ビット コイン レバレッジ 最大。 国内の仮想通貨(暗号資産)レバレッジ取引所11社を比較!手数料や使いやすさなど11項目を比べてランキング【2020年6月版】

ビットコインFX取引所/業者を比較!レバレッジ最大4倍で暗号資産(仮想通貨)を取引できる

ビット コイン レバレッジ 最大

仮想通貨 ビットコイン のレバレッジ取引とは? 他金融商品を取引したことのある方は「信用取引」「FX」という単語を聞いたことがあると思います。 仮想通貨のレバレッジ取引も仕組みは全く同じで、取引所によって信用取引であるケースとFXであるケースがあります。 仮想通貨 ビットコイン のレバレッジ取引とは「 証拠金を担保に 数倍のポジション を持てる」「 板取引 =信用取引の場合と 販売所 2way 方式 = FX の場合がある」 証拠金を担保に証拠金以上のポジションを構築できるということは、取引所に借金をしている状態になります。 踏み倒されてしまっては取引所が倒産してしまいます。 そのため、板取引の取引所ではある一定の維持率を下回ると「追証」といい追加入金を行わないとポジションが強制決済されるところが大半です。 販売所形式の取引所では追証を設定せず、資産がマイナスになる前に強制決済されて資産が0になる「ゼロカット」を採用しているケースが多いです。 レバレッジ取引は 取引所に借金をしている状態で、相場変動次第でポジションを 強制決済される可能性がある、というのは覚えておきましょう。 仮想通貨 ビットコイン のレバレッジ取引 仮想通貨FX の メリット 実際に2017年より仮想通貨のレバレッジ取引を行なっている僕が感じた、仮想通貨ならではのレバレッジ取引のメリットをまとめました。 少ない資金で大きなリターンを得られる 現在の日本の仮想通貨市場は最大レバレッジが自主規制団体の方針により 4 倍に制限されています。 これまで僕が使っていたbitFlyerのビットコインFXは、最大 15 倍でした。 (ちなみに現在使っている海外仮想通貨取引所のBitMEXは何と最大レバレッジ 100 倍です。 ) レバレッジ4倍と15倍で、得られるリターンの差分を計算してみましょう。 仮に101万円に値上がりすると、 前者は 4 万円の利益に対して後者は 15 万円の利益になります。 単純な計算ですが、レバレッジをかける方が少ない資金でより大きなリターンを得られるのです。 利益が大きくなるということは、値動きが逆行すれば損失も大きくなるということなので注意は必要です。 下落相場でも売りから入ることで 利益を出すことができる 仮想通貨相場は2017年、間違いなくバブルでした。 2017年12月に 1BTC200 万円を付けたあと、何と2018年には 40 万円を下回るまで下落。 ですが、レバレッジ取引は売りからポジションを持つことも可能です。 信用取引と同じ仕組みで、証拠金を担保に売りポジションを持ち、安値で買い戻すことで差額は利益になります。 下落相場にも対応するためにも、レバレッジ取引はできるようになった方が良いのです。 ビットコイン現物を長期保有する場合は ヘッジショート =両建て を行うことで 資産毀損リスクを減らせる 先程、レバレッジ取引は売りから入ることもできる、と書きました。 レバレッジ取引は、自分でポジションの倍率を変えることができます。 つまり、1倍だって良い訳です。 僕が現在取引をメインで行っている仮想通貨取引所のBitMEXではビットコインの現物が証拠金です。 そのため、ビットコインが下落すると資産も減少してしまいます。 ビットコイン現物を持っている時に下落相場になったときに「 レバレッジ 1 倍のショートポジション=保有ビットコイン枚数と同数の売り」を持つことで、 日本円を持っている状態と同じになります レバレッジ取引は 売りで 1 倍以下でのレバレッジ倍率 でもポジションを持てるので、 下落相場で資産を " 減らさない " トレードができる、ということを覚えておきましょう。 仮想通貨 ビットコイン のレバレッジ取引 仮想通貨FX の デメリット レバレッジ取引に対して「怖い」という漠然としたイメージをお持ちの方は多いと思います。 メリットで「リターンが大きいが損失も大きくなる」と書きましたが、必要以上に怖がってレバレッジ取引を行わないことは機会損失に繋がります。 普段取引していて感じる、レバレッジ取引を行うにおいて気を付けなければいけないことをまとめました。 急な相場変動により現物取引に比べ 損失が膨らむ可能性がある 仮想通貨だから、という訳ではないのですがレバレッジ取引を行うということは、証拠金を担保に数倍のポジションを持つことができます。 先ほどのレバレッジ4倍 vs 15倍でどの程度損失に違いがあるのかまとめてみます。 仮に99万円に値下がりすると、 前者は 4 万円の損失に対して後者は 15 万円の損失になります。 (次回の証拠金が減ることから、出せる利益も減るため) レバレッジ取引を行うときは「高レバレッジでポジションを持つ時は利確・損切りを短い時間で行う」ことを徹底しています。 追証や ロスカットされると 借金を背負う可能性がある レバレッジ取引は取引所に証拠金以上のポジション分を借りてる形になります。 株式投資の信用取引も同じですが、維持率が下がりすぎると「追証」と呼ばれる追加入金を行わないとポジションを強制決済されます。 (そうしないと取引所が顧客の損を被って倒産してしまいます。 ) 追証を超してさらに相場が動くと、「強制ロスカット」されることがあります。 僕は通算5回大きなロスカットをしています。 (総額500万円くらい... ) 直近だと2019年5月にbitFlyerでのビットコインFXにて、フラッシュクラッシュに巻き込まれてかなり高い位置に指してたショートポジションを強制決済されました。 162万円をビットコインFX用の証拠金に入金していましたが、何と150万円も強制ロスカット... 朝起きたら資産が飛んでました。 毎月150万円を証拠金に固定し、利益は現物口座に移していたこともあって被害は限定的でしたが、さらに値が滑っていたら証拠金以上の損失を出して資産がマイナスになっていたところでした。 売りから入れるため 上昇相場で損失を出すこともある レバレッジ取引は売りから取引を開始できるため、下落相場で売りで利益を出すことができるとメリットに記載しました。 ということはその反面、上昇相場にも関わらず 売りから入ることで損失を出してしまうこともあります。 これはトレードスタイルが逆張り(値動きに逆らって反発を狙う)か順張り(値動きについて行くようにトレードする)かで異なりますが、どちらでも損する場合があります。 逆張り派は上昇相場の終わりを見極められず、安易な売りを焼かれる。 順張り派も抜けると判断したところが底で反発して焼かれる。 買いは家まで売りは命までと言われるように、レバレッジ取引の売りでの損失は破産者をよく出します。 スワップ手数料や Funding手数料など 金利が高くポジションの長期保有に向かない レバレッジ 証拠金 取引は 取引所に借金をしている状態です。 当然、レバレッジ取引のポジションに対して金利が発生します。 取引所により金利の年率や徴収頻度・時間は異なりますが、1日1-3回程度決まった時間に0. 01-0. レバレッジ取引で金利を取られたくない場合は仮想通貨の 先物ポジションを持つと良い 金利がかかってしまうため、長期のポジションを持つには不向きなレバレッジ取引ですが、先物取引であれば金利はかかりません。 元々レバレッジ取引に金利が存在するのは、現物価格との乖離を防ぐためで、先物商品は期日に基準となる現物価格と補正されるので手数料が取られません。 僕はビットコインもアルトコインも豊富な先物商品を取り扱っているBitMEXでの取引で、手数料の損を上手く回避しています。 仮想通貨 ビットコイン のレバレッジ取引 仮想通貨FX を扱う取引所を選ぶ ポイント 取引環境が良い= サーバーが強固で 急騰急落時も注文が通りやすい レバレッジ取引を行なっている場合、取引所のサーバーが強いかどうかは損益に関わる重要な要素です。 相場の急騰・急落が利益を出すチャンスですし、逆に言うと損失をいち早く解消したいタイミングにもなります。 当然、多くのトレーダーが同様の考えになるため取引所へのアクセスが集中します。 その時に注文が通りやすいかどうかは、トレーダーが生き残るための生命線です。 設定できる 最大レバレッジ倍率が 高い レバレッジ取引をする場合は、少ない資金で大きな利益を出すためにレバレッジを高く設定したくなると思います。 仮想通貨取引はまだ総合課税(雑所得)でもあるので、利益を大きく出さないと手元に残るお金は雀の涙になってしまいます。 国内の仮想通貨取引所は最大レバレッジが4倍に統一されていますが、海外だと日本の規制を受けないため100倍に設定できるところもあります。 僕の普段利用している海外取引所のBitMEXも最大レバレッジ100倍が特徴で、世界最大の仮想通貨デリバティブ取引所となっています。 相場急変時でも スプレッドが 狭い 先ほどサーバーが強固であるかどうかが重要だと書きましたが、販売所形式では相場急変時の取引所側の損失を防ぐためにスプレッドが変動します。 板取引形式の場合でも、出来高の少ない=ユーザー数の少ない取引所だと相場急変時に板が薄くて約定の値段が滑ってしまうことがあります。 (僕がbitFlyerで損失を被ったのもそれです。 ) サーバーの強い取引所では、比較的スプレッドが狭い傾向があるのでセットで確認しましょう。 取引手数料 約定手数料・スワップ手数料 が 安い 僕はbitFlyer時代はスキャルピングという、短くて数秒・長くても数分程度のポジションを持つ取引手法でした。 そうすると、1日に何十回もトレードをすることになるため「手数料負け」しないことが大事です。 国内の仮想通貨取引所の手数料は下記記事でまとめています。 仮想通貨 ビットコイン の レバレッジ取引を扱う オススメの取引所 " 国内"仮想通貨取引所なら「 GMOコイン」一択! 現在、国内の仮想通貨取引所は軒並みレバレッジ規制のために最大4倍のレバレッジに修正されています。 2019年現在で僕が国内取引所でレバレッジ取引を行うならば、GMOコイン一択になります。 元々大好きだった板取引のできるbitFlyerのBTC FXは、レバレッジ規制による改悪と共にユーザーが離れて板が薄くなり、優位性が無くなってしまいました。 GMOコインは販売所形式(FXの2way方式)ですが、国内最低水準のスプレッドを相場急変時も維持しており、 国内取引所の中では最も期待値の高いトレードができると感じました。 (現在のbitFlyerのBTC FX=lightning bitFlyerでのFXより、実質スプレッドは狭いです。 ) アルトコインのレバレッジ取引も用意しており、国内で仮想通貨レバレッジ取引を行うならGMOコイン一択だと思います。

次の

SimpleFX レバレッジ最大500倍!ビットコインが増えるFX!MT4も使える♪

ビット コイン レバレッジ 最大

Coincheck コインチェック のレバレッジ取引は2020年3月13日で終了! 出典: 2020年3月13日 金 12時で、 コインチェックでレバレッジ取引のサービスは終了します。 2019年12月現在、 コインチェックではレバレッジ取引の 新規注文ができません。 コインチェックで既にレバレッジ取引の口座がある人は残高振替を忘れずに行いましょう。 少額投資で大きな金額を取引できるレバレッジ取引 レバレッジ取引は 「 てこの原理」を働かせ、預けた金額の 数倍の金額を取引する方法です。 例えば1万円の資金を用意すると、 レバレッジを5倍かけて5万円分の取引ができます。 現物取引と比較し、レバレッジ取引は 少額で大きな金額の取引が可能です。 証拠金とは レバレッジ取引をするために取引所に預ける資金 レバレッジ取引は 価格が上がると大きな儲けを手にできるチャンスがあります。 ただし、レバレッジ取引は 取引金額が大きい分、損失も大きくなりやすいので 注意し ましょう。 レバレッジ取引は短期間で大きな利益を見込める レバレッジ取引は 短期間に大きな金額を儲けられるチャンスがあります。 特定の通貨を短期集中で取引して 大きな金額を儲けたい人におすすめです。 なぜなら、レバレッジ取引は保有通貨に レバレッジ手数料が 0. レバレッジ取引は 通貨の種類を限定して 短期間集中で取引しましょう。 日本国内ではレバレッジを4倍までかけられる 現在、国内取引所の レバレッジ率は最大4倍までの取引所が多いです。 一方で、 海外取引所は国内取引所ほど規制が厳しくないので 100倍以上のレバレッジをかけた高額取引ができる取引所があります。 2019年11月、日本国内の金融庁は レバレッジ率を最大4倍から最大2倍までに引き下げることを検討しています。 今後、日本国内のレバレッジ率には 新たな変化が起こりそうです。 金融庁認定の仮想通貨交換所の運営会社は、金融庁より認定資金決済事業者協会に正式に認定されたJVCEAに会員社として所属しており、JVCEAが定めるレバレッジ倍率4倍以下という規則を2018年末から相次いで採用する動きが進んでいる。 「しかし、金融庁は最終的にレバレッジの上限を2倍以下としたいようだ」 出典:より抜粋 レバレッジ取引をするデメリットは3つ レバレッジ取引をするデメリットは 以下の3つです。 証拠金維持率が取引所の基準値を下回った際に、 自動決済される仕組み ロスカットが遅れると 損失額が大きくなり、 追証と呼ばれる 追加の証拠金を支払う可能性があります。 ロスカットで資産は守られますが 追証による損失に注意しましょう。 レバレッジ取引は損失が大きくなりやすい レバレッジ取引は損失が大きくなりやすいです。 なぜなら、レバレッジをかけて 大きな金額の取引ができるからです。 仮に 元手10万円で現物取引とレバレッジ取引をする場合、通貨価格が 1万円下落すると損失はどうでしょうか。 元手 レバレッジ 1BTC=10万円 1BTC=9万円に下落したときの損失額 現物 10万円 なし 1BTC=10万円 -1万円 レバレッジ 4倍 4BTC=40万円 -4万円 レバレッジ取引は ハイリスクかつハイリターンで、 損失金額もレバレッジ倍率に応じて大きくなるので注意しましょう。 まとめ.

次の

iFOREXのビットコインなどの仮想通貨FXは、最大レバレッジ何倍ですか?FX通貨ペアと同じ400倍ですか?

ビット コイン レバレッジ 最大

・仮想通貨FX始めたいけど、取引所毎のレバレッジ倍率が知りたい! ・金融庁が仮想通貨FXのレバレッジ規制に乗り出して、国内取引所だと2019年中にレバレッジ4倍以下になりそうだけど、海外取引所のレバレッジ倍率はどうなの? こんな疑問にお答えします。 レバレッジは、仮想通貨FXをやる上で、最大のメリットとなる仕組みです。 高いレバレッジを利用することで、少ない資金で効率よく取引ができ、なおかつ大きな利益を生み出す事もできます。 しかし、 レバレッジの使い方を間違えると、大きな損失を生む可能性があることも事実です。 今回は、仮想通貨 ビッコイン FXができる国内・海外取引所のレバレッジ倍率を比較しました。 そもそも仮想通貨FX レバレッジ取引 とは? 仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。 少しわかりづらいと思うので具体例を挙げてみます。 【例】ビットコインFXの場合 1BTC ビットコイン 価格=100万円としてます。 ビットコインFXができる取引所の口座に100万円預けるとします。 そうすれば現物取引だとビットコインを1枚(100万円分)購入することができます。 しかし! ビットコインFXならビットコインを25枚(2500万円分)購入できます。 これがビットコインFXです。 お金が勝手に増えているわけではないのでご注意を! 要するにビットコインFXができる取引所の口座に100万円を預けると、100万円の25倍、つまり2500万円分の取引ができますよ!というこです。 この 25倍のことをレバレッジと呼びます。 しかし、海外取引所ではなんと200倍のレバレッジ取引ができるところもあります。 しかし! 上手くいかなかったら?! そうです。 2018年4月に発足した、日本仮想通貨交換業協会 Japan Virtual Currency Exchange Association(JVCEA)は、2018年10月に金融庁より正式に、認定資金決済事業者協会(自主規制団体)として認定されました。 日本仮想通貨交換業協会が公表している資料からは、 1年限りの猶予期間がありそうですが、正式なスケジュールに関しての発表はありません。 つまり、2019年10月より国内取引所ではレバレッジ最大4倍となりそうです。 すでに DMM Bitcoinでは、2018年12月26日より仮想通貨FXの最大レバレッジ倍率を5倍から規定の4倍に引き下げました。 BIT POINTも、2019年2月上旬より最大レバレッジ倍率を25倍から4倍へ引き下げを行いました。 5月28日より最大レバレッジ4倍に変更となりました。 その他の仮想通貨FXができる業者は最大レバレッジ4倍となっています。 しかし、コインチェックも2019年10月31日より最大レバレッジ4倍となります 今後、Zaifとcoinchekもレバレッジ4倍になると思われます・・・ ここまで仮想通貨FXのレバレッジ規制の話をしてきましたが、各社現状のレバレッジ倍率を比較していきます。 仮想通貨FX ビットコインFX ができる国内取引所のレバレッジ倍率比較 7社 まずは、仮想通貨FX ビットコインFX ができる国内取引所からレバレッジ倍率を比較します。 取引所 レバレッジ倍率 bitFlyer bitFlyer Lightning 4倍 DMM Bitcoin 4倍 GMOコイン 4倍 BIT POINT 1、2、4倍 Liquid 4倍 Zaif AirFX 1、2. しかし、 2019年10月31日よりコインチェックも最大レバレッジ4倍となります。 取引所 レバレッジ倍率 Bit MEX ビットメックス 1、2、3、5、10、25、50、 100倍 CryptoGT クリプトGT 1、10、25、50、100、 200倍、500倍 海外取引所のレバレッジをみると、国内取引所のレバレッジが霞みますね・・・ BitMEXは最大レバレッジ100倍、CryptoGTに関しては最大200倍です。 海外取引所は、日本の規制の外にあるんで大丈夫ですよ!レバレッジ規制はほど無いと言っていいでしょう。 国内取引所のレバレッジ規制により、海外取引所を使うユーザーが今まで以上に増えるでしょう。 もはや、国内取引所で仮想通貨FXをやるメリットがなくなりそうです。 レバレッジ倍率だけで取引所を選ぶのは危険! 国内・国外取引所のレバレッジ倍率をご紹介しましたが、レバレッジ倍率だけで取引所を選ぶのはやめましょう。 たしかに高いレバレッジで取引できることは、少ない資金で多くのポジションを保有できるということなのでうまくいけば大きな利益を得ることができます。 例えば、 伝説のニコ生トレーダーGFF ぐふぐ 氏は、FX取引でレバレッジ200倍の取引を行いわずか3ヶ月で元手10万円を6億にしました。 【報告】 ビットコインFXで日次マイナス1600万円喰らいました😇 172万で30枚ロング、125万で強制ロスカット。 証拠金はマイナス450万円に。 3日以内に支払えとのことです。 CBからの追証は辛すぎる — SINPY 投資アカウント sgoroku 1日でマイナス1,600万円ですよ。 それも、証拠金がマイナス450万円。 つまり、450万円を追加で取引所に支払う義務があります。 損失分を取引所へ追加で支払うことを「追証」と言います。 初めて仮想通貨FXやる方は、この「追証」が無い取引所を選びましょう。 追証が無いということは、取引所へ預けている金額以上の損失が無いということなので、借金するリスクが無くなります。 仮想通貨FX ビットコインFX 初心者の方にオススメの取引所を下記記事で紹介していますので、興味のある方はご覧ください。 また、記事内で取引所を選ぶポイントも紹介しています。 簡単に仮想通貨FX業者を選ぶポイントを説明します。 追証が無い• 取引手数料が安い• 取引画面が使いやすい 以上の3点です。 レバレッジ倍率より上記3点を優先して、取引所を選びましょう。 まとめ 今回は、仮想通貨FX ビットコインFX ができる国内・海外取引所のレバレッジ倍率を比較しました。 ・・・最大4倍• ・・・固定4倍• ・・・最大4倍• ・・・最大4倍• ・・・最大4倍• ・・・最大4倍• ・・・ レバレッジ取引終了 国内取引所では、レバレッジ規制で2019年中に最大レバレッジ4倍までとなりそうです。 ・・・最大100倍• ・・・最大500倍 海外取引所は日本の規制外なので、今後も高いレバレッジ 100倍や500倍 でトレードできます。 とはいえ、先ほどもお伝えしましたがレバレッジ倍率だけで取引所を選ぶことはやめましょう。

次の