新約 と ある 魔術 の 禁書 目録 22 巻 リバース。 最近『とある科学の超電磁砲』のアニメにハマり『とあるシリーズ』に...

小説『新約とある魔術の禁書目録』の魅力を全巻ネタバレ紹介!

新約 と ある 魔術 の 禁書 目録 22 巻 リバース

22巻リバース第四章の感想をあげたいと思います。 前回の内容 内容 行間 三 1 『』は、自身の顔の傷を見ていた。 色んな人間に傷つけられたが、あいつからはもらっていない。 彼は、とあるものを求めていた。 それは ドラゴン。 地底の支配者にて番人。 をまたいだ奇妙な記号性。 そしてそこには、とある目標があった。 彼らは倫理・規範・正義に基づいた行動する。 ただし前の時代で作られた善悪を裁くルールが絶対に正しいとは限らないことも知っている。 不足を感じた場合はあらゆる法規や条約を覆し、正義の修復をしなけらばならない。 「まさか、ただカラフルな外殻を操れる程度の正体だなんて思っていないだろうな。 」 さあ、観測者の主観を丸ごと入れ替えよう。 第四章 自己という関門を乗り越えろ 1 〖〗と「」の勢力がぶつかり合う。 浜面とフォーチュンがアニェーゼ部隊を鎮圧していく。 一方通行とホレグレスが背中を合わせて戦う。 一方通行と浜面は、揺動だった。 その隙をついて、〖〗とオティヌスがに侵入する。 「ここだけは、俺がやらなきゃ意味がない」 2 に侵入する〖〗。 ステイルと交戦しようとする。 そして、神裂も襲い掛かる。 〖〗は、フォーチュンに神裂と戦うように指示をする。 〖〗はステイルと戦う。 ステイルのイノケンティウスに抵抗する為に、硫化系の粉末を投げる。 粉末によってステイルの目や鼻を奪う。 〖〗は『』がいるであろうへ向かう。 3 滝壺とリメエアは、重火器を使って遠距離から援護する。 4 『』は、食蜂に指示をする。 美琴とインデックスを操れるように。 食蜂は、美琴を操ろうとするが、AAAが暴走する。 AAAから身を守ろうとして、インデックスを操る。 しかし、インデックスの『自動書記』使って、対抗しようとするが制御を失敗する。 食蜂は、思わず安物のホイッスルに手を伸ばす。 5 に大きな振動が走る。 6 に笛の音が響き渡る。 〖〗はへ走る。 そこには、食蜂が倒れていた。 インデックスと美琴が戦っていた。 〖〗は、食蜂に走る。 食蜂は、屈託を見せない笑み。 どこか夏の日差しを連想させる、明るい笑み。 それは忘れられることが決まっている、刹那の表情だった。 オティヌスは、食蜂を治療する。 そして、オティヌスはとある事に気が付く。 「パナケアだ」 「その妙薬は『薔薇十字』の達人にも当てはめられた。 世界の病を治すため、必要があればガラスの棺を砕いて外の堺を旅して、しかし目的を果たせば自分から再び元の場所に戻る。 貴様の右腕からでてきのも、そういうモノではないかとな」 「……だが、違ったんだ」 「おそらくとは、ロードの隠れ家を管理していた『黄金』で語られていた究極の霊装や世界の基準点……だけではなかった。 今はもういないアレイスターは、貴様の右手の中に全く別の何かを見出している!!」 〖〗は、吐き捨てるように言う。 今は俺の話なんてどうでもいい。 そういうのはアイツを倒せば分かる。 〖〗は全員を救う。 様々な失点があったが、〖〗は絶対に見失ってはいいけないコアの部分は見えている。 助けを求めることができない少女がいる。 だけど手を伸ばすのはこちらの自由。 だからこそ、この一点だけは譲れない。 絶対に何があっても。 そこに『』が現れる。 「……ここで『心理掌握』を失うかよ。 まったく、つくづく、こいつを持ってると不幸ってヤツが押し寄せてきやがる」 〖〗は怒る。 『不幸』、この一言があれば丸く収めて納得できてしまうのか 「ならどうして!!ご自慢の力でこの子を守ってやらなかったんだァァああああああああああああああああああああああ」 『』とは、異能の力と直面した時初めて真価を発揮する。 能力だけではない。 そいつをどう振るうかを含めて、その人間の全てをさらけ出す。 7 第三王女ヴィリアンを探す浜面。 浜面は、イギリス側の混乱を薄める為にヴィリアンを探していた。 そんな浜面に女王エが襲い掛かる。 「だが二度目はない、速やかにを解除して投降しろ。 許可なく女王の城へ踏み込む事、それ自体が罪だと知れ」 浜面は、諦めかける。 その時、一方通行が現れる。 「学市第一位・一方通行。 これでも一応、俺だって科学サイド全体の目標となるべき誰かサンだ。 その上で質問ってのをさせてもらうぜ。 さあ、しっかりお勉強させてくれよ。 てっぺンに立つべきもののお作法ってヤツを!!」 一方通行とエの戦いがはじまる。 8 『』をする『』とドラゴン化する〖〗が戦っている。 9 フォーチュンと神裂の戦い。 神裂の『聖人』の特徴を利用して神裂を倒す。 10 〖〗は、戦いが終われば食蜂を今すぐ助けられると主張していた。 本来なら「心理掌握」でインデックス達を操れるはずだった。 右手を正しく使えば、アレイスター達はあんな結末をむかえていなかった。 根底が回る。 人間が能力を見ているのか、能力が人間を見ているのか。 もしも、能力が人間を見ていたら? を丸ごと横断する存在。 『神浄の討魔』? 「俺は望まれてここにいる。 だからこんな形になった。 祈っただろ、。 とりとめがないと分かっていても、あの戦争をどこかで。 もっとスマートにを扱えたら、無くした記憶のどこかにそんな操縦方法は埋もれていなかったか。 お前がそんな未練を持たなければ!!俺はなくした記憶を頼りにと成り変わって、もっとスマートに振る舞おうだなんて事を考える必要さえなかった!!!!!!」 アレイスターは育てたかったのは『』ではなかった? 「そんな安い言葉で説明できるだなんて思ってるんじゃねえよ、クズ」 11 一方通行とエの戦い。 一方通行は、学市第一位としての能力だけではなく、学市統括理事長としての力を使って、エを倒す。 「手前勝手な理屈を並べてウチの生徒に手ェ出しておいて、無傷で帰れるなンて思ってンじゃあねェだろォなァッッッ!!!???」 そして、ヴィリアンを見つける。 そして、外交の窓口としての役割を依頼する。 12 〖〗と『』は、戦う。 相手の欠点を突きながら。 「「俺は!!テメェが許せないッッッ!!!!!!」」 そして、〖〗は『』を倒す。 「そうか。 だからアレは、お前を運んで……外から飛来し……」 「俺は望まれてここにいる。 テメェは、分かりやすい答えを蹴ってでも我を通すって示したんだ。 もう死なせるな……。 テメェがきちんと『こいつ』を使っていりゃあ、『黄金』の連中は助かったかもしれない。 少なくともアレイスターのヤツが娘を置いてくたばる必要なんてなかったんだ。 あんなミスは、二度と許さねえぞ」 そして、〖〗に『』戻る。 善も悪もどうでも良い。 世界の行方じゃない、人類の未来でもない。 もっと小さなもののためでも、少年は命を賭ける事ができる。 「決着をつけても悲劇は止まらない。 どこにでもいる平凡な高校生になんか何も変えられない。 「自動書記」の攻撃に当たりかける。 しかし、AAAの支援によって助けられる。 そして、インデックスの懐に入る。 「……もう終わらせよう、インデックス」 「大丈夫。 みんなで笑って、学市に帰ろうぜ」 決着の音が鳴り響いた。 白い、羽が降り注ぐ。 の頭に当たる直前、「」を使って消す。 「言ったろ、もう終わりだ」 終章 黄金と薔薇 打ち止め達は、学市に帰ってくる。 「おかえり、ってミサカはミサカは一番乗りで言ってみる 「おう。 戻ったぜ」 常盤台中学生も帰ってきた。 美琴も食蜂も。 麦野も絹旗も帰ってきた。 浜と合流した。 そして、浜面はとんでもない人脈を手に入れて帰ってきた。 「なんかとんでもない事になりそうだぜ、学市」 自宅に帰ってきた一家。 「おー。 何だかお久しぶりな感じなんだよ」 に滞在している土御門。 土御門にアレイスターからのメッセージが来る。 『学市は「私」の手を離れた。 統括理事はよそへ譲った以上、アレイスター=の影響はもうない』 『つまり「私」は科学の外を歩いているという意味でもある。 本当の本当に「私」とかち合いたくなければ、むしろ科学サイドの中心、学市に帰りたまえ。 』 『Ungrundを超えた者が現れた。 アレはむしろ外から学市を取り込んで侵食を進めていく事だろう。 』 『つまり、元となる何かが変わったのさ。 此度の一件、全てはそのためのアクションだった』 『ホルスの時代でも予測できなかった何かだ。 あの女が今度の今度こそ「雲」だの詐欺師だのでない場合は、正真正銘の十字と薔薇、男と女の象徴が世界を埋めていくぞ』 イギリス清教としての最大教主として就任する事になるフォーチュン。 学市統括理事長として就任宣言する一方通行。 「それじゃあ注目、学市統括理事長の一方通行です。 挑むように言う。 結局、「神浄の討魔」とはをまたいだ存在ってことでいいんですかね? 能力が人を見た。 善でもなく悪でもない。 それが 「神浄の討魔」? 今回の戦いでアンナ=シュプリンゲルは、 「神浄の討魔」が勝つ。 そんな風に考えていましたけど外れましたね。 「神浄の討魔」が負ける。 アンナ=シュプリンゲルは勝つことによって何かを得ようとしていました。 なんでしょうか? 想像もつきません。 それにドラゴン。 エイワスのコードネームもドラゴンでした。 ドラゴンとは 「神浄の討魔」と同じく善悪を超えた存在。 アレイスターは、「計画」でどうこの二つを使うつもりだったんでしょうか? それに『』。 新しい価値が出てきました。 今までは魔術サイド視点での解釈が多かったですので、そろそろ科学サイドからの解釈が欲しいです。 合わせて読みたい記事 そして、『薔薇十字団』について調べてみたので是非とも読んでください。 無料期間中に解約すれば料金がかかりません。 最新の情報はU-NEXTのサイトで確認してください。 tako931.

次の

新約 とある魔術の禁書目録(22) リバース 鎌池 和馬:ライトノベル

新約 と ある 魔術 の 禁書 目録 22 巻 リバース

22巻リバース第四章の感想をあげたいと思います。 前回の内容 内容 行間 三 1 『』は、自身の顔の傷を見ていた。 色んな人間に傷つけられたが、あいつからはもらっていない。 彼は、とあるものを求めていた。 それは ドラゴン。 地底の支配者にて番人。 をまたいだ奇妙な記号性。 そしてそこには、とある目標があった。 彼らは倫理・規範・正義に基づいた行動する。 ただし前の時代で作られた善悪を裁くルールが絶対に正しいとは限らないことも知っている。 不足を感じた場合はあらゆる法規や条約を覆し、正義の修復をしなけらばならない。 「まさか、ただカラフルな外殻を操れる程度の正体だなんて思っていないだろうな。 」 さあ、観測者の主観を丸ごと入れ替えよう。 第四章 自己という関門を乗り越えろ 1 〖〗と「」の勢力がぶつかり合う。 浜面とフォーチュンがアニェーゼ部隊を鎮圧していく。 一方通行とホレグレスが背中を合わせて戦う。 一方通行と浜面は、揺動だった。 その隙をついて、〖〗とオティヌスがに侵入する。 「ここだけは、俺がやらなきゃ意味がない」 2 に侵入する〖〗。 ステイルと交戦しようとする。 そして、神裂も襲い掛かる。 〖〗は、フォーチュンに神裂と戦うように指示をする。 〖〗はステイルと戦う。 ステイルのイノケンティウスに抵抗する為に、硫化系の粉末を投げる。 粉末によってステイルの目や鼻を奪う。 〖〗は『』がいるであろうへ向かう。 3 滝壺とリメエアは、重火器を使って遠距離から援護する。 4 『』は、食蜂に指示をする。 美琴とインデックスを操れるように。 食蜂は、美琴を操ろうとするが、AAAが暴走する。 AAAから身を守ろうとして、インデックスを操る。 しかし、インデックスの『自動書記』使って、対抗しようとするが制御を失敗する。 食蜂は、思わず安物のホイッスルに手を伸ばす。 5 に大きな振動が走る。 6 に笛の音が響き渡る。 〖〗はへ走る。 そこには、食蜂が倒れていた。 インデックスと美琴が戦っていた。 〖〗は、食蜂に走る。 食蜂は、屈託を見せない笑み。 どこか夏の日差しを連想させる、明るい笑み。 それは忘れられることが決まっている、刹那の表情だった。 オティヌスは、食蜂を治療する。 そして、オティヌスはとある事に気が付く。 「パナケアだ」 「その妙薬は『薔薇十字』の達人にも当てはめられた。 世界の病を治すため、必要があればガラスの棺を砕いて外の堺を旅して、しかし目的を果たせば自分から再び元の場所に戻る。 貴様の右腕からでてきのも、そういうモノではないかとな」 「……だが、違ったんだ」 「おそらくとは、ロードの隠れ家を管理していた『黄金』で語られていた究極の霊装や世界の基準点……だけではなかった。 今はもういないアレイスターは、貴様の右手の中に全く別の何かを見出している!!」 〖〗は、吐き捨てるように言う。 今は俺の話なんてどうでもいい。 そういうのはアイツを倒せば分かる。 〖〗は全員を救う。 様々な失点があったが、〖〗は絶対に見失ってはいいけないコアの部分は見えている。 助けを求めることができない少女がいる。 だけど手を伸ばすのはこちらの自由。 だからこそ、この一点だけは譲れない。 絶対に何があっても。 そこに『』が現れる。 「……ここで『心理掌握』を失うかよ。 まったく、つくづく、こいつを持ってると不幸ってヤツが押し寄せてきやがる」 〖〗は怒る。 『不幸』、この一言があれば丸く収めて納得できてしまうのか 「ならどうして!!ご自慢の力でこの子を守ってやらなかったんだァァああああああああああああああああああああああ」 『』とは、異能の力と直面した時初めて真価を発揮する。 能力だけではない。 そいつをどう振るうかを含めて、その人間の全てをさらけ出す。 7 第三王女ヴィリアンを探す浜面。 浜面は、イギリス側の混乱を薄める為にヴィリアンを探していた。 そんな浜面に女王エが襲い掛かる。 「だが二度目はない、速やかにを解除して投降しろ。 許可なく女王の城へ踏み込む事、それ自体が罪だと知れ」 浜面は、諦めかける。 その時、一方通行が現れる。 「学市第一位・一方通行。 これでも一応、俺だって科学サイド全体の目標となるべき誰かサンだ。 その上で質問ってのをさせてもらうぜ。 さあ、しっかりお勉強させてくれよ。 てっぺンに立つべきもののお作法ってヤツを!!」 一方通行とエの戦いがはじまる。 8 『』をする『』とドラゴン化する〖〗が戦っている。 9 フォーチュンと神裂の戦い。 神裂の『聖人』の特徴を利用して神裂を倒す。 10 〖〗は、戦いが終われば食蜂を今すぐ助けられると主張していた。 本来なら「心理掌握」でインデックス達を操れるはずだった。 右手を正しく使えば、アレイスター達はあんな結末をむかえていなかった。 根底が回る。 人間が能力を見ているのか、能力が人間を見ているのか。 もしも、能力が人間を見ていたら? を丸ごと横断する存在。 『神浄の討魔』? 「俺は望まれてここにいる。 だからこんな形になった。 祈っただろ、。 とりとめがないと分かっていても、あの戦争をどこかで。 もっとスマートにを扱えたら、無くした記憶のどこかにそんな操縦方法は埋もれていなかったか。 お前がそんな未練を持たなければ!!俺はなくした記憶を頼りにと成り変わって、もっとスマートに振る舞おうだなんて事を考える必要さえなかった!!!!!!」 アレイスターは育てたかったのは『』ではなかった? 「そんな安い言葉で説明できるだなんて思ってるんじゃねえよ、クズ」 11 一方通行とエの戦い。 一方通行は、学市第一位としての能力だけではなく、学市統括理事長としての力を使って、エを倒す。 「手前勝手な理屈を並べてウチの生徒に手ェ出しておいて、無傷で帰れるなンて思ってンじゃあねェだろォなァッッッ!!!???」 そして、ヴィリアンを見つける。 そして、外交の窓口としての役割を依頼する。 12 〖〗と『』は、戦う。 相手の欠点を突きながら。 「「俺は!!テメェが許せないッッッ!!!!!!」」 そして、〖〗は『』を倒す。 「そうか。 だからアレは、お前を運んで……外から飛来し……」 「俺は望まれてここにいる。 テメェは、分かりやすい答えを蹴ってでも我を通すって示したんだ。 もう死なせるな……。 テメェがきちんと『こいつ』を使っていりゃあ、『黄金』の連中は助かったかもしれない。 少なくともアレイスターのヤツが娘を置いてくたばる必要なんてなかったんだ。 あんなミスは、二度と許さねえぞ」 そして、〖〗に『』戻る。 善も悪もどうでも良い。 世界の行方じゃない、人類の未来でもない。 もっと小さなもののためでも、少年は命を賭ける事ができる。 「決着をつけても悲劇は止まらない。 どこにでもいる平凡な高校生になんか何も変えられない。 「自動書記」の攻撃に当たりかける。 しかし、AAAの支援によって助けられる。 そして、インデックスの懐に入る。 「……もう終わらせよう、インデックス」 「大丈夫。 みんなで笑って、学市に帰ろうぜ」 決着の音が鳴り響いた。 白い、羽が降り注ぐ。 の頭に当たる直前、「」を使って消す。 「言ったろ、もう終わりだ」 終章 黄金と薔薇 打ち止め達は、学市に帰ってくる。 「おかえり、ってミサカはミサカは一番乗りで言ってみる 「おう。 戻ったぜ」 常盤台中学生も帰ってきた。 美琴も食蜂も。 麦野も絹旗も帰ってきた。 浜と合流した。 そして、浜面はとんでもない人脈を手に入れて帰ってきた。 「なんかとんでもない事になりそうだぜ、学市」 自宅に帰ってきた一家。 「おー。 何だかお久しぶりな感じなんだよ」 に滞在している土御門。 土御門にアレイスターからのメッセージが来る。 『学市は「私」の手を離れた。 統括理事はよそへ譲った以上、アレイスター=の影響はもうない』 『つまり「私」は科学の外を歩いているという意味でもある。 本当の本当に「私」とかち合いたくなければ、むしろ科学サイドの中心、学市に帰りたまえ。 』 『Ungrundを超えた者が現れた。 アレはむしろ外から学市を取り込んで侵食を進めていく事だろう。 』 『つまり、元となる何かが変わったのさ。 此度の一件、全てはそのためのアクションだった』 『ホルスの時代でも予測できなかった何かだ。 あの女が今度の今度こそ「雲」だの詐欺師だのでない場合は、正真正銘の十字と薔薇、男と女の象徴が世界を埋めていくぞ』 イギリス清教としての最大教主として就任する事になるフォーチュン。 学市統括理事長として就任宣言する一方通行。 「それじゃあ注目、学市統括理事長の一方通行です。 挑むように言う。 結局、「神浄の討魔」とはをまたいだ存在ってことでいいんですかね? 能力が人を見た。 善でもなく悪でもない。 それが 「神浄の討魔」? 今回の戦いでアンナ=シュプリンゲルは、 「神浄の討魔」が勝つ。 そんな風に考えていましたけど外れましたね。 「神浄の討魔」が負ける。 アンナ=シュプリンゲルは勝つことによって何かを得ようとしていました。 なんでしょうか? 想像もつきません。 それにドラゴン。 エイワスのコードネームもドラゴンでした。 ドラゴンとは 「神浄の討魔」と同じく善悪を超えた存在。 アレイスターは、「計画」でどうこの二つを使うつもりだったんでしょうか? それに『』。 新しい価値が出てきました。 今までは魔術サイド視点での解釈が多かったですので、そろそろ科学サイドからの解釈が欲しいです。 合わせて読みたい記事 そして、『薔薇十字団』について調べてみたので是非とも読んでください。 無料期間中に解約すれば料金がかかりません。 最新の情報はU-NEXTのサイトで確認してください。 tako931.

次の

新約 とある魔術の禁書目録(22) リバース(最新刊)

新約 と ある 魔術 の 禁書 目録 22 巻 リバース

22巻リバース第三章の感想をあげたいと思います。 前回の内容 内容 行間 二 ロンドン塔にて。 アンナ=シュプリンゲルは、丸い丸薬を食べる。 その丸薬はなんと、サンジェルマンだった。 アンナ=シュプリンゲルは、サンジェルマンをいとも簡単に葬った。 そして、アンナ=シュプリンゲルは、言う。 科学は儚いもの。 意味がない。 そもそも科学とは何でもありだった。 そこから四つのイドラを打ち消して観察と実験に重きを置く考え方を提示したのはフランシス=ベーコン。 ……つまり今日の科学の原点は『薔薇十字』の一員。 アンナ=シュプリンゲルは、サンジェルマンが包まれていた包み紙で、巨大なネックレスのようなものを作る。 そして、エイワスに照明の色を変えさせる。 薄い青色に。 そして浮かび上がる。 『薔薇十字』 その伝説の一つ『七側壁の部屋』 これは、世界を完全なミニチュアを構築することによって、世界を手に取るように把握できるものだ。 それを利用してアンナ=シュプリンゲルは、を把握している。 そして、アンナ=シュプリンゲルは、魔術的記号について語りだす。 魔術的記号 段階を経て記憶を遡るとある一点で、別人または前世の記憶を獲得するという考え方。 これを活かしてアレイスターはエリファス=レヴィの記憶を経験を受け継いだ。 この考えをアンナ=シュプリンゲルは、ばかばかしいと言う。 記憶があろうがなかろうが、人は人よ。 エイワスは疑問をぶつける。 何故あの二人をぶつけさせるのは? アンナ=シュプリンゲルは、のダメージについて語る。 科学と魔術のダメージが同居している。 そこにアレイスターの回復魔術。 それによって発現した神浄の討魔。 アンナ=シュプリンゲルは、期待する。 神浄の討魔が何をするのか。 第三章 リバースポジション 1 戦線離脱する〖〗。 〖〗は、オティヌスと合流する。 誰も助ける事ができなかった〖〗にオティヌスは、告げる。 お前じゃないと助けられない人間がいる。 オティヌスは、考察する。 〖〗の右手について。 分かっているのは、 オティヌスが世界を再構築した後にできたもの。 そして、現状を語る。 今度の相手は、戦争を生き残った者だ。 それを分かってもなお〖〗は、月に向かって宣戦布告する。 「しなくちゃいけないんだ、この俺が。 」 2 にて。 『』と食蜂が支配していた。 しかし、食蜂の能力で操れたのが全体の二割だった。 魔術サイドの人間は、自分の意志で意識を落として、食蜂の支配を逃れていた。 『』は、食蜂に言葉をかける。 あの時の記憶を持っているのは〖〗ではなく『』だ。 3 〖〗とリメエアは、合流した。 リメエアは、で出会った『』は、世界を救ったの人格ではないことを知る。 そして、リメエアは〖〗をとある酒場に連れていく。 そこには、一方通行をはじめとする科学サイドの人間がいた。 〖〗は伝える。 『』はここにはない。 は占拠された。 そして、今回の敵について語る。 それは、の過去だ。 そこで、フォーチュンは情報整理を手伝う。 『』 『』自体、それなりの秘密がある。 正体が何か分からないうちは切ったりするのは、軽はずみにしないようにしたいい。 『』は、時代によって人や物を行き来する性質。 右手が壊れた時点でよそへ移る、可能性もある。 今のあなた達はどちらも肉体と能力を持っているのか。 そこには、善悪の優劣もない。 そして、あなたは優劣をつけたい。 一方通行は、くだらなそうな調子で言う。 「とっとと言えよ。 オマエは一体何がしてェンだ。 」 〖〗は、言う。 何で俺に協力してくれるんだ。 浜面は、自分の意見を言う。 そんなもん先に感情移入しちまった方だろ。 もしかしたらもう一人の方と早く会ってりゃ、そっちに肩入れしていたかもな。 でもこれって、アンタ達に言えた話でもねえだろ。 〖〗は、怖がっていた。 本当に今ここにいる自分を優先していいのか。 しかし、オティヌス達の言葉によって、〖〗は立ち上がる。 「俺は、俺を優先するよ。 今ここにいる俺を」 リメエアは、忠告する。 やるなら早い方はいい。 4 『』は、エと交渉する。 俺の為に働け。 さもなけばにある霊装を破壊する。 霊装を破壊されるとクイーン号の調査をしているダイバーの生命を維持しているのが途切れる。 それにここにいる人間は、『』に逆らえない。 イギリスを守るために、エは従うしかなかった。 エは屈してしまった。 5 食蜂は、苦しんでいた。 初めての本格的な魔術戦争。 それによって心が乱れていた。 食蜂を支えていたのは、だった。 彼のおかげで何とかなっていた。 食蜂は、己の膝に顔を埋め、小さな迷子のように鼻を鳴らして呟くしかなかった。 「どうして」 「どうして、台無しになってしまうのかしら・・・。 」 「・・・私の馬鹿」 この辺りでいいだろう。 魔術サイドや科学サイドなんて大きな話なんてどうでも良い。 いい加減に、地の底に落ちた姫君を救い出せ。 もう一度、全力で。 この絶望感。 何というか、自分が中心って感じかします。 俺の為に働けなどの発言。 今までのとは、逆な感じです。 今までのいつもいつも精一杯でしたけど、このは余裕。 冷静に物事を対処していきますね。 鎌池先生は、いつも対比を重視しています。 今回は、の性質?や能力を自発的に使うか、無意識に使うかの違いですかね。 第四章も楽しみです。 無料期間中に解約すれば料金がかかりません。 最新の情報はU-NEXTのサイトで確認してください。 tako931.

次の