モンハン 太刀 ゲージ。 【MHW】かっこよすぎる太刀の使い方

太刀×ブシドースタイルの操作

モンハン 太刀 ゲージ

ガードが出来ない。 横方向に回避すると、回避後に両足で踏み込む僅かな隙が生じる。 攻撃範囲は広いが、振り方が大振りなので、小さい部位を集中的に狙うのは難しい。 実は錬気MAXもしくは、錬気色強化を行わないと、火力は低い方である。 よって、継続的に手数を加えないと高火力を維持できない。 パーティでは、そのリーチの広さが災いして、他の味方を邪魔しやすい。 太刀の特徴 立場的には大剣と片手剣の中間あたり。 長い刀身だがやや細身の形状である。 その軽さのおかげか、 抜刀時の移動速度は大剣のように遅くはない。 (納刀時の通常移動くらい) しかし両手持ちであり、刀身がデリケートなためか、大剣のように ガードすることはできない。 よって起き上がり時に攻撃を重ねられると、ハメられてしまいかなり苦しくなる。 見た目のかっこよさなのか、 人気の高い武器種。 これからモンハンを始める人にとっても、見た目という第一印象で太刀を選ぶ人は多め。 実際には、全武器種の中でも 操作が比較的簡単で、空振りもしにくいので、 ガードが出来ないという欠点はあるものの、序盤から誰でも使いやすい。 そもそもガード自体、敵の攻撃方向に合わせてしっかりガードしないと被弾するので、 多少の慣れは必要である。 初心者には少し難しいかも? なので、ガードが出来なくてもあまり気にせず使っていけるのではないだろうか? 機動力と手数に優れている武器なので、 可能な限り敵を攻撃し続け、また回避は斬り下がりや移動斬りを用いることで、 敵の攻撃軸から離脱しながら同時に手数を加えられる。 リーチも長いので、高所の部位も狙いやすく、尻尾切断もしやすい。 が、長いリーチの分大振りで、小さい部位を集中的に当てるには慣れが必要にもなる。 太刀の性質上、錬気ゲージ(下記)を上げることで、高火力を維持できるため、 少ないチャンスに確実に手数を稼ぎ、敵の反撃が来る前に、回避や移動斬りで離脱。 怯みや転倒、拘束時に気刃大回転を当てるといったスタイルになる。 錬気その1 太刀には錬気(れんき)と言うものが存在する。 大きく2つに分けられる。 所謂気合いのようなもの。 一つ目は 錬気ゲージの方。 敵に攻撃を当てることによって、このゲージが溜まって行く。 攻撃を当てなければ、このゲージは徐々に減少していくが、 ゲージをMAXまで上げると、約30秒間はゲージが減らなくなる。 ゲージMAXにすると、鬼人薬を飲んだようなエフェクトが発生し、 ゲージが減らない30秒間は、自身の 切れ味に1. 13倍の補正が掛かり、ややはじかれにくくなる。 その分 与えるダメージも1. 13倍になる。 攻撃を当てずに30秒経過すると、ゲージは減り始め、切れ味補正も元に戻る。 よって、出来るだけ継続して攻撃を当て続けることが、高火力を維持するポイントである。 最初は無色であり、大回転を当てると白色、(以後錬気・白と記載する。 白色の状態で大回転を当てると、黄色(=錬気・黄)• 黄色の状態で当てると、赤色(=錬気・赤)と変化していく。 赤色の状態で当てると、赤のゲージが満タンになるのみ。 白錬気で攻撃力1. 05倍、 黄錬気で1. 10倍、 赤錬気で1. 2倍になるが、 錬気・白は5分、黄は3分、赤は1分経過すると、一つ下の色に戻ってしまうので、 定期的に気刃大回転を当てて、火力を維持したいものである。 (出来れば、常時黄以上くらいを維持するつもりで) ちなみに錬気が一つ下に落ちる直前で、気刃大回転を当てると、一つ上の錬気の満タン状態になる。 )  スポンサーリンク 太刀の初心者向け立ち回り方 太刀はガードが出来ないものの、 移動斬りが「攻撃+回避」的な役割をもつので、回避を移動斬りで行うことで手数を稼いでいける。 ただ、回避動作よりも若干離脱が遅いので、一呼吸早めの離脱が良い。 移動斬り+横回避と繋げることで、かなりの距離を稼ぐこともできる。 太刀は武器の特性上、錬気ゲージを溜めるために、 継続して手数を加える必要がある。 ゲージが溜まったら隙を見て気刃大回転斬りを当て、錬気色を上げていく必要がある。 (出来れば黄色以上にはしたい) 肝心の気刃大回転斬りは、繰り出すまでに時間も掛かるため、罠等の拘束アイテム、オトモによる囮を利用して、隙を出来るだけ見つけていきたい。 太刀のパーティプレイでの使い方 機動力があり、リーチも長いので、ソロでは扱いやすい武器だが、 パーティではそのリーチが災いして、逆に使いにくい武器となる。 太刀の攻撃が味方に当たると、大半は尻餅をついてしまうので、 気刃斬りの乱用は味方に迷惑をかけやすい。 知り合い同士や、心の広い方と狩る。 あるいはパーティの武器構成を見て選ぶのもアリ。 大剣や太刀、狩猟笛、スラッシュアックス、ガンナーとは相性が良い。 野良など、見知らぬ人と狩りをする場合、 太刀を見ただけで地雷だとか、 太刀厨なんてレッテルを張る人もいるので気を付けたい。 逆にあなたが太刀を見かけても、そう決めつけないようにしよう。 広い心、持つことが大事ね! 太刀のオススメスキル 太刀向けスキル 集中 モンスターを攻撃した時に溜まる錬気ゲージが1. 2倍になる。 しかし集中自体スキル搭載はやや重いので、無理につけなくても良い気がする。 砥石使用高速化、業物 太刀はそこそこ手数が多い分、斬れ味が低下しやすい。 ので、斬れ味を維持するには効果的なスキルである。 砥石使用高速化は、5スロで簡単に発動できるので便利。 一方業物は砥石の使用頻度そのものを減らせるが、匠と同時発動するとなると、 装備やお守りが限定されたりする分少し負担あり。 (3Gはジエン亜種防具一式で発動できるが、3rdは非常に難しい) 剣士で(ほぼ)共通オススメスキル 切れ味レベル+1、攻撃力UP、達人、挑戦者 いずれも与えるダメージを増加させるスキルであり、どの武器種にも効果的なので 真っ先に候補となるスキルである。 防御系オススメスキル 回避性能、回避距離 太刀はガードが出来ないので、敵の攻撃を回避できる技量が必要となる。 回避性能は、回避の無敵時間を延ばすため、当たり判定時間の短い攻撃を避けるのに便利。 回避距離は回避での移動距離が1. 5倍になるので、回避したのに突進の脚に引っかけられた。 など、あともう少し!なんて場面で効果的。 回避性能、距離は病みつきになりやすいので、スキルを外したときは被弾しやすくなるので注意が必要。 聴覚保護 太刀はガードが出来ないので、近距離で回避するためには、回避の無敵時間でかわすしかない。 慣れないうちは非常に難しい(回避性能がないと無理なヤツもいる)。 上記スキルがあれば、咆哮は無効化出来ると同時に、その間攻撃し放題であり、 気刃大回転で火力を上げる太刀にとっては、ここでコンボを決めるととても快適である。

次の

武器/太刀(MHX・MHXX)

モンハン 太刀 ゲージ

なので本作では、赤色or黄色オーラ維持が比較的容易になっています。 4スタイルをあえて簡単に説明するなら、 「安心安定のギルドスタイル」 「シンプルな操作になっているが、基本的にはいつもの感覚で使えて狩技をガンガン使えるストライカースタイル」 「1度 気刃大回転斬りを当てて白オーラにしてしまえば、後は踏みつけ跳躍から容易に気刃大回転斬りへつなげられるエリアルスタイル」 「いつものように気刃大回転斬りが使えないが、ジャスト回避からは少ない練気ゲージでも、気刃無双斬りでオーラ強化を狙えるブシドースタイル(玄人向け)」 のような感じです。 エリアルスタイル太刀は、1度「気刃大回転斬り」を当てて白オーラにしてしまえば、後は踏みつけ跳躍から容易に気刃大回転斬りへ繋げられる点が光っています。 ブシドースタイル太刀は、気刃無双斬りを使いこなせれば、マルチプレイ時も仲間を巻き込まずにオーラを強化できます。 【初心者向け】太刀の特徴のおさらい• 武器出し状態の移動速度は軽快。 ガードはできない武器。 モンスターに攻撃を当てることで練気ゲージが増加し、時間経過もしくは気刃斬りを使うと減少する。 モンハンクロス版:太刀の練気ゲージの仕様について• 攻撃を当てる度にゲージが溜まり、気刃斬り系の攻撃を使うとゲージを消費する。 練気ゲージを最大まで溜めると点滅し、30秒間斬れ味が上がり弾かれにくくなる。 気刃大回転斬り(ブシドーは気刃無双斬り)を当てるたびに刀身のオーラが強化され、攻撃力(モーション値)が上昇。 本作では赤オーラ時に、気刃大回転斬り(ブシドーは気刃無双斬り)を当てると赤オーラの効果時間MAX(60秒)へ戻る。 練気ゲージの色 白色 黄色 赤色 青色 時間経過による効果時間 5分 3分 1分 ブレイヴ時 攻撃力上昇倍率 1. 05倍 1. 1倍 1. 2倍 (点滅時は1. 13倍) 1. バックステップが入るので射程は短いので接近して繰り出す必要がある。 攻撃の後、時間差で追撃が入り練気ゲージが1段階強化される。 構える時間は一瞬なので、攻撃を受ける直前に発動する必要がある。 太刀のスタイル変化に伴う、攻撃や連携の変化 ギルドスタイルと比べた時に、「使えるようになる攻撃や連携」や逆に「使えなくなる攻撃や連携」をまとめています。 ストライカースタイル• 太刀の左右への移動斬り、ジャンプ二連気刃斬り、気刃踏み込み斬りが使えない。 エリアルスタイル• 踏みつけ跳躍後か、狩技:練気解放円月斬りの直後しか、気刃斬りを使えない。 納刀時の段差ジャンプ攻撃が「ジャンプ二連斬り」に変わり、踏みつけ跳躍後に[X]で「ジャンプ二連斬り」が出る。 そこから[R][R][R]で気刃大回転斬りへ派生。 エア回避後の踏みつけ跳躍後、練気ゲージが白以上なら[R]で「気刃三連斬り」を出せて、続けて[R]で「気刃大回転斬り」へ繋がる。 踏みつけ跳躍~攻撃ボタンを押すまでの間に、パッドで方向を入力しておくと、入力した方向へ向きを変えて攻撃を出せる。 ブシドースタイル• 斬り下がり、気刃大回転斬りが使えない。 (X+Aは、左移動斬りが出る)• ジャスト回避後は、パッド入力でモンスターに近づいて、[X]で一文字斬りを出せます。 続けて[R]で(気刃無双斬り)を出すことができ、この攻撃の2撃目を当てれば刀身のオーラが1段階強化される。 モンハンクロスでの変更点や、エリアルスタイル、ストライカースタイル、ブシドースタイルでの操作方法など、間違いがありましたらコメントお願いします。 ハンマーやランスの人が攻撃している場所では、無理に割り込まず共存できるような立ち回りができれば、効率は分かりませんが、お互いに幸せになれると思います。 まだ攻撃のチャンスがあるなら[X]で縦斬りへ派生。 場合によっては、回避で一旦仕切り直す。 左右移動斬り[パッド左右+X+A]からも始められる。 なのでエリアルは強化オーラの維持が非常に楽。

次の

MHW|太刀の使い方、操作方法、コンボ、モーション値など。

モンハン 太刀 ゲージ

この記事では、太刀の基本的な立ち回りについて書いていきます。 モンハンダブルクロスでは、同じ武器でもスタイルによって戦い方が変わってきますが、ここではどのスタイルでも共通していえる基本的なことについてまとめていきます。 太刀は全14武器種の中でも比較的取り扱いがしやすく、初心者にもおすすめできる武器です。 他の近接武器を使うことができるプレイヤーなら、太刀の特徴を少し抑えれば誰でもそれなりに戦うことができるでしょう。 リーチが長いので尻尾の切断もしやすく、多くのプレイヤーに愛される一方で、攻撃範囲が横にも広いためマルチプレイでは何も考えずに太刀を振り回していると味方の邪魔をしてしまうこともあります。 そのため太刀の使用者に対して一部では「太刀厨」などと不名誉な通称で呼ばれてしまうこともあり、マルチプレイでは結構肩身が狭いのが難点です。 しかし、正しくポテンシャルを発揮すればパーティーに十分貢献できる武器なので、特性を理解して使いこなしていきたいものです。 では、太刀の特徴や立ち回り方に入りましょう。 【1】特徴 ・リーチが長く、高いところにも攻撃が届く。 ・抜刀時の移動速度が軽快。 ・必須スキルはほぼないため、スキルの選択肢が広い。 ・一撃ごとのダメージは大きい方ではないので、手数を増やさないとダメージを効果的に与えられない。 ・攻撃範囲が横に広いため、マルチプレイでは味方の邪魔になりやすい。 【2】練気ゲージについて 太刀の戦いにおいて、重要な要素となるのが練気ゲージです。 練気ゲージの特性をしっかり理解することで太刀の力をフルに発揮できます。 逆に、練気ゲージを上手に使って戦わないと、思っていたよりも火力が出ず、斬っても斬ってもモンスターが倒せないという事態になってしまいます。 (1)練気ゲージの溜め方 練気ゲージは気刃斬り以外の通常の斬撃を当てていくと増加していきます。 逆に、攻撃を当てていないと自然にゲージは減っていってしまいます。 ゲージを最大まで溜めると、30秒間ゲージが減らなくなるとともに斬れ味が上がり、攻撃の威力が増加します。 (2)練気ゲージの使い方 練気ゲージを消費することで、強力な気刃斬りを放つことができます。 攻撃力は白で1.05倍、黄で1.10倍、赤で1.2倍になります。 ただし、練気ゲージの色は時間経過で 1 つ前の色に戻ってしまいますので、色を維持するにはゲージの色が変わる前に再び気刃大回転斬り(気刃無双斬り)を放つ必要があります。 色の持続時間は白が5分、黄色が3分、赤が1分です。 (4)ブレイヴスタイルについて ブレイヴスタイルは気刃大回転斬りおよび気刃無双斬りが使えず、攻撃によって練気ゲージの色を変えることができません。 しかし、ブレイヴ状態になれば常時練気ゲージの色が青色に固定され、攻撃が強化されます。 他のスタイルよりもシンプルで管理がしやすいです。 【3】基本的な立ち回り 抜刀時の動きが軽快なため、抜刀して動き回りながらモンスターの攻撃をよけ、斬撃を放っていくというのが基本的な動きです。 通常の斬撃で練気ゲージを溜め、溜まった練気ゲージで気刃斬りを放ってダメージを稼いでいきます。 R の連続入力で気刃大回転斬りを放って練気ゲージの色を上げていきたいですが、大回転斬りまで出すにはかなりの時間がかかるので、モンスターの隙の大きさを十分に見極めなければなりません。 モンスターが隙の大きい大技を放った後や転倒時なんかが狙い目です。 大回転斬りまで気刃斬りを繋げる余裕がない場合は、途中で X + A の斬り下がりおよび左右移動斬りに派生してモンスターとの距離を取りつつ、反撃を受けないようにします。 ポイントとなるのが、気刃斬りを放つときに、あまり R 連打をしないようにすることです。 通常の斬撃では練気ゲージを増加させることができるので、こまめに X 派生で通常の斬撃を挟み、練気ゲージを回収するようにしましょう。 上手に連携を工夫することができるようになれば、一度溜まった練気ゲージを尽きさせることなく、気刃斬りを継続して放つことが可能になります。 練気ゲージの色を変化させることができなくても、練気ゲージを最大に保ち続けることでも通常より少しは威力が増加しますから、無色でも最低限ゲージ最大は維持しながら戦えるようにはなりたいです。 そうでないと本当に火力が残念なことになってしまうので。 練気ゲージをいかに最大に維持できるように管理できるかが太刀を上手に使うためのポイントです。 【4】マルチプレイでの注意点 とにかく、広い攻撃範囲で味方をこけさせないように注意しましょう。 中でも気刃斬り(特に大回転斬り)は攻撃範囲がめちゃくちゃに広く、頭部に味方が集中しているときに大回転斬りなんかを放ってしまうと、味方すべてを巻き込んでしまい、3~4人分のダメージを与えられたところが自分一人分のダメージしか与えることができなくなってしまいます。 弱点部位に効率よくダメージを与えようとしても結果的に全然ダメージ効率が良くないという事態に陥りかねません。 こけさせられた味方はストレスを感じるだけでなく大きなダメージロスを起こしてしまいます。 ただでさえ太刀は味方を巻き込みやすい武器としてマルチでは嫌がられやすい武器ですから、太刀を使う際は、できるだけ味方のいない部位を狙うようにするのが平和です(特にスーパーアーマーをあまり持たない武器と共に戦うときは)。 さすがにここまで嫌われているのは風評被害に近いものがある気がして、太刀使いには気の毒な気がしますが。 まあ、実際太刀の瞬間火力はそこまででもないので、味方2~3人を押しのけてでも太刀が弱点部位を攻撃するメリットがあるわけではないので、素直に弱点部位は味方にお任せして迷惑にならないところをかっこよく楽しく斬っている方が太刀側も気持ちよく戦えると思います。 どの武器にもいえることですが、マルチプレイは自分一人ではなくチームで戦っているので、みんなが気持ちよく戦えるように配慮することが大切ですよね。 以上、太刀の基本的な立ち回り方についてでした。 太刀は見た目やモーションがかっこよく、厨二心をくすぐる楽しい武器です。 その上操作も簡単めなので、好きな人は多い武器だと思います。 操作がしやすい一方で軽快な立ち回りで華麗にモンスターの攻撃を避けながら反撃し、一部の狩技やスタイルアクションではカウンターまでできるという、まるで熟練者のような無駄のない動きで魅せる戦い方もできるので、極め甲斐も十分にある武器です。 使いこなすことで、きっと美しく華麗なハンティングを楽しめるようになるでしょう。 カテゴリー• 344• 105• 8 アーカイブ•

次の