学研ナーシングサポート 年間スケジュール 2020。 株式会社学研メディカルサポート/企画・編集スタッフ◆未経験OK◆医療知識を活かせる◆残業月20時間程◆賞与年2回の転職・求人情報(40023124)

gma.cellairis.com: 学研ナーシングサポート

学研ナーシングサポート 年間スケジュール 2020

病院における活用• 看護手順の更新・マニュアル整備の 稼働を削減 コンテンツは定期的にアップデートされるため、看護手順更新の稼働を削減します。 コンテンツを編集・追加することが可能なため手順以外のマニュアル類を一元管理できます。 効果的な新人看護師教育を実現 動画で実践イメージを掴み、手順の根拠と共に看護技術を学習できます。 管理者はチェックリストやテスト機能を使って個々のレベルを効率的に管理できます。 時間・場所・場面を選ばず活用可能 スマートフォンやタブレットからもアクセス可能です。 看護補助者教育など院内多職種でご利用いただけ、復職支援、医療安全、感染対策の学習ツールとしてもご利用いただけます。 学校における活用• 看護技術を根拠と視覚で学習可能 根拠や注意点も詳細に記載された手順と動画を用いて、確かな自己学習を実現します。 学内演習・臨床実習を強力にサポート 事前に動画で確認することで、手技のイメージをもって演習や実習に臨むことができます。 実習病院の指導者と手順・チェックリストを共有することで、指導・評価基準を一致させることができます。 時代に合った学習・教育環境を提案 インターネットがつながれば施設外(スマートフォンやタブレットから)でもアクセスできます。 教員は学生の学習状況やテスト結果を簡単に確認・管理ができます。

次の

10周年記念特設ページ

学研ナーシングサポート 年間スケジュール 2020

看護学生 看護師 看護師1年目 看護師転職 看護管理 看護管理者 神経内科 精神科 糖尿病 糖尿病用経腸栄養剤 糖質摂取のタイミング 経腸栄養剤 総合栄養補給 老嚥 肝不全用経腸栄養剤 臨床実習指導者 薬剤からみたリハ 血管造影室 評価エラー 誤嚥性肺炎 身体計測 非定型抗精神病薬 非必須アミノ酸 食欲不振 食欲不振への対処法 飢餓 飢餓状態 飢餓状態でのリハビリ 飢餓状態での栄養管理 1年目 目次• ラーニングピラミッドを意識した勉強 学習の仕方により学習効果に差があることがわかっています。 それを示したのがラーニングピラミッドです。 出典: このラーニングピラミッドを見てみると講義を受けるだけは5%しか学習効果がないということになります。 また、参考書などを購入して「読書」での勉強をすることもありますが、やはりこれも効果が10%程度と低くなっています。 最も効果が高いとされているのが、「他の人に教える」で90%となっていますね。 講義に関して言えば病院で行われる院内研修もこれに当たると思います。 そのため、私は院内の教育に関する仕事をしていますが院内研修はかなり少なく抑えることにしています。 時間内開催も難しく、時間外研修では疲れ切ってしまいただ聞くだけ(時に寝るだけ)で終わってしまいがちだからです。 ただし、講義や読書が全く無意味かと言うとそうではありません。 講義や読書だけで学習が終わってしまうと、あまり効果が得られないということです。 「グループ討議」「自ら体験する」「他の人に教える」という部分はアクティブラーニングといって、積極的な学習により効果が得られやすい方法です。 まずは講義や読書で学習し、その学習で得た知識をアクティブラーニングで実行することが大切ということです。 簡単にまとめると、「 勉強したことを他の人に教えよう!」という勉強方法が良いということですね。 人間は使わない知識はどんどん忘れてしまいます。 講義や読書でインプットした知識は、他の人に教えるという形でアウトプットしていきましょう。 「知っている」ということは「やっている」ということです。 「やっていない」ということは「知らない」ということと同じです。 知識は使うことを前提に獲得するはずなので、学習する時はアウトプットを必ず意識しましょう。 特に新人看護師など他の人に教えることはハードルが高いと感じる時は、学んで得た知識を看護記録に書くようにしましょう。 観察ポイントやアセスメントなど知識により新たな気づきがあると思いますので、「この知識は明日の看護記録に活かそう!」という視点で勉強してみてください。 症例から学ぶ 新人看護師の時は、わからないことが多すぎて何から勉強したらわからないという状態だと思います。 そこでおススメしたいのは症例から学ぶ方法です。 毎日担当する患者さんが決まっていると思いますので、まずはその患者さんの主疾患について勉強しましょう。 この勉強方法の良い点は、• 明日からでもすぐに使える知識• 病態・検査・治療の意味がわかる• 合併症の早期発見ができる• 報告のポイントがわかる などが上げられます。 すぐ使えるというのはとても大切なポイントです。 特に新人看護師の場合は、いつ使うかわからない知識よりもすぐに使える知識の獲得を目指しましょう。 その方が精神的にも余裕が生まれやすいと思います。 病態・検査・治療を学ぶ時は、「なぜこのタイミングでこの検査を行ったのか?」「この薬はどんな効果を狙って使っているのか?」という視点で勉強します。 これは、医師がどんな意図で指示を出しているのかを理解するためです。 医師が出す指示の意図がわかると報告する際にも役に立ちますし、看護記録に書いてほしい内容にも気づくことができます。 例えばステロイドパルス療法を行っているのであれば、口腔カンジダや高血糖症状はないかなどの観察を行い看護記録に書いてあると良いですね。 「ちゃんと理解して患者を看ているな」ということが医師や先輩看護師にも伝わるので、良いアピールにもなりますよ。 合併症の早期発見や報告のポイントについては、患者の安全のために必要なことです。 報告は異常があるかないかが相手にわかることが大切です。 病態・治療から学んで知識で合併症を知り、その合併症を起こしていないか?すぐに医師へ報告しなければいけない緊急性の高い症状はないか?に焦点を当てて報告すると良いですよ。 病態を学ぶ上では「暗記」だけでなく、関連図が頭に描けるようになりましょう。 なぜこの症状があるのか?を説明できればベストです。 ラーニングピラミッドを意識して、他の人に教えるつもりで勉強すると関連図が頭に描けるようになるのでおススメですよ。 ガイドラインを活用する 勉強する際の情報収集方法としては、参考書を買ったりインターネットで調べたりすると思います。 この方法も良いですが、注意すべき点もあります。 情報が最新ではない可能性がある• インターネットだと正確な情報でない可能性がある この2点には注意が必要です。 インターネットは効率的に勉強するには良い方法ですが、慣れないと正し情報かどうかの判断が難しいと思います。 これらのデメリットを回避するために有効なのがガイドラインの活用です。 ガイドラインとは治療などに関する指針が示されたものです。 その多くは各専門分野の医療系学会が出しています。 必ずしもガイドラインがあるわけではありませんが、もしある場合はぜひ活用してください。 ガイドラインを使い勉強する際は全部読めれば良いですが、読んでも記憶するのは至難の業なので、まずは自分が知りたい情報だけを調べるようにします。 ガイドラインを辞書的に活用するということですね。 勉強を長続きさせるためには理想も大切ですが、現実的な方法で実践することが大切です。 短距離走ではなくマラソンのイメージで勉強していきましょう。 e-ラーニングを活用する これは個人では費用が高いため活用が難しいですが、職場によってはすでに導入している病院もあるかと思います。 当院では学研ナーシングサポートとビジュアルナーシングメソッドを導入しています。 出典: e-ラーニングのメリットは、自宅でも質の良い講義を受けることができる点です。 院外の研修会も良いですが、移動時間がもったいないですよね。 自分の都合の良い時間帯で短時間ずつ視聴するという方法も取れますので、継続して学びやすい勉強方法です。 看護協会、各種セミナーへの参加 各都道府県の看護協会は研修会を開催しています。 各都道府県の看護協会ホームページに掲載されており、看護協会会員には年間スケジュールの冊子が届きますので興味のある分野への参加がおススメです。 費用も1回2000円程度と安いため、費用的にも活用しやすいと思いますし私も良く参加しています。 セミナーに関しては、学会や企業が開催しているものがあります。 看護協会と比較すると割高ですが、自己投資と捉えて参加するのも良いでしょう。 有名な企業だと、• 日総研• メディカ出版 この2社かと思います。 他にもセミナーは開催されていますので、興味のある分野のセミナーが開催されていないか検索してみましょう。 医療系学会の年次総会への参加 学会の年次総会へ参加すると言われるとハードルが高いイメージがありませんか? 私もそうでしたが勇気を出して参加してみたところ、とても楽しかったので毎年何かしらの学会に参加しています。 年次総会では各病院の研究発表やセミナーが開催されています。 ランチョンセミナーが開催されていることも多いため、お弁当をゲットし食べながらセミナーを受けるということもできます。 また、発表している看護師たちと直接意見を交わし、欲しい情報をもらうこともできたりします。 私も実際に気になった演題の発表者へ声をかけたところ、連絡先を交換してたくさんの情報を送ってもらったりしたことがあります。 年次総会では志の高い方もたくさん参加しているため、よい刺激になる点も良いですね。 年次総会に参加しても、発表をしないといけないとか誰かと話をしないといけないということではありません。 基本的に自由に聞きたいテーマを聞きに行くというスタイルなので、気軽に参加することが可能ですよ。 その他の大切なポイントとしては、旅行気分で参加できることです。 これが一番重要かもしれません(笑) 年次総会は毎年様々な場所で開催されるため、行ったことのない地域に行くチャンスでもあります。 学会に参加するという大義名分を掲げて、その地域の食べ物や観光なども兼ねて自分へのご褒美にするのも良いでしょう。 あまりおススメしない強法 最後にあまりおススメしない勉強法についてお話します。 ここは個人差があるため、あくまで私見で述べさせていただきます。 私が最も嫌な勉強法が疾患についてまとめたレポートの作成です。 これは本当に時間の無駄です。 特に看護学生や新人看護師はこのようなレポート提出を求められることが多いですが、はっきり言って意味がありません。 なぜなら、レポートの内容について質問しても答えられないケースがしばしばあるからです。 この原因は、 書くことが目的になってしまっているからです。 本来の目的は知識を得ることのはずですが、レポート書くときは「とにかく書く」「参考書を写す」「きれいに書く」ことが目的になっていませんか? このこと自体に指導者も気づいていないケースがあります。 すぐ使う必要なポイントだけをメモ帳などにまとめてカンペとして持っておきましょう。 わからないことは今の時代は少し調べれば答えが見つかるのですから、暗記だけに頼らずすぐに調べることができるスキルが大切です。 そのためにも、おススメの勉強法を継続することでより効果的に調べることができるようになります。 まとめ 学習で一番大切なので継続性です。 続けることで習慣化されますので、自分にあった方法を試しながら学習を進めていきましょう。 考えるより行動が大切です。 気持ちの準備は一生整わないので、悩むより行動に移してから考えていきましょう。 長文でしたが最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

学研ナーシングセミナー

学研ナーシングサポート 年間スケジュール 2020

2020年4月、学研メディカルサポートは設立10年目に突入します。 ひとえに病院、介護施設、訪問看護ステーションをはじめとした契約施設のみなさま、 受講者の学ぶ意欲を引き出す講義をしてくださった講師のみなさま、 コンテンツ作成、配信等でお力添えをいただいた協力会社のみなさまなどなど、 多くの方々のご支援、ご助力によるものであり、心より感謝申し上げます。 ありがとうございます。 そこで、2020年4月からの1年間を「10周年イヤー」として、 お世話になった方々に感謝の気持ちを伝えることにしました。 当社の創立は2011年4月ですので、じつは正しい「10周年」には1年早いです。 せっかちですが、そこが当社らしいと思っています。 「感謝の気持ちを伝えよう!」をスローガンに、 社員からは面白い企画が数多く上がってきました。 それは、日本全国の看護師のみなさまの生の声に日々接している当社らしい、 かつ、手作り感が満載のものでした。 じつは、10周年ロゴも、社員がデザインしました。 こういった点も、当社らしいと思っています。 私たちの感謝の気持ちをギュッと詰め込んだ10周年記念コンテンツやイベントを、 多くの方に楽しんでいただければ幸いです。 もっともっと全国の医療職のみなさまのお役に立ちたい。 10年後、50年後、100年後、世界中のより多くの方のお役に立ちたい。 そんな思いを胸に、学研メディカルサポートはこれからも成長を続けます。 今後も変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。 楽しみにしてくださっていた皆様にお詫び申し上げます。 オンラインでの開催を別途予定しておりますので、決まり次第ご案内いたします。

次の