携帯 官能 小説。 伊集院家の女たち

伊集院家の女たち

携帯 官能 小説

この記事の目次• 日本最大級のガールズポータルサービス。 Yahoo!の検索エンジンで 『携帯 小説』と検索すると1番目に表示されることから、携帯の小説サイトの大御所と言っても良いと思う。 280万を超える小説が読み放題で、小説投稿も簡単だから作家デビューを目指す人にもおススメのサイトだよ。 1999年にサービスがスタートし、当時はiモードとインターネット向けのサービスだったけど今ではPC、スマートフォン、ガラケーとあらゆる端末から自由に閲覧出来るようになったね。 BL系の作品が多い。 2017年に10周年を迎えてビックな企画を開催中。 女子中高生の5人に1人が読んでるケータイ小説サイトらしいんだけど、これ本当だったら凄いよね。 2017年時点で47万を超える作品が無料で読み放題。 書籍化作品の原作も無料で読めるのは素晴らしい。 iPhoneとAndroidのアプリがあるからスマートフォンを利用している人は、アプリを利用した方が良さそうだね。 縦スクロールで作品を読むことができ、ページをめくらずにサクサク読めるのが特徴。 好みの作品設定をすれば自動で自分好みの小説がピックアップされる。 会員登録すると、好きなページにはさめるしおり機能、本棚の自動同期機能が使えるようになるよ。 7周年記念パーティーというイベントを開催する予定で、参加するとあなだけのオリジナル作家の名刺が貰えるみたい。 現在作家の人、作家デビューを目指している人なら絶対に参加しておきたいところ。 エブリスタは、物語を手軽に読んだり書いたりすることが出来る小説投稿サイトで、公式のコンテンツの開催、書籍化、映像化のプロデュースなど手広く行っている。 使い慣れてきたら、随時開催される投稿イベントに参加して他の人からレビューや評価をもらって作品のクオリティをあげていこう。 イベントには出版社協業の書籍化イベントや賞金、講評がつく短編イベントなどエブリスタが主催する公式イベントと、ユーザーの人たちが主催するユーザーイベントの2種類あるよ。

次の

官能小説の人気おすすめランキング20選【大人だけが楽しめる文学作品】

携帯 官能 小説

静香が出勤するのを見届けると健吾は居間へと戻った。 二人の娘達は既に出掛けている。 物音一つない部屋で一人ソファーに座った。 時々、外をからはオートバイのかん高い騒音と通学途中の子供達の声が聞こえるだけである。 家事全般とはいかないが、妻や娘達が出掛けた後は健吾がやっていた。 ゆっくりとソファーから腰を上げると、流し台に置かれた食器を洗い、室内の掃除機がけと毎日のスケジュール通りにこなして行く。 「さてと…」 健吾は一通り辺りが片付いたのを確認すると自分の書斎へと入っていく。 書斎と言っても六畳ほどの一室である。 彼はこの部屋を仕事場としていた。 天井に届きそうな大きめの本棚が一つと小さな本棚が二つ、ディスクの上には一台のパソコンがあるだけだ。 台所で食器を洗う時でも頭の中は先ほどの健吾の話しでいっぱいだった。 大丈夫とは言うが若い者同士である。 絶対はない。 (本当に大丈夫かしら…) 静香の頭の中は不安で休まることがない。 「でっ、いつ来られるんです?」 「今度の日曜日らしい。 」 煙草を吸いながらテレビを観ていた健吾が答えた。 「日曜日…?明後日じゃないですか!」 カレンダーを見た静香が大声を上げた。 事は急を要する。 「あなた、部屋は何処にしますか?掃除お願いしますね? それと…食べ物は何がいいかしら…?好き嫌いとかあるのかしら…」 居室の心配もすれば、何を食べさせたら良いかも心配しなければならない。 生活してきた環境が違うのだから無理のない話しであった。 「部屋は私が準備しておくから…、食べ物は何でもいいよ。 少し落ち着きなさい。 」 「でも…」 まだ朝は肌寒い。 健吾の話しから二日ほど経った日曜日、来客があるというので健吾は二人の娘達に家で待つように言い付けていた。 これから共に暮らす客人に紹介しなければならない… そのためである。 伊集院家は朝から落ち着きがなかった。 他人を下宿させる事など経験がない。 ましてや男など父親だけであったにもう一人増えるからだ。 掃除は済んだか、お茶の用意はしてあるか、健吾の指図で妻も娘達も走り廻っていた。 「ねぇお父さん、今日来る人ってどんな人?」 健吾に声を掛けてきたのは次女の薫であった。 黒髪のショートカットの娘だ。 何事にも興味を示す娘であった。 「薫、いいから早くしなさい。 お茶碗の準備は出来たの?」 次女を叱責しているのは、長女の彩香である。 名門国立大に席を置いているだけに冷静沈着な娘であった。 母親譲りなのか、背丈の高い娘である。 髪は明るい茶系であり、背中辺りまで伸ばしている。 二人共に母親と同じく美形であった。 昼も近くなるころ、外の気温もぐんぐんと上がってきていた。 半袖のシャツを着ていても汗ばむほどである。 ドドド〜 家族が居間に集まっている伊集院家の前に重い低音の爆音が轟いたかと思うと、しばらくのちに耳に残るようなけたたましい音が消えた。 「こんにちは…」 玄関の方から誰かしらの声がした。 家中の者が顔を見合わせているところに、再度「こんにちは。 」と声が聞こえた。 「はい!」 真っ先に声の方角に動き出したのは健吾だった。 それにつられるように妻と娘達も後を追った。 一家勢揃いした目の前には、一人の青年がさも驚いた顔をして立っている。 黒のTシャツにジーンズ、リュックのような袋を右肩に掛けていた。 褐色の肌の色は日焼けだろうか…長身ながら胸板も厚くガッシリした体型である。 (例の息子さんじゃないな…) 家族全員の胸の内に共通した思いがあった。 「はい…、あの…どちら様でしょうか…?」 青年に声を掛けたのはまたしても健吾である。

次の

野いちご

携帯 官能 小説

読み終わった時の感情をどう表して良いかわかりませんでした。 頑張っても忘れられない過去は、きっと多くの人が経験していることだと思います。 引き摺ってばかりの自分に嫌気がさしたり、私だけがずっと変われていないと悲しむこともある、けれどそれを上書きしてくれるのは新しい出会いと 直感と 奇跡なのかなあと思います。 美しいタイトルに惹かれて読んだのがきっかけでしたが、穏やかな優しさとその影に隠された切なさが綺麗に、リアルに描かれていて、出会えてよかったなぁと思います。 この感動をどうにか文字に起こしたいのに下手くそな日本語でしか伝えられなくてすみません。 この溢れ出るたくさんの感情を共有したい、そう思える素敵な作品でした。 ありがとうございました。 * 誰かの最期は 誰かの一瞬だ * 電車に轢かれた人を見た たった一瞬のこと。 だけど、彼女にとっては呼吸が浅くなるほど長い一瞬だった。 手足が震えてしまうほど痛い一瞬だった。 彼女にとっては。 けれど、息をしている。 たけど、あの子は息をしていない。 それを暗に示しているような、胸の奥深くに響く確かな言葉。 あの子の呼吸が止まってしまっても、私たちは息をしている。 隣にいたあの子が電車の向こう側に消えてしまうその一瞬を、あの子の瞬間的に変化する表情一つ一つを、瞬きをすれば終わってしまうような刹那的なその出来事を、丁寧に、綺麗に、リアルに描いたショートストーリー。 作者様の文章は、美しく光り輝いているように見えます。 大好きです。

次の