どうし ん。 どうして私が美術科に!? 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

準強制わいせつに問われた乳腺外科医は、どうして逆転有罪判決になったのか。【女性患者側弁護士が解説】

どうし ん

品詞の一つ。 言語によって性格を異にするが,一般的には,文のとなって,動作,状態などの概念を表わすものとされる。 インド=ヨーロッパ語族に属する言語の多くでは,動詞は文の述語の中核に必ず含まれているものであり,法,態,時制,数,人称などによって活用する。 日本語の動詞は,用言で,終止形が-uで終るものとして定義できる。 文中で目的語をとる動詞を,目的語をとらない動詞をという。 他動詞の一種に再帰動詞がある。 述語として用いられている形をといい,それ以外のや分詞と区別することがある。 日本語で,「やってみる」の,「住んでいる」ののように,本来の意味が薄れてほかの動詞につき副次的意味を添えるのものをと呼ぶ。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 品詞の一つ。 言語表現のである。 [国広哲弥] 認定の基準古くは「動作・作用を意味する語」のように意味が用いられていたが、状態・関係などを表す動詞も多いので、意味ではなくて、形態あるいは文法機能を基準にする必要がある。 形態的基準としては、語形の屈折ないし活用の体系がある。 文法的機能の点からいうと動詞は時制(テンス)・相(アスペクト)・態(ボイス)・法(ムード)という文法的カテゴリーと密接に結び付いている。 屈折言語においては、これらのすべてあるいは一部が語形変化のなかに組み入れられており、日本語のような膠着 こうちゃく 言語では助詞・助動詞などの小辞を付加することにより表される。 さらに言語によっては、主語の人称・数に呼応して語形変化する。 文のなかでは述部の中心となる。 英語では過去分詞・現在分詞が、日本語では連体形が名詞を修飾する。 日本語では形容詞も活用するが、命令形がない点で動詞と大きく異なる。 [国広哲弥] 形態的分類フランス語・スペイン語などのロマンス諸語では、動詞により、多くの異なった屈折体系に属する。 スペイン語では、屈折語尾部分が同一でも、語幹の形が異なると、異なった文法的働き(直説法か仮定法か)をなす。 英語・ドイツ語では、大多数が規則変化(=弱変化)をし、残りがいくつかの型の不規則変化(=強変化)をする。 日本語で規則変化にあたるのは口語の五段・上一段・下一段活用、文語の四段・上一段・上二段・下一段・下二段活用で、不規則変化にあたるのが各種の変格活用である。 日本語の伝統的な活用は仮名(子音+母音)を単位として体系化されているが、近年口語に関して、音素を単位にしてまったく異なった分析がなされている。 つまり、規則変化の場合、語幹を子音で終わる子音語幹と母音で終わる母音語幹に二大別し、それに接続する活用部分は全体を通じて同一であるとする。 ただし、接続に際して若干の形態変化規則が必要である。 活用語尾は、直前の音が母音ならそのままの形で接続するが、子音ならば自らの頭子音を落とす。 ただし-ta, -teは直前の子音をその音の種類に応じて、詰まる音に変えるか、あるいははねる音に変えて、それ自体は-da, -deに変わる。 そのほか細かな点がすこしあるが省略する。 そのようすは次の具体例に明らかである。 母音語幹の場合 tabe-ru, tabe-ta, tabe-reba, tabe-ro, tabe-te, tabe-sase, tabe-rare, tabe-yoo 子音語幹の場合 suber-u, subeQ-ta, suber-eba, suber-e, subeQ-te, suber-ase, suber-are, suber-oo tob-u, toN-da, tob-eba, tob-e, toN-de, tob-ase, tob-are, tob-oo この方式では、伝統的な活用の種類の違いは語幹の末尾音の違いに解消される。 つまり、子音語幹が五段活用に、母音語幹が上一段・下一段活用にあたる。 [国広哲弥] 複合動詞二つの動詞を結び付けてつくられる(前の動詞は連用形)もので、日本語に多い。 二つの動詞の間の機能関係は次の三つの型に分類される。 「跳びはねる」(跳んだりはねたりする)、「落ちこぼれる」(「こぼれ落ちる」ともいえる)。 「切り倒す」(切ることにより倒す)、「殴り殺す」(殴って殺す)。 この場合の後動詞は形式動詞とか補助動詞とよばれることがある。 修飾の仕方を三つに分類する説がある。 (イ)強意。 「縮み上がる」「弱りきる」「誉めちぎる」(ハ)動作の方向。 「語り合う」「燃え広がる」「書き足す」(ハ)動作のおこり方。 「読みかける」「読み続ける」「読みきる」「読みさす」。 これらは相(アスペクト)の違いを表すが、相はさらに「読んでゆく」「読んでくる」「読んでしまう」の形でも表される。 [国広哲弥] 機能的分類一般に、目的語をとるものを他動詞、とらないものを自動詞という。 日本語にこの区別を認めない意見もあるが、認めるのがよいと考えられる。 その根拠の一つとして、語形のうえで自・他が区別されている動詞が少なくないことがあげられる。 前に「を」がくるものを他動詞とするという基準は成立しない。 「家を出る」(「出す」という他動詞形あり)、「道を進む」(「進める」という他動詞形あり)のように、自動詞も「を」をとりうるからである。 一方、「大きな体を湯に浸 つか る」「顔に笑みが湛 たた える」「壁に背をもたれる」のような実例があるが、これは自・他の区別に関して厳密さを欠く用法として、別扱いにする必要がある。 要するに、自・他の区別は、形態・意味・文法の3点から総合的になされるべきものである。 英語では、一般の辞書にみられる自・他の区別は、意味や文法機能に関係なく、単に表面的になされており、目的語があれば他動詞、それがなければ自動詞としている。 しかし、意味機能を十分に考慮に入れると、本来の自・他と、派生した、単に表面的な自・他を区別する必要が生じる。 (1)本来自動詞 Birds can fly. (鳥は飛べる)(2)本来他動詞 I am reading a novel. (私は小説を読んでいます)(3)派生自動詞 《目的語省略による》I am reading, now. (いま読書中です)、《目的語が主語のなかに取り込まれた場合》We met at the station. (私たちは駅で会いました)(4)派生他動詞 《自動詞の使役化》I want to fly a kite. (僕たこをあげたい)、《自動詞+場所目的語》I walked the streets of London. (ロンドンの街を歩きました) [国広哲弥] 意味的分類動詞は文法的機能とも関連したレベルで、幾種類かの意味的分類が可能である。 その一つは、語義の相の違いに基づくもので、金田一春彦は日本語について4種類を区別することを提唱した。 (1)状態動詞 「ある」「できる」など。 「ている」をつけることができない。 (2)継続動詞 「読む」「書く」など。 「ている」をつけると、その動作が進行中であることを表す。 (3)瞬間動詞 「死ぬ」「突く」など。 「ている」をつけると、その動作・作用が終わって、結果が残っていることを表す。 (4)第4種の動詞 「そびえる」「優れる」など。 ある状態を帯びることを表すもので、「ている」をつけて用いる。 動詞によっては、文脈の助けで別の種類の動詞として用いられることがある。 「読む」は(3)に属することがあり、「死ぬ」も「飢饉 ききん のために、毎日たくさんの人が死んでいる」では(2)に属する。 動詞はその本来の用法(比喩 ひゆ 的用法・省略用法に対する)において、結び付きうる主語・目的語などに制約があるのが普通である。 「始まる」「終わる」は「こと」主語を要求し、「もの」主語にはつかない。 「食べる」は固形食物目的語を要求し、「刈る」は多量の密生した成長物を目的語に要求する。 英語のcutは道具に刃物を要求するが、「切る」は「手で切る」といえるように、刃物を要求しない。 その活用は、普通、文語では、四段・上一段・上二段・下一段・下二段・カ行変格・サ行変格・ナ行変格・ラ行変格の九種類、口語では、五段(歴史的仮名遣では四段)・上一段・下一段・カ行変格・サ行変格の五種類に分ける。 変格活用は例外的な少数の使用率の高い語に限られるが、なお、ほかに例外的な活用の語もいくらかある。 一般に、目的語をとるか否かによって、他動詞と自動詞とを区別する習慣があるが、すべての動詞を二分するには困難がある。 意味としては、事物の急変する、または持続する動作・作用を表わすもののほか、「ない」に対する「ある」、「まずしい」に対する「富む」、「話す」に対する「話せる」のように、存在または状態を表わすもの、また、他の自立語に伴って、その叙述の意味を補助するものなどがある。 これらのうち、補助的用法のものを補助動詞という。 また、存在を表わすものについては存在詞を動詞のほかに立てる説もある。

次の

どうして私が美術科に!? 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

どうし ん

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 九州で続く豪雨は被害をさらに広げた。 8日未明にかけて再び雨が激しくなった大分県では、日田市の筑後川の上中流部が7日に続いて氾濫(はんらん)するなど、各地で浸水や土砂災害が相次いだ。 由布市では複数の人が行方不明になっている。 気象庁によると、玖珠(くす)町玖珠では午前1時40分までの24時間雨量で310・0ミリを観測するなど、県内2カ所で観測史上最大を更新した。 由布市湯布院など3カ所で7月の雨量としては最大となった。 由布市湯布院町では8日午前0時ごろ、「川に車が流されて、木の上に1人が登って助けを求めている」と119番通報があった。 市消防本部によると、助けを求めている女性から連絡を受けた女性の親戚が通報した。 車には、助けを求めた女性のほかに3人が乗っていたという。 消防本部などが4人を捜している。 大分川が氾濫した同市挟間町では、40代男性が行方不明になっている。 7日夜からコインランドリーに出かけたまま自宅に戻らず、家族が8日朝、県警に捜索願を出した。 竹田市直入町上田北では8日午前5時半ごろ、民家の裏山が崩れた。 この家に住む80代の姉弟が流れ込んだ土砂に生き埋めになったが、午前7時半までに消防に救助された。 2人とも意識はあるという。 筑後川と支流が合流する日田市中心部。 同市北友田3丁目で川沿いの2階建て住宅に住む山崎ひとみさん(60)は8日朝、泥水が残る自宅をのぞいて肩を落とした。 筑後川は2日続けて氾濫し、自宅の中はひざの高さまで浸水した。 親戚に手伝ってもらって半日かけて床の掃除を終えたばかり。 親戚宅で一晩過ごしたが、「夜中の警報が心配で眠れなかった」。 一夜明け、外に出していた家具は跡形もなく流されていた。 「どうして何度もつらい思いをしなければいけないのか。 体力的にも精神的にも疲れました」 近くのアパート1階で一人で暮らす藤田いつみさん(57)は、知人らと泥をかぶった家具を運び出していた。 7日の豪雨ではテレビなどが壊れたが、「掃除すれば、まだまだ住めるはずだった」。 8日朝、避難先から戻ると、冷蔵庫もタンスも倒れ、中に入っていたものが散乱していた。 「昨日の雨で覚悟はしてたけど、これじゃ暮らしていけない。 雨が怖くてしかたない」 日田市の天ケ瀬温泉街では8日朝、道路が大きく陥没し、流された車が横たわっていた。 創業190年の旅館「天龍荘」の前には10メートル超の流木2本が流れ着き、7日にいったん掃除した1階ロビーが再び泥だらけに。 「どうしたもんかな。 さすがに意欲がわかない」。 社長の大庭龍一さん(68)は力なくつぶやいた。

次の

【どうして】「現場猫(仕事猫)」とかいう謎キャラまとめ【元ネタ】

どうし ん

ETFを取り扱う証券会社の中には、ETFのセミナーを開催していることがあります。 また、インターネットを介した「Webセミナー」を開催しているところもあります。 次の表はセミナーを開催している証券会社と過... FXやCFDで相場のトレンドが継続するかどうかを調べるにはいくつかの方法があります。 ここでは、テクニカル指標のボリンジャーバンドとボラティリティを使って相場のトレンドが継続するかどうかを調べてみます。 株式の投資基準とされる固定比率とは、企業の固定資産の株主資本に対する割合をパーセンテージで表したものです。 固定比率は、固定資産は返済不要の株主資本以下に収めるべきという考えに基づいて算出し、投資の判断... 株式の投資基準とされる固定長期適合率とは、企業の固定資産の株主資本と固定負債に対する割合をパーセンテージで表したものです。 固定長期適合率は、固定資産が株主資本と固定負債の合計額以下かどうかを調べるため... FX(外国為替証拠金取引)のトレンド(trend)とは、為替レートがしばらくの間、ある決まった方向へ推移している状態のことです。 トレンドの種類には、上昇トレンド、下降トレンド、レンジの3つの種類があり... FX(外国為替証拠金取引)のナンピンとは、為替レートが予想した方向へ値動きしなかった場合に、再度、同じポジションを所有することです。

次の