便秘サプリ。 便秘に効くサプリメントおすすめランキング!

便秘はサプリで解消できる?便秘歴20年の私が愛用するサプリランキング2018

便秘サプリ

【目次】• 鉄分サプリ(鉄剤)で便秘になる原因 貧血の改善や予防のために鉄分サプリを飲むと、決まって便秘になってしまう人は少なくありません。 薬局で処方される鉄剤は、鉄分量がさらに多いためひどい便秘になることも。 そうやん……鉄剤って便秘になるやつやん……暴飲暴食なうなのに鉄剤のんだら終わるやん……どうりでお腹痛いと思った。 まぁ飲むしかないんですけど。 消化器に負担がかかる• 余った鉄が活性酸素を発生させる 消化器に負担がかかる 通常、人間は食事から鉄分を摂取しますが、吸収率は極めて低く10~20%程度。 それを補うために鉄分サプリで摂取すると、 一度に大量の鉄が入ってくるため消化器に負担がかかります。 これが便秘を引き起こす原因と考えられています。 鉄剤を飲むと、大量の鉄が体内に放出されるため、一時的に消化器系に負担がかかります。 このため、胃がムカムカしたり、便秘になったりすることがあります。 引用: 特に病院で保険適用で処方される鉄剤は、鉄の量が非常に多い(30~50㎎程度)である上、本当にただの鉄なので消化器への負担が大きくなります。 筆者の周りでも、鉄剤で便秘する人は本当に多いですね。 余った鉄が活性酸素を発生させる 鉄は身体に不可欠なミネラルですが、体内で使う以上に摂取して余った鉄は 「鉄イオン」となって活性酸素を発生させます。 この 活性酸素が胃腸を傷つけ、機能低下させることによって便秘が起こるのです。 活性酸素は身体のあらゆる細胞を傷つけて老化させるので、 便秘だけでなく胃のむかつきや胃痛、腹痛なども起こします。 鉄分サプリは余ると副作用がある 鉄分は日本人に不足しがちなミネラルですが、必要以上に摂取すると体内に蓄積し、副作用を起こしやすい栄養素でもあります。 鉄分サプリで過剰摂取になることは稀ですが、病院で処方される鉄剤は過剰摂取に注意が必要です。 貯蔵鉄は、 フェリチンというタンパク質が余った鉄を包み込んで無害化し、内臓などに貯蔵しておくものです。 フェリチンで包まれた貯蔵鉄は、活性酸素を発生させたり胃腸を刺激したりすることがなく、安全に貯蔵できるのです。 鉄分サプリを飲んでいると、機能鉄の後にフェリチンで包まれた貯蔵鉄の量も回復してきて、体調が良くなってきます。 フェリチンで貯蔵する分以上の鉄を過剰に摂取すると、上記のような副作用を起こすのです。 便秘にならずに鉄分サプリを摂る方法 鉄分サプリで便秘になりやすい方が、便秘や過剰症などの心配なく鉄分補給する方法を紹介します。 もちろん貧血の症状がひどい場合には、必ず病院を受診して下さい。 病院に行くほど深刻な貧血でない場合には、ここで紹介する鉄分サプリや食事療法で解決することが多いです。 フェリチン鉄サプリ 鉄は体内でフェリチンに包まれることで無害になりますが、最初からフェリチンに包まれた状態の 「フェリチン鉄サプリ」が発売されています。 あしたるんるんラボの「フェリチン鉄」は、大豆由来のフェリチンに包まれた鉄分サプリで、胃腸に優しいため便秘になるリスクが少なく、体内で速やかに貯蔵鉄として働いてくれます。 最近のトレンドワードである「隠れ貧血」に対応した鉄分サプリで、鉄臭さが無いのも特徴です。 POINT貯蔵鉄であるフェリチンが分解されて機能鉄になる働きには、ビタミンAが関わっています。 サジーにはビタミンAもたっぷり含まれているのに加え、疲労回復を促すクエン酸、腸の蠕動を促して便秘にも効くリンゴ酸などが豊富で、 貧血によるだるさ、鉄分サプリによる便秘にも適したスーパードリンクです。 鉄含有量 1. 95㎎ 10日分お試し価格 1,000円 30日分価格 3,040円 鉄分の量だけ見ると他の鉄分サプリより少ないですが、貯蔵鉄の代謝に関わるビタミンA、便秘に良いとされるリンゴ酸、疲労回復に関わるクエン酸、抗酸化作用を持つビタミンC、ビタミンEなどがたっぷり入っているため、貧血や便秘に悩む方には口コミが非常に良いです。 《サジージュース》 3本試して見たところ、 写真1. 3本目は飲みやすく、 2本目は果実油と果肉も入っていたのでかなり癖があって濃厚でした?? 私は飲めました? 便秘解消? ニキビゼロに? 貧血がなくなった? などの効果を感じました?? 便秘解消は速攻でした! — 葉月?? * 322yzhchi.

次の

便秘サプリメントランキング! 便秘でお困りなら、これで解決

便秘サプリ

便秘薬はそもそも根本的な解決にならない!? 便秘になったときに、まず頼ってしまうのが「便秘薬」ではないでしょうか?良くないとはわかっていても、便秘薬についつい頼ってしまうものですよね。 私も長年便秘に悩んでいたのでよくわかります。 でも、便秘薬を使い続けることは、長い目でみると良くありません。 なぜ便秘薬は良くないのでしょうか? 便秘薬は便秘体質を治さない? 便秘薬にもいろいろな種類があり、大腸を刺激するタイプや便をやわらかくするタイプなどがあります。 一般的には大腸を刺激するタイプのことを便秘薬と呼ぶことが多いでしょう。 大腸を刺激するタイプは、腸を動かして強制的に便を出す効果があります。 効果は速いものの、自然な便意に戻してくれたり、根本的な便秘の治療にはなりません。 また、便をやわらかくするタイプのお薬も、比較的安全ではありますが、使うのをやめてしまうと元に戻ってしまうことも。 便秘薬を使って便秘は一時的に良くなっても、根本的な便秘体質はなかなか改善しないことが多いのです。 便秘薬は副作用の危険がある 便秘薬に頼りすぎることは、副作用の問題からもおすすめできません。 あなたは便秘薬に頼りきってはいないでしょうか? 下痢や腹痛などのように飲んですぐに起きる副作用だけでなく、長い間飲んだときに起こる副作用が怖いのです。 長く飲みつづけていくことで、腸が刺激に慣れてしまい、便秘薬が効かなくなってしまいます。 これを 「耐性(たいせい)」といいます。 効かなくなってしまうどころか、腸の動きが悪くなって、自然な便意が起こりにくくなってしまうことも。 また、便秘薬がないと排便できないと感じるようになり、依存になってしまう場合もあるんですよ! 便秘薬は最低限にとどめて、腸内環境を整えていくことが根本的に便秘を解消することにつながります。 そのためにもサプリを活用するのは効果的な方法です。 こんな方にはサプリがおすすめ 便秘薬や整腸剤という選択肢もある中で、サプリメントは次のような方におすすめです。 便秘薬になるべく頼りたくない• 根本的にお通じの改善に取り組みたい• 自然なお通じを取り戻したい• 長年便秘に悩んでいる• なるべく安全な方法で改善したい• 食事や生活を変えることが難しい• 毎日忙しくて、がんばる余裕がない• 特に原因となるような病気はない すぐに効果を感じたい方にはサプリはおすすめできませんが、便秘改善に根本的に取り組みたい方には、サプリを活用する方法が効果的です。 サプリで本当に便秘を改善できるの? 便秘の改善に本当にサプリで効果はあるのか?という疑問がある方は多いと思います。 どんなサプリが便秘のお悩みに役立つのか、本当に効果があるのかについて説明していきます。 便秘を改善するサプリメントとは 便秘の改善に役立つサプリメント成分としては、乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖などがあります。 どれも便秘解消に役立つ成分ですが、特におすすめしたいのが 「乳酸菌」です。 乳酸菌がおすすめの理由 「便秘になりやすい」「便秘を繰り返す」という方の腸内環境では、悪い菌が増えた状態になっています。 あなたの腸内環境も悪い働きをする悪玉菌がいっぱいかもしれませんよ? 悪玉菌が悪いといわれるのは、有害なガスを発生することが理由の1つです。 悪いガスが腸の動きを悪くしたり、便を出しにくくしてしまうのです。 つまり、悪玉菌が多いと便秘になりやすくなってしまうのです! 乳酸菌を取り入れると、殺菌作用により悪玉菌が増えるのを抑えてくれるため、悪いガスが減ってきます。 すると、腸の動きが正常に戻って自然と排便しやすくなります。 速やかな効果こそ期待はできないかもしれませんが、 もともと腸内にいる菌で改善していくので、自然に近いお通じが得られるように助けてくれることが乳酸菌サプリのメリットです。 長期的に考えても安全な方法だといえます。 便秘薬や整腸剤とはどう違うの? それでもやはりまた、「便秘薬と整腸剤の方がサプリよりも効くはず」と思う方もいるはずです。 簡潔にいうと、今すぐに出したいということであれば、たしかに便秘薬を使った方が効き目が速いです。 整腸剤や乳酸菌サプリの場合は、速やかな効果はあまり期待できません。 では、サプリが優れているのはどこなのでしょう? 便秘薬とサプリの違い 便秘薬を適切なタイミングで使わずに便秘を放置していると、腸閉塞(ちょうへいそく)などを起こす場合もあるので、決して便秘薬を使っていけないという意味ではありません。 腸を刺激するタイプの便秘薬と比べても、サプリの方が効果はおだやかです。 サプリには腸内環境を整えて、自然に近い本来の便通を取り戻していくのを助けてくれる力があります。 また、便秘薬のデメリットを考えると、整腸剤やサプリの方が副作用が少なくてすみます。 長期的な使用で効きにくくなるという心配もありません。 整腸剤とサプリの違い 整腸剤と乳酸菌サプリは似ている性質を持っています。 整腸剤にも乳酸菌が入っているので、間違いやすいともいえるでしょう。 整腸剤の場合にはガスを出しやすくする成分や、胃薬など乳酸菌以外のお薬の成分も含まれる商品が多いです。 お腹の症状を速やかに改善したいならば整腸剤もおすすめです。 ただし、整腸剤の中に含まれるお薬成分が、長く飲みつづけるには適していないこともあるので注意しなければいけません。 それに対してサプリの場合は食品であり、乳酸菌、オリゴ糖などが中心となっていて、お薬成分は入っていません。 サプリは食事と同じような感覚で長く続けやすいというメリットがあります。 また、入っている乳酸菌の種類も整腸剤よりも選択肢が多いので、いろいろな菌を試すことができますよ。 便秘改善にはどんなサプリがおすすめ? 乳酸菌サプリにはいろいろな種類があります。 サプリの種類とおすすめの成分、選び方のポイントについてご紹介します。 乳酸菌サプリの種類 まず「乳酸菌」という言葉の定義から整理しておきましょう。 大きな意味ではビフィズス菌も乳酸菌の仲間になりますが、乳酸菌とビフィズス菌は別のものとしてここでは区別してお話します。 乳酸菌の中には、ラブレ菌、ガセリ菌などのいわゆる「乳酸菌」と「ビフィズス菌」などが存在します。 ビフィズス菌も乳酸菌の仲間なのです。 ビフィズス菌の方が大腸に必要? 第一に、乳酸菌は主に小腸、ビフィズス菌は主に大腸に棲みつきやすいという特徴があります。 大腸の機能が便秘に直接関係しそうなことは想像できますよね? 乳酸菌よりも大腸において効果的なのはビフィズス菌です。 さらに、ビフィズス菌は乳酸菌よりも悪玉菌への殺菌力が強いといわれています。 ビフィズス菌は食事からは摂取しにくいということもあり、サプリメントで摂るのがおすすめです。 ビフィズス菌入りサプリってどれがいいの? ビフィズス菌入りのサプリにもいくつかの種類があります。 選び方のポイントとおすすめの商品をご紹介しましょう。 選び方のポイント ビフィズス菌入りサプリを選ぶときには、次のポイントをチェックしてみると良いでしょう。 どんな種類のビフィズス菌が入っているか ビフィズス菌にもいくつかの種類があります。 「ビフィドバクテリウム・ロンガム菌」「ビフィドバクテリウム・ブレーベ菌」などです。 例えば、便通改善には「ビフィドバクテリウム・ロンガム菌」がおすすめです。 機能性表示食品かどうか サプリメントの中には、 「機能性表示食品」という分類があります。 消費者庁に根拠となるデータを届け出た商品に効能効果の表示が認められています。 表示があるからといって効果が高いということではありませんが、1つの指標になります。 パッケージに「腸内環境を良好にして、便通を整える」というような表示があると、効果がわかりやすいので安心して飲むことができますよね。 生きたまま腸まで届くか ビフィズス菌は非常に酸に弱いという特徴があります。 そのためヨーグルトで摂取しても、ほとんどが生きたまま腸まで届かないのです! そこでビフィズス菌の中でも酸に強いタイプを選ぶと腸に届きやすくなります。 例えば、 「ビフィドバクテリウム・ロンガム菌」は酸に強く、生きたまま腸まで届いて増えるのでおすすめのビフィズス菌です。 また、サプリのカプセルや錠剤に工夫がされているものを選ぶことも大切。 例えば、腸で溶けるカプセルタイプで出来ているサプリを選ぶと良いでしょう。 おすすめのサプリとは? 以上の3つのポイントを踏まえた上で、おすすめしたいサプリメントが「 ビヒダスBB536」という商品です。 歴史ある「森永乳業」が製造販売するサプリで、ブランドとしても信頼性が高いといえます。 ビヒダスBB536はどんなサプリ? 「ビフィドバクテリウム・ロンガムBB536」という強いビフィズス菌が入っていて、腸まで生きたまま菌が届きます。 さらに腸で溶けるように工夫されたカプセル構造だから、腸まで菌が届き、効率よく増えて腸内環境を改善します。 機能性がデータで示されている さらに機能性表示食品であり、便通に対する効果があることが臨床試験からわかっています。 例えば、 「排便回数の増加」「便のニオイ減少」という結果が出ていて、サプリメントでありながらも効果があるのが特長です。 ビヒダスBB536には、悪玉菌を追い出して腸内環境を整える効果があります。 今度こそ本気で便通改善に取り組みたい、という方におすすめのサプリメントです。 せっかく飲むのだから、機能性が高いサプリを選ぶことをおすすめします。 私も飲んでみましたが、他のサプリよりも良い実感がありました。 まず、どれを試したらよいかわからないという方にもおすすめできる商品です。 なお、薬剤師でもある私が実際にビヒダスBB536を1ヶ月試してみた感想と結果については、次の記事でレポートしています。 詳細が気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

次の

便秘歴25年のママの口コミ※乳酸菌サプリメントおすすめランキング

便秘サプリ

妊婦が便秘になりやすい原因 妊娠初期の原因 妊娠しはじめの頃は、いつもの体から妊婦さんの体へと急激に変わるので、便秘になりやすい時期です。 特に、妊娠することで多く分泌されるようになる黄体ホルモンが妊娠初期の便秘に大きくかかわっています。 黄体ホルモンは妊娠を継続するために必要なホルモンですが、このホルモンによって大腸での水分の吸収量が増えます。 これは羊水として水分を多く必要とするためです。 水分を多く吸われた便は当然硬くなってしまい、便が出にくい便秘状態になってしまうのです。 また、黄体ホルモンは支給が収縮してしまわない様に子宮周りの臓器の活動を抑制する働きがあります。 腸の動きが抑制されることによっても便秘になりやすくなってしまうのです。 妊娠中期の原因 妊婦さん期は初期と同じ黄体ホルモンの影響に加え、子宮が大きくなったことによる腸の圧迫も原因の一つとなります。 こぶし大だった子宮も赤ちゃんの成長とあわせてどんどん大きくなります。 お腹が大きくなっていくことは命をお腹の中で育んでいる実感となりとても幸せを感じることですが、内臓からするととんでもない!圧迫され、狭くなり、便は通りにくく詰まりやすくなってしまうのです。 また、妊婦さん期ごろにはつわりが始まり、食生活が乱れやすくなってしまうのも便秘の原因となります。 特定のものしか食べられない、水分を取れないなど、食べる物が変わることで便秘につながってしまうことがあります。 妊娠後期の便秘 妊娠後期となるとお腹も大きくなり、体を動かすのが大変になります。 子宮からの圧迫に加え、 運動量が減り、体を動かす範囲も狭まることで、腸の運動も鈍くなってしまうのです。 動きの鈍くなった腸では便が溜まりやすくなり、長期間腸にとどまることで水分がどんどん吸収され、硬い便となって出すのもつらい便秘になってしまうのです。 即効!妊娠中の便秘を解消する方法 食べ物で便秘解消! 食事による便秘解消は、最も安全、安心して行える便秘の解消法です。 便秘が辛いときは意識的に摂取するようにしましょう! オリゴ糖 オリゴ糖は腸内環境を整えてくれる、善玉菌のエサとなります。 善玉菌を増やし、腸内環境を良くすることで、お通じを良くすることが出来ます。 オリゴ糖ははちみつのような液体タイプと粉タイプがあります。 普段使っているガムシロップや上白糖をオリゴ糖に替えるだけでOKなので、摂取も簡単です。 \体に優しく自然にスッキリできるオリゴ糖/ 食物繊維 食物繊維は便秘にいいということは多くの方がご存知ですが、食物繊維の仲にも水溶性と不溶性があるのを知っていますか? 水溶性は水に溶ける食物繊維、不溶性は水に溶けない食物繊維です。 どちらも便秘解消に効果がありますが、便を柔らかくして出してくれるのは水に溶ける水溶性の食物繊維です。 水に溶けない不溶性の食物繊維は自ら水分を吸ってかさを増やし、腸の動きを活性化させる役割を持っています。 腸の動きは良くしてくれますが、取りすぎると便に必要な水分まで吸ってしまう上、便と混ざりにくいので滑りにくく、逆に便秘の原因になってしまう場合もあるのです。 便を出しやすくするためには水溶性の食物繊維を多く摂取するようにしましょう。 水溶性の食物繊維を含む食べ物は、バナナ、キウイ、オクラ、山芋、ごぼう、納豆、こんにゃく、海藻類などです。 不溶性の食物繊維を含む食べ物は、玄米、そば、エリンギ、えのき、インゲン豆、おから、ゆで小豆などです。 一言に食物繊維と言っても、その性質に注意して摂取しましょう。 乳酸菌 乳酸菌はヨーグルトやチーズなど、発酵乳製品に多く含まれています。 乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、腸の動きを活性化してくれるので便秘対策におすすめです。 ポイントは、毎日摂取するという事。 腸内環境は1日では改善できません。 毎日乳酸菌を摂取することで、徐々に整っていきます。 また、熱や酸に弱いので、加熱はせず、食後に食べるようにしましょう。 飲み物で便秘解消! 水・白湯 硬くなった便を柔らかくするには、とにかく水分が必要です。 冷たい水は胃腸を刺激し、動きを良くしますし、白湯で胃腸を温め血行を良くすることも便通を良くします。 ただし、冷たい水の場合には体が冷えてしまうこともあるので、取りすぎには注意しながら飲むようにしましょう。 飲み方のポイントとして、朝起きたらまずコップ1杯の水を飲むと水分補給だけでなく胃腸を動かすきっかけになりますので、是非習慣にしてください。 牛乳 牛乳は適度な脂肪分を含み、便をまとめ滑りを良くして出しやすくしてくれます。 飲みすぎはカロリーオーバーになりますので、一日コップ1杯程度の摂取がおすすめです。 りんごジュース 水溶性食物繊維を多く含み、便を柔らかくしてくれます。 糖分の摂りすぎに注意しながら飲むようにしましょう。 ルイボスティー ミネラルを多く含み、利尿作用のあるルイボスティーは便秘解消だけでなくむくみを防ぐ役割としてもおすすめです。 ノンカフェインですので、妊婦さんも安心して飲むことが出来ます。 排泄しやすい姿勢をとる 排便をするとき、ただ便座に座っているだけよりも、足元に台を置き、少し前かがみになることで排便しやすい姿勢になります。 和式便座を利用するときの姿勢によく似ています。 お腹が大きくなってくるとかがむのが辛くなってきますが、脚を少し高くするだけでも便が出やすくなりますので、是非試してみてくださいね。 ツボ 胃腸の動きを活発にするツボを押すことで、便通を促し便秘を解消する方法もあります。 代表的なツボは、土踏まずにある反射区と呼ばれるツボ、そして人差し指と中指の間からかかとの方へむかっていく途中にある湧泉(ゆうせん)と呼ばれるツボです。 あまり強く押してしまうと便が緩くなってしまうので、心地いいと感じる強さでやさしく押すようにしましょう。 また、ツボは押すだけでなく温めることでも効果があるので、足湯などで刺激することもおすすめです。 マッサージやエクササイズ お臍の下あたりを「の」の字に優しくマッサージをするもの、直接腸に刺激を与え腸の動きを活性化してくれます。 しかし、お腹が大きくなってくるとこの方法は難しくなってきます。 お腹が大きくなって来たらお腹の下あたり、骨盤の上を添わせるように優しくなでましょう。 また、大股で歩いたり、体をねじる、腰を回すなどのエクササイズも、腸を動かし、便通を良くしてくれます。 もちろん、体に負担のない程度に押さえながら腸を中心に体を動かすようにしてみましょう。 サプリ オリゴ糖や抹茶が配合されたサプリなど、妊婦さんの便秘解消のお手伝いをするサプリを利用するのも良いでしょう。 無添加、自然由来のサプリなら妊婦 さん でも安心して利用できます。 便秘薬 妊娠中に便秘薬を使うのは不安という方も多いのではないでしょうか? 確かに便秘薬を使ってお腹が緩くなってしまい、下痢が続いてしまうと流産などのリスクが高まるといわれています。 しかし、便秘をそのままにしておくのも妊娠中のお母さんはもちろん、おなかにいる赤ちゃんにもよくありません。 妊娠中は便秘薬が使えないわけではありません。 辛い便秘が続くときはかかりつけ医に相談しましょう。 便秘薬を使ってもいいといっても、万が一のことを考え市販の便秘薬は使用を控えてくださいね。 ストレス解消 ストレスも便秘の原因となります。 出産の不安、体調の変化によるストレスなど、妊婦さんは多くのストレスにさらされます。 出来るだけ自分の時間を作り、 ご主人や家族の協力を得ながら好きなことをしてストレスを溜めない様に心がけましょう。 普段の生活から便秘にならないように気をつけよう! 湯船に浸かる 体を温めると血流が良くなります。 もちろん、胃や腸も血流が良くなり、その働きも活性化されます。 あまり長く熱いお湯につかることはよくありませんが、毎日入浴をして体を温め、胃や腸の動きを少しでもよくしましょう! 水分をこまめに取る 妊娠中はホルモンの影響で便からも水分が取られるほど水分を必要とします。 こまめな水分補給をして、便が硬くならないようにしましょう。 ただし、甘い飲み物、カフェインの入っている飲み物、もちろんアルコールなど、妊娠中に避けるべき飲み物は飲まず、ノンカフェインの飲み物や水、麦茶などを中心に飲むようにしてください。 日頃から運動する 妊婦さんは思うように体が動かず、運動量がぐっと減ってしまいます。 体を動かすのが辛くなりますが、体を動かさないと体重の増えすぎや産後の体型の戻りにも影響しますので、妊娠中も積極的に体を動かしましょう。 ただし、妊娠中ですので無理は禁物です。 体が辛いと感じたらすぐに中止しましょう。 また、胎盤が形成される15週まで、安静が必要な場合、妊娠に異常がある場合には医師の指示に従って運動を控える必要があります。 お腹を冷やさない お腹が冷えてしまうと胃腸の活動が弱まるだけでなく、体が冷え代謝も落ちてしまいます。 体全体はもちろんですが、特にお腹は冷えない様に腹帯や腹巻を使って冷やさないようにしましょう。 バランスの良い食事を摂る 食事の偏りは便秘の原因となります。 つわり時期などなかなか思うように食べられない場合もありますが、できるだけバランスの良い食事をとるようにしましょう! ただし、食事のバランスにとらわれ過ぎてストレスを溜めてしまっては本末転倒!好きなものを食べる機会もつくり上手に息抜きしながら妊娠ライフを楽しみましょう。 さいごに 妊娠中の便秘は、お母さんも赤ちゃんもつらい症状です。 腸に溜まった便に赤ちゃんが圧迫されてしまったり、お腹の張りにつながったりと不安も尽きません。 といっても、気軽に便秘薬を使えないので苦労している方も多いのではないでしょうか。 しかし、食事や運動などで安全に便秘を改善することはできます!赤ちゃんに負担がかからない様、便を出しやすくする生活習慣を意識することもお母さんの大事な役目です。 もちろん、ひどい症状の場合には医師に相談することが一番ですが、まずはご自身で便秘対策を始めてみましょう! \体に優しく自然にスッキリできるおすすめオリゴ糖/•

次の