、とても重要なことなのです。 ですが、こういった注意が間に合わずに、すでに現金化の口コミに騙されてしまった人もいます。 その人たちはどのような被害を受けてしまったのでしょうか? みなさんもこの体験談を読んで、同じように騙されることがないように注意してください。 次は、現金化の口コミに騙されてしまった人の体験談をお話します。 わたしのクレジットカードが利用停止になってしまった原因はカード会社に現金化がバレてしまったことです。 32歳のときに、わたしはそこそこの給料をもらって営業で働いていたのですが、恥ずかしながらギャンブルにハマってしまっていたんです。 『競馬』、 『パチンコ』、 『競輪』、なんでもやってました。 毎日仕事終わりにはパチンコに行って休日は競馬や競輪でギャンブルをしてたんです。 大きな声じゃ言えないんですけど、月に1回くらいは違法なレートのギャンブルもしてました。 そんなことやってたら給料も貯金も全部使い果たしちゃって・・・。 消費者金融の借入も限度額いっぱいしてましたので、もうお金を借りることができなかったんです。 それでもギャンブルの熱は収まらなくて、 「一発当てて借金返済すればいいや」 なんて考えてました。 そんなときに見つけたのが 『クレジットカード現金化』です。 一応調べてみるとクレジットカードを売却するわけじゃなくて、合法で安全にお金を借りれる方法だと書いてあったので、さっそく利用することに決めたんです。 換金率が高いほうが優良業者だと思ってたので、ひたすら換金率の話がされている口コミを見てました。 消費者金融に借りるよりずっと安い金利で取引できますので、利用するしかないと思ったんですよ。 現金化の口コミで 「新幹線の回数券は現金化の商品の中でも一番高い」 「現金化で損を減らしたいなら新幹線の回数券がオススメ」 なんて書いてあったのも利用の後押しになりました。 700円を手渡しでもらうことができたんです。 ですが、3日後にクレジットカードが使えなくなってしまったんです。 カードの故障かと思って、カード会社に電話をしたら第三者の不正利用の疑いがあって利用停止にしたとのことでした。 ちゃんと本人が使ったものだと説明して、クレジットカードの利用停止を解除しようとしたんですが、そしたらカード会社に新幹線の回数券を何に使ったのか聞かれたんです。 カード会社に現金化がバレたらマズいということは知っていましたので、ごまかそうとしたんですが・・・。 自分の住所とまったく関係ない路線の新幹線の回数券を購入した事実をうまくごまかせなくて。 結局、カード会社に現金化目的の購入がバレちゃったんです。 クレジットカードも利用停止になってしまい、悪質だと判断されて 強制退会処分を受けることになりました。 返済できなかったら、わたしの信用情報に履歴が残って、さらに裁判沙汰になることもあるって脅されたんです。 なんとかお金が無いことを話して、少しだけ待ってもらうことができましたが、信用情報には 『遅延』という記録が残ってしまいました。 新幹線の回数券はたしかに換金率が高くて詐欺のない商品なのかもしれませんが、クレジットカードが利用停止になるって知ってたら利用しませんでした。 インターネットの情報を信用して、ウソの口コミに騙されてしまった私がバカだったとは思いますが、それでもウソの口コミを書き込んだ人を許せないという気持ちもあります。 たまたまその月は金欠だったのですが、ご祝儀を包まないなんて恥ずかしいことはできませんでした。 なんとか現金を用意できないかと考えたのですが、消費者金融を利用するのはなんだか気が引けていたんです。 インターネット上で情報を探していて見つけたのがクレジットカード現金化の口コミでした。 はじめは、クレジットカードを売却するヤクザな商売だと思っていたのですが、口コミを読んでいて違いに気づきました。 合法であることもわかりましたので、これならすぐに現金を手に入れられると思ったんです。 そのまま口コミを読み進めて「換金率が高い」とかかれていた口コミを参考にして現金化業者を選びました。 まだ結婚式まで一週間ほど日にちはあったので、入金スピードについては考えてませんでしたね。 「とにかく換金率の高い現金化業者を!」 と思っていました。 「なんで現金化でクレジットカードの写真が必要になるんだ?」 と疑問に思いましたが、クレジットカード現金化という言葉から見せる必要があるのかも知れないと思って送ることにしたんです。 ですが、10分ほど待たされてから言われたのが、 「当店では現金化を利用することはできません」 ということでした。 理由を聞いてみると、どうやらわたしの信用情報に問題があったとのことです。 そして、同条件で現金化をしてくれるという別の業者 B社 を紹介されたのです。 さっそく、B社に電話をかけて、同じ条件であることを確認してから現金化の申し込みをしました。 そのまま滞りなく現金化を終えることができて、ホッとしていたのですが問題となったのはこの後です。 わたしも、そう思いました。 そもそも、わたしが現金化を利用したのはB社であって、A社に手数料を支払う義務もありません。 しかし、A社は 「紹介したのですから手数料をいただけないと困ります」 なんて、手数料をもらって当たり前みたいなことを言ってきたんです。 当然、拒否していたのですが、 支払いが行えない場合、裁判所に訴えることもあると言われてしまったのです。 裁判になったら仕事にも悪影響が出てしまいますし、そもそも怖かったということもあります。 あとで、現金化に詳しい知人に話をしてみたところ、 『紹介屋詐欺』に騙されたということを知りました。 ご祝儀はなんとかすることができましたが、金額が少なくなってしまい、結局クレジットカード現金化を利用した意味はほとんどありませんでした。 口コミを信用して現金化業者を選んだことが、いけなかったんだと思います。 現金化の口コミの結論 いかがでしたか? インターネットの情報の9割はウソだと言われており、現金化も例外ではありません。 現金化の口コミは業者の比較に役立つものですが、ちゃんと本当のことなのか確かめなければ逆にトラブルに巻き込まれることになってしまいますよ! インターネットの情報のウソは、今や中学校でも授業の一環として取り入れているほど危険なものなので、充分に注意して口コミを活用してください。 実際に、 クレジットカード現金化の口コミを参考にするときは、このページをもう一度確認しながら悪徳業者に騙されてしまわないようにしてくださいね。 「クレジットカード現金化についてもっとよく知りたい!」 「クレジットカード現金化の優良業者を利用したい!」 という方はこちらをご覧ください。

次の

現金化らいふ(LIFE)悪質業者?安全?口コミ評判

カード現金化 口コミ

会社の信頼性について1つずつ見ていきましょう。 会社概要 商号 SPEED 1(スピードワン) 代表者 山崎富雄 所在地 〒100-0011 東京都千代田区内幸町1丁目1 電話番号 0120-978-957 営業時間 24時間365日営業 引用 : スピードワンに関する情報は、ホームページ上に記載されています。 会社の信頼度を図る上では、会社の住所地や代表者の名前が記載されているか、これが重要なポイントとなります。 スピードワンは、以下の情報がホームページに記載されています。 このように、住所地や代表者の名前が記載されているのは、安心できるポイントでしょう。 なお、メールアドレスは記載されていません。 営業時間 営業時間は、24時間365日対応しています。 土日でも営業しているのはいいところでしょう。 振込時間 振込までにかかる時間は、最短3分となります。 ここまで短時間で対応できるのは、クレジットカード現金化の業者でもなかなかいません。 対応のクレジットカード 基本的に、どのブランドでも対応しています。 様々なクレジットカードの現金化に対応しているため、カードが原因で現金化できないトラブルはありません。 スピードワンの換金率(キャッシュバック率) スピードワンのキャッシュバック率は、以下のように設定されています。 ただ、 手数料については記載されていません。 スピードワンのおすすめポイント3つ• 買取スピードの早さは、短時間で買取を実現できるメリットがあるほか、すぐにお金が必要となった場合でも、連絡を入れればすぐに対応してくれるという良さがあります。 また、現金化に必要な手続きについて、できる限り短縮させる方法を採用しています。 審査などは一切なく、書類の確認も最小限にとどめています。 短い時間で買取ができるように調整しているため、最短3分という時間が実現しているのです。 一番低い数字でも92%という高さを実現しており、他社のように換金率80%台に設定されることはありません。 クレジットカードのショッピング枠を高く買い取ってくれるため、多くの現金を調達できるメリットがあります。 また、還元率を高くするため、買い取る枠が多ければ多いほど、換金率が上昇します。 100万円以上については、利用者だけに情報を公開する方針を採用していますが、それでも96%以上の換金率が期待できます。 土日にどうしても振込が必要となった場合も、スピードワンへ依頼を出せば確実に現金化が実現します。 週末でも平日と同じように対応してくれるメリットがあるため、休みの日でもお金が必要な時に依頼しやすいでしょう。 スピードワンに電話で疑問点を聞いてみた 土日祭日関係なく、24時間受け付け振り込みをしています。 検証結果! 実際に電話してわかったことは、換金率はその後の手数料や消費税を引かれることで、表に出ている%とは差が出来るということです。 また手数料は、スピードワンの場合システム手数料と振込手数料、それに消費税がかかるわけですね。 それでも365日24時間対応可能という点で、こうしたデメリットも帳消しになる感じです。 また初回でもカードだけで特に用意するものがないというのは、時短にもなりますし手軽に利用ができますね。 さてスタッフに関してですが、実は口コミで結構よくないものも見受けられるのです。 しかし今回の質問での応対には、大きな問題はありませんでした。 スピードワンの利用方法、現金化の流れ.

次の