国名 漢字。 【難読漢字】カタカナの国名を漢字にすると?一覧と問題

国名の漢字一覧

国名 漢字

世界各国の国名の漢字表記を、角字でデザインしてみました。 使用されている漢字のコードも()内に併記してあります。 Kakuji Design for Country Names in Kanji. Kanji code used for each country is written inside the bracket. 1万人(2017年)(外国人在留者含む。 出典:ブルネイ首相府) 首都:バンダル・スリ・ブガワン 民族:マレー系66%,中華系10%,その他24%(2017年,出典:ブルネイ首相府) 言語:憲法で公用語はマレー語と定められている。 英語は広く通用し,華人の間では中国語もある程度用いられている。 宗教:イスラム教(国教)(78. 8%),仏教(8. 7%),キリスト教(7. 8%),その他(4. bn ブルネイ・ダルサラーム国政府 (英語) ブルネイ・ダルサラーム国大使館 (英語) 角字とは? 江戸時代に誕生した遊び心満載の伝統的なグラフィックアートで、正方形のグリッド内にほぼ水平・垂直のラインのみで文字(漢字)を表現しています。 直線を多用したそのデザインは、一見質素で、ともすれば地味になりそうだと思われますが、長年にわたり研鑽、洗練したおかげで、江戸時代の日本人が持っていた「粋」と呼ばれる美意識が結晶した、美しいアート書体として、今日まで伝えられてきました。 シンプルで有りながら奥深い角字は、現在でも商標、印鑑、家紋、看板などに数多く使用されています。 What is Kakuji? Edo-born Kakuji is a graphicart that expresses letters kanji with almost horizontal and vertical lines only. Kakuji with its simplicity and depth is used for designs such as trademark, hanko stamp, family crest and signboard.

次の

『漢字一文字』で表す世界の国名 一覧91カ国

国名 漢字

アメリカを「米」や「米国」、イギリスを「英」や「英国」のように、国名を漢字一文字で書くことがありますよね。 また、ニュースなどで見聞きする機会の多い国は、漢字を見ただけでどこの国のことかわかるのですが、あまり見聞きしない国もあります。 「西」「馬」「星」「普」はどこの国かご存知ですか? 今回は、国名の漢字一文字での表記について調べてみました! 国名を漢字一文字で表記するようになった理由は? 江戸時代(1603年~1868年)中期に世界地図を作成する際、外国の名前を日本語の発音に近い漢字を当てはめたそうです。 例えば、現在は「イギリス」と発音しますが、昔は「エゲレス」と発音していたので、「英吉利」や「英吉利私」という漢字を当てました。 外国の国名の漢字表記は明治時代(1868年~1912年)まで続きましたが、カタカナの普及に伴って、多くの国がカタカナ表記になりました。 大正時代(1912年~1926年)になると、「米(アメリカ)」や「英(イギリス)」のように主要な20ヵ国程度が漢字一文字に略され、現在も使われているものがあります。 昭和27年(1952年)になると、公用文を作成する際、外国の地名や人名などはカタカナで表記するように内閣が各省庁に通達をしました。 しかし、新聞や雑誌の見出しのように文字数が限られる場合にカタカナだとスペースを取りすぎるため、現在も漢字一文字の表記は使われています。 また、戦後にできた国についても漢字一文字の表記が使われている国もあります。 世界中のほとんどの国名に漢字が当てられていますが、漢字一文字に略されているのは主要国など一部の国だけです。 その名残でミャンマーという国名になった現在も「緬甸」と表記します。 コンゴ民主共和国は、1997年以前は「ザイール」という名前でした。 現在のドイツ北部からポーランド西部にかけて領土としていましたが、1918年からのドイツ革命によりプロイセン自由州となり、その後、第二次世界大戦の結果ソ連(現在のロシア)とポーランドに割譲され、1947年に名実ともに消滅しました。 国名は発音に合わせて漢字が当てているので、複数の漢字名が存在するようですが、漢字一文字にした場合はほぼひとつに統一されているようですね。 「米」や「英」など定番の国は知っていましたが、「馬」「西」「星」「普」のように知らない国も多くてびっくりしますよね! -.

次の

世界の国名の漢字表記一覧表

国名 漢字

その漢字は何時頃に誰がきめたんですか?。 くろぅさん ものすごく奥の深い疑問ですね・・・と思います。 疑問に例示されている仏蘭西や亜米利加などは外国の国名を漢字表記する歴史を見たらごくごく最近の部類に入ります。 江戸時代にはすでにオランダ語やスペイン語、ポルトガル語の辞書が完成されていましたが、そこに表記されている国名はそのときに決定されたものではなく従前から江戸時代の辞書やその元となる 節用集 で広く紹介されてきたものです。 国名を含め外来語が日本に紹介されるのは中国語経由、オランダ語経由、インド語経由、ポルトガル語経由、韓国語経由、東南アジア諸国語経由など 遠く奈良時代以前に文献を求めることができます。 さて、江戸時代の辞書の元となった節用集ですがこれは 「室町時代に作られた実用的国語辞書。 著者不明。 ことばの読みからそれに当たる漢字を求めるようにしてある。 簡便なため、江戸時代に広く用いられた。 」と定義されています。 15世紀室町時代に作られた節用集の中にはすでに「印度インド」の文字が見えます。 この節用集には節用集祖本から転写された「伊勢から始まる伊勢本」と、なんと「印度から始まる印度本」がありました。 さらに時代を遡ると、この節用集の元となった下学集、聚分韻略にその源を求める ことができます。 参考URL:館報つくばねコーナー下学集の説明 から抜粋 原本の成立は序文により文安元(一四四四)年と推定されているが、編者の東麓破衲(東山の麓の僧の意)については不明である。 参考URL:京都大学電子図書館 聚分韻略の説明 から抜粋 『聚分韻略』は五山の禅僧・虎関師錬の撰になる日本で最初の韻書。 平声二巻、上声、去声、入声 各一巻の全五巻、百十三韻に、更に乾坤、時候等の十二部門に分けてのち、各字に加注。 韻書や作詞の参考書として以後よく用いられたのみならず、『下学集』、『節用集』、『塵芥』など後行辞書編纂への影響は多大なものがある。 昔の日本人が渡来の人々によって諸外国の存在や文化、国名を知り、それを漢字により表記した積み重ねが脈々と江戸時代、明治時代へと伝えられその時代の人々はそれを使ってきたのです。 その一部が現代でも使われているというのはすごいことです。 乱気流さん 「何時頃に誰?」と特定する事は出来ませんでした。 でも、 現在外務省内部と日本の在外公館との間で電報のやり取りをする際は、外国国名を漢字一文字で表記 アメリカ合衆国の場合は、「米」 する「慣例」が有り、主要国に限らず「全ての国毎に各々対応する漢字一文字が、慣例的に定められています」。 これらの漢字が何に由来するかと言えば、結局は中国が長い歴史の中で交易・外交上必要に迫られて、その都度音訳され普及した漢訳表記が書物・地図等を介して断続的に我が国にもたらされたものが大部分を占めると思います。 勿論、明治以降には中国経由とは別の新たな外国国名・地名の漢字表記を必要とする場面も生じた事でしょうから、その時は日本独自に音訳して対応したものと思われます。 「亜米利加」を例にあげれば、ペリー提督が開国を迫って寄港した1854年の瓦版には、ペリーの似顔絵に「米利幹 メリケン 」と注釈され、 1862年の幕府文書では「亜米利加」と表記され 、 1871年の木戸孝允渡航日記には「米国」 ・1878年の報告書には「米欧回覧実記」と記され、1905年明治天皇がルーズベルト大統領に送った書状の宛名が「北米合衆国」と記される等表記が複数存在したようですが、元は中国で音訳された「亜米利加」「亜美利加」の表記からの様子です。 参考URL:中野康明のホームページ 外国地名等の漢訳は日本でもつくられたようですが、中国の影響を強く受けています。 中国における外国地名の翻訳法は外来語が意訳されることが多いのに対し、地名は人名に見られるように固有名詞は訳してはいけないという原則があって音訳されることが多いようです。 尚、イタリアのイエズス会士マテオ・リッチ 1552〜1610 は、中国での布教活動の一助として中国人に受け入れ易いよう世界の真ん中に中国を配置し又漢字で地名や説明を表記した木版製の世界地図「坤興万国全図」 1602年 を出版しました。 この地図は、同じく漢字を理解し隣に位置する日本人にも役立つものとなったようです。 日本で最初にマテオ・リッチ系地図が刊行されたのは1652年の「万国総図」 作者不明 と言われていますが、その後も朱子学者等により修正が加えられ繰り返し刊行されたようです。 参考URL:江戸時代の古地図に見るオーストラリア PDF Tsuneさん アメリカ、という見飽きた地名からして、日本語の漢字表記と中国語の漢字表記が違っているから驚きだ。 日本では亜米利加と書くところが、中国語では亞美利加と書く。 ということ参考URL(satoujunichi氏HPリンク切れ..)から、中国語からきているようではなさそうです。 日本独自で決めているようです。 いつ頃から使われているかは残念ながらさだかではありません。 参考に、世界各国の漢字表記を列記したページを紹介します。 参考URL:漢字で外国 そくらちゃん 基本的にはあて字と言われています。 ですから、「オーランダ」から「蘭」という文字があてがわれていったように、江戸から明治にかけて世界の国々と交流が盛んになっていくに連れ、色々とあて字で国名がふりあてられていったようです。 現在では、逆に、これが、外来語を表す言葉として、一般的に知られている表記法として、認知を受けています。 確実ではありませんが、森有礼(初代文部大臣)とか森林太郎(鴎外)夏目漱石、永井荷風などの洋行組(ヨーロッパや諸外国に行った文化人)が、その国の雰囲気を上手に伝えるように漢字をわりふりしていったのが、現代に至っているのではないでしょうか。 matsumotoさん 何時、誰がというのははっきりとはしませんが、国名の漢字表記の成り立ちは大きく分けて以下の2通りあると思います。 1.中国での表記がそのまま日本に伝わった。 2.昔(江戸時代以前)は漢字が公式な文字で、かな文字は婦女子や教養のない者が使う文字とされたので、外国の国名等を漢字で表現した。 ガウリィさん たしか昔外国との交流が盛んになっていろいろある外国の名前は皆アメリカやオランダなどの当時では分かりにくかったので分かりやすいように適当な当て字を使ったのだったと思います。 さやさん 日本では昔、なんでもいいので当てはまる漢字をヒトの名前として使っていました。 かえでさん 辞典をつくる人が、 当て字の得意な暴走族に知恵を借りたのではないでしょうか。 今回はかなりの難題と見てましたが、かなりいい正答が揃ったと思います。 くろぅさんの正答によると、既に15世紀には存在していたとのこと。 (もちろんこの時にはアメリカの漢字は無いハズ。 正答者の方々です。 本当にありがとうございました。

次の