立花 nhk 裁判。 なんだか怪しい「立花孝志」と「NHKから国民を守る党」

NHKが裁判に移行する基準

立花 nhk 裁判

NHK放送センター(「Wikipedia」より) NHKが受信料をめぐる裁判で、敗訴したとして話題になっている。 NHKから国民を守る党の党首である立花孝志前参議院議員が、自身の公式YouTube上で、「NHKは全面敗訴したのに、その事実を隠蔽している」と糾弾した。 立花氏によると、静岡・掛川のビジネスホテルとNHKの受信料をめぐる裁判において、最高裁判所が上告を棄却したという。 平成29年11月4日ごろ、同ホテルにパラボラアンテナがあることを理由に、衛星契約を締結するようにとの内容証明が届き、衛星契約を締結。 その後、同月27日にアンテナを撤去したため地上波契約へと変更した。 ここまでの事実関係については、両者に争いはない。 争点は、契約を変更した月の受信料が、衛星料金か地上波料金か、という点である。 その差額は衛星料金のほうが970円高い。 1000円弱とはいえ、ホテルは基本的に客室一部屋ごとに契約を結ぶため、ひと月分でも莫大な金額になる。 これについて高等裁判所は地上波料金で支払うべきとする見解を示していたが、それを不服としたNHK側が上告。 そして今月11日、最高裁はその上告を棄却した。 Business Journal編集部がNHK広報に確認したところ、「裁判相手のホテル名は明かさないが、受信料の種別変更に関する裁判で上告不受理決定がなされ、今月12日に決定文を受け取った」と答え、立花氏の主張が事実であることを認めた。 同様の争いは全国で多数発生しているとの情報もある。 実数はNHKでも把握していないというが、新たな争いを招かないためにもNHKは裁判所が示した見解を国民に広く周知する必要があるのではないだろうか。 (文=編集部).

次の

NHK受信料、カーナビも義務へ。ワンセグ携帯裁判では「NHKから国民を守る党」党首も敗訴

立花 nhk 裁判

NHK放送センター(「Wikipedia」より) NHKが受信料をめぐる裁判で、敗訴したとして話題になっている。 NHKから国民を守る党の党首である立花孝志前参議院議員が、自身の公式YouTube上で、「NHKは全面敗訴したのに、その事実を隠蔽している」と糾弾した。 立花氏によると、静岡・掛川のビジネスホテルとNHKの受信料をめぐる裁判において、最高裁判所が上告を棄却したという。 平成29年11月4日ごろ、同ホテルにパラボラアンテナがあることを理由に、衛星契約を締結するようにとの内容証明が届き、衛星契約を締結。 その後、同月27日にアンテナを撤去したため地上波契約へと変更した。 ここまでの事実関係については、両者に争いはない。 争点は、契約を変更した月の受信料が、衛星料金か地上波料金か、という点である。 その差額は衛星料金のほうが970円高い。 1000円弱とはいえ、ホテルは基本的に客室一部屋ごとに契約を結ぶため、ひと月分でも莫大な金額になる。 これについて高等裁判所は地上波料金で支払うべきとする見解を示していたが、それを不服としたNHK側が上告。 そして今月11日、最高裁はその上告を棄却した。 Business Journal編集部がNHK広報に確認したところ、「裁判相手のホテル名は明かさないが、受信料の種別変更に関する裁判で上告不受理決定がなされ、今月12日に決定文を受け取った」と答え、立花氏の主張が事実であることを認めた。 同様の争いは全国で多数発生しているとの情報もある。 実数はNHKでも把握していないというが、新たな争いを招かないためにもNHKは裁判所が示した見解を国民に広く周知する必要があるのではないだろうか。 (文=編集部).

次の

ポキッ折り裁判【判決日決定】BS入力端子をへし折ったテレビは衛星契約?地上契約?裁判所の判断はどっちだ(前編)

立花 nhk 裁判

NHK受信料の集金人がなどして問題視されているが、皆さんの家は問題なくNHKの対応はできているだろうか? 元NHKの職員であり、「NHKから国民を守る党」の代表でもある立花孝志氏が、NHKに裁判される人とされない人の基準をインターネット上で公開し、大きな話題となっている。 ・NHK問題解決のエキスパート もともとNHKの受信料問題 払いたくないのに無理やり契約されられたなどのトラブル問題 に尽力している立花孝志氏だが、彼はYouTubeにも多数の「NHKから身を守る方法」や「NHK裁判情報」などの動画を掲載し、注目を集めている人物。 立花孝志氏によると、以下のような人はNHKに裁判を起こされないという。 ・NHKに裁判をされない人の4つの特徴 1. 平成12年以前に契約をした人 2. 平成13年以降に契約したが受信料を10年以上不払いの人 3. NHKと契約せずB-CASカード番号をNHKに知られていない人 4. NHKと契約したが一度も受信料を払ってない人 ・立花氏に助けられました 法的な話は別として、上記の4つの特徴のいずれかに該当する人は、いままで一度もNHKから裁判を起こされたことがないという。 この動画に対し、視聴者からは「この動画に立花氏に助けられました」「解説動画感謝致します」などの声が上がっている。 ・NHK問題で困っている人たちを助ける もともとNHK職員だった立花孝志氏だが、NHKの不正経理を「週刊文春」で内部告白したことによりNHKを退職。 いまはNHK問題で困っている人たちを助けるため、かなりアクティブに活動しているようだ。 【続報】.

次の