年賀状 科目。 年賀状は何費?年賀状の勘定科目の考え方や具体的な仕訳例を紹介|終活ねっと

年賀状の勘定科目の考え方。通信費?交際費?広告宣伝費?販売促進費?

年賀状 科目

年賀状や暑中見舞いなどにかかった費用は『』勘定で記帳します。 また、印刷代に関しては『』などとして処理しますが、上記の『通信費』含めて処理することもできます。 これらの費用は会社によっては『』などとすることもありますが、いずれにしろ社内の経理ルールを作成し、一旦採用した方法を継続的に行っていくことが重要です。 (具体例1-年賀状・通信費のみ) 年賀状10枚(520円)を購入し、印刷代500円も合わせて現金で支払った。 (仕訳) 借方 金額 貸方 金額 通信費 1,020 現金 1,020 (具体例2-年賀状・通信費+支払手数料) 年賀状10枚(520円)を購入し、印刷代500円も合わせて現金で支払った。 当社では印刷代については支払手数料で処理している。 (仕訳) 借方 金額 貸方 金額 通信費 520 現金 1,020 支払手数料 500 - - (具体例3-年賀状・広告宣伝費) 年賀状10枚(520円)を購入し、印刷代500円も合わせて現金で支払った。 当社では年賀状に関する費用は広告宣伝費で処理している。 (仕訳) 借方 金額 貸方 金額 広告宣伝費 1,020 現金 1,020 上記の通り、勘定科目に関して特にルールなどはありませんので、社内ルールなどを作り継続的な処理を行ていくことが重要となります(ただし、にした場合、課税上の問題が発生することがありますのでご注意ください。 一般的に年賀状や暑中見舞いは『通信費』や『広告宣伝費』で特に問題ありません)。 また余った年賀状などを郵便切手に交換した時の手数料などは『支払手数料』勘定を使って処理します。 (関連項目).

次の

お年賀の勘定科目は『通信費』なのか『接待交際費』なのか?

年賀状 科目

POINT• 挨拶文としての年賀状は「通信費」• 広告的要素の強い年賀状などについては「広告宣伝費」• お歳暮やお中元については「接待交際費」 挨拶文を取引先に送付することのメリットとは 取引先のなかには、今現在も取引が継続している会社もあれば、以前に一度取引はしているものの最近は取引がない会社や、取引量が減ってきているような会社もあるでしょう。 年賀状やお年賀、お歳暮、暑中見舞い、お中元などをこれらの会社に送付すると次のようなメリットがあります。 取引が継続している会社の場合 信頼関係の再構築ができるため、今後もその取引先と良好な関係を築いていくことができるでしょう。 取引がない会社や取引が減っている会社の場合 これらの挨拶文などを送付することで、自社の存在を取引先に再認識してもらう「きっかけ」となります。 さらに、相手方からも返事が返ってくれば、そこから新たなやり取りに発展することもあります。 また、今は取引がなくても将来的にまた取引が再開する可能性が高いような場合は、それまで信頼関係を維持していくために、挨拶文を活用してお互いを再認識することがとても重要となるでしょう。 このように挨拶文は、一つの営業ツールとしての役割も大きいのです。 挨拶文を活用すれば、その時期が到来すると特段の要件がなくとも送ることができるため、取引先との信頼関係の継続に大きく役立つのです。 年賀状、お年玉の勘定科目は? 挨拶文として送付した年賀状は「通信費」 年賀状や暑中見舞いなどは、物品として考えると「ハガキ」のため、会計上の仕訳としては「通信費」となります。 通信費とは、通信のために要した費用であり、ハガキの他にも切手代や電話料金、インターネット料金などがこれに該当します。 また、年賀状をプリント会社に依頼をして印刷してもらったような場合についても、金額がそこまで大きくならなければ、同じ通信費にまとめて仕訳をしても問題ありません。 ただし、これはあくまで年賀状をただの挨拶文として送付する場合です。 広告的要素の強い年賀状は「広告宣伝費」 例えば個人ユーザー向けに大量の年賀状を購入して送付するような場合については、いわゆる挨拶文というよりは「広告」という意味合いが強くなりますので、たとえ名称が年賀状であっても、通信費よりも「広告宣伝費」のほうがよりよいでしょう。 また、年末に作成する自社カレンダーや社名入り手帳、お年賀のタオルなどについても同じく「広告宣伝費」として仕訳しておくといいでしょう。 お歳暮やお中元は「接待交際費」 取引先など業務上関連する企業に対して接待をする場合や、物品を贈答するような場合にかかる費用については「接待交際費」となります。 お歳暮やお中元、さらにはちょっとした手土産などについても、「接待交際費」に仕訳をすることになります。 お年賀で何かしらのお菓子などを買った場合も、「接待交際費」で処理します。 一般的にお年玉は経費にならない 年始に配るお年玉。 取引先のご子息にお年玉を配ることもあるでしょう。 お年玉は直接事業に関係なく、資金の出し手の心づかいから支出するものという考え方から、「お年玉は、経費にならない」という考え方が一般的です。 なお、年末年始に社長が「今年は従業員全員が頑張ったから金一封を出そう!」となった場合は、「給与手当」として費用に計上できます。 年賀状の勘定科目については、事業主によって通信費の場合もあれば広告宣伝費の場合もあります。 どちらに仕訳するかは事業主の判断によりますが、「仕訳ルール」を社内で明確にしておくことがなによりのポイントとなるでしょう。

次の

お年賀の勘定科目は『通信費』なのか『接待交際費』なのか?

年賀状 科目

交際費勘定はどうか? まず、考えられる勘定科目は、交際費(接待交際費)でしょう。 なぜなら、年始のご挨拶という意味も込めて、 お付き合い(交際)の一環として年賀状を出すからです。 ここで税務上の交際費等の定義を確認します。 交際費等とは、交際費、接待費、機密費その他の費用で、法人が、その得意先、仕入先その他事業に関係のある者等に対する 接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為 以下「接待等」といいます。 のために支出する費用をいいます。 年賀状はお付き合い(交際)のために、必要な費用として、交際費勘定で処理することができます。 ただし、交際費処理すると税金の計算上、損をする可能性があります。 交際費は法人税法上、全額が損金(税金計算上の経費)になるとは限りません。 税法は会社の規模に応じてその取扱いを変えています。 期末資本金が1億円以下等の会社(中小法人)は、 交際費等の額のうち、年間800万円(定額控除額)を超える金額が損金になりません。 まあ、一般的な中小法人で交際費が年間800万円を超えることは、 まずないでしょうから(もしあるとかなり資金繰りが大変かつお金の使い方が変な会社)、 実質的には交際費等が全額損金になっているといってよいでしょう。 対して期末資本金が1億円超の会社(大法人)は、 交際費等のうち、飲食その他これに類する行為のために要する費用 専らその法人の役員若しくは従業員又はこれらの親族に対する接待等のために支出するものを除き、以下「接待飲食費」といいます。 の50%に相当する金額を超える部分の金額が損金になりません。 要約すると、大法人は接待目的で飲食店を利用したら、その飲み食い代の半分は損金としてもいいけど、 残りの半分は損金にしちゃダメということです。 つまり、年賀状を交際費勘定にすると、100%損金にしちゃダメってことになります。 大法人の場合は年賀状代金が損金にならないので、交際費勘定はおすすめしません。 通信費勘定はどうか? 事業に関係のある者等に、連絡をとるために支出した費用を通信費とすることに、 なんら異論はないと思います。 そして交際費のように、中小法人と大法人で取扱いに違いがあるとか、 一部は損金にしてはダメとかいう規制がないため、 通信費勘定で処理すれば、全額損金になります。 雑費勘定はどうか? 雑費勘定は、特別に独立した勘定科目を設ける必要がない場合に、 雑多な経費をまとめて入れておく勘定科目です。 簡単にいうと、金額的にも、内容的にも、 とるに足らないような瑣末(さまつ)な経費をまとめて集計する「その他」的取扱いです。 この勘定科目を使ってしまうと、前期比較を行いづらくなるため、 私はおすすめしません。 また年賀状も枚数が多くなれば、当然、その金額的な重要性も大きくなるため、 雑費とは別の独立した勘定科目を使うことをおすすめします。 【編集後記】 法定調書合計表を作成しました。 e-Taxは意外と利用可能時間外が多い。。。 せっかくITを利用しているんだから、利用可能時間をもっと増やしてほしい。 【ムスコログ】 お昼から、従妹(いとこ)と猿倉スキー場へそり滑りに出かけました。 その帰りの車の中で、体調が悪くなったようです。 しかし、持ち直して、そのまま祖父母の自宅に宿泊しました。 徐々に病気への抵抗力がついてきているようです。 幼稚園入園当初はよく病気をもらってきたものです。

次の