数珠 浄土真宗本願寺派。 浄土真宗本願寺派

Amazon|浄土真宗 西本願寺派 数珠袋|数珠袋 オンライン通販

数珠 浄土真宗本願寺派

こんにちは。 北海道全域対応、札幌市の葬儀会社「北のお葬式」です。 浄土真宗は の教えを基にできたもので、現在日本の仏教の中では一番と言っていいほどの信徒を抱える宗派でもあります。 浄土宗と似ている部分も多いですが、浄土真宗独自の概念やマナーがあるのも特徴です。 今回は浄土真宗のお葬式についてご紹介します。 浄土真宗の中で代表的な本願寺派と大谷派それぞれの葬儀の流れや、浄土真宗独自のマナーなどについてお話します。 浄土真宗は仏様の「絶対他力」により即往生するのが特徴 浄土真宗は法然上人(ほうねん しょうにん)が開いた浄土宗を基に、法然上人の弟子であった親鸞聖人(しんらん しょうにん)が始めた仏教宗派です。 「南無阿弥陀仏を唱えるだけで阿弥陀如来からの救いを得られ極楽浄土へ行ける」とした浄土宗の教え(他力本願)が更に強いものとなり、「念仏を唱えずとも浄土真宗を信仰しているだけで自然に救いを得られることができる」という「絶対他力」の教えを説いています。 誤解を恐れずに言えば、この「お手軽さ」を要因として室町時代には庶民に爆発的に広まり、現在でも全国で最も多くのお寺と信徒を抱える宗派となっています。 浄土真宗では亡くなった故人は「臨終即往生」といって、すぐに極楽浄土へ行くことができます。 そのため葬儀では成仏するための授戒や引導の儀式はなく、追善供養の回向(えこう)も行いません。 他の宗派のような戒律もあまりないため、決まった宗教儀礼や慣習を持たず、加持祈祷を行わないというのも浄土真宗の大きな特徴です。 葬儀自体も故人の供養のためと言うよりは仏様への感謝と故人の生前の徳を偲ぶ意味合いの儀式となります。 浄土真宗は大きく分けて浄土真宗本願寺派と真宗大谷派の二つ 浄土真宗は江戸時代に本山であった本願寺が二つに分けられ、それによって浄土真宗本願寺派(お西)と真宗大谷派(お東)の二つに分かれました。 お西とお東といえば耳にしたことがある方も多いと思います。 現在、浄土真宗本願寺派の本山は京都市の西本願寺、真言大谷派の本山は同じく京都市にある東本願寺となります。 この二つは教義的な理由で分裂したわけではないので基本となる教えは同じですが、葬儀の流れや、作法、仏壇の整え方などに多少違いがあります。 浄土真宗 本願寺派、大谷派それぞれのお葬式の一般的な流れ 本願寺派と大谷派で教義はほぼ同じですが、葬儀の流れには多少違いがあります。 それぞれの一般的な流れの一例をご紹介します。 本願寺派のお葬式の流れ 1)帰三宝偈(きさんぽうげ)と路念仏(じねんぶつ)を唱える 2)三奉請(さんぶじょう) 葬儀を行うにあたって仏様を斎場にお迎えする 3)正信偈(しょうしんげ)、念仏、和讃を唱える 4)正信偈と同時に焼香が始まる 5)火屋勤行(ひやごんぎょう) 火葬の前に重誓偈(じゅうせいげ)などの偈文(げもん)や念仏、回向(えこう)を唱える 6)火葬 7)還骨勤行(かんこつごんぎょう) 火葬、収骨後に阿弥陀経、念仏、和讃、回向を唱え、最後に御文章(ごぶんしょう)を拝読する 大谷派のお葬式の流れ 1)総礼 僧侶が入場後合掌を行う 2)勧衆偈(かんしゅうげ)、短念仏(十遍)、回向(えこう)を唱える 3)総礼 4)三匝鈴(さそうれい) 鈴を小から大へ、あるいは大から小へと打ち鳴らす 5)路念仏、表白(ひょうびゃく)を唱える 6)三匝鈴を鳴らす 7)弔辞 8)正信偈(しょうしんげ)、短念仏、和讃、回向を唱える 9)正信偈と同時に焼香が始まる 10)総礼 11)火屋勤行(ひやごんぎょう) 12)火葬 13)還骨勤行(かんこつごんぎょう) 確認しておきたい浄土真宗の葬式マナー 浄土真宗の葬儀へ参列する際のマナーを確認しておきましょう。 同じ浄土真宗でも本願寺派と大谷派で異なる部分もありますので注意しましょう。 本願寺派と大谷派で焼香の作法が異なる 浄土真宗の焼香では押しいただく動作(お香をつまんだ手を額まで持ち上げる)は必要ありません。 お香をつまんだらそのまま香炉へくべましょう。 本願寺派では1回、大谷派では2回お香をくべます。 お香をくべた後は合掌し「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えます。 線香をあげる時は立てない 線香をあげる場合は立てずに、線香を2つか3つに折って寝かせてお供えします。 (寝線香) 御備えする線香の本数は本願寺派では1本、大谷派では特に決まりはありません。 お悔やみの言葉や香典の表書きに注意 浄土真宗では「臨終即往生」といって亡くなった故人はすぐに成仏して極楽浄土へ行くため、「あの世への旅路につく」「冥途をさまよう」という概念はありません。 お悔やみの言葉としてよく使われる「冥福をお祈りします」も、「冥途」という概念がない浄土真宗では使わないように注意しましょう。 「哀悼の意を表します」という表現を使うと良いですね。 また、故人はすぐに往生して仏様になっているため、葬儀に持参する香典の表書きも正確には「御霊前」ではなく「御仏前」と書くのが正しいとされています。 浄土真宗の数珠について 浄土真宗の正式数珠は男性用と女性用で形が違いますが、共通して数珠本来の使い方である「唱えた念仏の数を数える」ことができない形になっていると言われています。 これは、唱える念仏の回数を決めず「念仏を唱える気持ちになった時点ですでに仏に救われる」という浄土真宗の教えの表れとされています。 略式の数珠を使用している方も多いです。 まとめ 浄土宗で説かれる「他力本願」の教えをさらに強めた「絶対他力」を教義とする浄土真宗。 現在の日本の仏教の中でも最も多くのお寺や信徒を抱える宗派の一つです。 細かい戒律や宗教儀礼などを重要視しないのが特徴で、他の宗派とはちょっと異なる作法を持つ場合もあります。 本願寺派、大谷派の2つに分かれ、それぞれ葬儀などの作法やマナーが異なる場合もありますので、浄土真宗の葬儀に参列する際にはどちらの宗派なのかも合わせて確認しておきましょう。 お葬式のご相談からお急ぎのご依頼まで にお任せください。 北海道全域、24時間365日いつでも対応いたします。

次の

浄土真宗大谷派 / 仏壇・仏具専門店 ぶつえいどう

数珠 浄土真宗本願寺派

法相宗 『西遊記』で知られる『玄奘』が中国にもたらしたインドの唯識学は『玄奘』の弟子たちの『窺基(きき)』により法相宗として大成された。 日本には、玄奘に学んだ『道昭』によってもたらされ、『南都六宗』の一つになり、もっとも栄えた。 「興寺」・「薬師寺」(奈良県)を大本山とする。 華厳宗 華厳宗は、唐の『法蔵』によって大成された。 『華厳経』を所依とするが、唯識思想から多大の影響を受けている。 全世界が「一即一切・一切即一」の無限の関係において成立し『円融無碍』であることを説き、天地万物すべて毘蘆舎那仏の顕現と見る。 日本には、『法蔵』に学んだ新羅の『審祥』によってもたらされ、南都六宗の一つになった。 鎌倉時代に『明恵』らが中興。 「東大寺」を総本山とする。 律宗 日本に伝えられた『律宗』は、唐の『道宣』が大成した『南山律宗』である。 戒律の研究と実践を主とする。 『道宣』の孫弟子の『鑑真』によって正式に我が国にもたらされ、南都六宗の一つとなった。 「東大寺」・「下野薬師寺」・「観世音寺」の三戒壇が定められ、「唐招提寺」が建立され栄えた。 のちに分派して各々が本山を持ったが、明治時代に政府により『律宗』は『真言宗』に包括され、現在では本山は「唐招提寺」だけとなっている。 祖師は『良忍』。 『良忍』は『比叡山の堂行堂』の堂僧出身であるが、当時の天台宗の常行念仏では自分も一般大衆も救われ難いとし、口称念仏があらゆる「行」に通じる真の救済であるという新境地を開いた。 「一人一切人、一切人一人、一行一切行、一切行一行、これを他力往生と名づく」とし、一人の念仏が万人の念仏と融通し合ってできると説いた。 総本山は「大念仏寺」(大阪府)。 祖師は『一遍』。 『一遍』は『熊野権現』から受けた神託に基づいて「南無阿弥陀仏決定往生六十万人」と記した札を配り、これを受ければ救われるという「賦算 ふさん 」という教科方法を編み出した。 一所不在の生活に徹し全国を遊行して一般大衆の間に念仏を流行させた所から『一遍』は「捨て聖」とも「遊行上人」とも呼ばれるようになった。 本山は「清浄光寺」(通称・遊行寺、神奈川県)。 祖師は明代末の臨済宗の禅僧『隠元』。 『隠元』は一六五四年に渡米し中国の故山に倣って宇治に「黄檗山万福寺」を創建した。 宗名はこれによる。 明代に広まった念仏禅を踏襲し自戒主義や浄土教的な念仏の兼修に特徴を持つ。 『黄檗宗』はまた、中国風の書画詩文や普茶料理の普及にも貢献した。 本山は「万福寺」。

次の

【浄土真宗】身近な法具、数珠・念珠の持ち方や意味を解説。

数珠 浄土真宗本願寺派

浄土真宗 お数珠の選び方と 持ち方と豆知識 お数珠は、お葬式や法事、 お墓参りの時に手にする 最も身近な仏具でございます。 常にお数珠を持って仏様・ご先祖様に手を合わせれば、人間が持つ108個の煩悩が消滅し、有難い功徳を得られるといわれています。 お数珠は合掌する手に掛け、仏様・ご先祖様と心と心を通い合わせる大切な法具で、日本人にとって忘れてはならない必需品でございます。 日本の仏教には様々な宗派があり、それそれ異なるご本尊や教えがあり、お数珠も宗派によって違いがあります。 ご自身の宗派がある場合は、ご先祖さまから受け継がれた宗派の信仰を尊重し、ご自身の宗派の「本式数珠」を持たれる方が多くいらっしゃいます。 こちらでは、浄土真宗のお数珠の持ち方や選び方など、浄土真宗のお数珠の豆知識についてご紹介いたします。 沢山の種類があり、迷われるかもしれませんが、お数珠の選び方に特に決まりはございませんので、お客様のお好みで、素材・ご予算・色・玉サイズなどから、ご自由にお選び下さい。 男性の方は主に「22玉」「20玉」「18玉」「みかん玉」、女性の方は「8寸サイズ」からお選びいただく方が多いです。 「これいいな。 」と思ったお数珠や「この素材が気になる・・・」というお客様の直感を大切にお選びされることをおすすめしております。 お数珠は何度も買い替えるものではなく、一度買えば、房や中糸を修理することで、何十年ももちます。 気に入ったお数珠をお選び頂き、永く大切にご愛用頂くことが良いと考えております。 気になる素材でご用意がない場合、お作りできる素材もございますので、お気軽にお問い合わせください。 浄土真宗のお数珠の素材 浄土真宗のお数珠の素材には、天然木を使用した木製のお数珠と、艶やかな輝きが美しい天然石を使用したお数珠があります。 天然木・木製素材の浄土真宗のお数珠 木製素材は、使えば使うほどに玉の表面に艶が出来たり、趣のある色合いに変わったり、素材の風合いの移り変わりをお楽しみいただくことが出来ます。 主な素材としては、黒檀(こくたん)、紫檀(したん)、正梅(しょううめ)、栴檀(せんだん)、菩提樹(ぼだいじゅ)などがあります。 香木には、白檀があり、香りには心身をリラックスさせる効果があると言われています。 木製素材のお数珠の中でも有名なのは、菩提樹でございます。 お釈迦様が菩提樹の木の下で悟りを開かれたことから、有名になりました。 その為、菩提樹の数珠は他の素材に比べ尊ばれ、経典にも「無量の福、最勝の益」を得ると説かれています。 菩提樹の種類としましては、星月菩提樹(せいげつぼだいじゅ)、天竺菩提樹(てんじくぼだいじゅ)などの種類がございます。 天然石・貴石素材の浄土真宗のお数珠 天然石素材のお数珠は、艶やかな表面の輝きと、様々な色合いの素材が魅力的でございます。 天然石には、それぞれの石の持つ効力・意味があり、意味合いからお数珠を探される方も数多くいらっしゃいます。 男性には、仕事運や勝負運アップで有名な虎目石・青虎目石が人気の素材で、女性には、女性らしい色合いのローズクォーツや藤雲石などが人気の素材でございます。 その他にも、本水晶・オニキスは、定番素材として、男性、女性共に人気がございます。 天然木と天然石が入った浄土真宗のお数珠 お数珠に使用されている素材が、全て天然木、全て天然石のものもございますが、天然木と天然石の両方が入ったお数珠もございます。 どちらの素材の良い部分を併せ持ており、また、天然石がアクセントとなり、大変人気がございます。 浄土真宗のお数珠の品質 お数珠の品質は、「素材の品質」、「加工の品質」、「仕立ての品質」により異なります。 この3つの品質が全て揃ったとき、とても素晴らしいお数珠になります。 「加工の品質」は、通し穴加工と研磨加工です。 通し穴は、素材の真ん中に真っ直ぐに通っており、通した糸が切れにくい仕上げになっていることなどが品質の良い加工です。 さらに、研磨技術が優れており、美しい磨き加工で有名な、山梨県甲府で磨き上げられた玉は、海外加工のものとは違い、本当に美しい光沢と輝きがございます。 「仕立の品質」は、数珠の本場、京都で認められた職人が作る本物の京念珠であることかどうかで左右されます。 当店のお数珠は本物の「京念珠」でございます。 仕立ての丁寧さ、中糸の切れにくさ、なによりもお数珠の作りが海外製品のものや、京念珠ではないものと全く違う美しさがございます。 その為、品質の高いお数珠になってきますと、価格も上がってまいります。 浄土真宗のお数珠の値段 お数珠の素材が汚れたり、くすんできたな、と感じられましたら、眼鏡ふきなどの柔らかい布を使って優しく吹いてください。 女性用のお数珠の頭付房に万が一、房に癖がついてしまいましたら、お鍋にお湯を沸かし、湯気が出てきたらその蒸気にあて、房が真っ直ぐになるように整えるように房を撫でていただくと綺麗に戻ります。 また、お数珠をお持ち歩き頂くときは、素材に傷がつかないように、お数珠袋に入れて頂くことをおすすめしております。 ただし、お数珠をお数珠袋に入れたまま保管いたしますと、 房に癖がつきやすくなります。 お数珠をご自宅で保管される際には、専用の箱に入れ、形を綺麗に整えた状態で保管して頂くか、お数珠掛けにかけていただくことをおすすめします。 浄土真宗のお数珠の修理・メンテナンス.

次の