グーグル ニュース 設定。 「グーグルホームの設定ってどうやるの?」Google Home miniを買ってから行った設定

米グーグルを集団提訴

グーグル ニュース 設定

Contents• 総合・国内のニュース提供元 一般総合ニュースを聴くためのジャンル「総合」または「国内」、のニュース提供元の読み上げ内容を簡単に紹介します。 NHKラジオニュース ネットラジオニュース番組、の読み上げです。 朝7時半頃試して朝7時のニュースが読み上げられました。 人が読み上げています。 特徴として、ニュース1個あたりの内容が濃い 長い ことが挙げられます。 メインニュースは1つあたり3,4分かけて読み上げます。 例えば、今は衆院選のニュースがメインでしたが、それぞれの議席の数等まで細かく読み上げられました。 内容は、一般ニュース、為替。 約10分弱で7,8個のニュース。 日によって変動すると思います。 ニュースをしっかりと聞きたい人におすすめのニュース番組です。 逆に短時間でサクッとその日のニュースを網羅したい人には、以下の「朝日新聞アルキキ」の方が向いています。 朝日新聞アルキキ の読み上げです。 7時頃試して5時58分のニュースとして読み上げられました。 機会音声です。 特徴として、 ヘッドライン読み上げ形式で、短時間で複数のニュースを網羅できます。 サイトでも謳い文句で、「たった5分で今日のニュースをまとめ聞き」といっているように、まとめて短時間でニュースが聞けます。 1ニュースあたり、30秒~1分程度です。 内容は、一般、政治など。 終わりに少しだけ広告が入ります。 5分程度で10個程度のニュースの読み上げ。 ニュース間にSE 音 が入るのでニュースの切替わりもわかりやすいです。 ヘッドライン読み上げのように、短時間で様々なニュースを知りたい人におすすめのニュース番組です。 個人的にも Google Homeで使える最もおすすめするニュース提供元です。 TBSラジオニュース のニュース。 前日19時のニュースが読み上げられました。 人間音声です。 特徴としては、内容が濃い部類のもので、主要ニュース 6,7つを 1つあたり1,2分かけて10分弱程度読み上げました。 内容は、一般ニュース、株取引、スポーツニュース(メジャーリーグ、プロ野球、プロ野球結果)なども取り扱っていて幅広い印象です。 様々なニュース全般を取得したい方におすすめです。 サクッと多くのニュースを取得するにはやはり内容が重く向いていません。 毎日新聞 毎日新聞が選んだ注目ニュース1つを読み上げてくれます。 1つにしぼっているため、欲しているニュースを得にくく使いにくいといわざるを得ません。 内容は、一般ニュースで、主要ニュース1個を前日7時のものとして読み上げられました。 ビジネスのニュース提供元 ビジネスは現状1つしか提供元がありません。 その1つもなんとも微妙なところです。 日経電子版NEWS 昨晩のものが読み上げられました。 メインニュースは3分以上でじっくりと、他も2分程度のしっかりと読み上げられます。 内容は、ビジネスニュース、日経平均株価など。 国内・総合ニュースと基本は似ています。 3,4個くらいのニュースで7分くらいかかります。 終わりに軽く宣伝が入ります。 テクノロジーのニュース提供元 テクノロジーは個人的に最も期待したいジャンルなのですが、はっきりいって、期待に応えうるものはありませんでした。 Voicy公式ITビジネスニュース 読み上げ要求した直近のニュースを1つのみ1分程度読み上げます。 それだけなのですぐに終わります。 試したときはスマートスピーカーのニュースが読み上げられました。 それもあって内容は面白かったですが、いかんせん1つのニュースなので、ニュース把握目的としては使いにくいです。 石川温のスマホNo. 1メディア スマホに関する情報を発信しているラジオ番組をそのまま流しています。 ニュースではないですね。 ラジオ番組として使うのが良いでしょう。 スポーツのニュース提供元 スポーツニュースは、あまり実用的なものはありませんでした。 試合結果等であれば、自分でGoogleHomeに「〇〇の試合結果教えて」と聞いたほうがよいです。 スポニチアネックス プロ野球関係のニュースのハイライト1件を読み上げてくれました。 それだけでした。 お試し版なのかなんなのか、日常で役立つようなものではないです。 試合結果であれば、自分でGoogleHomeに「今日のプロ野球の結果を教えて」などとたずねたほうがよっぽど有益な情報がえられます。 (サッカー等でも同様) スポーツ人間模様 スポーツ選手の特定の人を取り上げて、語るラジオ番組です。 ニュースって感じではないです。 このときは田中将大投手の今年の成績全般を語っていました。 ラジオ的な聴きものとして使うのが良いでしょう。 エンタメニュースの提供元 こちらも、あまり期待に沿うようなニュース提供はありませんでした。 というか、芸能や、エンタメのニュースをしっかり読み上げてくれるものは現状ありません。 ラジオクラウド はじめにヘッドライン内容が読み上げられ、その後詳細な内容を取り上げる番組が始まる形式です。 エンタメジャンルにありますが、一般ニュースの内容に近いです。 特に芸能やエンタメに特化した内容を取り上げてはいません。 番組の語り口調が割合ポップな感じではあります。 スポーツ新聞などの読み上げなどもあるので、少しはエンタメよりなんでしょうが微妙なところです。 ヘッドラインでざっとニュースはしれますが、ラジオ番組が続くので、これもラジオとして使うのが良いでしょう。 J-WAVE TOKIO 100 様々なポイント集計した楽曲のオリコンランキングの紹介のようなものです。 とはいえ、その内容もTOP5を少し触れたくらいの簡易的なものです。 ということで、ニュースではないです。 海外ニュース・ラジオが充実 「ニュース提供元追加」から言語を選択すれば、他の言語のニュースも同じようにニュースリストに加えることができます。 海外ニュースの方が充実しているので、英語が問題なければそちらを利用してみるのも良いでしょう。 英語のリスニング練習としてもいいんじゃないでしょうか。 しっかりとテクノロジー向けのものもありますし、Game向けのものもありました。 ニュース・ラジオで使える音声コマンド 以下がニュース・ラジオ関係で使える音声コマンドです。 「今日のニュース教えて」 「 カテゴリ のニュース教えて」 「 番組名 のニュース教えて」 「 番組名 を流して」 ここまで書いてきたように、ニュースというより、ラジオの印象が強いものが多いのですが、「 番組名 のラジオを再生して」などは通じません。 多くのものはニュースというキーワード入で要求するのが良さそうでした。 一部は、ニュースというキーワードを入れると認識されず、「 番組名 を流して」だと反応するものもありました。 例えば、朝日新聞アルキキが「朝日新聞アルキキを流して」で反応するタイプでした。 まとめ。 おすすめは? Clova WAVEと比較すると・・ ということで、見てきましたが、書いてきたとおり、 ニュース読み上げとしては期待に応える内容ではありません。 (少なくとも僕には。 ラジオっぽくゆったり聞きたい人には良いと思います。 ) ただ、そのなかでも一応おすすめできるのは、 「朝日新聞アルキキ」です。 上述したとおり、こちらは一般ニュースをサクッと網羅的に聴くことが可能です。 僕はGoogleHomeのニュース提供元設定を、「朝日新聞アルキキ」と「海外ニュースいくつか」に設定しなおしました。 ニュース提供元を設定して、「今日はどんな日?」でニュースを読み上げを設定にしておけば、設定したニュースが読み上げられます。 ということで、現時点で、ニュース読み上げに関してはLINEの「Clova WAVE」のほうが使い勝手がいいです。 各種ジャンルごとのヘッドラインを5つずつ読み上げられるようになっています。

次の

Microsoft Edge のトップページをカスタマイズ(マイニュースを非表示に)

グーグル ニュース 設定

Google Meet(グーグルミート)とは Googleが提供するテレビ会議ツールが「Google Meet(グーグルミート)」です。 本記事ではGoogle Meetの特徴や使い方などの基本を解説していきます。 Google Meet無料提供へ Google MeetはもともとG Suiteユーザー対象の有料サービスでしたが、 Googleは2020年5月から一般向けに無料提供を順次開始すると発表をしました( )。 新型コロナウィルスの影響によるものです。 今までGsuiteユーザー以外には利用されづらかったGoogle Meetを使う機会が増えることが想定されます。 無料解放で使える主な機能 今回の無料提供で解放される主な機能は以下です。 無料で使える機能としては非常に魅力的であるといえます。 大規模会議を実施可能(最大参加者数は250名)• 録画機能が利用可能に• ライブストリーミング機能が利用可能に Google Meet(グーグルミート)の使い方 早速Google Meetの使い方を説明します。 といってもほぼ直感で使えるユーザーインターフェースですので難しい説明は不要です。 Google Meetの使い方は大きく2つの方法があります。 Googleカレンダーから使う• Google Meetのサイトから使う Googleカレンダーから使う カレンダーツールとしてGoogleカレンダーを使っている方は多いかと思います。 Google MeetはGoogleカレンダーからほぼワンクリックで立ち上げが可能です。 以下に使い方を説明します。 Googleカレンダーで予定を設定する。 「Google Meet のビデオ会議を追加」をクリック クリックすると、瞬時に「Google Meetに参加する」というリンクが生成されました。 ミーティングの参加者はこのリンクをクリックすると瞬時にGoogle Meetが立ち上がります。 あとは、カメラや音声の設定をするだけでテレビ会議を開始することができます。 Gmailなど、G suite 利用でないGoogleアカウントの場合は「Googleハングアウト」での利用となるため表示が少し異なります。 Google Meetサイトから使う 次にGoogle Meetのサイトからテレビ会議を開催する場合を解説します。 以下のGoogle Meetサービスページにアクセスします。 ミーティングを開始する場合は、画面中央右の「ミーティングに参加または開始」をクリックします。 すると以下のような表示がされます。 ミーティングコードまたはミーティングのニックネームを入力します。 「続行」を押すとそのままミーティングが始まります。 Google Meetは大人数の会議でも使えるの? Google Meetでは 最大250人まで のテレビ会議参加が可能です。 会社の総会やセミナーなどの大規模な会議にも利用ができます。 Google Meetは画面共有はできるの? Google Meetでは もちろん画面共有が可能です。 画面右下の「今すぐ表示」をクリックするとあなたの画面を共有することができます。 全画面共有かウィンドウ共有を選択することができます。 Google Meetで動画中にチャットはできるの? Google Meetでは チャット機能も付いています。 画面右上のチャットアイコンをクリックすると、参加メンバーでチャットを行うことができます。 資料リンクを送ったり、メモを共有したりということが可能です。 Google Meetで録画はできる? Google Meetで画面録画は可能ですが、従来は「G Suite Enterprise」 と 「G Suite Enterprise for Education」プランを契約しているチームのみ使える機能となっていました。 しかし、 2020年9月30日までG Suiteユーザーであれば録画機能も利用可能 になっています。 5月以降順次ロールアウトしていくとのことです。 Google Meetでバーチャル背景は設定できるの? 例えば、ZOOMなどではバーチャル背景の設定機能が人気です。 Google Meetにはそのような機能はあるのでしょうか。 Google Meet単体機能としては 残念ながら設定ができませんが、 次で説明するサービスを使うとバーチャル背景への変更も可能になります。 Snap Camera(スナップカメラ)を利用すればGoogle Meetでも背景変更が可能 前述の通りGoogle Meet単体ではバーチャル背景の設定はできませんが、 Snap Camera(スナップカメラ)というツールを利用するとGoogle Meetでも背景変更が可能になります。 続いて、具体的に Google MeetとSnap Cameraを連携させる方法を説明します。 Snap Camera(スナップカメラ)をダウンロード Snap Camera(スナップカメラ)は デスクトップアプリとなりますのでダウンロードの必要があります。 以下のサービスサイトから「Download」をクリックして、 規約チェック と メールアドレス入力 を行い、ダウンロードを進めます。 インストールが完了するとアプリが立ち上がります。 「ビデオ接続」「マイク接続」を許可して進めます。 バーチャル背景を選択する 様々なバーチャル背景がありますので選択します。 バーチャル背景以外にも様々なエフェクトを利用することができます。 以上でSnap Camera側の設定は終わりです。 Google Meetで設定をする 続いてGoogle Meet側の設定に移ります。 にアクセスします。 画面右上の「歯車」ボタンをクリックします。 動画の設定画面に移りますので、「Snap Camera」を選択します。 これでGoogle Meet側の設定も完了となります。 そのまま会議に参加するとSnap Cameraで設定したバーチャル背景でテレビ会議を行うことができます。

次の

Google Meet(グーグルミート)の使い方

グーグル ニュース 設定

パソコンの トップページ。 検索エンジンの設定ナニを使っていますか? 調査によると、第1位はYahoo。 第2位がGoogle。 でも グーグルをトップページにしようかなと考えている方、いらっしゃいますよね。 だってできる人はトップページがグーグル…、なんてイメージありますよね。 トップ画面のグーグルの ロゴが変更になることですら、大きなニュースになるグーグル。 やっぱりグーグルをトップ画面にしないと話題にもついていけない…かもしれません。 そういえば記念日に合わせてロゴが変わるなんて話も耳にしました。 それをDoodle ドゥードル と呼ぶなんてグーグル トリビアな話題です。 トップページに設定、グーグルに変更するのはどうするの? シンプルで押しつけがましくないグーグルが好き! なんて話を聞いたら設定せずにはいられません。 そしてそのトップページをグーグルにしたい! そんな望みをかなえます。 スポンサードリンク トップページをグーグルにしたい! どうする? トップページをグーグルにする方法。 まず設定したいグーグルのHPを開きます。 右上の 工具のマーク設定をクリックします。 クロームで Yahoo! のページを出します。 右上の3本線(Google Chromeの設定)で、「設定」をクリックして下さい。 「 起動時」の項目で、「特定のページまたは複数のページを開く」の横にある青文字で「ページを設定」をクリック。 左下の「現在のページを設定」をクリックでYahooに変わります。 例としてso-netをトップ画面にするで 変更方法をお教えします。 クローム画面から右上の設定をクリック。 オプションを選択します。 起動時:ホームページを開くを選択• so-net. ツールバー:「ホームボタンを表示」を選択 画面左上のホームボタン お家のマーク をクリックして、So-net のトップページが表示されることを確認します。

次の