コロナ禍にあり。 コロナ禍と「赤旗」/日本と世界のあり方提起に共感

コロナ禍でも退去者0人。5億の資産を築いたサラリーマン投資家が教える地方の不動産での勝ち筋とは?

コロナ禍にあり

PR 2020年にビジネスパーソンの働き方がここまで大きく変わると予想していた人はそう多くないでしょう。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な流行により、日本でも4月7日に緊急事態宣言が発令、これまでにない規模でテレワークによる在宅勤務への移行が進んでいます。 以前は「働き方改革」「20年夏の大型スポーツイベント開催による交通混雑の対策」といった切り口で語られることが多かったテレワークですが、現在は「 従業員を守りながら事業を継続させる」ために、導入は必須ともいえる状況になったといっても過言ではありません。 この数カ月間で、さまざまな課題が鮮明になってきたのではないでしょうか。 働く場所が変わっても従業員の生産性やワークライフバランスを維持もしくは向上させるために、企業は何ができるでしょうか。 テレワークによる在宅勤務の生産性を高めるために 4月ごろから在宅勤務を従業員に指示する企業が大きく増えました。 働く場所を問わずに高い生産性を実現するには、環境への投資が必要です。 そこで今回は、約4年半にわたりテレワークを導入、実践してきたPCメーカーのレノボ・ジャパンが公開した「テレワーク環境ガイド」から、どのような部分を改善すれば在宅勤務やテレワークの生産性向上に効果的であるか、具体的なポイントやテクニックを紹介します。 まずは部屋の環境作りから 自宅に自分専用のデスクがある人や、リビングのダイニングテーブルにノートPCを広げる人など、家族構成や環境によって生活スタイルはさまざまです。 オフィスのように条件が均一ではないバラバラの環境下で、企業はどのような対策が取れるでしょうか。 レノボは厚生労働省が定める「情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン」が参考になるとしています。 例えば次のような要素が大切であるとしています。 室内は全体がまぶしすぎない均一な明るさに設定し、ディスプレイに太陽光などが当たる場合は、窓にブラインドやカーテンを取り付けること• 椅子は座面の高さを体形に合わせて調整でき(37〜43cm)、傾き調整機能付きの背もたれや肘当てがあるもの• デスクはPCの周辺機器や書類などを適切に配置できる広さで、高さ調節機能を持っている、もしくは体形に合わせた高さ(65〜70cm)に調整すること• 窮屈ではない足の空間を確保すること 改めて重要だといえるのは、「 従業員の自宅もオフィスと同じように設備投資の対象である」と企業側の認識を改めることです。 自宅勤務を前提にした制度を検討するべきです。 従業員にテレワーク環境を整えるための一時金を支払う企業も出てきています。 コラボレーションのクオリティーに影響する通信環境 テレワークを実現する上でインターネットは必須事項です。 そして適切な通信環境を用意することが業務の生産性に直結します。 特にWeb会議など通信量が多いアプリを使う機会が多くなるため、レノボは基本的に 光ファイバーなどの固定回線か、通信量制限が無いもしくは月に数十GB単位で利用できる4G回線を推奨しています。 例えば、「Microsoft Teams」を使ったWeb会議では、1対1のビデオ通話(720p)ではネットの通信速度として上りと下りそれぞれで1. 2Mbps以上を確保することが推奨されています。 新型コロナを機にテレワークを実施する従業員からのフィードバックによって「 自宅に固定回線があることは、実は当たり前ではない」という事実に気付かされた人も多いでしょう。 場合によっては、従業員の自宅の通信環境を会社が整える必要性もありそうです。 全ての基本となるPCデバイスの選択 テレワークの実施に当たり、もっとも重要であると言ってもいいのがPC環境の用意です。 レノボでは具体的にどのようなスペックのPCがテレワークに適しているのか、一定の基準を提示しています。 まずオフィスでA4サイズのノートPCやデスクトップPCを使っていた従業員には、 ディスプレイサイズが14型のノートPCを推奨しています。 経理や総務などのバックオフィス業務では、Excelシートで数字を扱う機会も多いはずです。 持ち運びを前提にした小型モデルを与えてしまうと、画面が小さくて見づらく、生産性が低下する可能性があります。 どうしても会社全体で機種を統一する場合でも13型が限度となるでしょう。 今後、屋外でテレワークを行う可能性がある場合は、 外付け型もしくは内蔵型のプライバシーフィルターも用意することも望ましいでしょう。 キーボードは「 変則的なレイアウトではないこと」「 長時間のタイピングでも疲れにくいキータッチであること」などを考えて選ぶべきです。 数字を多く扱う人には、別途テンキーや外付けキーボードを支給することも一つの手です。 Web会議などの実施を見据え、 Webカメラは必須といえるでしょう。 最近は常にレンズが露出しているとプライバシーの観点で気になるという声もあります。 物理的なカバーを備えたモデルも検討するのが得策です。 これを機に生産性の向上を追求するのであれば、ディスプレイの接続や充電など拡張性が高いUSB Type-Cを採用したモデルや、今後テレワークによる持ち運びの幅が広がることを見据えたSIM内蔵によるLTEモデル、耐衝撃に優れた堅牢モデルを選択肢に加えることも考えられます。 例えばレノボの Windows 10 Pro 搭載「 ThinkPad X1 Carbon Gen 8」(2020年モデル)は、重さ約1. 09kg〜、厚さ14. 95mmと、スタイリッシュなボディーに高いパフォーマンスを凝縮した14型フラグシップノートPCです。 シリーズ第8世代に当たるこのモデルは、OSにWindows 10 Proを採用。 360度の集音マイクやDolby Atomosのスピーカーシステムに準拠した高品質スピーカーを搭載しており、オンライン会議にも適しています。 のぞき見防止の内蔵プライバシーフィルター機能「ThinkPad Privacy Guard」も搭載できるなど、テレワーク用途にもぴったりです。 厚労省のガイドラインで定められている「 40cmの視距離」「 高さが視線と同じ」といった条件を満たすために、ディスプレイの高さを調節できるスタンド機能といった要素も重要です。 最新モデルでは、USB Type-Cに対応するディスプレイも増えています。 ノートPCもUSB Type-Cを採用したモデルを選択すれば、ケーブル1本で映像出力から給電まで行えます。 USB Type-C対応のドッキングステーションを活用すれば、有線でのネットワーク接続や他のUSB機器の接続など、生産性向上のための拡張性はさらに高まるでしょう。 コミュニケーションの質に差が出るWeb会議ツールの通話品質 新型コロナによる在宅勤務への移行で、Web会議ツールを活用したビデオ通話の機会が大幅に増えたという人は多いはずです。 社内はもちろんのこと、社外との打ち合わせもオンラインで済ませることが当たり前になりつつあります。 レノボ・ジャパンが2019年に国内で行った調査でも、すでに「 テレワーク環境において約7割の人はオンラインによる会議を日常的に利用」という結果が出ていたように、テレワークとWeb会議は切っても切り離せない関係です。 また、会議の長さに関わらず、ビデオをオンにして顔を見合わせて話すことも重要なポイントです。 表情は会話をスムーズに進める上での大事な情報となります。 そんなWeb会議をスムーズに進めるために大切なことと言えば、「音」にこだわりを持つことです。 高品質なマイクスピーカーやヘッドセットを準備することで、実際に対面する会議とほとんど変わらない品質で、マイクの存在を意識せず自然に喋った内容を相手へ届けることができます。 レノボは、ワイヤレスやワイヤード、ノイズキャンセルの有無や接続タイプの違いで3種類のヘッドセットをリリースしています。 フラグシップノートPCのThinkPad X1 Carbon Gen 8(2020年モデル)では、前世代モデルに引き続き4つの360度集音マイクを搭載。 ノイズキャンセル機能とあわせ、Web会議に適した機能を最初から備えています。 Web会議がテレワークで業務をスムーズに遂行するために必要な存在あることは明らかですが、もっと使い勝手をアップさせる専用デバイスも登場しています。 レノボの「ThinkSmart View」は、Microsoft Teams専用の個人向けコラボレーションデバイスです。 見た目はディスプレイ付きスマートスピーカーのようですが、8型の画面にはビデオ会議の通話相手が表示され、直感的にWeb会議を行えます。 Web会議に適したマイクやスピーカー、カメラは最初から全て搭載されています。 もちろんWeb会議はPCでも行えますが、1日に何度もWeb会議を行うようなマネジャーの場合、アプリの起動やセッティングに煩わしさを感じたことがあるはずです。 単体でも使えるThinkSmart Viewがあれば、PCは資料の閲覧や他の作業に集中させることができます。 毎日使うものだからこそ、シンプルな使い勝手が仕事の効率に影響するはずです。 Microsoft Teams専用の個人向けコラボレーションデバイス「ThinkSmart View」 さらにテレワークを行う従業員だけでなく、オフィスにいる従業員の効率を高めることも忘れてはいけません。 今後、新型コロナが収束したとしても、テレワークの導入を継続する企業は増えるでしょう。 そんな企業の会議室には、例えばOSにWindows 10 IoT Enterpriseを搭載したオールインワン会議システム「ThinkSmart Hub500 for Teams Rooms」を導入することで、よりWeb会議を身近に感じられるような環境を構築できるでしょう。 会社がテレワークに舵を切るのであれば、こういったツールをオフィスに導入することもあわせて検討するべきです。

次の

コロナ禍を機に「ワンオペ育児」を卒業したい妻が夫に提案すべきこと4つ

コロナ禍にあり

災害時に役割を果たしてきた町内会・自治会の価値がこのコロナ禍で見直されるかもしれない(写真:Rhetorica/PIXTA) 日本は今、独特な苦境に立たされている。 世界中の政府がこの新型コロナウイルスの感染拡大に対応し人の接触を極めて厳しく削減する方策を採っている中、日本の中央政府や地方自治体はそのような方策を遂行したり強制したりする権限を持たない。 彼らにできるのは国民に人と距離をとるよう要請することだけである。 このやり方は目下のところ、確かにある程度まで効果を出している。 最新の数字を見ると感染拡大の速度は少し下がっているし、恐れられたオーバーシュート(感染爆発)は防げたように見える。 しかも緊急事態の制限がだんだん穏和してから居酒屋や遊園地やパチンコ店が再開すると、再び感染拡大のおそれが広がりかねない。 一方、日本の歴史を見ていると解決の糸口がありそうでもある。 カギを握るのは町内会と自治会だ。 日本に住んだことのある人なら皆、この組織に接したことがあるだろう。 込み入ったゴミの分別方法を監督したり、地元のお祭りを取り仕切ったりするのはこの組織である。 政府と社会の間の不思議な隙間を埋めていると言える。 参加するのは自発的だが、役所によって提供されるサービスを多く代行し、役人と協力して住民個々の行動を方向づける手助けをする場合もある。 災害時において重要な役割を果たしてきた 町内会は、昔から災害時の対応において、とくに重要な役割を果たしてきた。 最も古い町内会は江戸時代にさかのぼる。 定期的に発生する、町々を焼き尽くす火災から町を守るために住民が共同組織を作ったのである。 近代では1923年の関東大震災の直後に形成され、戦間期には、火災、犯罪、病気に対応する地域の主たる組織的枠組みとなった。 町内会の役目は第2次大戦中に拡大した。 町内会管理の下で隣組が成立されて、国民は全員加入が義務付けられたのだ。 戦争の激化に伴い、隣組は愛国心をかき立て、戦時債券を売り、防空壕を掘り、配給切符を配るといった、銃後の重要な役割を担うようになった。

次の

日本農業新聞

コロナ禍にあり

緊急事態宣言が明けて以降も発表会や取材はまだオンラインが多く、相変わらず家に引きこもる毎日が続いています。 スマホはもっぱら自宅のWi-Fiにつなぎっぱなし。 仕事で速度調査やレビューはしたものの、目当てのスマホが発売されたらプライベートでも機種変更&プラン変更しようと思っていた5Gにも、すっかり乗り遅れている今日この頃です。 そんな中、auから5G向けの新しい料金プラン「データMAX 5G ALL STARパック」の提供が開始されました。 データ通信が使い放題なのに加えて、「Netflix」「Apple Music」「YouTube Premium」「TELASA」の4つの動画&音楽配信サービスの月額料金がセットになったプランです。 最初にこのプランが発表された3月の時点では、正直なところあまりピンと来ていなかったのですが、引きこもっている間に動画を見る機会がものすごく増えて、状況が変わりました。 すで利用していた「Netflix」(ベーシック月額800円)、「Apple Music」(個人月額980円)に加えて、「YouTube Premium」(月額1180円)にも加入してしまったからです。 きっかけはあるオンライン飲み会で仲間と盛り上がったのを機に、筆者の中で80年代の洋楽ミュージックビデオの一大ブームが巻き起こったこと。 「広告出ないってどんな感じかな?ちょっと試してみよう」くらいのほんの軽い気持ちで申し込んだのですが、「YouTube Premium」を経験するともう無料のYouTubeには戻れない。 というくらい、めちゃくちゃ快適だったんですよ、これが! 広告が表示されるといってもテレビとは違って数秒でスキップできるものがほとんどですし、自分ではそんなにストレスに感じているつもりもなかったのですが、見たい動画の上にバナーが出たり、いいシーンで広告が挟まることがないと、こんなに気持ちよく動画コンテンツが楽しめるのかと、まさに目からうろこ。 さらにスマホでは、ほかのアプリの使用中にバックグラウンドで音楽が再生できるのも非常に便利です。 筆者は家事をしながら、もうずっと80年代ヒットソングを聴きまくっています。 テレビ朝日系の「TELASA」(月額562円)はまだ利用していませんが、「Netflix」「Apple Music」「YouTube Premium」の3つだけでも月額2960円。 これがスマホ料金とコミコミになるのは、かなり魅力的です。 ちなみに筆者が今利用しているプランは「ピタットプラン 4G LTE」。 残念ながらスマートバリューも家族割プラスも適用外なので、今のように自宅のWi-Fiにつないでほんとんど使わない(1GB未満)場合の月額料金は2980円になります。 この2980円とは別に、3つの配信サービスの利用料金2960円が毎月かかっているわけです。 もし5Gスマートフォンに機種変更して「データMAX 5G ALL STARパック」にプランを変更したら、月額料金は1万980円。 さらに利用したデータ通信量が2GB以下の場合は、1480円割引になって7000円。 今払っている2980円+2960円=5940円との差額は1060円です。 今はほぼ自宅のWi-Fiにつないでいるので、データ通信量が1GB以下に収まっていますが、今後外出が増えてくれば、月に1GBは余裕で超えてしまうでしょうから、「ピタットプラン 4G LTE」の月額料金は4480円(~4GB)になります。 これに配信サービス分をあわせると4480円+2960円=月額7440円となり、7000円を上回ることになります。 さらにデータ通信量が増えれば、5980円(~7GB)+2960円=月額8940円に。 「データMAX 5G ALL STARパック」の月額8480円の方がお得なのは一目瞭然です。 つまり、今のように引きこもっているなら、現状の「ピタットプラン 4G LTE」(~1GB)に配信サービスは個別加入の方が安くつくが、外に出始めてデータ通信量が1GBを超えるなら、「データMAX 5G ALL STARパック」のほうがお得ということ。 発表会や取材もいずれオンラインからリアルへと戻っていくでしょうし、そのタイミングを見極めつつ近々、5Gスマホへの機種変更&「データMAX 5G ALL STARパック」へのプラン変更をしたいと思います。 ちなみにauでは今、「データMAX 5G ALL STARパック」だけでなく、5Gでも4Gでも、同社のスマホユーザー全員に「YouTube Premium」が3ヵ月無料になる、超太っ腹なキャンペーンを提供しています。 利用するにはau IDを使って「YouTube Premium」へ申し込む必要がありますが、auユーザーの人は今すぐ申し込むことをおすすめします。 YouTubeを見るなら「YouTube Premium」は本当に快適ですよ。 まぁ一度体験したら最後、筆者のようにもう後戻りできなくなってしまうかもしれませんが……。 なおこのキャンペーン、筆者も当然ながら申し込んだのですが、すでに「YouTube Premium」を利用している場合は一度解約する必要があるようです。 期間満了後に再度申し込むことになりました。 「YouTube Premium」ユーザーの方はご注意ください。

次の