オーマジオウ 正体。 オーマジオウ

「オーマジオウ」に関するQ&A

オーマジオウ 正体

I know my audience would value your work. If you're even remotely interested, feel free to send me an email. 名前: 名無しさん 投稿日:2020-05-05 00:37:13 カテゴリー• 170• 296• 342• 311• 210• 356• 675• 337• 4738• 366• 599• 4269• 2180• 1735• 507• 416• 2890• 976• 1271• 1154• 1574• 4166• 8326• 310• 385• 360• 500• 373• 251• 644• 401• 140• 429• 308• 400• 548• 504• 481• 400• 542• 532• 182• 363• 439• 471• 310• 1407• 730• 1090• 3230• 1577• 658• 161• 483• 104• 275• 1495• 136• 688• 230• 700• 2159• 195• 4818• 304• 358 リンク TOP絵頂きました スポンサー.

次の

「仮面ライダージオウ」のオーマジオウの正体は実はいい人?隠された真実とは?なぜあのような結末になったのか【twitterで話題】

オーマジオウ 正体

「仮面ライダージオウ」のオーマジオウは実はいい人? 映画Over Quartzerにおいて歴史の管理者「クォーツァー」が「平成ライダーという『世界観も設定もバラバラな存在』を平成という歴史やその時代に生まれた存在もろとも消し去る」という大暴挙に出る中で明かされた真実。 それは、オーマジオウが未来のソウゴ本人であること、そして未来の人々には本作での織田信長のようにオーマの日の出来事について事実が歪められて伝えられていた可能性があることでした。 この事から、「実は事実が歪められているだけで、オーマジオウ自身は正義のための行動をしている」ということになります。 劇中描写を見る限り、オーマジオウの時間軸におけるソウゴは、レジェンドライドウォッチを全て継承した段階で実は影武者だったという「役割」を明かされ、「オーマの日」にてオーマジオウになることでクォーツァーのライダー3人を何とか倒したがカッシーンやダイマジーンによる惨劇自体を食い止めることはできず、さらに生き残ったクォーツァーによって全ての責任を押し付けられ「最低最悪の魔王」に仕立て上げられた可能性が高いです。 すなわち、「最低最悪の魔王」の呼び名は「オーマの日」に起きた惨劇がオーマジオウの手によるものだ、という敵側の情報操作の末に名付けられたものであり、本人が言った通り真実は「最低最悪の状況から可能な限りの未来を奪い返した最高最善の魔王」であり、紛れもなく人類の自由と平和のために闘った仮面ライダーだったのです。 彼の玉座が人のいない荒野にポツンとあるのは、無関係な人を巻き込まない為とおもわれます。 また視聴者に絶大なインパクトを与えた『初変身の像』も、知らずとは言えクォーツァーの片棒を担いでしまった自身への戒め、及び過去改変を行おうとする者への目印であったのかもしれないです。 そんな彼を最低最悪の魔王と呼んで襲っていたレジスタンスは、ウォズがクォーツァーの一員でありながらかつてはレジスタンスの隊長クラスだったことや、タイムマジーンやジクウドライバーといったただのレジスタンスには到底手の届かないはずの存在を考えると、実際にはクォーツァーの残党でありオーマの日を起こした者、そして彼らに扇動された生き残りの民衆であるということになります。 メリディアンサッシュというオーマジオウの子午線を現す権威ある金色の勲章で、襷状にかけらている腕時計のベルトようなものは半径4km以内の触れたものを異次元へと送る効果を持ちます。 つまりEP01で放った波動はこの器官から放たれた可能性があり、その場合彼らを容赦なく葬っているようにも見える描写に関しては本来守るべき民を殺さないようにレジスタンスたちは死んだかのように見せかけただけという事になります。 そしてオーマジオウの誕生の条件がおそらく「喪失」(最初は守るべき民の喪失、最終回では仲間の喪失)する事なので 写輪眼かな、その場合オーマジオウの力がめざめる前に「オーマの日」にてカッシーンやダイマジーンによる惨劇が起こり、食い止めることが出来ずに喪失を経験してオーマジオウが降臨したという事になります。 そこを鑑みると喪失を経験せずにオーマジオウの力を行使できる「オーマフォーム」はソウゴが理想とする力になるでしょう。 因みに「ウォズの裏切り」についてですが、ウォズは元々クォーツァーの一員だったことを踏まえると、「オーマジオウに感化され改心した」という事になり、上述の事もあり仲間が死なないことが分かってるからあえてあのような行動に出た、という事だと思われます。 「仮面ライダージオウ」のオーマジオウに隠された悲しき真実とは? オーマジオウのスペックは• ラスボス級怪人を一撃で葬り去る超常的なまでの戦闘力。 複数の並行世界を含む時空の破壊・創造 あくまでこれも能力の一端でしかない。 たすき掛けした「メリディアンサッシュ」による異次元への物質転移 EP01でオーマジオウが見せていたレジスタンスの蹂躙も異次元に送っただけで殺害はしていない可能性がある。 スーツ自体も四肢に内蔵された人工筋肉や形状変化機能によって装着者に超常的な運動能力を授ける。 各所の装甲は鋼鉄の1200倍の強度を持つ「ザバルダストグラフェニウム」や重量と密度を自在に変化させられる「ダークマターインゴット」などで作られ、さらに呪• 術的な力であらゆるダメージを萎縮させる機能を加えることで極限の防御力(ジオウトリニティやグランドジオウと戦ってもかすり傷すら付かないレベル)を得ている。 ザバルダストグラフェニウムと超鋼ダイヤを組み合わせた頭部フレームに至っては、もはや破壊不可能なほどの強度を持つ。 ボディスーツが持つ最高レベルの自己修復機能により身体にダメージがほとんど蓄積せず、変身者の身体能力を遥かに上回る戦闘でも半永久的に続行できる 道理で68歳になっても戦い続けられるワケである。 オーマジオウのスーツにはドライバーから発生する無尽蔵かつ莫大なエネルギーを生体エネルギーに変換して全身に供給する装置も備わっており、未来世界では加齢に伴うスタミナ面の問題をこの装置で克服していた可能性がある。 頭部の「パラレルラトラパンテ」により平行世界や別の時間に存在する変身者の意識と感覚共有可能 おそらくこの機能によってオーマジオウはソウゴが様々なウォッチを入手したことを感知していたり、過去の自分と会話をしていたと思われる。 触角に相当する「トランセンデンスブレード」や装甲兼計測装置の「ソナカウントパッド」など、身体の各所に備え付けられたセンサー類によって、周囲の計測どころか敵が攻撃・回避を行うタイミングの予測すらできる(ただし、この機能自体は通常形態のジオウの時点で記載されていたものである)。 さらに額の「オーマシグナル」は各種センサーの計測結果を統合・分析し、どんな敵であろうとも変身者の力が上回るようにシステム歩度を調整する機能を持つ。 因果律操作による物体の操作や空中浮遊・高速移動。 全ライダーの力を受け継いでいる、つまりゼロノスの力も受け継いでるので世界改変による影響で存在が消えてもしばらくしたら元に戻る。 ……と、どれ一つ取ってもチートな能力が目白押し。 ですがこれには悲しい真実が隠されているのです。 複数の並行世界を含む時空の破壊・創造する力は、それを行使する時点で「世界をもっとよくしたい」という願いは潰えている(=世界は荒廃し、あるいはリセットを余儀なくされている)ので ソウゴにとって「王様になる」願いは「世界をよくする」と言う目的のための手段であるため、オーマジオウになった時点で手段だけ残って目的が消えてしまっているのです。 さらに「オーマシグナル」でどんな敵であろうとも変身者の力が上回るようにシステム歩度を調整するので時代を駆け抜けた平成仮面ライダー達もいない、仲間も友もいない、家族もいない、民もいない、状態で、 あまりに強すぎて敵すらいない、平成のまま時代が止まるので未来もない、王ゆえに敗北も死も許されない、とソウゴの求めたものが失われた先に到達するのがオーマジオウという事を意味します。 オーマジオウのスーツにはドライバーから発生する無尽蔵かつ莫大なエネルギーを生体エネルギーに変換して全身に供給する装置も備わっていますがそれは何も食べなくても死ぬことはないという意味を示しており、裏を返せば「大好きだった唯一の家族のおじさん、常盤順一郎の手料理をもう食べられない」という事になります。 この事から、まさしくオーマジオウの在り方は、ソウゴ自身の人間性と合わせて「最高・最善・最大・最強王」だが、裏を返すとただそれだけであり、オーマジオウとは極論すれば「平成と言う、既に終わった時代の遺物」でしかないという事になります。 非常に悲しく、そして虚しい真実ですね。 そして先ほどのオーマジオウ誕生の条件ですが、最終回での覚醒は「喪失」したのが仲間である明光院ゲイツ=仮面ライダーゲイツの死であり、その時の遺言が「オーマジオウになれ」そしてオーマジオウドライバーはジクウドライバーが変質したものであり、そのドライバーが元々明光院ゲイツの物です。 この事からオーマジオウを降臨させたのは他でもない今まであれだけオーマジオウの誕生を阻止しようと努力してきた明光院ゲイツによるものだという事になります。 非常に悲しく、そして皮肉のきいた真実ですね。 「仮面ライダージオウ」はなぜあのような結末になったのか 存在を担保していたアナザーディケイドの消滅に伴い怪人たちも消滅し、ツクヨミの世界をも取り込んだ世界は「オーマジオウの世界」として安定し、世界を救った救世主として未来永劫王として降臨し続ける資格を得ます。 しかし、ソウゴはそれをよしとせず、融合してしまった今の世界を破壊し、元の状態に戻すことを選択しました。 それは王になれる資格を捨てるという事です。 その選択をソウゴがした理由はソウゴが未来の自分に言った「世界を救ったのは、ゲイツや、ツクヨミや、ライダー達みんなの力だ。 みんなのいない世界で、俺1人王様になったって仕方ない…」という事もありますが、 ソウゴから見れば「共に戦った仲間がいなくなった」「世界の融合に伴い平成ライダー達もいなくなった」「今までの戦いと託されたものを背負えば、2068年のオーマジオウと同じことになる=今まで受け取って来たものを背負い続けることで、結果的にそれが無駄になる」ため、背負ったものを再び返してでも世界を元に戻さなければならなかったからという側面もあります。 なら2068年のオーマジオウもそうしろよ!と思うかもしれませんが、2019年のソウゴにはオーマジオウの力よりも大切な友の存在があったからできただけであって2068年のオーマジオウにはオーマジオウの力よりも大切なものが無かったために捨てようにも捨てられなかったから2068年のオーマジオウにはその選択が出来なかったのだと思います。 以上のことからオーマジオウの力を持ちながらも徹頭徹尾ヒーローであり続けたオーマフォームこそが、ジオウというライダーが本来到達すべき極致だったのかもしれませんね。

次の

【話題】仮面ライダージオウのラスボスはソウゴのおじさんか / 真実が判明へ「スターウォーズ的な展開」 | バズプラスニュース

オーマジオウ 正体

Contents• 感想戦 平成仮面ライダー20作品目仮面ライダージオウ 今まで平和のために戦ってきた平成仮面ライダーが 登場するということで、ワクワクせざるを得ないです。 実際に第1話では仮面ライダービルドの桐生戦兎と 仮面ライダークローズの万丈龍我が登場して、 最終回からまだ1週間しか経っていないのに 懐かしさで泣きそうになりました。 ソウゴは、しょっぱなから巴投げされたり 堀に投げ込まれたりと不運続きで、 仮面ライダー電王の野上良太郎を思わせますねw 時間物の仮面ライダーは基本的に運が悪いのでしょうか? 初変身のときは最低最悪の魔王となる運命を受け入れ 最高最善の魔王になると決意するソウゴには、 良太郎と同じで意志の強さを感じました。 そこも時間物仮面ライダーの共通点ですかね。 これから出会う19人の平成仮面ライダーと ソウゴはどのような物語を作っていくのでしょうか。 今年も毎週日曜朝9時が見逃せません! ストーリーも謎がたくさん残っていて 考察のし甲斐がありますね。 仮面ライダージオウ1話時点での考察 以下に第1話時点での考察をまとめました。 オーマジオウの正体とは? 2068年に世界を支配している最低最悪の魔王「オーマジオウ」 ツクヨミやゲイツはオーマジオウが支配する世界を変えるため 2018年のオーマジオウ常盤ソウゴと接触します。 オーマジオウが使用している ジクウドライバーの数字が2018になっているため、 2018年の仮面ライダーの力で変身していることは 間違いないように思われます。 オーマジオウの正体が常盤ソウゴなのであれば あの姿が最強フォームなんですかね? 第1話で最強フォームのビジュアルが公開される 前代未聞の作品になっています。 逢魔降臨暦 第1話で何度もソウゴの前に現れては 予言のような発言をする謎の男ウォズ。 彼が持っている謎の本「逢魔降臨暦」 本のタイトルから察するに逢魔降臨暦には オーマジオウの歴史が書かれているのでしょう。 ソウゴの初変身の時に言った 「最低最悪の魔王じゃない、最高最善の魔王になってみせる。 」 このセリフを聞いてウォズは驚いていました。 この展開は逢魔降臨暦に記載がなかったのでしょう。 逢魔降臨暦とソウゴの言動に差異があることが 物語の重要なカギとなりそうですね。 なぜソウゴはジクウドライバーを使えるのか? ウォズからジクウドライバーを渡されたソウゴ。 「使い方はご存知のはず」 ウォズのこのセリフには謎が残ります。 これは勝手な推測なのですが、 ソウゴは何度も仮面ライダージオウになっているのではないでしょうか? 最低最悪の魔王になる未来にするために 何度も仮面ライダージオウに変身する歴史を繰り返す。 記憶は引き継げないが 体は仮面ライダージオウとしての戦い方を覚えている。 ウォズはそのことを知っているから さっきのセリフをいっていたのではないでしょううか? ソウゴがジオウになるのは決まっていた? 柔道部に巴投げされたソウゴ。 その後ソウゴの自転車のサドルには ブランクライドウォッチが置かれていました。 しかしソウゴはライドウォッチを道に捨ててきました 江戸時代でも、アナザービルドとの戦いでも ソウゴの手には捨てたはずのライドウォッチがありました。 時間物の映画でよくある 歴史の強制力のようなものが働いているのでしょうか? ソウゴが仮面ライダージオウに変身することは、 歴史上変えることができない事実なのでしょう。 しかし先ほど書いたように、 逢魔降臨暦と違うソウゴの言動、 ツクヨミがソウゴに対して感じた違和感。 このことからソウゴが最低最悪の魔王になる という歴史は改変可能な事実だということになりますね。 本編では最高最善の魔王になる物語を 作っていって欲しいですね。 最初のジクウドライバーはどうやって手に入れたのか? ソウゴが仮面ライダージオウに変身するときに使用した ジクウドライバーはウォズから手渡されたものでした。 ウォズは逢魔降臨暦の史実を なぞるように行動しているように思えます。 つまりウォズはオーマジオウが存在している未来から やってきていることになります。 じゃあオーマジオウが使用している ジクウドライバーはどうやって手に入れたのでしょうか? ウォズが歴史に干渉したことによって 最低最悪の魔王ルートを回避した可能性がありますね。 最低最悪の魔王VS最高最善の魔王 仮面ライダージオウの常盤ソウゴは 最高最善の魔王を目指すべく 仮面ライダーになることを決意しました。 最低最悪の魔王オーマジオウVS最高最善の魔王ジオウ これが仮面ライダージオウの 物語なのではないかと考えています。 仮面ライダービルドの考察 なぜスカイウォールがあるのか? ストロングクローンスマッシュと 仮面ライダービルド ラビットタンクフォームが出ていることから 31話から34話の間に起きた出来事だと予想されます。 その理由として クローンスマッシュは31話で初登場しており、 初見のような反応もなく、軽々と倒していることから 何度か戦ったことがあると予想できます。 以上のことから31話以降であることが確定します。 34話でエボルトにより毒を体内に打たれて戦闘不能になった戦兎。 戦兎を救うために戦兎達が持つ全てのフルボトルを エボルトに渡したため、ラビットタンクには変身できません。 次にラビットタンクに変身できるようになったのは 45話でパンドラボックスをエボルトから 取り返した時からだと考えられます。 なので34話から45話の間、 戦兎はラビットタンクフォームに変身できないことになります。 そしてスカイウォールの存在と戦兎と万丈の服装から 45話以降とも考えられません。 以上のことから今回仮面ライダージオウに登場した 戦兎と万丈は31話から34話の頃だということが分かります。 次回放送で行くビルドの時間軸は最終回後の時間? 「劇場版 仮面ライダービルド Be The One」のラストで 戦兎くんが白のパンドラパネルを研究しているときに、 パネルが光って平衡世界にアクセスしジオウの世界と繋がります。 その時ジオウがビルドライドウォッチを持っていることに 戦兎くんが「なぜ?」と疑問を持っていました。 ジオウ第1話でライドウォッチの存在を知っていた戦兎くんですが 仮面ライダージオウの姿は初めて見たはずです。 まだライドウォッチの使用用途が分からなかった 戦兎くんはビルドの力が宿っているライドウォッチに 驚きを隠せていませんでした。 次週放送の第2話「ベストマッチ2017」では 仮面ライダージオウがビルドの力を使って、 仮面ライダージオウ ビルドアーマーに変身しています。 公式の予告画像で クローズライドウォッチが写っていることからも、 第2話は最終回後の時間だということが分かります。 もしかしたらジオウ本編と同じ時間での 戦兎くん達かもしれないですね。 時空転移中の攻撃でパラレルワールドに移動してた!? 江戸時代(1671年)で仮面ライダーゲイツから 逃れるために時間転移をしたソウゴ達。 タイムマジーンでの時空転移中に、 ゲイツの操縦するタイムマジーンに押し出されて 2017年11月30日に不時着します。 時間っていうのは1次元です。 つまり一直線にまっすぐ進んでいきます。 仮面ライダービルドの最終回では、 並行世界を融合させて新世界を作りました。 スカイウォールのある世界A、 スカイウォールのない世界B、 この2つを融合させて新世界Cの完成。 この新世界こそが ジオウのいる世界なのではないかと考えられます。 その新世界ではスカイウォールは無かったことになっています。 でも第1話で不時着した2017年11月30日には スカイウォールやスマッシュがいました。 これが意味することは、 不時着の時に並行世界間を移動していたということです。 不時着先が世界Aの2017年11月30日だった。 それが謎の真相だと考えています。 これから歴代の平成仮面ライダーが出てくることから 世界Aと融合した世界Bがエグゼイドまでの世界だったのでしょうね。 仮面ライダージオウ補完計画1. 5話考察 以下記事に仮面ライダージオウ補完計画第1. 5話「ネーミングの謎」 配信時点の考察をまとめました。

次の