名古屋大学 テニス部。 硬式テニス部

愛知大学名古屋校舎蟹江グラウンド

名古屋大学 テニス部

文化サークル連盟 学生生活を充実させるために文化サークル活動の育成発展に努め、サークル間の連絡を密にしてその活動の効果をあげ、学生の教養を高め、その相互理解と親睦を図り、また文化活動の普及と発展に努めることを目的として、昭和36年2月に大学公認団体として発足しました。 現在下記の団体が文化サークル連盟に加盟し、活発なサークル活動を行っています。 日常的な活動の他に名大祭及び定期演奏会・定期公演会など、年間を通じて各種イベントを行っています。 医学部混声合唱団• 囲碁部• 快踊乱舞 かいとうらんま• 観世会• ギターマンドリンクラブ• クイズ研究会• 軽音楽部• 芸音学部• 劇団新生• 混声合唱団• コントラクトブリッジサークル• 作曲サークル Anti-Aging Record• ジャズ研究会• Shana Club• 将棋部• 名大新聞社• 水彩部• 聖書研究会• 哲学同好会• 天体研究会• 名古屋アカペラサークル JP-act• ピアノ同好会• 美術部• 評論社• フォークソング同好会• フリーペーパー「粋」iki• 放送文化研究会• 民族舞踊団音舞 おんぶ• よさこいサークル常磐• 落語研究会• アコースティックギター同好会• 名古屋大学書道サークル「和」 名古屋大学のすべての学生・大学院生・教職員を対象とし、名大全体にスポーツを普及させ会員の体位向上、スポーツマンシップによる人格の陶冶及び会員相互の親睦を図ることを目的とした本学における正課以外の体育部門を総括する団体です。 昭和31年5月に結成され昭和36年2月に大学公認団体になり、現在では本学体育会に下記の運動部が加盟しています。 本会は他大学との体育大会の企画・運営の中心的役割を果たしているだけでなく、広くスキー・スノボツアー並びに学内各種競技会等を行うなど広い分野にわたって活動しています。 また、各種スポーツ用具の貸出しも行っています。 アイスホッケー部• アメリカンフットボール部• 応援団• オリエンテーリング部• 弓道部• 硬式野球部• ゴルフ部• サイクリング部• 柔道部• 準硬式野球部• 少林寺拳法部• 相撲部• ソフトテニス部• 男子ソフトボール部• 女子ソフトボール部• 体操部• 軟式野球部• 男子バスケットボール部• バドミントン部• 女子バレーボール部• ハンドボール部• フィギュアスケート部• フライングディスク部• 舞踏研究会• ボクシング部• ヨット部• 女子ラクロス部• 陸上ホッケー部• その他•

次の

クラブ・サークルリンク

名古屋大学 テニス部

クラブ・サークル活動 学生自治会 本学の学生自治組織には、全学組織である「名古屋市立大学学友会」と、各学部にそれぞれ「自治会」があります。 クラブ活動 クラブ活動は、組織の中で生活することにより自分自身の人間的成長にプラスに作用し、将来社会人として活躍するには非常に貴重な体験となります。 積極的にクラブに参加して自らを磨いてください。 本学には次に示すようなクラブ・同好会があり、活発な活動を行っています。 注 部員数は令和2年6月時点の数 令和2年2月以降に結成した団体は結成時の数 です。 36名 D. 36名 29名 スノーボード同好会 26名 文化系 クラブ 名 称 部員数 名 称 部員数 56名 29名 10名 59名 17名 アイセック名古屋市立大学委員会 19名 11名 39名 16名 57名 22名 文藝部 20名 手話部 13名 94名 27名 ダンス部カリクレイン 77名 美術部 8名 32名 39名 18名 40名 75名 MeLSC 91名 同好会 名 称 部員数 名 称 部員数 MoL 86名 12名 ぽぽんた 24名 21名 名古屋学生チーム『鯱』 100名 国際保健看護サークルAGH 3名 名古屋市大学生消防団 名古屋市立大学分団 17名 13名 5名 12名 10名 動画研究同好会 9名 17名 映像によるまちづくり 14名 IFMSA-JAPAN名市大 13名 Wende 10名 19名 なごやぬいぐるみ病院 10名 星を見る会 29名 紅茶同好会 8名 クラブ・同好会でWebページがあればリンクを貼ります。 リンクを希望する場合は、学生課学生支援係まで studentservice[at]sec. jp 連絡をお願いします。 送信の際は[at]を 半角 に置換して下さい。 大学祭実行委員会 本学では、各キャンパスごとに大学祭を開催しており、各大学祭ごとに実行委員会があります。 大学祭についてはをご覧ください。 勧誘活動について クラブ・サークル活動等への入会及び退会は、本人の自由意思に基づくものです。 無理な勧誘等は禁止します。 特にスポーツ・文化系を問わず、学生団体等を装った、報道でよく耳にするいわゆるカルト集団の勧誘もあり得ます。 本学での活動は一切許可していませんが、少しでも不安や疑問を感じた時は、しっかりと断りましょう。 クラブ・同好会の結成 クラブ・同好会を結成しようとする者は、「 団体結成 加入・変更 届」に必要書類を添えて、学友会を経由して提出してください。 学生会館2階にある学友会事務室のポストへ投函してください。 まず同好会としての活動が認められ、下記の基準を満たした場合は、クラブ代表者会議における決定に基づき、クラブに昇格することができます。 クラブ昇格認否の基準• 本学学生15名以上を正式部員として有し、単一の組織であること。 体育系サークルにあっては、公式試合を年2回以上参加すること。 音楽系、芸術系サークルにあっては、学内外で発表会を年2回以上行うこと。 学術系サークルにあっては、学内で研究発表会あるいは展示会を年1回以上行い、かつ、機関誌あるいは機関紙 不定期刊行でも可 を発刊すること。 クラブ・同好会の継続 クラブ・同好会は、毎年5月末日までに「 団体継続届」と「決算報告・予算書・活動報告書・社会貢献活動報告計画書・部員名簿」 様式はホームページからダウンロード を作成し、学友会援助金の支出を証明する領収書等の写し、クラブ・同好会名義の通帳の写しを添付して、学友会を経由して提出してください。 継続の届出が提出されない団体は解散したものとみなされますので注意してください。 団体の口座開設や名義変更 前任者から後任者への引継ぎ時に、通帳の口座名義変更手続きを必ず行ってください。 新たに口座を開設する場合にも、手続きを行ってください。 まずは下記の様式を作成し、学生課へ提出してください。

次の

クラブ・サークル活動

名古屋大学 テニス部

文化サークル連盟 学生生活を充実させるために文化サークル活動の育成発展に努め、サークル間の連絡を密にしてその活動の効果をあげ、学生の教養を高め、その相互理解と親睦を図り、また文化活動の普及と発展に努めることを目的として、昭和36年2月に大学公認団体として発足しました。 現在下記の団体が文化サークル連盟に加盟し、活発なサークル活動を行っています。 日常的な活動の他に名大祭及び定期演奏会・定期公演会など、年間を通じて各種イベントを行っています。 医学部混声合唱団• 囲碁部• 快踊乱舞 かいとうらんま• 観世会• ギターマンドリンクラブ• クイズ研究会• 軽音楽部• 芸音学部• 劇団新生• 混声合唱団• コントラクトブリッジサークル• 作曲サークル Anti-Aging Record• ジャズ研究会• Shana Club• 将棋部• 名大新聞社• 水彩部• 聖書研究会• 哲学同好会• 天体研究会• 名古屋アカペラサークル JP-act• ピアノ同好会• 美術部• 評論社• フォークソング同好会• フリーペーパー「粋」iki• 放送文化研究会• 民族舞踊団音舞 おんぶ• よさこいサークル常磐• 落語研究会• アコースティックギター同好会• 名古屋大学書道サークル「和」 名古屋大学のすべての学生・大学院生・教職員を対象とし、名大全体にスポーツを普及させ会員の体位向上、スポーツマンシップによる人格の陶冶及び会員相互の親睦を図ることを目的とした本学における正課以外の体育部門を総括する団体です。 昭和31年5月に結成され昭和36年2月に大学公認団体になり、現在では本学体育会に下記の運動部が加盟しています。 本会は他大学との体育大会の企画・運営の中心的役割を果たしているだけでなく、広くスキー・スノボツアー並びに学内各種競技会等を行うなど広い分野にわたって活動しています。 また、各種スポーツ用具の貸出しも行っています。 アイスホッケー部• アメリカンフットボール部• 応援団• オリエンテーリング部• 弓道部• 硬式野球部• ゴルフ部• サイクリング部• 柔道部• 準硬式野球部• 少林寺拳法部• 相撲部• ソフトテニス部• 男子ソフトボール部• 女子ソフトボール部• 体操部• 軟式野球部• 男子バスケットボール部• バドミントン部• 女子バレーボール部• ハンドボール部• フィギュアスケート部• フライングディスク部• 舞踏研究会• ボクシング部• ヨット部• 女子ラクロス部• 陸上ホッケー部• その他•

次の