パイクス ピーク 2019。 パイクスピークにチャレンジ! フォルクスワーゲンのEVがアタックしました

【パイクスピーク】ゴールは標高4300m、雲をめざした78台[フォトレポート]

パイクス ピーク 2019

カーリン・ダン選手は帰らぬ人に 1916年に初開催以来、今回で97回目を数える「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(パイクスピーク)」。 レースウィークが始まる前週まで寒波の襲来で路面コンディションも危ぶまれたが、17カ国から88名の選手が参戦となった今回の大会は、決勝前の練習走行では大きな事故もなく決勝を迎えた。 アメリカ・コロラド州にあるパイクスピークは標高4302m。 標高2862mのスタート地点からその頂上まで、全長20km、コーナー数156のコースをいかに速く駆け上がるかを競うレースだ。 標高が高いため、走っていくにつれ酸素は薄くなり、ゴール付近での内燃機関のエンジンの出力は約30%低下するといわれている。 もともとダートの登山道だったが、2012年には道路全域が舗装された。 例年よりも30分、レーススタート時間が早まって午前7時半となり、まずは7時過ぎにペースカーであるアキュラNSXが山頂に向かい、ついに決勝レースが開幕した。 まずは2輪部門が、予選タイムの悪かった順に走行を開始するのだが、いきなりコースアウトが頻発し、赤旗が続く展開に。 17番手に出走した岸本ヨシヒロ選手(#39 2019年式 TEAM MIRAI Mark Coverdale IdatenX HC)もコースアウトでチェッカーを受けることができなかった。 さらに予選トップで通過し、二輪部門の優勝候補と言われていたカーリン・ダン選手(#5 2019年式 ドゥカティ・ストリートファイターV4 Prototype)もチェッカー直前の最終コーナーでコースアウト。 すぐに救出されたものの搬送中に死亡が確認された。 日本人で最初にチェッカーを受けたのは、まさに40年モノの名機で参戦する新井泰緒選手(#183 1979年式カワサキZ1000)。 今回のエントリーの中で唯一20世紀に造られたバイクだが、11番手に走行開始し、11分18秒220でエキシビション・パワースポーツ・クラス3位を獲得した。 完走した新井選手は「今回でパイクスピークへの参戦を一旦中止することにしてて、完走できて良かった」とコメント。 そして日本人2輪選手のトリを務めるのがパイクスピーク・ヘビーウェイトクラスの井上哲悟選手(#54 2018年式カワサキZ900RS)。 22番手に出走し、10分36秒884でこちらもクラス3位を獲得している。 井上選手は「路面が冷えていると想定し、履いたレインタイヤが完全に合わなかった。 転倒はしなかったけど、転倒しそうになった回数は昨年より多かった」とコメント。 午前中の気温上昇は想定以上であったようだ。 午前11時を過ぎ、ようやく58台による四輪のセッションがスタート。 四輪は予選タイムの速い順でスタートするが、予選7番手で注目のルーキー、吉原大二郎選手はデビルスプレイグラウンド手前のコーナーでマシントラブルに見舞われ、まさかのリタイア。 今回唯一のトヨタ86を頂上まで運ぶことができなかった。 このころにはすでにコースのボトムセクションあたりで雨が降り始め、これが次第にコース全域に広がっていく。 そして午後2時を過ぎると、稲妻が光り、雷鳴が轟き、頂上では冷たい風が吹き始める。 午前中とは全く様相が異なるといういつものパターンとなった。 雷鳴はとどまることを知らず、サンダーストームのため中断が続く。 結局は、ロドニー・オマレー選手の65号車がチェッカーフラッグ台に激突したところで、レースは短縮して行なうことが決定された。 結果、41番手出走の小林昭雄選手(#249 2000年式ポルシェ911GT3)と、46番手出走の奴田原文雄選手(#230 2019年式日産リーフ)の2名は、昨年同様ボトムセクションと呼ばれる標高の低いハイスピードセクションのみでの競技となり、残念ながらレースの全行程を走ることは叶わなかった。 そして優勝は、予選トップであったアンリミテッド・ディビジョンのロビン・シュート選手(#49 2018年式 Wolf TSC-Honda)が叩き出した9分12秒476。 昨年にフォルクスワーゲンの「I. Rパイクスピーク」が出した7分57秒148には遠く及ばなかったものの、「山の男」の称号を得た。 carview! はYahoo! JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社カービューと協力して運営しています。 Copyright C 2020 Kotsu Times Sha Co. ,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved. 記事の無断転用を禁じます。 Copyright C 2020 Carview Corporation. All Rights Reserved. Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

雲の上をめざすアメリカの登山レース「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」で井上哲悟選手がクラス3位を獲得! フォトTOPICS

パイクス ピーク 2019

欧州ヒルクライム選手権 丘陵や山岳の公道を閉鎖して行われる。 コースはスタート地点よりもフィニッシュ地点の標高が高くなるように設定された数キロメートルから十数キロメートルのオープンロードである。 参加車両はツーリングカーから単座席レーシングカーまで多様であり、個別大会によってはトラックなども参加できる。 ロードレースではに代表される単座席レーシングカーは他の類型車両と競合することはない が、ヒルクライムではやと直接競合する。 また自動車スポーツの国際選手権では世界初となる欧州ヒルクライム選手権 現、 が1930年から始まっており 、1963年から1965年までイタリア、ドイツ、スイスの著名なヒルクライム6大会が 製造者の国際選手権 へ毎年度4戦づつ組み入れられ、続く1966年と1967年のにも1戦が組み入れられていた。 欧州では黎明期からスポーツカー製造者が積極的に関与した 結果、ロードレース用とは異なる専用スポーツカーが多く開発されることとなり、これが「プロダクションスポーツカー」に受け継がれている。 大会によってはモーターサイクルの部門を設置している場合がある。 コース [ ] パイクスピーク国際ヒルクライムのコース 競技期間中のみ公道を閉鎖して仮設される。 ヒルクライムコースの定義は、スタート地点よりもフィニッシュ地点の標高が高いことのみであり数値基準は一切ない :1が、 のシリーズに組み込まれるレースについては 全長5キロメートル以上18キロメートル以下、コース全体の 平均勾配5パーセント以上、勾配2. 4パーセントに満たない区間 緩勾配、平地、下り の合計距離がコース全長の10パーセントを超えてはならないとされている :2。 ちなみに米国の は全長12. 42マイル 19. 99キロメートル 、平均勾配は標高差4720フィート 1439メートル であることから 7. 214パーセントであり 、最古のヒルクライムといわれる ラ・テュルビーヒルクライムの第3回大会 1899年 は全長 16. 19キロメートル、全体の平均勾配は標高差487メートルであることから 3. 009パーセントとなるが、コース最高標高の12キロメートル地点まではスタートからの標高差が540メートルであることから 4. 505パーセントである。 この他にコース幅員が原則5メートル以上を確保し、良好なアスファルト舗装であることが条件とされる :2。 峠道に設営されるためサーキットロードと比較して、カーブの曲率がはるかに小さく、直線区間も同様に短い。 安全設備は仮設できる範囲のものにとどまる。 競技方式 [ ] 全参加車両がスタートラインから一定時間差をもって個別にし :9、フィニッシュラインに達するまでの所要時間を計測する。 フィニッシュラインは走り抜ける :11。 順位は所要時間の多寡で決する。 車両類型別に複数の部門に分割され、想定所要時間が多くかかる 平均速度が遅い 部門から競技を開始するのが一般的である :9。 主なヒルクライム [ ]• FIA欧州ヒルクライム選手権• FIA欧州ヒルクライム選手権 注釈 [ ].

次の

パイクスピークにチャレンジ! フォルクスワーゲンのEVがアタックしました

パイクス ピーク 2019

欧州ヒルクライム選手権 丘陵や山岳の公道を閉鎖して行われる。 コースはスタート地点よりもフィニッシュ地点の標高が高くなるように設定された数キロメートルから十数キロメートルのオープンロードである。 参加車両はツーリングカーから単座席レーシングカーまで多様であり、個別大会によってはトラックなども参加できる。 ロードレースではに代表される単座席レーシングカーは他の類型車両と競合することはない が、ヒルクライムではやと直接競合する。 また自動車スポーツの国際選手権では世界初となる欧州ヒルクライム選手権 現、 が1930年から始まっており 、1963年から1965年までイタリア、ドイツ、スイスの著名なヒルクライム6大会が 製造者の国際選手権 へ毎年度4戦づつ組み入れられ、続く1966年と1967年のにも1戦が組み入れられていた。 欧州では黎明期からスポーツカー製造者が積極的に関与した 結果、ロードレース用とは異なる専用スポーツカーが多く開発されることとなり、これが「プロダクションスポーツカー」に受け継がれている。 大会によってはモーターサイクルの部門を設置している場合がある。 コース [ ] パイクスピーク国際ヒルクライムのコース 競技期間中のみ公道を閉鎖して仮設される。 ヒルクライムコースの定義は、スタート地点よりもフィニッシュ地点の標高が高いことのみであり数値基準は一切ない :1が、 のシリーズに組み込まれるレースについては 全長5キロメートル以上18キロメートル以下、コース全体の 平均勾配5パーセント以上、勾配2. 4パーセントに満たない区間 緩勾配、平地、下り の合計距離がコース全長の10パーセントを超えてはならないとされている :2。 ちなみに米国の は全長12. 42マイル 19. 99キロメートル 、平均勾配は標高差4720フィート 1439メートル であることから 7. 214パーセントであり 、最古のヒルクライムといわれる ラ・テュルビーヒルクライムの第3回大会 1899年 は全長 16. 19キロメートル、全体の平均勾配は標高差487メートルであることから 3. 009パーセントとなるが、コース最高標高の12キロメートル地点まではスタートからの標高差が540メートルであることから 4. 505パーセントである。 この他にコース幅員が原則5メートル以上を確保し、良好なアスファルト舗装であることが条件とされる :2。 峠道に設営されるためサーキットロードと比較して、カーブの曲率がはるかに小さく、直線区間も同様に短い。 安全設備は仮設できる範囲のものにとどまる。 競技方式 [ ] 全参加車両がスタートラインから一定時間差をもって個別にし :9、フィニッシュラインに達するまでの所要時間を計測する。 フィニッシュラインは走り抜ける :11。 順位は所要時間の多寡で決する。 車両類型別に複数の部門に分割され、想定所要時間が多くかかる 平均速度が遅い 部門から競技を開始するのが一般的である :9。 主なヒルクライム [ ]• FIA欧州ヒルクライム選手権• FIA欧州ヒルクライム選手権 注釈 [ ].

次の