ご 査収 ください ます よう お願い いたし ます。 「ご査収ください」とは?上司へ使える敬語?メールでの使い方や返事の仕方・英語表現まで徹底解説

「ご査収ください」にメールで返信する時の例文!送付内容に間違いがある場合などはどう返す?

ご 査収 ください ます よう お願い いたし ます

『ご』• 『査』• 『収』• 『ください』 となり、 『ご』『査』『収』という3つの文字と『ください』が合わさった言葉 であることが分かります。 それぞれの細かい意味ですが、 『ご』は「御」のことで、尊敬の意味を表します。 『ご(御)+〇〇』で、相手を敬う気持ちがあるということになります。 次に、 『査』には、「調べる」「明らかにする」という意味があります。 続いて、 『収』には、「収める」「手に入れる」「中に入れる」という意味があります。 最後に、 『ください』は相手になんらかの動作をすることをお願いする意味で、「下さる」の命令形です。 つまり、 例えば、 『書類をご査収ください』という言語を意味だけで繋げると、 『書類を良く調べてから受け取って欲しい』 という依頼を丁寧な形で表していることになります。 ですので、 目上の相手に向かってお願いするときに使う言葉 と言えます。 ただ、『ください』という表現は、 「下さる」の命令形ということから、 丁寧な表現ではあるのですが、 社外とのやり取りには不向き と考えられています。 『ご査収ください』の使い方と例文 ここでは『ご査収ください』の具体的な使い方を紹介します。 ポイントは、 書類や資料や物をよく確認してから受け取って欲しいとき に使うということです。 ですので、 確認する対象がないのに『ご査収ください』を付けると 相手にとっては意味がわからないものになってしまいます。 例えば、 添付ファイルのないメールなどですね。 さて、『ご査収ください』の具体的な使い方ですが、 相手とあなたとの関係に応じて正しく使い分けていきましょう。 正しく使い分けた表現としては、 ご依頼の資料について、添付ファイルにて送付しましたので、ご査収ください。 のように丁寧な表現として使います。 『ご査収くださいませ』 『ください』は「くださいませ(まし)」の略語です。 ですので、 『ご査収ください』と『ご査収くださいませ』とは同じ意味となります。 略語ではないだけに、『ご査収ください』よりも丁寧な表現ではあります。 ただ、 「ませ」の使用は口語表現としては多くありますが、 文章表現としてはあまり用いられません。 また、 文章表現として用いる場合でも、女性的な雰囲気があることから 男性の使用には違和感を感じる方も多いと思います。 使い方としては、女性が社内向けの丁寧な表現として使うと良いでしょう。 『ご査収願います』 『願います』は「願う」の丁寧語となります。 実質的には、『ご査収ください』と丁寧さのレベルでは違いがありません。 ですので、こちらも対外的な表現としては不向きです。 できれば、親しい間柄や社内で使用する方が良いでしょう。 (例文) ご要望いただいた資料一式を送付いたします。 ご査収いただきますよう、よろしくお願いいたします。 以上、『ご査収ください』の使い方をまとめると、 丁寧 レベル 使い分け 例文 下 『ご査収ください』 『ご査収くださいませ』 『ご査収願います』 ・ご依頼の資料について、添付ファイルにて送付しましたので、ご査収ください。 ・本日〇〇営業所に配備品を発送しました。 ご査収願います。 中 『ご査収くださいますよう、よろしくお願いいたします』 『ご査収くださいますよう、よろしくお願い申し上げます』 ・ご依頼のありました書類を本メールに添付させていただきました。 ご査収くださいますよう、よろしくお願いいたします。 上 『ご査収の程、よろしくお願いいたします』 『ご査収の程、よろしくお願い申し上げます』 ・ご要望いただきました〇〇のパンフレットを送付いたします。 ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。 最上 『ご査収いただきますよう、よろしくお願いしたします。 』 『ご査収いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。 』 ・ご要望いただいた資料一式を送付いたします。 ご査収いただきますよう、よろしくお願いいたします。 となります。 まとめ 基本的に相手を敬って使われる言葉なので、 上司など社内での目上の方に使うことは問題のない言葉です。 ただ、社外や取引先やお客様へ送る場合は 『ご査収くださいますよう、よろしくお願いいたします』 『ご査収いただきますよう、よろしくお願いしたします。 』 として使った方がより丁寧です。 同じ「ご査収ください」でも、 状況に応じて使い分けることができると できるビジネスマン と印象づけることができますね。 それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

「ご査収ください」という表現の正しい意味や使い方

ご 査収 ください ます よう お願い いたし ます

ご査証の正しい意味とは? 「ご査証ください」「ご査証のほどよろしくお願い致します」…という言葉は、社会人経験のある人なら目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。 でも、この「ご査証」の本当の意味をあなたは知っていますか? ご査証の意味は「調べて証明する」 ご査証という言葉に含まれるそれぞれの漢字の意味から追ってみると、 「査」=よくみて明らかにする・調べる、「証」=確実な根拠に基づいたうえで事実を明らかにすることを指します。 つまり査証とは、 「よく調べて、確実な根拠をもって証明する」という意味になります。 ご査証の読み方は「ごさしょう」 口頭で伝えることが少ない言葉なので、声に出して読んだことがある人は意外と少ないかもしれません。 ご査証の読み方は「ごさしょう」です。 電話応対の際、ていねいな人は電話口で言うこともある言葉です。 そのため、電話を受ける時に正しい読み方を知っていれば、声(音)で聴いただけでも言葉の意味を想像できます。 「ご査収」と「ご査証」の違い ご査収は「収めて確認する」の意味 ご査証とご査収は、一文字違いで音感も似ているために、混同されやすい言葉です。 ご査証が「調べて証明する」という意味であるのに対し、 ご査収は 「収めてよく確認する」という意味があります。 ご査証に比べて汎用性が高く、「ご査収の程、よろしくお願い致します。 」というように、メールや書類によく使用されています。 ご査収は、メールや文書内に記載した事項について、「よく確認してください」という意味で使われているため、ご査証よりも使用頻度が高く使いやすい言葉です。 「ご査収」の使い方は以下の記事も参考にしてください。 「ご査証ください」の正しい使い方 「確認する」ことを相手に促す「ご査収」に比べて、相手に「証明する」という行動を促す「ご査証」は、使い方が「ご査収」よりも難しいものです。 では、「ご査証」をビジネスシーンで使用するには、どのような場面・タイミングで用いるのが適切なのでしょうか。 クレーム関連のメールや書類で使用 「よく調べて、はっきりと証明してください」という意味合いで使用されるご査証という言葉は、 相手にクレームをいれる際によく使われます。 商品を購入したら欠陥があったため、商品について「よく調べて、商品の状態について証明してください」という使い方が適切です。 また、取引先からの領収書や見積もりの金額が間違っていて、その間違いを指摘して修正を求める際にも使われます。 つまり、 書類上のミスを指摘する用途で使用することも「ご査証」の適切な使い方に含まれるのです。 文末で相手への注意喚起を促す ご査証を正しく使うには、「ご査証のほど、よろしくお願い致します。 」「ご査証ください。 」などの文章を文末にいれることが大切です。 ビジネス文書の締めの文に適していて、文頭や文中で用いられることはあまりありません。 文末でご査証を使用することによって、相手に「ちゃんと調べて、事実を証明しなくては」という注意喚起を促すことができます。 ご査証を使用する時の注意点 ご査証は、比較的気軽に使用できるご査収に比べて、いくつか気を付けなければならないことがあります。 目上の人に使うと失礼にあたることも 一社員が上司や役職のついた人に対して「ご査証ください」と使用することは、常識的な試用方法とは言えません。 自分よりも上の立場の人に対して、「よく調べて、ちゃんと証明してください!」と申し立てていることになるからです。 ご査証という言葉はていねいに見える・聞こえるために気軽に使いがちですが、 特に社内で自分よりも上の立場の人間には使用しないように心がけましょう。 書類を「きちんと確認してほしい」だけなら、ご査証は使わない あなたが提出した書類について、「よく見て、確認してほしい」だけなら、ご査証という言葉は使わないようにしましょう。 確認してほしいことが目的ならば、「ご査収」を使用する方が適しています。 メールや書類などで「ご査収」と混同して「ご査証」を多用している人もまれにいますが、先輩や取引先の人間が間違って使用しているのを見て、使用方法を間違っているのかもしれません。 自分自身が送信・送付しているメールや書類を見返して、ご査収とご査証を取り違えていないかよく確認しましょう。 まとめ ご査収と混同されやすいご査証という言葉は、使用する際に、紹介してきたようないくつかの注意が必要です。 ご査証という言葉が持つ本当の意味を知らずに使用していた人は、本記事を読むことで正しい意味・使い方・注意点を知ることで、対外的な書類のやりとりが適切に行えるようになるでしょう。

次の

「ご査収願います」の意味と使い方・例文・返信方法・上司への使い方

ご 査収 ください ます よう お願い いたし ます

内容をちゃんと確認したこと• 受領したこと の2つを意味するものとなります。 そのような意味の言葉としては、• 「確認し、受領いたしました。 」 と返信するのが適切です。 より丁寧な表現としては、• 「確認し、拝受しました。 「確認し、拝受いたしました。 「拝見しました。 こちらで受領いたします。 」 などがあります。 以下に一覧で言葉の意味を整理しています。 受領しました・受領いたしました 「受領しました」は「受領する」の丁寧語。 取引相手先などに対しては、より丁寧な表現である「受領いたしました」が適当です。 (「いたしました」は自分がへりくだることを意味する謙譲語の「いたす」からなる表現。 ) 拝受しました・拝受いたしました 「拝受」は「受け取る」の謙譲語。 「拝」をつけることで、「つつしんで受け取る」という意味になります。 「受領」よりも丁寧な表現です。 拝見しました・拝見いたしました 拝見は「見る」の謙譲語。 しっかりと確認したことを丁寧に相手に伝える表現です。 ここでは後に「受領いたします。 」と続けていることから、「いたす」の繰り返しを避けるために「拝見しました」と丁寧語で表現しています。 「ご査収ください」に対する返信例 それでは具体的なメールのやり取りを確認しながら、 「ご査収ください」に対する返信例を見ていきましょう。 受取株式会社 受野です。 早速のご対応ありがとうございます。 見積書を 拝見いたしました。 つきましては、お手数をおかけして大変恐縮ではございますが、再度見積書をお願いしたく存じます。 何卒、ご検討の程、よろしくお願いいたします。 受取株式会社 受野 鳥夫 今度は、届いた見積書が見直して欲しいものであった場合の例文です。 見積書の内容を確認したことを意味する「拝見しました」の使用で問題ありません。 返信には、 「よく確認した」結果であることを踏まえ、 ・断る理由 ・希望する条件 をしっかり明示しておくと良いでしょう。 送付株式会社 送田 見積男様 平素はお世話になっております。 受取株式会社 受野です。 注文書を 拝受いたしました。 御社の休業日となるようですが、お間違いございませんでしょうか。 大変恐縮ですがご確認の上ご連絡ください。 何卒、よろしくお願い申し上げます。 受取株式会社 受野 鳥夫 受け取りを意味する「拝受いたしました」と伝えた後、間違いであることを 柔らかい疑問形の表現で伝えています。 なお、「拝受しました・拝受いたしました」のみの使用でも、 文脈から注文書の内容を確認した趣旨が伝われば問題ありません。 就職大学 就木 活正様 はじめまして。 受取株式会社 人事担当受野です。 この度は、弊社の求人へのご応募ありがとうございます。 添付された履歴書と職務経歴書を 確認のうえ、受領いたしました。 2週間の書類選考期間の後、選考結果に関わらずご連絡いたします。 お時間を頂戴いたしますが、ご了承ください。 受取株式会社 受野 鳥夫 履歴書の場合は、受け取った意味である 「受領しました」を使用することで問題はありません。 お客様や取引先への対応ほど丁寧な表現が求められる訳ではないからです。 ただし、就活生とはいえ、お客様にもなり得ることを念頭に対応することは言うまでもありません。 まとめ 「ご査収ください」という言葉の意味が 「よく調べてから受け取って欲しい」 であることを踏まえ、 書類の内容と相手の真意に合わせた言葉を使い分けて対応することができれば、メールの返信に困ることはありません。 微妙な言葉の使い分けを駆使して、一つ上の大人のビジネスマナーを目指しましょう。 それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

次の