マツダ 3 ハッチバック。 マツダ MAZDA3 デザインコンセプトが異なるセダンとファストバック|それぞれの違いを内外装写真でチェック!

【マツダ3 新型】ハッチバックに“特別な赤革内装”…Burgundy Selection[詳細画像]

マツダ 3 ハッチバック

しかも4日間600kmにわたって、普段使いしてみる機会に恵まれた。 ファストバックのXD、ディーゼルエンジン搭載のFF、その最上級グレードである。 最上級といっても300万円を切る。 さて、マツダ3、その完成度やいかに。 目次 開く マツダ3は、高くない。 いや、安い ボディカラーは、ファストバック専用の新色、ポリメタルグレーメタリック 試乗車は、ファストバックのXD Burgundy Selection 2WD。 トランスミッションは6速ATだ。 XD(ディーゼル搭載)の最上級グレードがBurgundy Selection。 のっけから価格の話で恐縮だが、これで車両本体価格は298万9200円である。 300万円を切る価格なのだ。 試乗車には、オプションのBoseサウンドシステムと360度ビューモニター+ドライバーモニタリングがついて315万100円だが、いずれにせよ、非常に競争力がある価格設定だと言える。 3m 先代アクセラから価格が上がった、という見方もあろうが、上がった価格以上にマツダ3は良くなっている。 価格が1ランクだとしたら、クルマの出来は2ランク以上上がっている。 ディーゼルエンジン搭載のCセグハッチバックでいえば VWゴルフTDIコンフォートライン:323万円 プジョー308GTラインBlueHDi:329. 9万円 メルセデス・ベンツA200d:399万円 ゴルフで言えば、マツダ3のXD Burgundy Selection 並みの装備を、と考えればTDIハイラインとなって362万円まで価格は上がる。 マツダ3XD Burgundy Selectionの300万円以下という価格に説得力を感じるではないか。 インテリアの質感は、先代から2ランクアップといっていい マツダ3からキーも新しくなった 冒頭、価格の話が長くなってしまった。 さて、ようやくマツダ3に一般公道で試乗することができた。 新色のポリメタルグレーメタリックを初めて陽の光の下で見ることができた。 不思議なカラーだが、非常に魅力的だ。 マツダ会心の、と言っていいボディデザインと相まって、素直に「これは、かっこいいな」と呟いてしまった。 まずは、クルマはかっこよくなくては。 これは軽くクリアである。 預かったキーも、新世代商品群から変わった。 ドアを開けてシートに腰を下ろしただけで、明らかに先代とは違うクラスのクルマだとわかる。 内装の質感がグッと上がっているし、マツダコネクトのセンターディスプレイのサイズも変わった。 何より、ディスプレイの高精細さが、美しい。 Burgundy Selectionは、ヘッドアップディスプレイが標準装備されている(プロアクティブ、Lパッケージにも)。 これも、コンバイナー式(反射板がせり上がってくるタイプ)ではなく、前面ガラスに投影するタイプ。 これもいい。 裏側はこうなっている エンジンをかける。 エンジンは、ご存知SKYACTIV-D1. 従来のアクセラにはあったD2. 2は今回はラインアップには存在しない。 ディーゼルは、このD1. 8のみだ。 シャシーのSKYACTIV Vehicle-Architectureの初出しがこれ。 乗り出してすぐに感じるのは、「曲がる」の楽しさだ。 ステアの正確さ、操作感も含めたステアリングのフィールともに素晴らしい。 アクセルペダルを踏む、ステアリングホイールを操作する、その連携がとても気持ちがいい。 数字には表しにくいところだが、マツダ3、第一印象、非常によし、だ。

次の

プリウス、インサイト、マツダ3…グローバルハッチバックで10年前より最も値上がりしたモデルは?【新車】

マツダ 3 ハッチバック

お買い物カゴでのご購入の後に「自動車注文書」を作成させて頂きますのでご了承下さい。 ご来店が難しいお客様は,郵送にてやりとりをさせて頂きます。 お気軽にご相談ください。 こちらはご購入の意思を証明して頂くもので、金額につきましては担当よりご説明させて頂きます。 その際,納車日の打ち合わせをさせて頂きます。 もちろん店頭でのお支払でもOKです。 ご注文後一週間メールでのご連絡がとれない場合,ご注文をキャンセル とさせて頂きますので予め御了承下さい。 COMではお客様にわかり易く価格を総額表示させて頂いております。 お買い物かごの価格は総額表示となっております。 従って頂けない場合は販売は致しませんのでご了承ください。 自社で陸送納車させて頂くか、弊社提携の専門の陸送業者が責任を持ってお届け致します。 納車の場所や日時はお打ち合わせ後決定させて頂きます。 納車時期に関しまして契約時には納車の目安をお伝えできます。 尚、自動車メーカーの生産計画やお手続きの状況、新車発表時や災害などにより、お時間を頂く場合もございますので、お問い合わせ下さい。 ・自動車の契約成立後のご解約はお受けできかねますので、ご容赦願います。 ・自動車は返却はできませんので、契約時に詳細な部分まで確認を怠らないようお願いいたします。

次の

Chevron

マツダ 3 ハッチバック

しかも4日間600kmにわたって、普段使いしてみる機会に恵まれた。 ファストバックのXD、ディーゼルエンジン搭載のFF、その最上級グレードである。 最上級といっても300万円を切る。 さて、マツダ3、その完成度やいかに。 目次 開く マツダ3は、高くない。 いや、安い ボディカラーは、ファストバック専用の新色、ポリメタルグレーメタリック 試乗車は、ファストバックのXD Burgundy Selection 2WD。 トランスミッションは6速ATだ。 XD(ディーゼル搭載)の最上級グレードがBurgundy Selection。 のっけから価格の話で恐縮だが、これで車両本体価格は298万9200円である。 300万円を切る価格なのだ。 試乗車には、オプションのBoseサウンドシステムと360度ビューモニター+ドライバーモニタリングがついて315万100円だが、いずれにせよ、非常に競争力がある価格設定だと言える。 3m 先代アクセラから価格が上がった、という見方もあろうが、上がった価格以上にマツダ3は良くなっている。 価格が1ランクだとしたら、クルマの出来は2ランク以上上がっている。 ディーゼルエンジン搭載のCセグハッチバックでいえば VWゴルフTDIコンフォートライン:323万円 プジョー308GTラインBlueHDi:329. 9万円 メルセデス・ベンツA200d:399万円 ゴルフで言えば、マツダ3のXD Burgundy Selection 並みの装備を、と考えればTDIハイラインとなって362万円まで価格は上がる。 マツダ3XD Burgundy Selectionの300万円以下という価格に説得力を感じるではないか。 インテリアの質感は、先代から2ランクアップといっていい マツダ3からキーも新しくなった 冒頭、価格の話が長くなってしまった。 さて、ようやくマツダ3に一般公道で試乗することができた。 新色のポリメタルグレーメタリックを初めて陽の光の下で見ることができた。 不思議なカラーだが、非常に魅力的だ。 マツダ会心の、と言っていいボディデザインと相まって、素直に「これは、かっこいいな」と呟いてしまった。 まずは、クルマはかっこよくなくては。 これは軽くクリアである。 預かったキーも、新世代商品群から変わった。 ドアを開けてシートに腰を下ろしただけで、明らかに先代とは違うクラスのクルマだとわかる。 内装の質感がグッと上がっているし、マツダコネクトのセンターディスプレイのサイズも変わった。 何より、ディスプレイの高精細さが、美しい。 Burgundy Selectionは、ヘッドアップディスプレイが標準装備されている(プロアクティブ、Lパッケージにも)。 これも、コンバイナー式(反射板がせり上がってくるタイプ)ではなく、前面ガラスに投影するタイプ。 これもいい。 裏側はこうなっている エンジンをかける。 エンジンは、ご存知SKYACTIV-D1. 従来のアクセラにはあったD2. 2は今回はラインアップには存在しない。 ディーゼルは、このD1. 8のみだ。 シャシーのSKYACTIV Vehicle-Architectureの初出しがこれ。 乗り出してすぐに感じるのは、「曲がる」の楽しさだ。 ステアの正確さ、操作感も含めたステアリングのフィールともに素晴らしい。 アクセルペダルを踏む、ステアリングホイールを操作する、その連携がとても気持ちがいい。 数字には表しにくいところだが、マツダ3、第一印象、非常によし、だ。

次の