カワウソ 飼うの禁止。 カワウソ「かわいい・飼いたい」日本のペット・カフェ需要が要因で国際取引禁止

カワウソはペットとして飼える?臭いや鳴き声には注意が必要?

カワウソ 飼うの禁止

カワウソの飼い方を知る以前にカワウソを購入できないと何も始まりません。 という訳で、カワウソを購入するために必要な金額がいくらぐらいなのかということなんですが、最低でも 100万円以上は必要になってくるかと思います。 (100万円以上でも飛ぶように売れているのでもっと高くなる可能性も) 少し前はもうちょっと安かったのですが、カワウソブームに火が付いた事と入手が困難な状況( 繁殖の難しさや 輸出規制などが理由)なので値段が高騰しています。 それに、国内における個体数自体が少ないのでカワウソを取り扱っているペットショップでも『 売約済み』だったり『 予約受付中』だったりと購入すること自体が難しい状況にあります。 カワウソを購入するには、 ・100万円以上の資金が必要 ・販売されるまで根気強く待つ まずこの2つが大きな壁として立ちはだかっているという訳ですね。 ペットとしてポピュラーな犬・猫みたいに気軽に購入するのはちょっと難しいようです。 もともと水辺に生息しているので 魚やカニ、エビ、貝類などを好んで食べます。 ただペットとして飼う場合はそういった物を餌として与えていると餌代が大変なことになってくるので、 キャットフードや フェレットフードをメインに与えて、たまに魚や貝などの魚介類を与えるのが主流のようですね。 ちなみにプールなどの水たまりに生きた餌(ドジョウやザリガニ・カエルなど)を放ってカワウソに狩りをさせてあげれば ストレス発散にもつながるので、そういった環境があれば積極的にしてあげた方がいいかもしれませんね。 ある程度大きくなってから飼った場合は懐かない事もありますが、小さい頃から育てれば基本的に懐いてくれます。 ちなみに、愛情たっぷりに育てた過ぎたのでご主人様からくっついて離れなくなった甘えん坊のカワウソも中にはいるみたいですね。 中には餌を食べる時に人間みたいに座って食べるカワウソもいるみたいですね。 性格やしつけの面に関しては 犬や猫とほとんど変わらないと考えてよさそうです。 カワウソの愛くるしい表情や仕草にハートを射抜かれてしまった人も数多くいると思います。 しかし、画面越しでは伝わってこないものもありますよね。 それはカワウソの『 臭い』です。 カワウソには肛門嚢と呼ばれる臭腺があって嫌な事があったりするとそこから分泌物を放ちますが、これが結構臭います。 体を洗ってあげることで多少は臭いが軽減されますが、 臭いが気になる人はペットとして飼うのは難しいかもしれませんね。 ちなみに、カワウソは高齢になってくると肛門嚢の排泄機能が衰えてしまい、肛門嚢に分泌物が溜まってしまうこともあるそうです。 溜まってしまった分泌物からは魚が腐ったような凄まじい臭いを放つこともあるのだとか… 動物病院に行けば分泌物の除去をしてもらえるので、ペットとして飼う際はカワウソを診てもらえる動物病院を必ず探しておく必要がありそうですね。 甲高い鳴き声が気になる人はペットとして飼うのは難しいでしょうし、鳴き声が気にならないという人でも 近所迷惑のことを考える必要があります。 ちなみにカワウソの鳴き声は壁越しでも聞こえるようで、実際にカワウソを飼っている方の話では、 鳴き声に関しては、大きな声というのは滅多に出さないのですが、出したときは家の外にいてもうっすら聞こえてしまいます… 引用元: とのこと。 一軒家であればあまり気にしなくても良いとは思いますが、マンションなどの集合住宅で飼育する際は 防音対策などをしておかないと苦情がくるかもしれませんね。 しかし、そうは言ってもやっぱりカワイイのがカワウソなんですよね。 飼育する環境によって異なりますが、短い場合だと 7年、長い場合だと稀に 20年生きるカワウソもいます。 飼育する環境や病気などによって寿命が変わってきますので、カワウソにとって快適な環境を作ることが出来ればカワウソと長く一緒にいる事ができるようになります。 より長くカワウソと暮らすためには… ・毎日の水浴びは必須 カワウソはもともと水辺で生きる動物なので毎日の水浴びは必須になります。 一日に一回は水浴びをさせないとストレスが溜まってしまい寿命が縮んでしまう可能性があるので、毎日の水浴びはしっかりさせましょう。 ・カワウソの診断が出来る動物病院を調べる 国内では珍しい動物になるのでカワウソを診てもらえる動物病院は限られています。 ストレスなどで体調を崩しやすいので、もし飼う事になった場合は近くに診てもらえる動物病院があるか事前に確認が必要です。 広いプールなどがあれば散歩に行かなくても問題はないのですが、無ければ散歩に連れて行くのもストレス発散の1つの手段になります。

次の

【元動物園の飼育員が解説】カワウソはペットにできる?カワウソの生態やコツメカワウソの値段・飼い方を解説

カワウソ 飼うの禁止

カワウソ ペット が現在ブームに ひとえに「カワウソ」と言っても、カワウソにも種類がたくさんいます。 今特に「ペット」として飼えてブームになっているのが 「コツメカワウソ」です。 カワウソの中でも特に体が小さいことが特徴で、また名前の「コツメ」のように、爪が短く小さいことも特徴です。 このカワウソですが2017年には第1会「カワウソゥ 総 選手権」と題して、人気投票などが行われるほどのブームになっています。 また動物園や水族館でも、カワウソに触れたり餌をあげられるところが増えたり、中には猫カフェのようにカワウソに会えるカフェまで登場しています。 ペットとして飼育するとしたらどうなのか? 値段やカワウソ ペット をどこで飼うのかなどをまとめました。 カワウソをペットとして買う時の値段ですが、ずばり 「100万円以上」です!! さまざまなサイトを調べても、 犬や猫のペットのようなカワウソ ペット の正確な値段が分かる情報は見つかりません。 そのためあくまで目安となる金額となりますが、 カワウソ ペット の相場が60〜70万円。 今のカワウソ人気からすると 「100万以上」の値段となる可能性が高いようです。 正確なカワウソの値段が解らないことや金額が高くなっている理由は下記のような内容が考えられます。 まずカワウソは現在全ての種類が、ワシントン条約において個人輸入が禁止されています。 人気者のカワウソ。 実は生息域がある程度広いにも関わらず固体が減少している動物なのです。 またカワウソは繁殖がとても難しい動物です。 輸入禁止と繁殖が難しいことが重なり、日本国内にいる頭数が限られています。 そこにカワウソ人気が重なり、カワウソの価格が正確には解らず金額も高くなっていると予想されます。 カワウソをペットとして買う方法は2つです。 ひとつは珍しいペットを扱う「エキゾチックアニマルを販売している専門店」で買う。 もうひとつは「専門のブリーダー」買う方法です。 また、でも購入が可能のようです。 通常の一般的なペットショップではカワウソ ペット は購入できません。 カワウソはとても活発な動物で、よく遊ぶ動物です。 ストレスを溜めないためにもペット用のおもちゃも必要です。 トイレ カワウソはとても賢く、トイレの場所を覚えさせるためにも専用の場所と道具が必要です。 カワウソの飼い方の注意点 病院 カワウソを専門的に看られる病院は少ないのが現状です。 カワウソは特に寄生虫に弱い動物なので、 生もの魚類のエサを与えるときは一度冷凍するなどの注意が必要です。 ストレスに弱い 先ほども水浴びの際にご説明しましたが、カワウソはストレスに弱い動物です。 ストレスを感じると、食欲不振などになるので注意が必要です。 カワウソの臭いはどの程度気になるのか? 犬・猫の臭いでも気になる方は、それ以上にかなり気になる可能性があります。 確かめたい方は、カワウソカフェなどで確認した方が良いでしょう。 ただ、毎日一緒にお風呂に入ったり、水浴びをさせるなら臭いはそこまで気にならなくなると考えられます。 カワウソがペットの時、鳴き声は? カワウソの鳴き声は犬・猫や場合によってはそれ以上に大きい場合があります。 「お腹がすいた」・「遊んで欲しい」などの要求を鳴き声で表現します。 実際に飼い主に甘えて鳴いているような動画を見たことがある方もいるかと思います。 かなり大きな鳴き声で連続でなく場合もあるので、ご近所トラブルへの配慮が必要です。

次の

ペット「カワウソ」の悲惨な境遇とは

カワウソ 飼うの禁止

これにより、両種は輸出入などの国際取引が原則禁止されることになる。 日本でも「附属書I」に掲載された野生動植物を、「種の保存法」に基づき、国内での商業取引をしているために流通が規制される方向だ。 によると原田環境大臣は27日の記者会見で「最終日の全体会合の採択結果を踏まえ、今後、国内の流通も規制するべく種の保存法などで国際希少種に指定してきたい」と述べた。 WWFジャパンでは「コツメカワウソを『かわいい』愛玩物として盛んにもてはやす、日本のメディアや市民の意識も変えていかねばなりません」と指摘した上で、「日本での暮らしや、その中で生じるさまざまな需要が、野生生物を絶滅のふちに追いやっている」と警告している。 インドからスマトラ島、ジャワ島、ボルネオ島、中国南部など東南アジアを中心に広く生息している。 カワウソ類のなかでは小形の種類で、頭胴長約60センチ、尾長約30センチほど。 四肢の爪が小さいことから「コツメカワウソ」の名前がついた。 河口や海岸に小集団をつくって生活するものが多い。 カニやザリガニなどの甲殻類や魚類などを捕食している。 生息地である水辺の開発や密猟などにより、絶滅のおそれが心配されている。 一部の生息国では捕獲や取引が規制されているなど、保護の対象だ。 日本各地に「カワウソカフェ」が出来たほか、ペットとして需要が高まった。 それに伴って、カワウソ類が生息するタイやインドネシアから日本への密輸が。 WWFジャパンの野生生物取引監視部門「TRAFFIC」は2018年10月、日本のカワウソブームにともなう密輸急増を受け、その取引実態に関する報告書を。 この報告書ではカワウソのペット人気を押し上げた要因として、日本テレビ系で放送された動物番組『天才!志村どうぶつ園』を挙げた。 同番組では、ブーム以前の2007年から2014年にかけて、コツメカワウソを長期間にわたって。 番組内容について「カワウソが著名人と一緒に旅行したり、自宅で飼育したりといった擬人的な状況の中で 演出されており、カワウソが実際よりもより身近な生き物でペットにもなりうるというイメージを視聴者に植え付けた可能性が考えられる」と指摘した。 2000年から2017年にかけて起きた、日本が関係する東南アジアでの押収事例を調べたところ、少なくとも7件、合計52頭のカワウソが日本を密輸の目的地としており、そのうち17頭はコツメカワウソだった。 確認できただけで2011年以降に12人の販売者が少なくとも85頭のカワウソを販売していた。 そのうちの約9割に当たる74頭はコツメカワウソだった。 カワウソの1頭あたりの販売価格は80万円~162万円で、過去5年間で約2倍になっていたという。

次の