串カツ田中 店舗。 串カツ田中の豚串カツ「まいばすけっと」で販売開始、東京・神奈川の440店舗(食品産業新聞社ニュースWEB)

串カツ田中

串カツ田中 店舗

2016年9月14日上場 本社所在地 〒141-0022 1丁目7番6号 藤和東五反田ビル5階 : 設立 事業内容 飲食店の経営、フランチャイズ開発 代表者 代表取締役社長 貫啓二 資本金 3億0342万6千円 (2019年11月30日現在) 発行済株式総数 928万4280株 (2019年11月30日現在) 売上高 連結: 100億1092万8千円 (2019年11月期) 営業利益 連結: 6億0513万0千円 (2019年11月期) 経常利益 連結: 7億8120万5千円 (2019年11月期) 純利益 連結: 4億5540万1千円 (2019年11月期) 純資産 連結: 28億0083万9千円 (2019年11月30日現在) 総資産 連結: 55億7878万0千円 (2019年11月30日現在) 従業員数 連結: 348人 (2019年11月30日現在) 決算期 11月30日 会計監査人 主要株主 株式会社ノート 33. 概要 [ ] 串カツ田中は2002年の創業の企業で、に1号店を内のの一角にオープンした。 当初は、時点で副社長をつとめるの亡き父、が残した秘伝のをもとにメニューを開発。 その後、月商は順調に伸び、には店をフランチャイズ化した。 さらに、出店ができていなかった関西では、沖縄でもでそれぞれ新店舗をオープンすることで進出を果たした。 今後の戦略 [ ] 串カツ田中としては関西、九州を中心に、全国的に店舗網を広げていきたい考えであるとされ、実際にへの時に公表されたには「全国1000店体制」を目標とする旨の記載がなされている。 本場大阪には2016年7月末時点では2店舗だけしかなかったが 、2018年6月現在は7店舗と拡大中である。 また、店舗運営上の戦略として串カツ田中では、串かつを大阪の「伝統的な」と呼び、料理の職人抜きでも運営できる店舗を志向し、また価格帯も低く設定することで、高級路線ではなくファミリー層の開拓も実行している。 さらにの場合は、路面1階に店舗を構えるようにすることで、店外にも店内の雰囲気を伝えられるようにする店舗設計を採っている。 一方で、現在の出店先は7割以上が住宅街の一角である点が課題の一つで、上場後はにも出店数の増加により課題を克服することを目論んでいると社長の貫はマスコミに語っている。 また、財務上の戦略として、顧客が気軽に立ち寄れるよう客単価を2400円程度とするように価格設定し、同時に店舗でが原則使えない体制を採ることで、外食産業に取り組んでいる企業にしては収益力が高い状況にしつつ、同時に常に現金が回る財務体質をとっている。 沿革 [ ]• (平成10年) 11月 - 貫啓二 個人事業にて飲食業を創業• (平成14年) 3月 - ケージーグラッシーズ有限会社設立• (平成18年) 12月 - 商号を 株式会社ノートに変更• (平成20年) 12月 - 串カツ田中1号店オープン 東京都・世田谷店)• (平成26年)• 2月 - 「外食アワード2013」受賞• 7月 - 串カツ田中関西圏1号店オープン 大阪府・岸和田店)• 9月 - 串カツ田中東海地区1号店オープン 愛知県・金山店)• 同月 - 串カツ九州地区1号店オープン 沖縄県・久茂地店)• (平成27年)• 1月 - 串カツ田中北海道1号店オープン 北海道・平岸店)• 8月 - 商号を 株式会社串カツ田中に変更• (平成30年)• 6月 - 体制へ移行し、商号を 株式会社串カツ田中ホールディングスへ変更。 また、会社分割により飲食事業を新設した株式会社串カツ田中へ継承。 (令和元年)6月 - 株式会社串カツ田中ホールディングスが1部へ市場変更。 (令和2年)4月2日 - の影響を受け、4日〜12日の間(予定)、直営店舗全116件を臨時休業。 2020年(令和2年)4月13日 - 直営店41店舗で休業延長、直営店73店舗はテイクアウト・デリバリー・時短営業により再開。 2020年(令和2年)7月1日 - 7月31日、お笑い芸人のが、串カツ田中へのにより権を獲得し、「串カツ宮迫」として1ヶ月間の期間限定で営業することになる。 マザーズ上場 [ ] 2016年9月14日に、串カツ田中はへする。 上場時のはが務める。 上場に伴い得られる資金の使途は、10億5000万円を直営店の新規出店のための設備投資資金に充当し、そこで残額が生じた場合は長期借入金の返済資金の一部に充当する。 なお、新規出店目的の資金に関しては、平成28年11月期に1億5000万円を、平成29年11月期に4億5000万円を、平成30年11月期に4億5000万円を充当する予定 であり、具体的な支出が決定するまでは安全性の高い等で運用する方針としている。 投資家による評価 [ ] 上場期の会社予想のは195円となっている。 は11月末であり、上場から期末までの時間は3カ月ということから、会社発表の達成の確度は相当高いと見る投資家が居る。 また、は3900円であり、会社予想ベースの利益基準でが20倍となり、やや割高と言われる水準にあるが、飲食企業である串カツ田中には株価を後押しする「材料」があるとされた。 即ちそれは、とのことであるが、串カツ田中では、上場の段階ではこの2つの実施を公表してはおらず、上場後市場で株式が流通している中で、この2つが実施されることが明らかとなった場合、には好感され、株価が上昇すると見られていた。 一方、2016年9月14日には串カツ田中以外に、(6533)と(3939)の2社が新規上場を予定しており、またこの2社は所謂IT関連企業ということから、上場日の購入需要は串カツ田中以外の2社に流れると見られており 、その影響から、公開価格と比べ、上場後初値の上昇に期待ができないというリスクも存在していた。 役員 [ ] 代表取締役社長• - 卒。 1998年入社。 取締役副社長• - 育ち 、元大手広告代理店出身(平成5年4月入社)。 1971年12月1日生まれ。 不祥事 [ ] 盗撮映像流出に関して [ ] 2018年12月、神奈川県横浜市内のFC4店舗にて、従業員に無断で更衣室内に設置した監視カメラ(隠しカメラ)の映像が流失していたことが発覚した。 同月14日より「女性従業員が着替える映像を見た」などと書かれたブログが存在していたことにより発覚。 カメラが設置されていた店舗• 第18期(2018年12月1日 - 2019年11月30日)有価証券報告書 Report. 串カツ田中ホールディングス. 2018年1月12日閲覧。 プレスリリース , 株式会社串カツ田中ホールディングス, 2020年4月2日 , 2020年4月2日閲覧。 プレスリリース , 株式会社串カツ田中ホールディングス, 2020年4月2日 , 2020年4月2日閲覧。 [ 【男気2000万円】串カツ田中が全店舗、串カツ宮迫に変わります]• 外部リンク [ ]• kushitanaka -• - チャンネル.

次の

串カツ田中

串カツ田中 店舗

串カツ田中の店舗(「Wikipedia」より) 串カツ田中は4月11日、「串カツ田中 小伝馬町研修センター店」を東京都中央区(東京メトロ日比谷線・小伝馬町駅から徒歩2分の場所)にオープンした。 同店は従来の店舗とは大きく異なり、新人が中心となって運営する。 店舗研修を行うための特別店舗だ。 不慣れで迷惑をかける可能性があるため、ドリンクメニューを従来の半額程度となる税込み216円で提供するという。 筆者はオープン初日に同店を訪れてみたが、なぜ串カツ田中が急成長しているのかをすぐに理解することができた。 それは、同店の串カツがほかの串カツ田中の店と同じおいしさだったからだ。 訪れる前は、新人がつくった串カツに多少の不安があったが、それは杞憂に終わった。 おいしい串カツを低価格で食べられることが串カツ田中のコアとなる価値だが、新人が中心の店舗であっても、ベテランが中心の店舗と同様のおいしい串カツを提供できることは、串カツ田中の価値であることがわかった。 これは非常に重要なポイントだ。 串カツ田中では、腕の立つ職人を必要としない。 串カツは串打ちした食材に衣をつけて揚げるだけのシンプルな料理のため、素人でも簡単に調理できる。 さらに、つくり方はマニュアル化されていて、調理経験がなくても1カ月程度あればプロの味を再現することが可能だという。 これだけの短期間でプロレベルの料理を提供できるということは、他店ではなかなか考えられないことだろう。 素人でも調理技術を習得しやすいため、新人が中心の店でもおいしい串カツが食べられるというわけだ。 調理以外でもマニュアル化が徹底されていることもあり、串カツ田中の売上高販管費率(経費率)は、飲食業界のなかではかなり低い水準にある。 2017年度の販管費率は54. 3%だった。 たとえば、今勢いがある鳥貴族(63. 0%)や、日高屋を運営するハイデイ日高(61. 3%)と比べてみると、串カツ田中の販管費率の低さのほどがわかる。 また、串カツ田中は販管費率が低いため、利益率が極めて高い。 17年度の売上高営業利益率は7. 0%にもなる。 これは、飲食業界では極めて高い数値だ。 ハイデイ日高(11. 5%)はさらにずば抜けて高いので及ばないが、鳥貴族(5. 0%)より高い。 ハイデイ日高より販管費率が低いのに営業利益率で劣っているのは、串カツ田中は売上原価率が高いためだ。 ハイデイ日高の27. 2%に対して、串カツ田中は38. 7%で、11ポイント以上も高くなっている。 ちなみに、鳥貴族は32. 1%だ。 売上原価率の業界平均は30%程度といわれている。 7%の串カツ田中は業界平均よりもだいぶ高いことになるが、これを1つ当たりの商品で考えた場合、売上原価に対しての販売価格がより低く抑えられていることが大きく影響しているためと考えることができる。 多くの人が「串カツ田中はコスパが良い」と思う一番の理由は、ここにあるといえるだろう。 串カツ田中は、新人中心でも運営できるビジネスモデルのため、かかる経費が少なくて済み、その分、価格を抑えることができる。 また、利幅を確保することもできるというわけだ。 新人中心で運営できるメリットは、ほかにもある。 多店舗展開が容易になることがそのひとつだろう。 多店舗展開するには当然、運営するための人員が必要になる。 また昨今は、飲食業を中心に人手不足が深刻化しているため、人員を確保することは従来とは比べ物にならないぐらい重要な経営課題となっている。 そうしたなか、新人中心でも運営できるというビジネスモデルは大きな強みになる。 難しい調理を敬遠する人などを取り込むことが容易になるためだ。

次の

串カツ田中ホールディングス初のブランド譲渡契約 第2のブランドとして鳥と卵の専門店 『鳥玉』 の店舗展開を開始|串カツ田中のプレスリリース

串カツ田中 店舗

串カツ田中の店舗(「Wikipedia」より) 串カツ田中は4月11日、「串カツ田中 小伝馬町研修センター店」を東京都中央区(東京メトロ日比谷線・小伝馬町駅から徒歩2分の場所)にオープンした。 同店は従来の店舗とは大きく異なり、新人が中心となって運営する。 店舗研修を行うための特別店舗だ。 不慣れで迷惑をかける可能性があるため、ドリンクメニューを従来の半額程度となる税込み216円で提供するという。 筆者はオープン初日に同店を訪れてみたが、なぜ串カツ田中が急成長しているのかをすぐに理解することができた。 それは、同店の串カツがほかの串カツ田中の店と同じおいしさだったからだ。 訪れる前は、新人がつくった串カツに多少の不安があったが、それは杞憂に終わった。 おいしい串カツを低価格で食べられることが串カツ田中のコアとなる価値だが、新人が中心の店舗であっても、ベテランが中心の店舗と同様のおいしい串カツを提供できることは、串カツ田中の価値であることがわかった。 これは非常に重要なポイントだ。 串カツ田中では、腕の立つ職人を必要としない。 串カツは串打ちした食材に衣をつけて揚げるだけのシンプルな料理のため、素人でも簡単に調理できる。 さらに、つくり方はマニュアル化されていて、調理経験がなくても1カ月程度あればプロの味を再現することが可能だという。 これだけの短期間でプロレベルの料理を提供できるということは、他店ではなかなか考えられないことだろう。 素人でも調理技術を習得しやすいため、新人が中心の店でもおいしい串カツが食べられるというわけだ。 調理以外でもマニュアル化が徹底されていることもあり、串カツ田中の売上高販管費率(経費率)は、飲食業界のなかではかなり低い水準にある。 2017年度の販管費率は54. 3%だった。 たとえば、今勢いがある鳥貴族(63. 0%)や、日高屋を運営するハイデイ日高(61. 3%)と比べてみると、串カツ田中の販管費率の低さのほどがわかる。 また、串カツ田中は販管費率が低いため、利益率が極めて高い。 17年度の売上高営業利益率は7. 0%にもなる。 これは、飲食業界では極めて高い数値だ。 ハイデイ日高(11. 5%)はさらにずば抜けて高いので及ばないが、鳥貴族(5. 0%)より高い。 ハイデイ日高より販管費率が低いのに営業利益率で劣っているのは、串カツ田中は売上原価率が高いためだ。 ハイデイ日高の27. 2%に対して、串カツ田中は38. 7%で、11ポイント以上も高くなっている。 ちなみに、鳥貴族は32. 1%だ。 売上原価率の業界平均は30%程度といわれている。 7%の串カツ田中は業界平均よりもだいぶ高いことになるが、これを1つ当たりの商品で考えた場合、売上原価に対しての販売価格がより低く抑えられていることが大きく影響しているためと考えることができる。 多くの人が「串カツ田中はコスパが良い」と思う一番の理由は、ここにあるといえるだろう。 串カツ田中は、新人中心でも運営できるビジネスモデルのため、かかる経費が少なくて済み、その分、価格を抑えることができる。 また、利幅を確保することもできるというわけだ。 新人中心で運営できるメリットは、ほかにもある。 多店舗展開が容易になることがそのひとつだろう。 多店舗展開するには当然、運営するための人員が必要になる。 また昨今は、飲食業を中心に人手不足が深刻化しているため、人員を確保することは従来とは比べ物にならないぐらい重要な経営課題となっている。 そうしたなか、新人中心でも運営できるというビジネスモデルは大きな強みになる。 難しい調理を敬遠する人などを取り込むことが容易になるためだ。

次の