デス スリンガー パーク 構成。 【Destiny2】アウストリンガーの入手方法とおすすめパーク構成をご紹介

【DbD】デススリンガーの基本能力、パーク、アドオンについて【デッドバイデイライト】

デス スリンガー パーク 構成

カレブ・クインは、裕福でないアイルランド移 民の息子としてアメリカ中西部のほこりだらけ の荒れ地で生まれた。 辺境の地では病気、飢 餓、そして死が当たり前の光景で、富豪たちが 宴に明け暮れる一方で、開拓者たちはどんなく ず鉄でさえ手に入れようと争っていた。 カレブ の父親はかつてエンジニアだったが、どこも 「アイルランド人はお断り」と門前払いされ、 働き口を選ぶことなどできなかった。 ある日、カレブは何年も使われていなかった父 親の古い道具を見つけた。 息子が商売に興味を 持っていることを知った父は、古いレンチを彼 にあげたのだった。 父親の教えを受けながら、 カレブはユニークな応用を生かした装置を作ったが、父親がいない時に彼はそれを残忍な道具に変えていた。 有刺鉄線の針で人間の目をえぐり、眼窩から引き裂くマスクを密かに作ろうとしていたのだ。 マスクの図案には、自分をいじめた少年たちが装着した様子が描かれていた。 成長するにつれカレブのエンジニアとしての能力は市場に通用するレベルに達し、雇用主側も差別を忘れ注目した。 そして、彼はユナイテッドウエスト鉄道のオーナー、ヘンリー・ベイショアに雇われた。 カレブはまず、線路の犬釘を地面に打ち込む銃を開発し、その次に蒸気駆動のトンネル掘削機を作った。 ところがベイショアが無関心だったせいで、それらの機械は他の会社から発売されてしまう。 カレブから特許が 盗まれ売り渡されていたのだ。 覚えのある感覚が蘇ってカレブの血の中を駆け巡り、心臓に鋭い痛みを与えた。 今でも自分はクズ鉄を手に入れるために必死なのに。 金持ちは自分の知的労働から利益を搾取している。 怒りに圧倒され、 彼はベイショアのオフィスに飛び込み、顔が血まみれになるまで殴りつけた。 引き離された彼は上司の腹に特殊な銃を押し付け、引き金を絞った。 線路の犬釘が皮膚と内臓を突き抜け、ベ イショアはデスクに釘付けになった。 カレブが絞首刑にならずに済んだのは、意外にもベイショアが一命を取りとめたからだ。 15年間、カレブは全国で第一号の私設刑務所であるヘルシャー刑務所に収監された。 教養のない囚人だらけの要塞で、彼は学のある刑務所長と親しい関係になった。 普通ならあり得ないことだ。 カレブは刑務所長のために拷問装置を設計し、見返りに他の囚人より多くの食事を与えられた。 しばらくすると、刑務所長は彼の減刑を提案してきた。 所長は金銭的富よりも大きなもの、つまり政治的資本について語り、自分のコネクシ ョンを使えばベイショアを陥れて一生檻の中に入れることができると言った。 彼の要求はただ、彼を金持ちにし、監獄を満員にすること。 独創性を発揮して無法者たちを生きて監獄に連 れてくることだった。 自分の仕事場に戻ったカレブは、少しばかりの改良を加えて新しいスピアガンを作った。 最初に試したのは中国人のクリーニング屋が襲われた時だった。 チャンスとばかりにカレブはそのプロトタイプを持ち出した。 金属のジョイントが甲高い音を立てると、 ターゲットの腹を犬釘がえぐった。 そして犬釘を引くと泥棒の腸が引っかかり、とんでもない 音を立てながら埃だらけの道に引っ張り出された。 数回繰り返した後、取り出すはらわたは減っていった。 刑務所長が裏で画策し、アイルランド人の囚人を釈放してカレブの元に送った。 ヘルシャーギャングの誕生である。 刑務所長との約束を果たすため、一味は6年間全国を渡り歩いて、刑務所にブチ込む指名手配犯を追い続けた。 グレンベールでの血みどろの戦いの後、ある新聞の見出しがカレブの目に留まった。 そこには、「ヘ ンリー・ベイショア、ヘルシャー刑務所を買収」と書かれていた。 写真の中では、醜い顔になったベイショアが誇らしげに刑務所長と握手をしていた。 カレブの心臓は怒りで打ち震え、 静脈が破れんばかりに憤怒の血が駆け巡った。 彼は、金持ちのゲームの駒に過ぎなかったのだ。 ヘルシャーギャングはカレブへの忠誠を誓い、刑務所長の首を取ろうとした。 彼らはものすごい勢いで刑務所の入り口を突破し、血に飢えた略奪者のように叫んだ。 看守がピストルを向けたが、躊躇した隙にスピアガンが彼の胸を撃ち抜いた。 カレブは男の頭をつかみ、独房の格子が貫通するまで叩きつけた。 刑務所長室のドアを蹴って開けると、カレブを待っていたのは都合のいい光景だった。 隅で怯えていたのは刑務所長だけでなく、ヘンリー・ ベイショアもそこにいたのだ。 怒りに突き動かされたカレブは、ベイショアに突進して殴り、 こん棒で殴打し肉を引き裂いた。 男は顔から血を滴らせ、足元を真紅の海で染めた。 ヘルシャーギャングのメンバーたちは刑務所長に群がり、骨を砕くほど蹴り倒した。 崩れ落ちて命乞いをする二人の男をギャングたちは食堂に引きずっていき、続々と集まる囚人の群れの中に放りだした。 血と汗にまみれたカレブは、ベイショアの悲鳴をほとんど気にも留めず、自分がかつて収監さ れていた独房に足を踏み入れた。 彼は指先から血を滴らせながらベッドの端に座った。 格子窓 から濃い不自然な霧が漂ってくる。 彼はひび割れて錆びた古いレンチを取り出し、かすむ目でそれを見つめながら金属に親指を滑らせた。 いつそれが自分のものになったのか、カレブは思い出せなかった。 思い出せなくてもどうでもよ かった。 彼の足元には埃っぽい道があり、その果てには、彼を不当に扱ったあらゆる人物のシ ルエットが見えた。 彼をいじめた少年たち、彼を利用した重役たち、そして再び…ヘンリー・ベイショアの影がそこにあった。 霧の中から、 彼らを始末するための道具が現れる。 容赦ない鋼製のフックは、そのシンプルさゆえに輝かしく美しい。 立ち上がると痛みで足が引き裂かれ るようだったが、彼はそれに耐えて埃っぽい道を進んだ。 彼の後ろには流れる血の跡が続いていた。 カテゴリー• 本記事の内容は攻略大百科編集部が独自に調査し作成したものです。 記事内で引用しているゲームの名称、画像、文章の著作権や商標その他の知的財産権は、各ゲームの提供元企業に帰属します。 All rights reserved. All other trademarks are properties of their respective owners.

次の

デススリンガー攻略 基礎編

デス スリンガー パーク 構成

カレブ・クインは、裕福でないアイルランド移 民の息子としてアメリカ中西部のほこりだらけ の荒れ地で生まれた。 辺境の地では病気、飢 餓、そして死が当たり前の光景で、富豪たちが 宴に明け暮れる一方で、開拓者たちはどんなく ず鉄でさえ手に入れようと争っていた。 カレブ の父親はかつてエンジニアだったが、どこも 「アイルランド人はお断り」と門前払いされ、 働き口を選ぶことなどできなかった。 ある日、カレブは何年も使われていなかった父 親の古い道具を見つけた。 息子が商売に興味を 持っていることを知った父は、古いレンチを彼 にあげたのだった。 父親の教えを受けながら、 カレブはユニークな応用を生かした装置を作ったが、父親がいない時に彼はそれを残忍な道具に変えていた。 有刺鉄線の針で人間の目をえぐり、眼窩から引き裂くマスクを密かに作ろうとしていたのだ。 マスクの図案には、自分をいじめた少年たちが装着した様子が描かれていた。 成長するにつれカレブのエンジニアとしての能力は市場に通用するレベルに達し、雇用主側も差別を忘れ注目した。 そして、彼はユナイテッドウエスト鉄道のオーナー、ヘンリー・ベイショアに雇われた。 カレブはまず、線路の犬釘を地面に打ち込む銃を開発し、その次に蒸気駆動のトンネル掘削機を作った。 ところがベイショアが無関心だったせいで、それらの機械は他の会社から発売されてしまう。 カレブから特許が 盗まれ売り渡されていたのだ。 覚えのある感覚が蘇ってカレブの血の中を駆け巡り、心臓に鋭い痛みを与えた。 今でも自分はクズ鉄を手に入れるために必死なのに。 金持ちは自分の知的労働から利益を搾取している。 怒りに圧倒され、 彼はベイショアのオフィスに飛び込み、顔が血まみれになるまで殴りつけた。 引き離された彼は上司の腹に特殊な銃を押し付け、引き金を絞った。 線路の犬釘が皮膚と内臓を突き抜け、ベ イショアはデスクに釘付けになった。 カレブが絞首刑にならずに済んだのは、意外にもベイショアが一命を取りとめたからだ。 15年間、カレブは全国で第一号の私設刑務所であるヘルシャー刑務所に収監された。 教養のない囚人だらけの要塞で、彼は学のある刑務所長と親しい関係になった。 普通ならあり得ないことだ。 カレブは刑務所長のために拷問装置を設計し、見返りに他の囚人より多くの食事を与えられた。 しばらくすると、刑務所長は彼の減刑を提案してきた。 所長は金銭的富よりも大きなもの、つまり政治的資本について語り、自分のコネクシ ョンを使えばベイショアを陥れて一生檻の中に入れることができると言った。 彼の要求はただ、彼を金持ちにし、監獄を満員にすること。 独創性を発揮して無法者たちを生きて監獄に連 れてくることだった。 自分の仕事場に戻ったカレブは、少しばかりの改良を加えて新しいスピアガンを作った。 最初に試したのは中国人のクリーニング屋が襲われた時だった。 チャンスとばかりにカレブはそのプロトタイプを持ち出した。 金属のジョイントが甲高い音を立てると、 ターゲットの腹を犬釘がえぐった。 そして犬釘を引くと泥棒の腸が引っかかり、とんでもない 音を立てながら埃だらけの道に引っ張り出された。 数回繰り返した後、取り出すはらわたは減っていった。 刑務所長が裏で画策し、アイルランド人の囚人を釈放してカレブの元に送った。 ヘルシャーギャングの誕生である。 刑務所長との約束を果たすため、一味は6年間全国を渡り歩いて、刑務所にブチ込む指名手配犯を追い続けた。 グレンベールでの血みどろの戦いの後、ある新聞の見出しがカレブの目に留まった。 そこには、「ヘ ンリー・ベイショア、ヘルシャー刑務所を買収」と書かれていた。 写真の中では、醜い顔になったベイショアが誇らしげに刑務所長と握手をしていた。 カレブの心臓は怒りで打ち震え、 静脈が破れんばかりに憤怒の血が駆け巡った。 彼は、金持ちのゲームの駒に過ぎなかったのだ。 ヘルシャーギャングはカレブへの忠誠を誓い、刑務所長の首を取ろうとした。 彼らはものすごい勢いで刑務所の入り口を突破し、血に飢えた略奪者のように叫んだ。 看守がピストルを向けたが、躊躇した隙にスピアガンが彼の胸を撃ち抜いた。 カレブは男の頭をつかみ、独房の格子が貫通するまで叩きつけた。 刑務所長室のドアを蹴って開けると、カレブを待っていたのは都合のいい光景だった。 隅で怯えていたのは刑務所長だけでなく、ヘンリー・ ベイショアもそこにいたのだ。 怒りに突き動かされたカレブは、ベイショアに突進して殴り、 こん棒で殴打し肉を引き裂いた。 男は顔から血を滴らせ、足元を真紅の海で染めた。 ヘルシャーギャングのメンバーたちは刑務所長に群がり、骨を砕くほど蹴り倒した。 崩れ落ちて命乞いをする二人の男をギャングたちは食堂に引きずっていき、続々と集まる囚人の群れの中に放りだした。 血と汗にまみれたカレブは、ベイショアの悲鳴をほとんど気にも留めず、自分がかつて収監さ れていた独房に足を踏み入れた。 彼は指先から血を滴らせながらベッドの端に座った。 格子窓 から濃い不自然な霧が漂ってくる。 彼はひび割れて錆びた古いレンチを取り出し、かすむ目でそれを見つめながら金属に親指を滑らせた。 いつそれが自分のものになったのか、カレブは思い出せなかった。 思い出せなくてもどうでもよ かった。 彼の足元には埃っぽい道があり、その果てには、彼を不当に扱ったあらゆる人物のシ ルエットが見えた。 彼をいじめた少年たち、彼を利用した重役たち、そして再び…ヘンリー・ベイショアの影がそこにあった。 霧の中から、 彼らを始末するための道具が現れる。 容赦ない鋼製のフックは、そのシンプルさゆえに輝かしく美しい。 立ち上がると痛みで足が引き裂かれ るようだったが、彼はそれに耐えて埃っぽい道を進んだ。 彼の後ろには流れる血の跡が続いていた。 カテゴリー• 本記事の内容は攻略大百科編集部が独自に調査し作成したものです。 記事内で引用しているゲームの名称、画像、文章の著作権や商標その他の知的財産権は、各ゲームの提供元企業に帰属します。 All rights reserved. All other trademarks are properties of their respective owners.

次の

【DBD】新キラー「デススリンガー」のおすすめパーク構成を解説!

デス スリンガー パーク 構成

辺境の地では病気、飢餓、そして死が当たり前の光景で、富豪たちが宴に明け 暮れる一方で、開拓者たちはどんなくず鉄でさえ手に入れようと争っていた。 カレブの父親はかつて エンジニアだったが、どこも「アイルランド人はお断り」と門前払いされ、働き口を選ぶことなど できなかった。 ある日、カレブは何年も使われていなかった父親の古い道具を見つけた。 息子が商売に興味を 持っていることを知った父は、古いレンチを彼にあげたのだった。 父親の教えを受けながら、 カレブはユニークな応用を生かした装置を作ったが、父親がいない時に彼はそれを残忍な道具に 変えていた。 有刺鉄線の針で人間の目をえぐり、眼窩から引き裂くマスクを密かに作ろうとして いたのだ。 マスクの図案には、自分をいじめた少年たちが装着した様子が描かれていた。 成長するにつれカレブのエンジニアとしての能力は市場に通用するレベルに達し、雇用主側も差別を 忘れ注目した。 そして、彼はユナイテッドウエスト鉄道のオーナー、ヘンリー・ベイショアに雇われた。 カレブはまず、線路の犬釘を地面に打ち込む銃を開発し、その次に蒸気駆動のトンネル掘削機を 作った。 ところがベイショアが無関心だったせいで、それらの機械は他の会社から発売されてしまう。 カレブから特許が盗まれ売り渡されていたのだ。 覚えのある感覚が蘇ってカレブの血の中を駆け巡り、 心臓に鋭い痛みを与えた。 今でも自分はクズ鉄を手に入れるために必死なのに。 金持ちは自分の 知的労働から利益を搾取している。 怒りに圧倒され、彼はベイショアのオフィスに飛び込み、顔が 血まみれになるまで殴りつけた。 引き離された彼は上司の腹に特殊な銃を押し付け、引き金を絞った。 線路の犬釘が皮膚と内臓を突き抜け、ベイショアはデスクに釘付けになった。 カレブが絞首刑にならずに済んだのは、意外にもベイショアが一命を取りとめたからだ。 15年間、 カレブは全国で第一号の私設刑務所であるヘルシャー刑務所に収監された。 教養のない囚人だらけの 要塞で、彼は学のある刑務所長と親しい関係になった。 普通ならあり得ないことだ。 カレブは 刑務所長のために拷問装置を設計し、見返りに他の囚人より多くの食事を与えられた。 しばらくすると、刑務所長は彼の減刑を提案してきた。 所長は金銭的富よりも大きなもの、つまり 政治的資本について語り、自分のコネクションを使えばベイショアを陥れて一生檻の中に入れることが できると言った。 彼の要求はただ、彼を金持ちにし、監獄を満員にすること。 独創性を発揮して 無法者たちを生きて監獄に連れてくることだった。 自分の仕事場に戻ったカレブは、少しばかりの 改良を加えて新しいスピアガンを作った。 最初に試したのは中国人のクリーニング屋が襲われた 時だった。 チャンスとばかりにカレブはそのプロトタイプを持ち出した。 金属のジョイントが甲高い 音を立てると、ターゲットの腹を犬釘がえぐった。 そして犬釘を引くと泥棒の腸が引っかかり、 とんでもない音を立てながら埃だらけの道に引っ張り出された。 数回繰り返した後、取り出すは らわたは減っていった。 刑務所長が裏で画策し、アイルランド人の囚人を釈放してカレブの元に送った。 ヘルシャーギャングの 誕生である。 刑務所長との約束を果たすため、一味は6年間全国を渡り歩いて、刑務所にブチ込む 指名手配犯を追い続けた。 グレンベールでの血みどろの戦いの後、ある新聞の見出しがカレブの目に 留まった。 そこには、「ヘンリー・ベイショア、ヘルシャー刑務所を買収」と書かれていた。 写真の 中では、醜い顔になったベイショアが誇らしげに刑務所長と握手をしていた。 カレブの心臓は怒りで 打ち震え、静脈が破れんばかりに憤怒の血が駆け巡った。 彼は、金持ちのゲームの駒に過ぎな かったのだ。 ヘルシャーギャングはカレブへの忠誠を誓い、刑務所長の首を取ろうとした。 彼らは ものすごい勢いで刑務所の入り口を突破し、血に飢えた略奪者のように叫んだ。 看守がピストルを 向けたが、躊躇した隙にスピアガンが彼の胸を撃ち抜いた。 カレブは男の頭をつかみ、独房の格子が 貫通するまで叩きつけた。 刑務所長室のドアを蹴って開けると、カレブを待っていたのは都合のいい光景だった。 隅で怯えて いたのは刑務所長だけでなく、ヘンリー・ベイショアもそこにいたのだ。 怒りに突き動かされた カレブは、ベイショアに突進して殴り、こん棒で殴打し肉を引き裂いた。 男は顔から血を滴らせ、 足元を真紅の海で染めた。 ヘルシャーギャングのメンバーたちは刑務所長に群がり、骨を砕くほど 蹴り倒した。 崩れ落ちて命乞いをする二人の男をギャングたちは食堂に引きずっていき、続々と 集まる囚人の群れの中に放りだした。 血と汗にまみれたカレブは、ベイショアの悲鳴をほとんど気にも留めず、自分がかつて収監されていた 独房に足を踏み入れた。 彼は指先から血を滴らせながらベッドの端に座った。 格子窓から濃い不自然な 霧が漂ってくる。 彼はひび割れて錆びた古いレンチを取り出し、かすむ目でそれを見つめながら金属に 親指を滑らせた。 いつそれが自分のものになったのか、カレブは思い出せなかった。 思い出せなくても どうでもよかった。 彼の足元には埃っぽい道があり、その果てには、彼を不当に扱ったあらゆる人物の シルエットが見えた。 彼をいじめた少年たち、彼を利用した重役たち、そして再び… ヘンリー・ベイショアの影がそこにあった。 霧の中から、彼らを始末するための道具が現れる。 容赦ない鋼製のフックは、そのシンプルさゆえに輝かしく美しい。 立ち上がると痛みで足が 引き裂かれるようだったが、彼はそれに耐えて埃っぽい道を進んだ。 彼の後ろには流れる血の 跡が続いていた。

次の