スムージー レシピ。 スムージーダイエットの効果が凄い!正しいやり方とレシピ!

スムージーダイエットの効果が凄い!正しいやり方とレシピ!

スムージー レシピ

朝スムージーにはメリットがたくさん 朝からしっかりと活動するために、きちんととりたい朝食。 けれども「時間がない」「食欲がない」などの理由で品数をそろえることが難しく、栄養バランスも偏りがちです。 中でも特に不足しやすいのが、ビタミンやミネラル、食物繊維など、野菜や果物に多く含まれる栄養素。 そこで活用したいのが、生の野菜や果物をミキサーにかけるだけで作れる「スムージー」です。 スムージーには、 ・サラダを食べるよりたくさんの量と種類の生野菜がムリなく摂取できる ・液状なので消化が良く、胃腸への負担が少ない ・切ってミキサーにかけるだけなので、短時間でできる ・水分や食物繊維がたっぷりなので腹持ちがよい など、朝食としてのメリットがいっぱい。 管理栄養士の朝ごはん。 大事なのは炭水化物、ビタミン、たんぱく質 食のプロである管理栄養士と呼ばれる人たちは、実際どんな朝食をとっているのでしょうか?あるアンケート調査によると、8割の人がパンまたはご飯を主食にした朝食をとっているという結果に。 炭水化物はエネルギー源となるので、一日のスタートにしっかりとりたい栄養素のようです。 また、シリアルやスムージーなどのドリンク類を朝食にしているという回答もあり、忙しい朝でも栄養バランスへの意識の高さがうかがえます。 毎日の朝ごはんのメニューで最も多く食べているジャンルは? 出典元:食プロリサーチ「朝ごはん」に関するアンケートより(2015年6〜7月) 主食以外はどうでしょうか?「朝だからこそ意識してとったほうがいい栄養素」として炭水化物の次に重視しているのは、ビタミン類とたんぱく質。 そしてそれを裏付けるように、「主食以外で毎日の朝ごはんで必ず食べているもの」として多く挙がっているのが、「ヨーグルト、野菜、果物」です。 朝だからこそ意識をしてとった方が良いと思う栄養素・栄養成分 出典元:食プロリサーチ「朝ごはん」に関するアンケートより(2015年6〜7月) Q. 主食以外で、朝ごはんに毎日必ず食べているもの(食べるよう心がけているもの) 出典元:食プロリサーチ「朝ごはん」に関するアンケートより(2015年6〜7月) 炭水化物(主食)+たんぱく質(卵、乳製品、大豆製品) +ビタミン・ミネラル(野菜・果物) という構成が望ましい朝食の姿であることがうかがえますが、実現するとなると品数も多くなり、正直なところ毎朝これを作るのはかなりの手間です。 スムージーを取り入れることで、「スムージー+おにぎり」や「スムージー+トースト」など「スムージー+主食1品」で朝食が完結。 また、前日から材料を切っておけば朝はミキサーにかけるだけでOK。 忙しい朝に時間をかけず、必要な栄養を手軽に効率よく摂取することができるのです。

次の

【ミックスベリースムージー】おうちで作るレシピまとめ!胃腸のクレンジング効果!

スムージー レシピ

栄養価は満点だけど、超にが〜〜い…はずが氷を一緒に入れてミキシングするというポイントひとつで、すっごく飲みやすくなるんです。 ケールはほうれん草や小松菜でも代用可能です。 ビタミンCは水溶性で、茹ですぎるとお湯に栄養が溶け出してしまいますが、ホットスムージーではケールを丸ごと使うことで栄養を逃がすことはありません。 ほうれん草で代用する場合は、旬の冬の時期が栄養が増しておすすめです。 パワー スムージーは氷や凍らせた食材、硬い食材などをミキサーにかけることがあります。 そのような素材を飲みやすくするためにはミキサーのパワーが必要です。 ミキサーのパワーはワット数に比例しており、スムージーを作るには200〜300Wほどあればよいでしょう。 なめらかな舌触りを好む方はさらに高いW数のものを、柔らかい食材しか使わない方は140Wほどのものがおすすめです。 容量 スムージーを保存したい、家族で飲むのでたくさん作りたい。 そんな方は1度に多くのスムージーが作れるよう、容量の大きなミキサーを選びましょう。 逆に、作りたてを1杯だけという方は、容量の小さなもので十分です。 ただし、材料をたくさん入れて作る場合には、少し大きめのものでないと余裕がありません。 コップ1杯が200mlという数字を参考に、自分に必要な容量を探しましょう。 手入れのしやすさ 毎日スムージーを作るなら、ミキサーの手入れが簡単かどうかにも注目しましょう。 カッター部分などのパーツが取り外せるのもののほうが、洗いやすく衛生的です。 洗うパーツの数も少ないほうが楽でしょう。 食洗機がある家庭なら、食洗機対応のものもおすすめです。 クリーニング機能つきのものもあり、水や洗剤を入れて回すだけで洗浄できます。

次の

スムージーダイエット!痩せる効果の高いおすすめレシピ [食事ダイエット] All About

スムージー レシピ

小松菜スムージーの効果について グリーンスムージーに最適な小松菜は、ビタミンCやビタミンEなどビタミン類が豊富。 カルシウムや鉄分などのミネラル類、食物繊維も豊富な為、健康に良いのはもちろん美容にもおすすめ。 グリーンスムージーは野菜や果物を生のまま使うので、栄養を壊すことなく摂取することができます。 小松菜はアクも少ないので、生で食すスムージーにぴったりです。 栄養豊富なイメージのほうれん草よりも、実はビタミンAやカルシウムは小松菜の方が豊富です。 また、天然の保湿成分と呼ばれるプロリンが含まれていて、みずみずしい肌を保ちやすくなり美肌効果が期待できますよ。 小松菜に豊富に含まれるビタミンAには抗酸化作用があり、シミやシワ、ニキビの予防や改善にも役立ちます。 他にも、小松菜の色素成分のネオキサンチンは脂肪の吸収を抑える働きがあり、ダイエット中にもおすすめです。 作り方は、小松菜、バナナ、りんごを適当な大きさに切ります。 ミキサーに小松菜、りんご、バナナ、水の順に入れて、しっかりと撹拌します。 滑らかになったら出来上がりです。 バナナは凍らせたものを使うとトロリとして美味しいです。 りんごは芯を取り、皮つきのままで大丈夫ですよ。 甘酒は、日本で古くからある飲み物ですが、昔はそこまで身近なものではありませんでした。 しかし最近では、甘酒は栄養が豊富で美容にも効果があると、女性を中心に注目が集まっています。 甘酒の中には、ノンアルコール・ノンシュガーもあり、お酒として飲むだけではなく調味料としても活躍。 塩麹のように、普段使っている調味料の代用としてもおすすめの食材です。 ここでは、酒粕で作る甘酒、米麹で作る甘酒、甘酒を使った飲み物、甘酒を使った和菓子、甘酒を使った洋菓子の作り方・作り方にカテゴリーを分けて紹介しています。 人気のある作り方の中で、特におすすめのものを厳選したのでぜひ、毎日の料理に甘酒を取り入れてみてくださいね。 ダイエットや美容目的で人気のスムージーですが、グリーンスムージーはそれとは少し違っているのをご存じですか? 凍らせた果物とヨーグルトやアイスをブレンダーなどでミキサーしたのがスムージーというのに比べ、 グリーンスムージーは凍らせない果物と水、そこに緑の野菜が入ることが特徴。 スムージーがデザート寄りなのに対して、グリーンスムージーは健康的な飲み物だと言えるでしょう。 この記事では、グリーンスムージーの基礎知識に加え、野菜・果物のグリーンスムージー、豆乳・牛乳使用グリーンスムージー、ヨーグルト使用グリーンスムージーにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の