トイレ 便座 黄ばみ。 【トイレ】便座裏の黄ばみの取り方!ゴムや溝の汚れをすっきり落とす掃除術

取れないトイレの黄ばみの固まり黄ばみ。 落とす方法ないですか?...

トイレ 便座 黄ばみ

トイレに発生する4つの汚れを徹底解説 みなさん、トイレをピカピカにする気はありますか? 敵を知らずして勝利なし。 まずは、トイレによく発生する 4つの汚れを紹介してきます! 水垢 水垢というのは、 水道水に含まれるミネラル分が固まったもの。 白っぽくて、触るとザラザラしているのが特徴です。 トイレの便器の内部や、水道の蛇口のあたりによく発生するので、目につきやすい汚れの一つなのではないでしょうか。 アルカリ性の汚れなので、酸性の洗剤が効果的ですよ! 黄ばみ トイレのお掃除をしないでおくと、徐々に便器やその周りが黄ばんできますよね。 黄ばみの原因は、 尿石。 尿に含まれる成分が固まったものを尿石といいます。 尿石もアルカリ性なので、酸性洗剤を使うと簡単に落とすことができます。 黒ずみ 黒ずみは、なかなか手強いです。 なぜなら、 水垢や黄ばみ、埃やカビなどいろいろな汚れが混ざっている汚れだから。 成分の除菌力が強い、漂白剤などのアイテムを使ってお掃除するのがおすすめです。 手垢 トイレの水を流す時の取っ手や、便器脇のボタン、リモコンなど、 手で触れる部分には手垢がついています。 忘れがちですが、しっかりお掃除しましょうね。 皮脂は酸性の汚れなので、アルカリ性の洗剤でスッキリ落とすことができますよ。 サンポールなどの専用商品も有名ですが、環境に優しく、使い勝手も良いのアイテムこそが 「クエン酸」。 というわけで、トイレ掃除には クエン酸を使うのがオススメなのです。 トイレ掃除を始める前にチェック! 普段からトイレ掃除をしているみなさん。 掃除の方法以上に重要ともいえる要素があるのを知っていましたか? 効率よくお掃除するためにも、掃除の前に知っておくべき情報がいくつかあるので、まずはそれについて詳しく紹介します! ・掃除する順番 ・頻度 ・道具 の3つが鍵になるので、それぞれ詳しく見ていきましょう! 掃除をする正しい順番 トイレ掃除に正しい順番なんてあるの? 今のみなさんの正直な感想ですよね。 ですが、トイレ掃除には正しい順番、あるんです! まずはその順番について詳しく見ていきます。 トイレ掃除って意外と大変ですが、毎日掃除していれば、そこまでひどい汚れがこびりつく心配もありません。 トイレ掃除の頻度についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事にまとまっているので、参考にしてみてください! 掃除に使う道具 最近では、世の中に大量に存在するトイレ掃除道具。 正直どれを選んでいいのか悩んでしまいますよね…。 そんな方のために、 これさえあれば大丈夫!という道具をご紹介します。 トイレ掃除に活躍する道具はこちら! ・トイレ用お掃除シート ・ブラシ ・洗剤 この3アイテムを揃えとけば、普段のお掃除は十分できます。 トイレ用お掃除シート 毎日のちょっとしたお掃除に必須なのが、シート状のアイテム。 トイレ本体や壁や床をささっと拭ける手軽さが人気を集めているんです! 便器から壁・床までお掃除できちゃうんです! また、使った後にトイレに流せるのもポイント。 便利さ大事ですよね! 詰め替え用もあり、毎日のお掃除に重宝すること間違いなしですよ! ブラシ トイレブラシは、道具の中でも特に慎重に選んでほしいアイテム。 どれも一緒でしょ、と思っている方、 その考え危険ですよ! トイレブラシには、 ・ブラシタイプ ・スポンジタイプ ・使い捨てタイプ の3種類があります。 それぞれメリット・デメリットをまとめるとこんな感じ。 選ぶのに悩んでしまうと思いますが、この記事を読めばそのお悩みも解決するはずです! 洗剤 トイレに使う洗剤には、 ・中性洗剤 ・酸性洗剤 ・塩素系漂白剤 の3種類があります。 こんな感じで、それぞれ液性・対応する汚れが異なるんです! 汚れによって洗剤を使い分けましょうね! トイレによっては、便座本体を取り外すことができるものもあります。 参考になること間違いなしなので、ぜひチェックしてみてくださいね! トイレの便器黄ばみも黒ずみもすっきり 続いては、便器のお掃除方法について。 便器は、トイレの中で一番汚れが気になる箇所であると言っても過言ではありません。 掃除するのもなんとなく気がひけると思いますが、そんな便器の掃除さえも楽しくなる魔法の方法を紹介します! ちなみに、トイレの便器について、我々編集部では、20〜60代の女性100人にアンケートを取ってみた結果がこちらです。 「 便器の汚れ、どれが一番気になりますか?」と聞いてみた結果、半分以上の方が、黒ずみと答えています。 一方で、そのほかの黄ばみや水垢が気になるという方もやはり一定数いるようですね! みなさんはどの汚れが気になりましたか? …実はどれでも大丈夫!今回は、 便器の気になる汚れを全てすっきり落とせる方法を紹介しちゃいますよ! さらにすっきり綺麗にするためにも、さらにもうワンステップ! 便器全体にトイレットペーパーを貼り、上からハイターをかけ、そのまま3分放置してください。 ハイターはトイレの黒ずみを綺麗に落としてくれます。 仕上げに水で流し、便器内のお掃除は完了です。 トイレの壁・床のお掃除はクエン酸で! トイレのニオイって気になりますよね。 便器をお掃除したら臭いもスッキリ解消されるかと思いきや、ニオイが残ってしまうこともあります。 トイレのニオイをなくすにはコツが必要! ニオイの一番の原因は「尿はね」なので、壁や床をお掃除することが必要なんです! ここでは、ニオイの除去に定評のあるクエン酸を使って、床や壁をお掃除する方法を紹介しますね! 隠れたニオイの温床である床や壁にクエン酸水を吹きかけ、タオルで拭きます。 特に、膝より下部分の壁はかなり汚れやすいので、念入りにお掃除してくださいね。 たったこれだけでお掃除完了です! クエン酸スプレーは、便器や便座のお掃除使うこともできます。 頑固な汚れを落とそうというときにはちょっと頼りないですが、軽い汚れならクエン酸で十分落とすことができますよ! [応用編]トイレの他のパーツもお掃除! ここからは、タンク・換気扇・ウォシュレットの3箇所のお掃除方法を紹介します。 この3箇所はお掃除するのにテクニックが必要なので、少し上級者向けになっていますよ! タンクのお掃除方法 トイレのタンクは、普段、目にすることがないのでなかなか汚れに気が付きません。 しかし、お掃除せずに放っておくとタンクの中にカビが生えたり、カビが原因で嫌なニオイが発生したりします。 全然お掃除していないかも!という方は、今すぐトイレに駆け込みお掃除しましょう! プロのトイレクリーニングもおすすめ! ここまで、自分でトイレを掃除する方法を紹介してきました。 しかし、自分でお掃除しても全然綺麗にならない頑固な汚れがある時や、お掃除する時間がなかなか取れない場合なんかもありますよね。 そんな時におすすめなのが、プロのトイレクリーニングです。 トイレのタンク、便器・便座、床・壁など、トイレ中をまるっとお掃除してくれますよ! ですが、なんとなくプロのトイレクリーニングってイメージ湧かないですよね。 プロのトイレクリーニングと、自分でトイレをお掃除するのではどう違うのか、それに実際に見ていきましょう。 「あなたのマイスター」では日々ハウスクリーニングをしていらっしゃるお掃除のプロの方々に「」と聞いてみました。 たくさんのプロの方の意見の中から、一部を紹介します。 汚れがひどくなってしまった場合、そもそも触りたくないと思う方はぜひお任せください。 見違えるはずです。 驚いていただけるのでやりがいがあります。 プロのトイレクリーニングなら、すみずみまでピカピカになるということなのですね。 プロなら 効率よくお掃除できるところも強みです。 とても綺麗になるので、 驚くお客様もいらっしゃるということでした! 「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。 そんなプロの声を「」に集めました。 自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです! まとめ トイレをまるごと綺麗にする方法を紹介しました! トイレは汚いイメージがありますが、ちゃんとお掃除すれば、綺麗&清潔に保つことができます! 今回紹介したトイレ掃除の方法は、どれもとても簡単です。 アイテムさえ揃えば、今すぐできるものばかり。 ぜひ、トイレのお掃除をしてみてくださいね。

次の

トイレの黄ばみ汚れを簡単に取る裏ワザ【重曹&クエン酸でOK】| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

トイレ 便座 黄ばみ

あと、マイナスドライバーを差し込むとき、ゴムに傷をつけないように気をつけてくださいね。 (この写真は、ハイターで掃除したあとに撮ったので綺麗な状態です。 ) 便座裏のゴム部分はハイターで漂白 そう、この取り外したゴムが手強いんです。 ゴムに黄ばみが染み込んでいるような感じ。 黄色く、まだらになってました……。 このゴム部分は、尿汚れに強いと言われているクエン酸を使っても、全く黄ばみは取れませんでした。 そこで今回、私はを使いました。 キッチン泡ハイターは従来のハイターを泡状にしたもので、薄めず使うからその分パワーも強いものです。 取り外したゴム部分にそのまま吹きかける• 10分ほど放置 以上です。 便座裏の黄ばみはまめピカで落ちる 私のメイントイレ掃除グッズと言っても過言ではない。 まめピカは中性洗剤なので酸性洗剤に比べて洗浄力は落ちますが、泡になっていて汚れに密着してくれます。 便座裏の黄ばみ部分にまめピカを吹きかけ少し放置すると黄ばみが浮いてくるので、 使い古しの歯ブラシで軽くこすると、どんどん黄ばみが取れます。 知らないって怖いです。 まめピカだけで黄ばみは取れたし、こんなに綺麗になって大満足です😊 まめピカは抗菌プラスを使っています。 有毒ガスを発生させるので、クエン酸とハイターは絶対に一緒に使わないでください!! 前に「クエン酸とハイターを一緒に使ってしまって大変だった」という書き込みをインスタで見ました。 2つを混ぜていなかったので大丈夫だったそうですが、(しっかり換気したそうです) クエン酸は酸性だってことを覚えておいてくださいね! まめピカは中性洗剤なので、その点でも安心して使える掃除グッズなんです💡 便座裏の黄ばみの原因は意外にも女性だった 便座裏の黄ばみの原因って、主に女性のようですね。 まめピカのHPに書いてありました。 (出典:) そう、ココ!1番下の「女性の汚れはかくれ上手」の部分!私、ここが汚れるのはてっきり7歳の男子のせいだと思ってました💦 女性は便座をあげることが普段ないので、便座裏の黄ばみには気付かない人が多いんだそうです。 つまり私に原因があるので、日頃からこまめに掃除をしようと心に決めました!😂.

次の

【トイレ】便座裏の黄ばみの取り方!ゴムや溝の汚れをすっきり落とす掃除術

トイレ 便座 黄ばみ

スポンサーリンク 黄ばみの原因である尿石には酸が効く 黄ばみ汚れは、尿が付着するトイレの宿命と言えるかもしれません。 尿に含まれる老廃物と二酸化炭素が結合してできる尿石が、こびりついた黄ばみ汚れの原因となります。 特に男性が立って用を足すと想像以上に飛び跳ねてしまいますから、便器だけでなく床や壁まで黄ばみ汚れが発生してしまいます。 女性は座ってしますからさほど汚していないつもりになりますが、その分便座の裏が受け止めてそこに黄ばみ汚れが出来てしまいます。 女性でも男性でも用を足せばどこかしらに跳ね返りが付着してしまうんですね。 特に汚れの付き具合がわかるのは便座かもしれないですね。 白いツルツルの便器につく黄ばみ汚れは良い意味でも悪い意味でも目立ちます。 汚れの元である 尿石はアルカリ性ですから、掃除に使うのは 酸がおすすめです。 トイレ用の 酸性洗剤やキッチンにある お酢、 クエン酸などが 汚れを中和して楽に落とすことが出来ますよ。 トイレは硬いブラシで強く擦ると取り返しがつかない傷になってしまう可能性もありますから、汚れに合った洗剤を上手に活用するのがおすすめです。 スポンサーリンク トイレ便座の黄ばみを取る方法 黄ばみ汚れには酸が効くとわかったところで、早速掃除に使っていきましょう。 汚れが軽い内に酸で中和させるのがポイントです。 時間が経過するほど汚れはしつこさが増して落としづらくなってしまいますから、 黄ばみ汚れを見つけたらすぐに掃除してしまいましょう。 汚れの程度に応じて掃除の方法も変わります。 また 便座は便器とは素材が違いますから扱い方も違ってきます。 ちょっとしたテクニックでこびりついた汚れも落とせますから、諦めずにチャレンジしてくださいね。 黄ばみがそこまでひどくない場合 発見が早い汚れはさほど手こずることなく落とせます。 いつも掃除に使うトイレ用の 除菌シートや 濡らした雑巾などで拭き取るだけで簡単に落ちる場合もありますね。 その程度の汚れなら楽勝なんですが、拭いただけでは落ちきれない黄ばみもあります。 便座の裏側の黄ばみにはクエン酸と水で クエン酸水スプレーを作り、汚れを浮かして拭き取ると効果があります。 便座に直接吹きかけても良いですが、垂れ落ちてきてしまいますからあらかじめ雑巾などに吹き付けてから拭くのがおすすめです。 クエン酸水の作り方 クエン酸小さじ1に対して水200ccを用意。 スプレー容器に入れて良く溶かしたら完成です。 最後にしっかり水拭きをしてクエン酸水を拭き取っておきましょう。 黄ばみがひどい場合 しつこい汚れは拭き掃除だけでは落ちない場合もありますね。 その場合はクエン酸水を黄ばみ汚れに吹きかける時に トイレットペーパーを湿布の要領で使い、成分を浸透させます。 1時間程度放置すればトイレットペーパーに汚れが移り、水拭きで仕上げるとキレイになります。 市販の酸性洗剤を使っても良いのですが便座はプラスティック製のため酸には弱く、使用後に成分が残らないように しっかりと拭き取る必要があります。 酸が付着したままだとある日突然少しの衝撃で割れてしまうことがありますから注意が必要ですね。 クエン酸水なら成分も強くありませんから、仕上げに水拭きすれば便座の負担にはなりません。 便器内なら陶器ですから少々強めの塩酸系洗剤「サンポール」などを使っても酸の効果でスッキリ汚れが落とせますよ。 便座に使えないのが残念ですが、壊れるくらいなら軽度な汚れのうちにササッと拭き掃除をした方が良いですね。 毎日できる対処法 汚れを溜めず毎日きれいなトイレを保つためにできることがあります。 毎日掃除ができればそれに越したことはありませんが、忙しい時は手が回らない時もありますよね。 トイレは家族が1日に何度も出入りする場所ですから、放っておいても汚れる一方です。 黄ばみを作らないように 尿汚れに強い酸を先回りしてスプレーしておくと効果がありますよ。 掃除でも役立つクエン酸水スプレーをトイレの使用後にスプレーするだけで防汚効果だけでなく、 抗菌作用と 消臭効果まで期待できます。 トイレにいつも常備しておくと良いですね。 トイレの便座を掃除する時に気をつけること トイレの便座掃除は知らずにトイレの 故障に繋がってしまうケースもあります。 洗剤の使い方や安易に流してはいけない物もありますから、便座掃除の前によく確認しておきましょう。 また掃除中は手荒れ予防や衛生的な意味でも ゴム手袋を着用して、しっかり 換気をしてから始めると良いですね。 トイレットペーパー以外の物を流さない 頑固な汚れには湿布法で酸をしっかり浸透させると効果があります。 トイレットペーパーを使えばそのまま流せるので後片付けが楽ですが、何分薄いですから キッチンペーパーのように少し厚みがある物を使った方が手早いかもしれませんね。 注意しなければいけないのは、うっかりそのまま流してしまうと トイレが詰まってしまう可能性があります。 トイレットペーパーであっても1度に大量に流せば同じことですね。 1度で全部流さず小分けにして流すようにしましょう。 換気をして行う 狭い空間のトイレは臭いや洗剤の成分が充満しやすい環境です。 掃除中は埃も舞い上がりますね。 換気扇を回したりドア開け放ち、常に新鮮な空気を取り込めるようにしておきましょう。 掃除の際に感じる臭いに対処するには マスクを着用しても良いですね。 洗剤を使う場合は手袋をする 酸性の洗剤は手肌には強すぎます。 また手に付いた洗剤が誤って目や粘膜に付着すると病院を受診することになるかもしれません。 掃除の前には手袋を準備しておきましょう。 ゴム手袋か 使い捨てのビニール手袋が便利ですよ。 2種類以上の洗剤は混ぜて使わない 洗剤は「 混ぜるな危険!」という表示を見かけるように、 混ぜ合わせると化学反応を起こしてしまう場合があります。 混ぜたつもりは無くても狭い空間で同時に使うといつの間にか中毒になってしまうかもしれません。 1度に2種類以上の洗剤は使用しないようにしましょう。 特に 酸性と アルカリ性は混ぜると危険です。 同じ場所に保管するのも避けた方が良いですね。 まとめ トイレの便座は誰もがみんなお世話になっている場所ですね。 便座に跳ね返る尿汚れによる黄ばみは早い段階なら簡単に落とせますが、時間が経つほどに頑固なものになってしまいます。 便座は便器と違いプラスティック製ですから、むやみにゴシゴシと擦ると簡単に傷が付いてしまいます。 傷はさらに 汚れを奥まで侵入させてしまいますから、ますます元通りのきれいさまで戻すのが難しくなってしまいますね。 酸の力を良く浸透させて 浮かせて取り除くのがベストです。 クエン酸水で忘れずに汚れ予防をすれば黄ばみ汚れも作らないで済みますね。

次の