三びきのやぎのがらがらどん 教訓。 三びきのやぎのがらがらどん

3歳の男の子にオススメな絵本を教えて下さい。持ってる本三びきのがらがらどん...

三びきのやぎのがらがらどん 教訓

JUGEMテーマ: 「三匹のこぶた」もそうですが、昔話に出てくる数字は 3という数字がとても多いです。 3人兄弟、3人姉妹等。 三人の兄弟で動物が主人公で強い物をやっつけるお話し、と言えば、やはり 『三びきのやぎのがらがらどん』が有名でしょう。 ほとんどの幼稚園、保育園に置かれているのではないかと思われます。 娘が幼稚園の時、別のクラスでしたが、お遊戯会でもやっていました。 有名な絵本ですが、実は私は最初に読んだ時は、そんなに面白いとは思えませんでした。 絵が怖い感じで不気味でしたし、やぎが橋を渡って草を食べに行くだけの話じゃないの!みたいに思ってしまったのです。 ところが、子どもたちは(特に息子は)大好きで、何度も読んでいるうちに、だんだんと面白くなってきました。 このお話しはノルウェーの昔話です。 三匹のやぎは、名前がみんな「がらがらどん」。 草を食べに山へ行こうとします。 ところが、途中に川があり橋の下には、恐ろしいトロルが住んでいます。 最初に橋を渡ったのは一番小さいやぎ。 やぎは次にもっと大きなやぎが来るから自分を食べないでくれとトロルに言って、無事に橋を渡ります。 中くらいのやぎも同じことを言い、橋を渡ります。 最後に橋を渡った一番大きなやぎがトロルをやっつけて、三びきは無事に橋を渡り、お腹いっぱいに草を食べるというお話し。 読んでいくうちにまず面白いと思ったのは、やぎが橋を渡る音! 最初は「かた こと」、つぎは「がた ごと」、そして最後は「がたん ごとん」と、音で重量感を表現しているのですね。 それに、「でんがくざし」等、 意味は難しくても響きの良い言葉が使われています。 それに、このお話しもやはり 「生きていく知恵」「子どもの成長」のお話しなのだなぁ〜と、何度も読んでいくうちに納得しました。 マーシャ・ブラウンの絵も何度も見ているうちに素晴らしさがわかってきました。 そして、いつしか昔話絵本の中で最も好きな絵本の中の一冊になりました。 なずなさんへ 『イギリスとアイルランドの昔話』は、黄色い表紙の本でしょうか?おおかみが仔豚の家にやってきて中に入れてくれと言ったときの返事が「そんなの、とんとん、とんでもないよ」と答える本? すみません、本が手元になくて 貸倉庫の奥に段ボール箱に詰まって埋もれているので 間違っていたらごめんなさい。 木の枝はハリエニシダだったかな?文章は読みやすくてとても好きでしたので、こちらの本でも何度か読んでいます。 ただ「とんとん、とんでもないよ」というと、くすっと笑う子もいて、緊張する場面なので疑問もあり、小学校以上の子には絵本版を読む様になりました。 『3びきのやぎのがらがらどん』は、子どもに教えられた絵本の一冊です。 小さいやぎが次のやぎに押し付けて逃げるのはずるいのではないかというお母さんもいましたが、立ち向かっても勝てないやぎが知恵を出して切り抜ける大事な場面なのではと思います。 「しんくんがテクテクあるいていくと・・・・」 あれ…意味がよくわからないけど… そこが子どもには良かったのかな〜??不思議だぁ〜!!.

次の

3歳の男の子にオススメな絵本を教えて下さい。持ってる本三びきのがらがらどん...

三びきのやぎのがらがらどん 教訓

・内容があまりにも意味深 そんな『となりのトトロ』のワンシーンに、『三匹のやぎ』という絵本が登場します。 どこに登場するかは、実際に作品を見て確かめてみてください。 しかしこの絵本、内容があまりにも意味深すぎて、「トラウマになった 笑 」や「ひでえ!」という声が出ているのです。 ・ノルウェーの昔話 正式名称は『三びきのやぎのがらがらどん』といい、もともとはノルウェーの昔話として言い伝えられていた作品です。 「がらがらどん」という名のやぎが3匹登場し、身体の大きさが大、中、小と違います。 名前だけ同じです。 ・やぎの前にトロルが現れた! がらがらどんたちは、太るために山の上の草を目指して移動します。 その道中、トロールという巨大なモンスターに出くわし、小と中のやぎは「あとからもっと大きいやぎがくる」と言って見逃してもらいます。 トロル、けっこう優しい! ・トロルがバラバラに砕け散る!! しかし最終的に、大やぎのハリケーンミキサーばりの攻撃により、トロルはバラバラに砕け散って死んでしまいます。 「欲張ると悪いことになるよ」という教訓かもしれませんが、あんまりです。 読者からは「小さいやぎも食ってしまえばよかったのに」という声もありますが……。 ・トトロを見たときに「トトロ!」と言った理由!? 『となりのトトロ』の熱狂的なファンの推測では、めいちゃんがトロルの存在を絵本を読んで知っており、トトロを見たときに「トトロ!」 トロル! と言ったのではないかという説があります。 ・ためしに読んでみては? それにしても、トロルの最後は凄まじいですね……。 『三びきのやぎのがらがらどん』は、いま現在も根強い人気で読まれ続けています。

次の

三びきのやぎのがらがらどん

三びきのやぎのがらがらどん 教訓

【注意】 「エプロンシアター R 」はの中谷真弓さんの登録商標です。 個人的にオリジナルのお話しやデザインで作った作品に「エプロンシアター R 」の名称を使ったり、販売したりはできません。 「作る・演じる」ならこんな題材がオススメ! 舞台はエプロン、しかけも作り放題! 自由度が高いタイプのシアターですが、題材選びの共通点をみつけました。 題材選びの3つのポイントをお伝えします。 (1)縦長の舞台を活かせる展開 パネルシアターや紙芝居は横長の舞台が多いですが、エプロンは縦長の舞台。 「大きな樹」など 縦長のモチーフが登場したり、 登場人物が連なっていくような物語がオススメできます。 (2)シンプルなストーリー展開 登場人物・キャラクターが多いと人形を作るのも大変ですし、演じながら「次はこのキャラクター、その後にこのしかけ……」と落ち着きません。 特に初心者の方は、 同じ展開がくり返される単純なストーリーの題材を選ぶとよいでしょう。 3 生活ルールや食育など楽しく伝えたい内容 「友だちにはやさしくしようね!」 「歯をみがこうね!」 このように 教訓のある物語やルールやマナーのお話も、エプロン人形劇を使えば楽しんでもらいながら伝えられるかもしれません。 布のあたたかみの効果もあるのではないでしょうか。 演じる保育者の顔が見えるので、やわらかい表情をこころがけてくださいね。 【年齢別】人気の絵本から題材を選ぶ オリジナルのストーリーを1から作るのも楽しいですが、 いつも子ども達が慣れ親しんでいる絵本や物語を題材にしても新鮮な気持ちで子ども達が引き込まれていきますよ! 絵本がもとであれば 台本をしっかり作る手間も省けます。 0・1・2歳児さんにオススメ! くり返しが楽しいテーマ すでにお伝えした通り、題材を選ぶ際には、 場面転換が少ない内容が良いでしょう。 特に乳幼児合同で見せる時には単純な内容がオススメです。 中谷真弓・浅野ななみ 1988 「保育教材としてのエプロンシアターの研究」『日本保育学会大会研究論文集』 41 ,46-47• 中谷真弓 1997 「障害児におけるエプロンシアターの研究(2)〔パイルエプロンの実践から〕」『日本保育学会大会研究論文集』 50 ,686-687• 鳥越亜矢 2002 「保育教材の製作過程における支援を考える:エプロンシアターの製作・上演を通じて」『山陽学園短期大学紀要』33 0 ,65-90•

次の