バウス 品川 戸越。 バウス品川戸越|全国マンションデータベース

【マンションノート】バウス品川戸越

バウス 品川 戸越

交通 戸越銀座駅より徒歩で6分 戸越駅より徒歩で8分 不動前駅より徒歩で12分 武蔵小山駅より徒歩で14分 五反田駅より徒歩で15分• 沿線 『戸越銀座駅』 東急池上線 都営浅草線 『戸越駅』 東急池上線 都営浅草線 『不動前駅』 東急目黒線 『武蔵小山駅』 東急目黒線 『五反田駅』 JR山手線 東急池上線 都営浅草線• 所在地 東京都品川区荏原1丁目291-16• 構造 RC(鉄筋コンクリート)• 階建て 地上7階建• 築年月 2020年4月• 総戸数 47戸• 土地権利 所有権• 用途地域 準工業地域• 分譲会社 日本土地建物• 施工会社 森本組• 設計会社 設計工房イー・ディー• 管理会社 東京建物アメニティサポート• 現在の状況とは異なっている場合がありますので、予めご了承下さい。

次の

バウス品川戸越の中古価格・購入・売却

バウス 品川 戸越

設備・条件 物件に付帯している設備や入居における条件です 追い焚き、浴室乾燥機、コンロ三口以上、システムキッチン、食器洗い乾燥機、ディスポーザー、高効率給湯器、浄水器・活水器、床暖房、ウォークインクローゼット、ブロードバンド、4LDK以上、バリアフリー、複層ガラス採用(二重サッシ・防犯サッシ等)、オートロック、防犯カメラ、セキュリティ充実、エレベーター、ごみ出し24時間OK、ペット用施設、宅配ボックス、デザイナーズ、南向き、環境にやさしい、子育てに優しい環境、スーパー800m以内、コンビニ400m以内、小学校800m以内、公園400m以内、フィットネス施設(プール含む)800m以内、複数路線 施工会社 株式会社森本組 売主 日本土地建物株式会社 販売会社 東京建物株式会社 八重洲分室 代理 周辺施設• 必ずしも最短距離を保証するものではありません• データ出典:国土交通省 国土政策局 国土数値情報 「」 平成24年度 をもとに株式会社LIFULLが編集・加工• 出典元の国土数値情報(浸水想定区域データ)は、以下のような適用限界がある事にご注意ください• 最新の情報および詳細は、各自治体の公表しているデータをご確認ください。 表示される浸水想定区域のデータは、原典データを加工したものであり、実際の法令の適用の範囲については、ご自身でご確認ください。 原典資料に浸水想定区域がなかったものは整備の対象外となるため、データには欠落・誤差が含まれますのでご注意ください。 河川により、浸水シミュレーションの前提となる計画降雨が異なります。 また、計画降雨の異なる河川の浸水想定区域が同一レイヤに表示されることになるため、注意する必要があります。 データは、都道府県単位で提供しています。 従って、浸水想定区域が複数都道府県にまたがる場合は、範囲に含まれる全ての都道府県のデータを確認する必要があります。 一辺76mのメッシュ単位の中で、想定最大浸水深が最も高い地点の情報を表示しています。 厳密に地点を特定した情報については各自治体のデータをご確認ください。 ハザードマップの利用により、ご利用者様又は第三者に生じた損害については、ご利用者様がその責任を負うものとし、当社および出典元である国土交通省国土情報課、各データの原典作成者は一切責任を負いません。 ハザードマップの詳細な情報は「」でご確認いただけます。

次の

バウス品川戸越|東京都品川区|オークラヤ住宅マンションライブラリー

バウス 品川 戸越

バウス品川戸越の販売価格は、70. 06m2~81. 02m2の面積に対して、7498万円~8908万円です。 この販売価格は高いのでしょうか?それとも安いのでしょうか? 路線価を基準としたときの価格設定の妥当性検証、建設エリアの中古マンション市場相場と販売価格の比較検証の2つの検証を実施しております。 マンション概要 名称 バウス品川戸越 所在地 東京都品川区荏原1-291-16(地番) 交通 1 東急池上線「戸越銀座」駅より徒歩6分 2 都営浅草線「戸越」駅より徒歩8分 3 東急目黒線「不動前」駅より徒歩12分 4 東急目黒線「武蔵小山」駅より徒歩14分 5 JR山手線・東急池上線「五反田」駅より徒歩16分 6 都営浅草線「五反田」駅より徒歩15分 総戸数 47戸 構造・階建て RC7階建 間取り 3LDK 専有面積 70. 06m2~81. 国税庁によって毎年7月1日に公表されている指標で、国が土地の値段を市場変動を加味しながら毎年更新している指標とお考えください。 それでは、バウス品川戸越の建設地の路線価を確認してみましょう。 路線価の確認 バウス品川戸越の所在地は物件概要に記載があるとおり、東京都品川区荏原1-291-16(地番)です。 場所が確認できたところで、次に路線価を確認します。 実は路線価計算はとても複雑ですが、細かく計算すると大変ですので、非常に簡便的な方法を採用し、複数の道路に面していた場合には、一番高い路線価を物件の路線価として採用することとします。 上記前提で考えると、バウス品川戸越の路線価は550,000円ということになります。 出典:国税庁 令和元年分財産評価基準 土地の原価の推計 路線価が確認できましたので、専有面積を乗じて土地の原価を推計してみましょう。 物件概要によれば、バウス品川戸越の専有面積は70. 06m2~81. 02m2ですので、土地の原価は38,533,000円~44,561,000円と計算できます。 ここで、路線価方式によって算定した土地市場価格は、売買取引時価(実際に売買するときに用いる価格)の80%程度と言われています。 つまり、路線価方式の土地価格を1. 25倍した金額が土地の市場価格となります。 建物の原価 22,714,433円~26,267,818円 利益と経費の上乗せ金額の計算 土地と建物の原価が計算できましたので、実際の販売価格と比べてデベロッパーがどの程度利益を乗せているか、確認しておきましょう。 ここで注意すべき事項があります。 それは、販売価格と原価の差額すべてがデベロッパーの利益ではないということです。 マンションを販売するためには、営業の人件費やモデルルーム運営の設備費、広告宣伝費が必要です。 では、実際に比較してみましょう。 バウス品川戸越の土地の原価は48,166,250円~55,701,250円、工事費の推計値は22,714,433円~26,267,818円ですので、合計すると70,880,683円~81,969,068円となります。 そして、実際の販売価格は7498万円~8908万円です。 販売価格と原価の差額、つまり経費と利益の上乗せは、4,099,317円~7,110,932円であることが予想されます。 経費と利益の上乗せ 4,099,317円~7,110,932円 他のマンションとの比較 次に、路線価に市場相場が適切に反映されているという仮定のもと、バウス品川戸越の販売価格の設定が妥当なのか確認します。 下図は、2018年以降に売りに出された東京都の新築分譲マンション280棟について、坪単価の中央値を縦軸に、路線価を横軸にとって散布図を作成しております。 3として計算。 右肩上がりの赤いラインが平均線になります。 路線価に対して販売価格の平均的な水準を結んだ線ということです。 つまり、赤いラインより上側にあれば路線価の割に強気な販売価格が設定されている(割高)、下側にあれば路線価の割に弱気な販売価格が設定されている(割安)と判断できます。 ここで、バウス品川戸越の坪単価の中央値は358万円、路線価は550,000円で、オレンジの点がそれに該当します。 検証結果1 オレンジの点は赤いラインの上側にありますので、バウス品川戸越は他のマンションに比べると路線価の割に高い金額で販売されていることが予想される。 中古マンション市場相場との比較 バウス品川戸越の建設エリアの中古マンション市場相場と照らして、割高なのか割安なのか検証します。 以下の図は、2016年1月から2019年3月の間に戸越銀座駅周辺(駅まで徒歩10分以内の立地)で取引された中古マンションの築年数と取引価格の関係を示しております。 出典:不動産取引価格情報 国土交通省 【抽出条件】種類:中古マンション等、最寄り駅:戸越銀座(駅まで徒歩10分以内の立地)、建物の構造:RC、取引年:2016年1月~2019年3月、購入後の利用目的:住宅 中央の赤いラインが近似線(平均的なライン)ですが、右肩下がりで描かれていることが分かると思います。 当然ではありますが、築年数が長ければ長いほど、取引価格は低下していくということを意味します。 そして、この近似線は一次関数の式で表すことができ、グラフの右上の式がそれに該当します。 将来的な売却を見据えると、この金額よりも高い金額で販売されていれば損するリスクが高く、低い金額で販売されていれば損するリスクが低いと考えることができます。 まとめ• 積上方式:利益と経費の上乗せは4,099,317円~7,110,932円• 他のマンションとの比較:他のマンションに比べると路線価の割に強気な販売価格が設定されている。 したがって、中古マンション市場相場と比較すると割安と考えることができる。 以上から、他のマンションと比較すると路線価の割に強気な販売価格が設定されているように感じますが、中古マンション市場相場と比較すると割高感は感じられませんので、購入を検討しているのであれば前向きに考えてもよいかもしれません。

次の