お小遣い 平均。 サラリーマン・会社員のお小遣いはいくら?20代〜50代の平均金額

サラリーマン・会社員のお小遣いはいくら?20代〜50代の平均金額

お小遣い 平均

旦那のお小遣い 20 代の場合のお小遣いはいくら? 旦那のお小遣い、20代の相場平均はいくら?世間一般だと? 新生銀行の「2019年サラリーマンのお小遣い調査」によると 20代男性のお小遣い(昼食代含む)の平均額は37,548円という事でした。 個人的には「結構もらってるんだな」と思ったのですが、前年より4,470円ほど少ないそうです。 ただ、この金額は 未婚か 夫婦共働きで子供がいない場合の金額です。 妻が専業主婦や子供がいる場合だと 25,000円ほどになるようです。 お小遣い金額はどのように決めるの? 一般的なお小遣いの目安は給料の10%~20%と言われていますが、これはライフスタイルによって違ってきます。 20代男性の手取り年収は約265万という事ですが、賞与が含まれての均等割りにすると平均月収は約23万円になります。 ただ、これには賞与が含まれているので、実際の月収はもっと低いことになりますね。 共働きで子供がいない場合は、お小遣いは20%でも大丈夫でしょう。 でも、妻が仕事を辞めたり、子供ができた場合は、収入が減ったり、子育て費用がかかるようになるので、お小遣いは 10%程度に減らす必要があるかもしれません。 20代は生活環境が変化する時期なので、流動的にお小遣いの金額も決める必要があります。 1回決めたらそのままではなく、 定期的にお小遣いの額を見直しましょう。 突然お小遣いをカットされて大喧嘩なんて事にならないように、二人でしっかり 話し合って決めていく事が大切ですね。 20 代の旦那のお小遣いの使い道は? 旦那のお小遣いの使い道は? 新生銀行の「2019年サラリーマンのお小遣い調査」によると 2 0代のお小遣いの一番の使い道は昼食代、次は携帯代、嗜好品代となっています。 趣味にかける費用も他の年代に比べて、比較的多いようです。 余裕がないと趣味にお金をかけるのは難しいのではと思うのですが、20代は結婚していても 共働きが多いので、お小遣いに余裕がある人が多いのかもしれませんね。 何にいくら使ってる?必要経費はいくら? 必要経費というと 昼食代、携帯代、飲み会代などでしょうか。 携帯代が約7,000円、飲み会代を1回3,000円で月2回とすると6,000円です。 必要経費だけで最低でも24,000円かかります。 専業主婦や子供がいる家庭のお小遣いの平均額は25,000円ですから、必要経費でお小遣いが消えてしまいますよね。 ただ25,000円以上お小遣いを出すのは難しいという場合、どう対処したらいいのかを考えていきましょう。 20 代の旦那がお小遣いが足りない!と言ってきたら? お小遣いが足りないと言ってきたらどう対応する?アップを要求されたら? 20代は ライフスタイルでお小遣いの額が違ってくるので、それによって対応も違ってきます。 共働きの家庭とそうでない家庭ではお小遣いの金額にかなりの差があります。 共働きの家庭のお小遣いは40,000円近くあるので、必要経費を引いても10,000円以上残りますが、専業主婦や子供がいる家庭だとお小遣いは必要経費がようやく賄える金額です。 共働きの場合はアップを要求されても、必要経費を賄える金額をもらっているのですから、却下してもいいのではないでしょうか。 そのかわり、 お小遣いが足りなくなったら申告してもらい、妻が納得すれば渡すという形をとってはいかがでしょう。 妻が専業主婦や子供がいる場合は、旦那と協力して、 お小遣いを捻出する方法を考えましょう。 方法としてはお弁当にする、飲み物は水筒に入れて持たせる、携帯の料金プランを見直す、飲み会の回数を減らしてもらうなどがあります。 これだけでも10,000円位は浮くのではないですか。 そうすれば、アップすることなくお小遣いが捻出できますよね。 20 代の旦那のお小遣いをさらに減らす場合は? 今渡しているお小遣いをさらに減らす場合、旦那に理解をしてもらう方法は? お小遣いを減らす事を旦那に理解してもらうには 明確な理由が必要です。 20代だと 妻の妊娠、出産が大きな理由になるのではないでしょうか。 妊娠から出産までの費用や子育て費用など、子供ができるとお金がかかりますよね。 20代で出産を考えているのであれば、それなりの 貯えが必要になります。 そのために、お小遣いを減らして貯金に回したいという理由であれば、旦那さんにも理解してもらえるのではないでしょうか。 お小遣いなし、はあり? お小遣いが全くなしというのは、さすがに困るでしょう。 必要経費分だけは渡してあげるようにしてはいかがですか。 お金が必要になったらその都度、請求してもらうという方法もありますが、いくら請求されるかわからないと家計の予算も立てにくいですし、妻が渋った時に喧嘩になる可能性もあります。 それならば 必要経費を渡して、その中で旦那にやり繰りしてもらった方がいいのではないでしょうか。 旦那とお小遣い金額で喧嘩になったらどう対応する? お小遣い金額や小遣い制について喧嘩になった時の対処法は? 20代はまだ独身の友人もいるでしょうから、 遊びのお誘いも多いかもしれませんね。 お金がなくて遊びに行けないと不満が爆発する可能性があります。 でも、 喧嘩腰になってはいけません。 お金の話はこじれると面倒です。 お小遣いが少ない事で不満を言われたら、少額でもいいので 臨時のお小遣いを渡すようにしましょう。 金額はそれほど多くなくても、妻に頭から却下されなかった事で気持ち的に落ち着くのではないでしょうか。 精神的な満足度は得られると思いますよ。 妻としてどのようになだめる? 旦那さんがお小遣いに不満を感じるのは、 自由に使えるお金が少ないからですよね。 そこで、お小遣いが少なくても頑張れるような楽しい計画を提案してみてはいかがでしょうか。 例えば、年末に温泉に行こう!来年の夏休みにはハワイに行こう!などです。 お小遣いが少なくても 楽しい事が待っていると思えば我慢できるのではないですか。 遊びに使うための通帳を作ってもいいかもしれませんね。 少しずつでも貯金が増えていくのは励みになります。 妻だって家計のやりくりは大変なんです。 でも、楽しい目標があれば一緒に頑張れるのではないでしょうか。 まとめ 20代の既婚男性のお小遣い事情についてご紹介してきましたが、最後に要点をまとめておきますね。 1.旦那のお小遣い、20代の平均額はいくら? 未婚か夫婦共働きで子供がいない場合の平均額は40,000円近くありますが、妻が専業主婦や子供がいる場合だと25,000円ほどになるようです。 2.お小遣い金額はどのように決めるの 一般的なお小遣いの目安は給料の10%~20%と言われていますが、ライフスタイルによって違ってきます。 20代は生活環境が変化する時期なので、流動的にお小遣いの金額を決める必要があります。 一度決めたらそのままではなく、定期的にお小遣い金額の見直しをしましょう。 3.旦那のお小遣いの使い道は 20代のお小遣いの一番の使い道は昼食代、携帯代、嗜好品代となっています。 趣味にかける費用も他の年代に比べると、比較的多いようですよ。 4.何にいくら使ってる?必要経費はいくら? 必要経費が、昼食代に11,000円、携帯代が7,000円、飲み会代が6,000円と考えると必要経費だけでも24,000円かかります。 妻が専業主婦や子供がいる家庭のお小遣い平均額が25,000円なので、必要経費でお小遣いがなくなってしまいますよね。 5.旦那がお小遣いが足りないと言ってきたら 共働きの家庭とそうでない家庭では、お小遣いの額にかなりの差があります。 共働きの家庭のお小遣いは必要経費を賄える金額なので、お小遣いが足りなくなったらその都度請求してもらう形をとってはいかがでしょうか。 妻が専業主婦や子供がいる家庭は、お弁当にする、飲み物は水筒に入れて持たせる、携帯の料金プランを見直す、飲み会の回数を減らしてもらうなどの対策をとりましょう。 6.今よりさらにお小遣いを減らす場合、旦那に理解してもらうには お小遣いを減らすには理由が必要です。 20代だと妻の妊娠・出産が大きな理由になるのではないでしょうか。 子供ができるとお金がかかりますよね。 20代で出産を考えているのであればそれなりの貯えが必要になります。 そのためにお小遣いを減らしたいという理由であれば旦那さんに理解してもらえるのではないでしょうか。 7.お小遣いなしはあり? お小遣いが全くなしというのはさすがに困るでしょうから、必要経費分だけは渡すようにしてはいかがでしょうか。 8.お小遣い金額で喧嘩になった時の対処法は 友人から遊びのお誘いがあっても、お金がなくて遊びに行けないと不満が爆発するかもしれませんね。 でも喧嘩をしてはいけません。 不満を言われたら少額でもいいので、臨時のお小遣いを渡すようにしましょう。 渡すお金がそれほど多くなくても精神的な満足度は得られるのではないでしょうか。 9.旦那をどうやってなだめる? お小遣いが少なくても頑張れるような楽しい計画を提案してはいかがでしょうか。 例えば、年末に温泉に行こう!来年の夏休みにはハワイに行こう!などです。 妻だって家計のやりくりは大変です。 でも、楽しい目標があれば一緒に頑張れるのではないでしょうか。 結婚して お小遣い制になると、今まで自由に使えていたお金に制限がかかってしまうので、不満に思ってしまうのです。 お小遣いがあまりに少ないと旦那のモチベーションが下がってしまう事も考えられます。 お小遣いの金額は、夫婦二人でしっかり 話し合いながら決める事が大切ですね。 【こちらも読まれています】.

次の

パートで働く主婦のお小遣いの平均は?リアルな家庭事情を調査!

お小遣い 平均

人気コンテンツの目次• サラリーマンのお小遣いの平均相場はいくら?年代別・年収別で変わる お小遣いで不満が多い男性ですが、世間での平均額を知りましょう こんなに働いているのに小遣いがこれだけ!?と不満に感じる方も多いのではないでしょうか。 給料を自由に使える独身時代と違って、世帯を持つと自分だけの使えるお金ってグッと減ってしまいますね。 給料明細をみても様々な税金が沢山引かれています。 手取りからさらに生活費に住宅費などを引いて残った金額にドッと疲れを感じるのでは? 夫婦会議でお小遣いのアップを願っても却下される方。 平均相場を知る事でお小遣いの調節がしやすくなるのではないでしょうか。 お小遣いの平均について 新生銀行から発表されたサラリーマン全体のお小遣いの平均は、37,428円です 2017年調査 前年度より445円減。 約4万円もらっている計算になります。 これを多いと感じるか少ないと感じるかは年齢、年収によっても違いますね。 サラリーマンのお小遣い事情についてご紹介します。 関連記事: 景気とサラリーマンのお小遣い事情 2013年アベノミクス相場により日経平均が上昇しましたね。 しかし、景気が一時的に上がっても、バブル前と違いどんどん景気が良くなっていくという考えを持てない現在。 不安定な景気に財布の紐もきつくしめる家庭が多い傾向です。 バブルの時のように景気が上がっているから多少使っても大丈夫という前向きな考えではなく、いつ景気が悪くなるか…という考えが家庭にあります。 多少の景気の変動でサラリーマンのお小遣いは増えないのが実態です。 サラリーマンのお小遣い平均が、過去最低から低迷しているのはそういった傾向が反映されています。 バブルを知らない若い世代のお金の感覚もシビアになってきています。 使うことよりもどんな使い道をするのかを考えていて、余計な浪費をしないよう意識している方が多いですね。 関連記事: 子供がいる家庭のお小遣い事情 子供が生まれると、養育費以外にも何かと必要なお金が多いですね。 住宅や自動車などの大きな買い物をしたり、一気にお金が必要になることも多いでしょう。 未就園児がいる家庭は、出費が重なる時期ですが、女性が働けないまたは正社員で雇ってもらえなくなり収入が減ります。 前述したサラリーマン全体のお小遣い平均は、3万7千円ですが、未就園児のいる家庭になるとさらに低い平均2. 5千円となります。 飲み会などもお小遣いから出るとなると、毎月ギリギリという方も多いのでは? お昼は外食をやめ、お弁当・マイボトルを持参してやりくりしたり、家族協力し合いましょう。 子供が成人を迎えるとやっと自由に使えるお金が出来たという方も多いですよね。 そうなると、50代になって海外旅行へ行くなど趣味を楽しむ余裕が出てくる家庭も多いでしょう。 なので、30代、40代は踏ん張りどきだと自分に力を込めて頑張りましょう。 年収別のお小遣い事情 サラリーマンのお小遣い平均3万7千円、高年収の人と低年収の人の平均です。 当たり前ですが、1千万円以上稼ぐ人はお小遣いが高いです。 平均と同じくらいに合わせる!ではなくて 自身の年収に見合ったお小遣いを知る事が大切です。 年収別のお小遣い平均についてご紹介します。 年収200万円の家庭だと一か月1万円程になります。 平均の3. 7万円のお小遣いをもらっていたら多い事になります。 親と同居していて家賃が要らない場合などでなければ、相当キツキツの状況です。 しかし、急にお金がいる時期もあるでしょう。 そんな時の為にもお小遣いは貯金しておきたいものですね。 節約が嫌なら副収入を考えたり、お小遣い分を株などに回したりと収入を増やすことを目標にしてみましょう。 年収300万だと、1か月2万ほどになりますが、携帯代込みという方はなかなか自分の趣味代に回せれないと言う方も多いのではないでしょうか。 サラリーマンで役職がついていれば部下に飲み会を奢る席もあるでしょう。 そんな時なかなか「飲め!飲め!」とは言いづらくなりますね。 生活スタイルもありますので、お小遣いの額は必ずしも年収の10%というわけではありません。 奥様方はあまり細かくチェックするのではなく、そういった事情を踏まえて相談することも大切です。 結婚するまではお互い金銭感覚が違って当たり前です。 その溝を埋めるためにもお互い譲歩し合って家計を見直しましょう。

次の

大学生のお小遣いの平均は?相場の金額や状況別の現状とは

お小遣い 平均

個別のカップル実例の前に、まずは全体アンケートから、先輩花嫁のお小遣いパターンの傾向をざっくりとご紹介。 1つ目の「定額制」は、彼がフルタイム、彼女が専業主婦で家計を管理しているパターンが多く、2つ目の「同額制」と「お財布別制」は、共働きのカップルに多い傾向。 現在結婚式準備中、ともにフルタイム勤務のちむさんカップルはお互い「基本給の1割定額制」。 元々は仕事への張り合いも出るなと、残業を頑張ったり、昇給したりするとお小遣いがアップする一般的な「収入の1割定額制」を選んだ。 しかし、現在は結婚式費用を貯めるために、定額制をアレンジした「基本給の1割定額制」に変更、収入の約半分を貯蓄している。 これは、しっかり家計管理について話し合おうとはじめたもので、お小遣いについてもこの場で話し合い。 お小遣いから会社関係の支出など、家計費と考えられるものを出していないかをチェック。 当てはまるものについては話し合って精算、お小遣いに戻すなどしている。 このように定期的に話し合い、対応することで、お小遣いが純粋に自由に使えるお金となり、お互いストレスFREEに! 目標に向かって気持ちも一つに、いいお小遣いライフを続けられているそう。 収入から生活費を引いて余った金額を均等に分け、それぞれのお小遣いにしているそう。 当初ルールにしていたのは、「夫3万円、妻1万円」という一般的な定額制。 ところがこれが、大きなストレスに! 夫にとっては「いくら残業しても、お小遣いは変わらない。 ぜいたくできない、妻と金額に差があって後ろめたい、気持ち良く使えない……」。 そして妻も、「家事も育児も大変なのに1万円だけで報われない……」。 たまった不満が原因のけんかが増えはじめた結婚3年目、「これではいけない!」とふたりで話し合った。 新ルールは、「同額制」。 進化型の理由はそのルール。 まず保険や携帯の通信費などをはじめ、個人で使用するものはそれぞれのお小遣いから。 また、クルマやゲームなど、多くの趣味を持つH夫さんがお小遣いから購入する趣味用のパソコンなどの大物は「妻に許可を取って」から、イレギュラー出費の「家庭で使用する家電は収入の多い夫」、「外食費はそれぞれが注文した分を」など、お金の流れやスタンスについて、一般的な「お財布別制」よりも細かくルール決めしている。 このしっかりしたルールがあるおかげで、夫は自由に趣味にお小遣いを使え、妻の方もお金のやりくりに関して不満がないため、お互いストレスFREEに! お金にまつわるけんかはほぼゼロだそう。 From 編集部 お互いの納得が「仲良しお小遣いルール」への近道! 先輩花嫁アンケートによると、「現状のお小遣いに納得している」と答えた人は、紹介した3カップル同様、ルールの決め方に納得感がありました。 実例でもそうだったように、そこに至ったのはお互いが納得するまで、よく話し合っているから。 保険・家計• 新婚生活• 新婚生活始めたて• お金実例• 節約・貯蓄.

次の