エポスゴールド。 エポスゴールドカードは年会費無料で持てるゴールドカード!?

エポスファミリーゴールドとは?スペック、メリット、申し込み方法まとめ

エポスゴールド

Contents• エポスカードゴールドの特徴は? エポスカードゴールドは、ゴールドカードの中でもトップクラスに負担なく所有できて得点も満載。 メリットばかりのクレジットカードだ。 まずはエポスカードゴールドの入会資格や特徴をチェックしていこう。 エポスカードゴールドはゴールドカード、年会費ありだが無料にできる エポスカードゴールドは、名前の通りゴールドカードである。 券面は金色で、ステータスも通常のエポスカードよりは高いと考えて良いだろう。 エポスカードゴールドは年会費が5,000円 税抜 に設定されている。 この金額はゴールドカードの中では中間くらいの価格帯だ。 そしてエポスカードゴールドでは、実は年会費を無料で発行する方法が2つも用意されている。 1つ目の方法は、年間利用額が50万円を超えることだ。 なんと年間利用額が50万円を超えると、「その後ずっと」年会費が無料になる。 これはクレジットカードの年会費優遇の中でもトップクラスに豪華な仕様だ。 エポスカードゴールドを新規発行した場合は、メインカードとしてしばらく使って年会費を永年無料にしてしまおう。 インビテーションを受けて発行すれば年会費無料! エポスカードゴールドを年会費無料にする方法は、最初からゴールドカードを発行する以外にもある。 それは、インビテーションを受けて発行することだ。 通常のエポスカードを発行してからインビテーションを受ければ、年会費が最初から無料になる。 インビテーションを受ける方法は具体的に明記はされていないが、利用金額が少なくとも50万円以上になることだ。 つまりエポスカードゴールドを最初から発行する場合でもインビテーションを受ける場合でも、基本的に50万円以上使っていれば年会費無料でゴールドカードを持てる。 オススメは、ひとまず年会費永年無料のエポスカードを発行してからインビテーションを受けてゴールドカードに切り替えることだ。 エポスカードゴールドの申し込み資格は20歳以上 エポスカードは18歳以上(高校生を除く)なら誰でも発行できるが、エポスカードゴールドについては未成年だと発行できない。 20歳以上になったら、エポスカードゴールドに入会してカードを手に入れられる。 また申し込みはホームページからのみで、即日発行はできないことに注意しよう。 細かい入会資格の指定はないものの18〜19歳が申し込めない関係上、審査難易度は通常のエポスカードより高くなることがうかがえる。 とりあえず通常のエポスカードを申し込み、インビテーションを受けるのが最も簡単に入会する方法だろう。 エポスカードゴールドのメリットは? 続いて、エポスカードゴールドのメリットをチェックしていこう。 エポスカードゴールドのメリットは本当に豊富だ。 年会費無料でモテるとは思えないくらい、充実している。 ポイントに有効期限がない、ボーナスポイントももらえる エポスカードには2年間というポイントの有効期限があるが、エポスカードゴールドについてはポイントの有効期限が特に設定されていない。 さらにポイントは、通常の200円につき1ポイントに加えて年間50万円以上の利用で2,500円分、100万円以上なら10,000円分という豪華なボーナスポイントも用意されている。 ポイント還元率は0. 国内・海外の空港ラウンジを利用可能、海外旅行者向けサービスが充実 エポスカードゴールドでは、国内の空港ラウンジが利用可能となっている。 また海外のラウンジも、ホノルルや韓国・仁川国際空港のラウンジが使える。 海外旅行に行く機会が多いなら、海外旅行者向けの各種サービスも活用したいところだ。 例えば手荷物の一時預かりや宅配をお得な金額で使えたり、紛失時に緊急再発行ができたりする。 海外旅行者にとって心強いクレジットカードが、エポスカードゴールドだ。 海外旅行傷害保険が1,000万円 通常のエポスカードは、海外旅行傷害保険が自動付帯であるものの最大500万円に設定されている。 金額的には少なめだ。 しかしエポスカードゴールドなら、海外旅行傷害保険が最大1,000万円に上がっている。 もちろんこちらも、自動付帯なので安心だ。 海外で事故や怪我、病気などのトラブルに見舞われてしまっても、エポスカードゴールドなら心配ないだろう。 ゴールドカード会員だけの優待サービスもたくさん エポスカードゴールドはゴールドカードである。 ゴールドカード会員しか得られない豪華な優待サービスも多数提供されているので、こちらも見逃せないだろう。 いくつか例を挙げていこう。 まず映画館は、イオンシネマやユナイテッド・シネマの鑑賞券が優待価格になる。 映画代をお得にできるのは素晴らしい。 遊園地はよみうりランドのワンデーパスが割引になったり、東京サマーランドの施設料金が割引になったりする。 ホテルの優待も多い。 アパホテルでのポイントアップや箱根ホテルの優待など様々な特典を得られるのだ。 エポスカードゴールドを持っていれば、ゴールドカード特典を様々な場所で活用できる。 日常において役立つクレジットカードだ。 エポスカードゴールドのデメリット エポスカードゴールドには、大きく分けて2つのデメリットがある。 どちらも大きなデメリットというわけではないが、覚えておきたい注意点だ。 ポイント還元率が低いのは難点 エポスカードゴールドにおけるポイント還元率は、0. クレジットカードの中では、ポイント還元率が低めに設定されている。 楽天カードやリクルートカードなど、ポイント還元率が高いクレジットカードはたくさんある。 エポスカードゴールドの還元率はちょっと低めと言わざるを得ないだろう。 ただしエポスカードゴールドは活用すればやがて年会費が無料になる。 年会費が無料になったらポイント還元率の高いクレジットカードと2枚持ちをして、特典を受けつつお得にポイントを貯めていくのも良いだろう。 カードデザインが選べない エポスカードゴールドの弱点としてもう一つ挙げられるのが、通常のエポスカードならたくさんあるカードデザインがゴールドだととくにデザインを選べないことだろう。 カードデザインに魅力を感じて通常のエポスカードを発行したのであれば、特典に興味がないならあえてインビテーションを受けずに通常のカードを好きなデザインで使うのも良いだろう。 エポスカードゴールドはどんな人におすすめ? 最後に、エポスカードゴールドがどんな人におすすめかをチェックしていこう。 エポスカードゴールドは、使い勝手も抜群。 万人向けのクレジットカードだが、特にここで紹介する条件に当てはまる人におすすめしたい。 ポイントを長期間かけて貯めたい人 エポスカードゴールドは、ポイントの有効期限がない。 そのためポイントを長期間かけて貯めたい人には、最適な選択肢となるだろう。 ポイント還元率が低いのは難点だが、長い期間かけて貯めたポイントを一気に使えば豪華な特典にしたり、Visaプリペイドカードに交換してVISA加盟店で活用したりできる。 年会費無料でゴールドカード特典を受けたい人 エポスカードゴールドは、年会費無料でありながらも空港ラウンジの利用など様々なゴールドカード特典を受けられる。 ゴールドカードを1枚は持っておきたいけれど、できれば高額な年会費は支払いたくない。 そんな時は、50万円以上の利用やインビテーションにより無料でエポスゴールドカードを使うのがおすすめだ。 他のカードと2枚持ちをして使い分けるのにもおすすめ エポスゴールドカードは年会費を無料にできる関係上、2枚持ちにも優れている。 他社のもっとポイント還元率が高いクレジットカードを他に持っているなら、そちらで普段はポイントを貯めつつ優待店などでエポスカードゴールドを使ってみてはどうだろうか。 まとめ 年会費が無料で持てる画期的なゴールドカードのエポスカードゴールド。 ここまで充実したゴールドカードもなかなかないだろう。 安くお得にクレジットカードを利用したいなら、エポスカードゴールドの発行がおすすめである。 まずは年会費永年無料である通常のエポスカードを発行し、インビテーションを受けてエポスカードゴールドを年会費無料で手に入れてみてはどうだろうか。

次の

エポスゴールドカード|クレジットカードはエポスカード

エポスゴールド

直接申込でも年会費永年無料にできる 直接申込で取得した場合であってもエポスゴールドカードで 年間50万円以上利用すれば、 翌年以降の年会費が永年無料になります。 直接申込とインビテーション経由の申込を比較すると、インビテーション経由の申込の方が圧倒的にお得です。 そのためエポスカードで着実に利用実績を積みインビテーションの取得を目指しましょう。 インビテーションの種類 インビテーションは以下の3つのいずれかの方法で届きます。 アプリ(スマホ) PCまたはアプリ(スマホ)は、郵送より一足早く確認できます。 ただし、インビテーションが届いたとしてもメールなどで通知があるわけではないので、自分で普段からPCまたはアプリをチェックしておく必要があります。 PCのインビテーション PCのインビテーションは、会員サイトの「エポスNet」にログインすると「〇〇様へ ゴールドカード特別ご招待」と書かれたページが表示されます。 「今すぐ年会費無料でお申し込み」ボタンを押すと申込み手続き画面に遷移できます。 アプリのインビテーション アプリのインビテーションは、左上の「年会費永年無料ゴールドカードへご招待」と書かれたゴールドカードのアイコンが表示されます。 アイコンを押すと申込み手続き画面に遷移できます。 インビテーションの発行条件 エポスゴールドカードのインビテーションの発行条件は、 公表されていないため不明です。 そのため、ここでは私の実体験をもとに推測します。 まず、一般的にいわれているのが以下の条件です。 エポスカード作成後 6ヶ月(半年)以上経過 していること• エポスカードで 50万円以上利用 していること• 毎月の支払いを 遅延せず支払っていること 結論からいうと上記の条件で、ほぼ間違いないかと思います。 ただ、私の経験からいえば、支払額の部分が少し違います。 実際に私がインビテーションを受け取った時の支払い総額は 279,117円でした。 引落し履歴の詳細は以下の通りです。 私が最短であろう6ヶ月でインビテーションを受け取った時の発行条件をまとめると以下の通りになります。 エポスカード作成後(手元に届いてから) 6ヶ月10日• エポスカードで 279,117円の利用• 毎月の支払い 遅延なし については、以下の記事でまとめています。 あくまでも条件は非公開なので予想です。 ネット上の口コミでは、以下のような人もいますが、エポスカード側がチェックするタイミングによっては十分可能性としてはありえます。 20万円の利用でインビテーションが届いたという人• 5ヶ月でインビテーションが届いたという人 逆に1年以上利用&100万円以上利用しているのにインビテーションが届かないといった人もいるようです。 また真偽のほどは不明ですが、条件を満たした人の中からランダムでインビテーションを発行する人を抽出しているという噂もあります。 これが本当だとすれば条件を満たした場合であってもインビテーションが送付されないことになります。 マルイで利用した方がインビテーションが届きやすいか? 私はマルイで1回も利用していません。 マルイで利用したからといって特に有利になるわけではないかと思います。 利用しなくてもインビテーションは届きます。 公共料金の支払いに利用した方がインビテーションが届きやすいか? 私は公共料金の支払いにカードを1回も利用していません。 公共料金の支払いにカードを利用したからといって特に有利になるわけではないかと思います。 利用しなくてもインビテーションは届きます。 利用回数は多い方がインビテーションが届きやすいか? 私は月に1~3回程度しかエポスカードを利用していませんでした。 利用回数もあまり重要でない気はします。 ただし、極端な例ですが初月に30万円利用して以後半年間カードを利用しない場合、インビテーションが届くのか微妙な気はします。 もしかしたら、発行条件に 毎月(6ヶ月間)定期的に利用していることという条件があるかもしれません(ないかもしれません・・・)。 インビテーションの発行時期 インビテーションがPCまたはアプリに届くのは、ネット上の口コミ・私の経験から予想するとおそらく 毎月10日~15日頃だと思います。 私がインビテーションに気が付いたのは6月13日で、申込期限は7月31日でした。 インビテーションの発行時期についてはまとめると以下の通りになります。 PCまたはアプリにインビテーションが届くのは 毎月10日~15日頃• 申込み期限は 翌月末日まで インビテーションが届かない(来ない)パターン インビテーションが届かない場合、 20歳未満というのが原因かもしれません。 なぜならエポスカードとエポスゴールドカードの発行条件は以下の通りになっているからです。 エポスカード: 満18歳以上の方(高校生を除く)• エポスゴールドカード: 原則として20歳以上で、本人に安定継続収入のある方(学生を除く) エポスゴールドカードには「 原則として」という文字があるため、例外的に20歳未満でもエポスゴールドカードが発行される可能性はあります。 例外のパターン プラチナ・ゴールド会員の家族からの紹介でエポスファミリーゴールドを申し込む場合は、二親等以内で18歳以上(高校生を除く)であればOK しかし、あくまでも原則として20歳未満は発行対象外なので、18~19歳時点でインビテーションの発行条件を満たしていたとしても、エポスゴールドカードの発行条件を満たしていないため発行されない可能性があります。 エポスゴールドカードの申込み~到着までの流れ 申込み手順 エポスゴールドカードの申込みは、インビテーションが届いてからでなければ行えません(直接申込は除く)。 それでは実際の申込み手順を見ていきます。 1.エポスNetにログインしたら、「ゴールドカード特別ご招待」画面が表示されるので、「今すぐ年会費無料でお申し込み」ボタンを押します。 2.ゴールドカードお申し込み(年会費永年無料)画面に遷移するので、エポスカード規約を読み「同意してお申し込み」ボタンを押します。 3.画面に従って必要事項を入力していきます。 カードの受取方法に「 店舗・施設で受取」を選択すれば、最短即日で受取ります。 「 配達で受取」の場合は、1週間程度で受取れます。 4.入力した内容を確認して「お申し込み」ボタンを押します。 5.ゴールドカード受付手続き完了画面が表示されます。 これで申込完了です。 このあとは、以下のメールが送信されてくるだけで、何もすることはありません。 1通目のメール• 件名:エポスカードからのお知らせ• 内容:カード発送準備のお知らせ 2通目のメール• 件名:エポスカードのお申し込みについてのお知らせ• 内容:カード発送手続きに入った旨のお知らせ 3通目のメール• 件名:エポスカード発送のお知らせ• 内容:カード発送のお知らせ エポスゴールドカードが到着 申込んでから7日後(1週間後)の6月20日に簡易郵便で封筒が届きました。 封筒をあけてみると、「エポスゴールドカード」や「エポスゴールドカードのご利用ガイド」などの書類が入っていました。 カード申込日は2019年6月13日で、カードのご案内は2019年6月14日現在となっているので、一瞬でカード発行処理を行っていることが分かります。 おそらく審査なしです。 「エポスゴールドカードのご利用ガイド」と「エポスカード規約」 エポスゴールドカードのご利用ガイドには、エポスカードとの比較やエポスゴールドカードの特典内容が記載されています。 他には、エポスカードからエポスゴールドカードになるとカード番号が変更になるため「カード情報変更手続きのお願い」の紙も同封されています。 また、エポスゴールドカードの案内も入っています。 案内状には、年会費が永年無料になることや、今まで使っていたエポスカードを破棄する方法などが記載されています。 これはインビテーション専用の案内ではなく、直接申込との共通案内です。 エポスゴールドカードが届くまでの期間(2019年) 年月日 手続き内容 6月13日 22:58 エポスゴールドカードに申込み 6月13日 22:58 「エポスカードのお申し込みについてのお知らせ」メールが届く 6月15日 14:00 「エポスカードからのお知らせ」メールが届く 6月18日 22:00 カード発送(銀座郵便局 より) 6月19日 11:10 「エポスカード発送のお知らせ」メールが届く 6月20日 12:11 エポスゴールドカード到着 エポスゴールドカードを受け取るまでにかかった日数は 7日間(1週間)でした。 審査について ゴールドカードお申し込み(年会費永年無料)ページの「お申し込みにあたってのご注意」にお申込み条件として以下のように記載されています。 未成年・学生の方はお申し込みいただけません。 公式的には、入会できない可能性がある旨が記載されているため場合によっては、ゴールドカードが発行されない可能性はあるようです。 ただし、形式的な簡易審査はあるかもしれませんが、インビテーションが届いて落とされるということはないでしょう。 もし審査に落とすようなら、発行条件を達成してもインビテーションを送ってこないと思います。 まとめ インビテーションが届いたら、ぜひエポスゴールドカードに切り替えましょう。 切り替えない理由はありません。 通常のエポスゴールドカードよりエポスゴールドカードの方が絶対的にお得です。 いきなりエポスゴールドカードに申し込むのも良いかもしれませんが、最低でも年会費5,000円の支払いが発生してしまいます。 どうせならエポスカードを半年間で25万円以上利用して、エポスゴールドカードのインビテーションを取得し、インビテーション経由でエポスゴールドカードをGETした方がお得です。 年会費も永年無料です。 インビテーションの発行条件は比較的簡単なので、ぜひインビテーション経由でのエポスゴールドカードの発行を目指してください。

次の

「エポスゴールドカード」×電子マネー対応状況・還元率を比較すると!?【2020年7月最新版】

エポスゴールド

エポスファミリーゴールドでは既会員(ゴールドかプラチナ)家族からの紹介によって、一般カードを使わずとも永年無料が実現できてしまうわけです。 もっとも、エポスカードは前述のとおり、家族カードの発行には対応していません。 そのため、家族に対するゴールドカードへの招待についても、招待された家族はあくまで「本会員」であり、カード発行のための審査もそれなりに行われる点には注意を要します。 一般カード所持の家族にも年会費無料のゴールドカードを紹介できる 次に、エポスカードの一般カードを既に所持している家族に対しては、ゴールド・プラチナ会員である家族からゴールドカードへの招待をエポスNet経由で送ることによって、こちらも「永年無料」の状態のゴールドカードに切り替えることができます。 未所持の家族への招待同様、インビテーションを待たずに年会費「永年無料」でゴールドカードを使えるメリットがありますが、こちらも家族カードではないため一定の審査が入ることろがデメリットといえばデメリットになります。 逆にいえば、家族カードではないため各カードごとに利用限度額が設定されること、利用明細等も独立していることなどはメリットともいえますね。 ファミリー登録でポイント等をより便利に活用できる さらに、エポスカード未所持の家族に招待を送ってゴールドカードを作成した場合や、ゴールド未所持の一般会員に招待を送ってゴールドカードへの切替を行った場合のほか、既にゴールド・プラチナカードいずれかを所持している家族間でも「ファミリー登録」を行うことで、エポスポイントをより便利に使えるようになります。 ファミリーボーナスポイントとポイントシェア エポスファミリーゴールドでファミリー登録を行うと、個人の年間利用額に応じたボーナスポイントに加えて、 家族合計の年間利用額に応じてもボーナスポイントが加算されるようになります。 ボーナスポイントは各会員宛ではなく、代表会員宛に加算されます。 (集計期間も代表会員の個人の集計期間と同じになります) 家族合計の年間利用金額 100万円以上 200万円以上 300万円以上 全員が ゴールド 1,000P 2,000P 3,000P 一人以上が プラチナ 2,000P 4,000P 6,000P また、エポスファミリーゴールドを組んだ家族同士で、エポスポイントをやり取り可能な「ポイントシェア」も使えるようになります。 個々人だと中途半端にしかポイントが貯まらないときでも、エポスファミリーゴールドの「ポイントシェア」を活用することで、より効率的にポイントを活用することもできますね。 ポイントで交換したい商品があるが、あとちょっとのところでなかなかポイントが貯まらないとか、ポイントをマイルに交換して次の旅行で活用したいが、自分1人のポイントでは予定するマイル数に届かないとか、そんなときに活用できそうな仕組みです。 エポスファミリーゴールドの設定 エポスファミリーゴールドを設定するためには、エポスNetから家族を招待する必要があります。 「メールで送る」ボタンがうまく動作しないときは、画面の下の方に表示されているURLをコピーして、それをメールなりLINEなりに貼り付けて送ればOKです。

次の