メット ライフ ドル スマート。 分かりやすく解説!メットライフ「ドルスマートS」保障内容・評判・告知

メットライフ生命の「米ドル建IS終身保険(低解約返戻金型)ドルスマート」〜30歳男性ランキング1位

メット ライフ ドル スマート

メットライフ生命「USドル建終身保険ドルスマート」は、米ドル建ての貯蓄型終身保険です。 「積立利率変動型」と呼ばれる商品で、市場の金利が上がれば積み立てた保険金も増えていくのが特徴。 逆に減ってしまう恐れもありますが、最低限の利率保証が付いているため、米ドルベースで赤字になることはありません。 重度の疾病にかかったときの保障も用意されており、死亡保障としても利用できます。 円建ての保険にはないメリットの一方、米ドルから日本円へ変換する際の為替リスクや、その手数料など、外貨建ならではのデメリットもあります。 保険というより投資商品に近く、営業スタッフがきちんと説明しているのかが気になるところ。 ここには、実際に契約した人の生の声が投稿されていますので、加入前の参考にしてください。 実際に契約して6ヶ月 思ったことを書こうかと。 【メリット】 1. 何もしなくてもお金が増えていくのは、投資の勉強がめんどくさい方にとっては最高。 円高になれば大損なので「増えていく」とは限らないけど、その危険性は低い 2. 保険料控除 月1万の積立で保険料控除が満額 8万円 受けられます。 2万円 が確定申告や年末調整で帰ってきます。 年収が高い方の節税にはもってこいでしょう。 【デメリット】 1. 為替手数料が高い ドル積立なので一旦、円からドルに為替するんですが、その時の手数料が0. 往復で1円かかります。 これは大手ネット証券会社の2倍です。 月1万の積立なら100円毎月余分にかかる計算です。 見積り書を見ればわかりますが、10年積み立ての場合、最低13年間は元本割れです。 例えるなら、入れれば入れるほどしぼんでいく貯金箱。 ちなみに13年たってようやく増えはじめます。 15年で定期預金よりかはプラスになります。 その時貴方は何歳でしょうか? しかも、増えるのは年2. 解約するまでずっとです。 自分で積立運用した場合に比べ、100万円以上の機会損失です 月3万円10年積立の場合で計算 3. 流動性が低い 2. にも書いた通り、10年以上は解約できません。 急にその金が必要になってもです。 心して契約してください。 たしかに積立保険の中では1番優秀ですが、あくまで積立保険の中だけです。 この商品をおすすめできるのは、 1. 月1万だけ積み立てて保険料控除を狙う方 2. 15年間使わない金があり、高い手数料払っていいから投資の勉強したくない、めんどくさい方 のどちらかでしょう。 自分の場合は、死亡保険よりも運用積み立てに興味を持ち加入しました。 (34才。 10年払い込み型。 総額43,200ドルの積み立て。 死亡保障10万ドル。 ) 他社に比べて為替手数料が高いことや、満期前に解約したら元本割れするなどのデメリットは有りますが、満期前に解約して取り戻さないと緊急資金が用意できない方は、そもそもこの商品には向いてませんので、デメリット以前の問題です。 必ず、非常事態に備えてまとまったお金を準備して、余剰資金を生み出せる方のみが検討できる商品です。 銀行よりも利回りがいいからと飛びついて後で泣きを見ないようにしてください。 払い込みの保険料は毎月変わりますが、月払いにすることでリスクヘッジできますので、たとえトータルで見て加入時よりも円安の期間の方が多くて、当初の予定よりも多く払い込まなければならなかったとしても、耐えられる利回りが期待できます。 為替手数料が他社よりも高いと言っても、10年払い込み型で計算してもせいぜい数万円です。 それらのデメリットを飲み込める利回りがあるので気になるレベルではありません。 以上、デメリットは確かにありますが、リスクゼロの金融商品は存在しませんし、自分としては「大きく稼げるわけではないが、死亡保障も兼ねた低リスクで確実に増える。 しかも、払い込み終了後の伸び率は他社よりも良い老後の資金」として考えると、魅力だと思います。 20代から終身保険に入っておきたくていろいろ検討してこちらをチョイス。 年払い、半年払いにすると少し安くなる。 私はプレスティアのドル建て口座をもっているのでそこで毎月ドルに換えて1年にまとめて払うので為替リスクも分散できてる。 終身保険でこれ以外お勧めはないと思います。 まず損したといってる人はすぐ解約する人やこれ1本で資産や保険を済ませてる人ではないでしょうか?この保険は30年くらい置いておく保険だと思ってます。 私は30代後半ですが、子供が産まれて保険を見直しました。 それまでは外貨建ですとか、終身保険も良くわかっていませんでしたが、良い保険屋と知り合える事が出来、将来設計がきちんと出来たと感じました。 なぜ積み立てをするのか?貯金ではダメなの?っと思われる方がいると思いますが、今の銀行金利は0. 預けていても、増えることはありませんし、万が一なくなっても、貯金していた分しか、家族に残すことができません。 保険に入ることで、死んだときは総支払保険料の約3倍を家族に残すことができます。 それでは、国内の円建てでもいいじゃないかっと思われる方がいると思います。 世界3大通貨はドル、円、ユーロです。 そのため、ドルは世界通貨基軸としても使われます。 私はそこに安心的価値を見いだし、終身ドル建て保険として運用することを決めました。 上記の内容は、なかなか知り得る機会が少ないと思います。 保険の見直しをすると、強制的に入らされるのではないか?などの不安を抱く気持ちはわかります。 しかし、一社だけではなく、同じ保険の窓口でも話すのでは内容は人によって様々です。 私の経験だと最低3社の話を聞いて、理解した上で、信頼のおける保険屋で加入することを、早い段階で行うことをお勧めします。 利率変動型のドル建終身保険ということで、アメリカの金利と為替の影響を受ける商品です。 最低3%が保障されていて、もし金利が上昇すれば上昇分を享受できます。 低金利時代の現在、アメリカが利上げに動いていることから将来が期待できると思い加入しました。 ただ毎月の保険料が実際のレートより少し高めなのに気づき調べたところ、1ドル当たり1円の手数料がかかっているというのです。 ドル建の保険商品を販売している会社は他にもありますが、調べてみると1ドル当たり50銭や1銭という会社もあり、少し後悔しています。 また、急激な円高が来た時などにまとめて1年分や5年分、あるいは保険期間全額を支払うことができる会社もあるということで保険会社選びは慎重に行うことをお勧めします。

次の

メットライフ生命のドル建て終身保険についてわかりやすく解説!

メット ライフ ドル スマート

メットライフ生命のドルスマートについて。 普通預金に預けている資金を、貯金代わりとしてメットライフ生命のドルスマート(米ドル建て)という保険に全期前納で預けようかと悩んでいます。 払込期間は10年ですが、返戻金が払込金額を上回るまで据え置くつもりです。 米ドル建てだと、最低金利だった場合で11年目に預けた金額を上回るようになるそうです。 ただし、その時のレートが108円を割ると円にするとマイナスになるそうです。 米ドル建てだと、今日16時現在でレートが112. 5円のようなのですが、今が申込むタイミングとして良いのかどうかをアドバイス頂きたいです。 死亡保障は正直不要なのて、貯金代わりに保険を選択するのは間違いではないのだろうかと思ったりはするのですが、何度も時間を作って下さったFPさん(10社ほどの保険会社の取扱いかあるようです)に申し訳ないので何かに加入してあげたいという気持ちもあります。 もし、申し訳ない気持ちを優先するとしたら他におすすめの保険はありますでしょうか? わかりにくい文章で申し訳ございませんが、アドバイスを頂けたら有難いです。 よろしくお願い致します。 保険を販売していないFPです。 >今が申込むタイミングとして良いのかどうか 為替のプロでも予測は難しいです。 株価の予想と同じで、外れることもよくあります。 ですので、このカテゴリーの回答者もなかなか回答がしづらいのではと思います。 私は外貨預金や外貨MMF、外国債券などを購入して10年近くになりますが、私の感覚的な意見で言いますと、今は申し込むタイミングとしては、悪くはないが、決して良いとも言えないと思います(正直、分かりませんが、余裕資金の一部で外貨を購入しても悪くないと思います)。 でも、ご質問者様はドルスマートを一時払いではなく、全期前納での考えられていますよね?一時払いであれば、タイミングは非常に重要だと思いますが、全期前納(10年払い)では、今の為替レートにそこまで拘る必要はないのかなと思います。 ちなみにですが、 現在112円の米ドル/円の為替レートですが、 過去30年の比較で、1987年は144円、1997年は120円、2007年は117円と、今は円高水準にあります。 過去10年の比較で、2007年は117円、2008年は103円、2009年は93円、2010年は87円、2011年は79円、2012円は79円、2013年は97円、2014年は105円、2015年は121円、2016年は108円と、今は円安水準にあります。 >>>申し訳ない気持ちを優先するとしたら他におすすめの保険はありますでしょうか? 死亡保障がなく、純粋な積み立てであれば、年金保険の方がよいと思います。 死亡保障に回るお金がほとんどないため、運用効率はよくなりますし、元本割れの期間も短くすることができるかもしれません。 商品例としては、 ・外貨建て年金保険(マニュライフ生命)…年金保険控除を受けられます。 ・変額個人年金保険(ソニー生命)…外国資産を外国債や外国株の投資信託といった形で保有します。 ご質問者様は、営業マンに情が移られていて、非常に人間らしくて私は好きです。 そういう商品の選び方もありだと思います。 私は一つの視点をお伝えいたします。 今回のドルスマートでどのくらいの保険金(最低3万ドル)の契約を組まれるか分かりませんが、ご質問者様のこの商品の決め手はなんでしょう。 死亡保障ではないので、貯蓄性、担当者のサービス、担当者への情の3つだと思います。 貯蓄性に関しては、上記の他の保険や他の金融商品の方が高い可能性があります。 (例えばネット銀行で買付為替手数料が無料のキャンペーンの時に外貨預金をするとその日のうちに、元本を上回ることは可能性としてあります。 保険が元本を回収するのに11年かかる可能性があるのに、外貨預金ではそれは1日です。 もちろん20年、30年と超長期で考えると、保険での運用は強かったりしますが) 貯蓄性が重要な決め手ではないとしたら、担当者のサービスや担当者への情がこの商品への有力な後押しとなっていると思います。 投資信託や外貨預金であれば、手数料は開示されていますが、保険はまだまだ手数料の開示が進んでいません。 どのくらいの契約をされるか分かりませんが、FPに手数料が15~20万入ると知ったら、この商品への評価はどう変わりますか。 FPのサービスやFPへの情がそれを上回る価値があると思われたら、この商品はご質問者様にとって悪くない商品だと思います。 ただ、サービスはそれに見合う価値がなくて、情だけでこの商品への加入を決めようとすることは、300万の車があって、装備とかアフターフォローサービスを考えると300万の価値は到底ないんだけど、車の販売員が非常に熱心で、親切に案内してきたから、それに決めるということと似たようなことだと思います。 正解は一つではありません。 商品の購入の仕方は人それぞれです。 ご質問者様にとって、結果的に何がベストになるのかは私も分かりません。 ご質問者様の最終的な判断を尊重したいと私は思います。

次の

メットライフ生命のドルスマートについて。

メット ライフ ドル スマート

ドルスマートの前納払いとは?メリットやデメリットを徹底解説! メットライフ生命のドルスマートでは保険料の払込方法として月払い、年払い、前納払いが選択可能です。 特にメットライフ生命のドルスマートを契約する際、保険料の支払い方がポイントになります。 そもそも保険料の払込方法は毎月、定額を支払う月払いと年払いといって、1年分の保険料をまとめて支払うことで若干の割引が効くお得な払込方法です。 今回はよく「一時払い」と「前納」は似ているので間違えている方もいますが、ドルスマートの保険料を前納するとどんなメリットやデメリットがあるのか、そして他社の商品と比較した時にどの様な違いがあるのかをお伝えしていきたいと思います。 ドルスマートの前納とは?一時払いとは違うの? ドルスマートの保険料は一時払いと言う払い方はできず、まとめて保険料を払いたい場合は前納払いだけになります。 「保険料を一時払いする」と言うのは「全保険期間分の保険料を1回で支払う方法」のことです。 これが一番トータルの支払保険料が少なくて済む払い方ですが、ドルスマートの場合は一時払いができないのでそれに代わる支払方法が前納払いです。 前納払いは「まとまった保険期間分の保険料を、保険会社に預けるような形で1回で支払う方法」のことで、年1回、または毎月の支払期日が来たら預けたお金から自動的に保険料が支払われるしくみになっています。 ドルスマートで前納できる期間と前納した時の保険料はどうなるの? 保険会社によって前納ができる期間やタイミングが違いますが、ドルスマートの場合は契約時のみ、最高10年分のみとなっています。 払込期間が10年の契約であれば全期前納となりますが、もっと長い払込期間の契約の場合は11年目以降は年払いで保険料を支払う事になります。 ドルスマートで10年分の前納払いを選択するとまとめて保険料を払ったときの為替が10年間適用されるため、支払い保険料に為替変動を受けないというメリットがありますが、反対に保険料が安くなる可能性もつぶしてしまうということもあります。 また、これからご紹介するソニー生命のように中途で前納払いをすることができる保険会社では円高に振れると前納を希望する人が増えるようです。 前納のメリット・デメリット 前納のメリットとは? 一時払いと比べてまとめて払うという点では同じですが前納は預けているだけですので、例えば契約者が死亡した場合や、途中で解約した場合は未経過分の保険料は返還されると言うメリットがあります。 契約して万が一すぐに亡くなってしまった場合はこの差は大きいですよね。 生命保険料控除でも一時払いと比べてメリットがあり、一時払いは最初に支払った年のみ控除ができますが前納は保険料を払っている期間中であれば毎年控除を受けらます。 生命保険料控除の枠を中々使い切れていない方は一時払いよりも前納払いの方がメリットになりますね。 前納のデメリットとは? 反対二前納のデメリットはと聞かれると特段、ありませんが、保険料を一気に預けるのでまとまったお金がないとできないって事ぐらいでしょうか。 トータルの支払保険料は一時払いが出来る場合より高くはなりますが、それを上回るメリットがあると思います。 ドルスマートの前納払いを他社比較 ドルスマートとよく比較される「ソニー生命の米ドル建終身保険」と「ジブラルタ生命の米国ドル建終身保険」はどんな支払い方があるのか比較していきたいと思います。 ソニー生命の保険料を前納する場合は? まずソニー生命ですがドルスマートと同じように契約時に前納を選択する事ができるのに加えて、途中でも何年分かまとめて払うって事ができます。 為替相場を見ている方だったら「今円高だからまとめて払っちゃおう」って事ができるので、ドルスマートより柔軟な対応ができるという事で人気のポイントの様です。 ジブラルタ生命の保険料を前納する場合は? ジブラルタ生命はドルスマートとは反対で契約時は前納できず、中途前納はできるみたいですが月払いの場合でも最低6か月分以上でないと前納ができないようです。 細かいところですが保険会社によって全然ルールが違うって事にビックリですね。 この辺の話は契約する前にしっかり確認しておかないと、後で変更できないケースも多いので注意が必要です。 ドルスマートの前納払いとは?メリットやデメリットを徹底解説!のまとめ ドルスマートの前納をはじめ、保険料の払い方ひとつとってみても色々あるんですね。 ドルスマートの場合、保険料の支払いが終わってもそのまま置いておいて増やそうと考える方が多いみたいです。 私が良いなと思ったプランは例えば30歳、男性、保険金額3万ドル、払込期間10年の全期前納プランです。 支払う保険料は11,259. 万が一、ものすごい円高になったとして1ドル80円になった時でも解約返戻金が円で1,375,920円なので元本が割れない計算になります。 結局、自分にあった保険と出会うにはどうしたら良い? 商品を全て見ることは難しいため、プロにオススメをベースに様々な商品を見るのが一番早いと思います。 保険相談窓口を今、最も注目している1社を筆頭に有名どころ4社の独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価を元に、比較してみました。 3 店舗数が多い事で信頼度が高く相談がしやすい環境がありますが、直接来店する形は、拘束時間が長すぎるという口コミが多かったり、自宅に直接、来てもらうのはセキュリティー上、不安があることや仕切りが少ない店舗だと他人に話が聞かれるのでは?といった個人情報に対する不安は実際に口コミでありました。 2 以上はなかなかないと思いますので、まずはアプリで保険を見直しをどのようにされているか口コミ・体験談を見てみるのもアリかもしれません。 そして、保険の勉強をしている方に是非おすすめしたい保険相談窓口の比較記事を作りました。 独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価をまとめたページの「」を是非、ご覧ください。 ほけんケアは池山による保険や税金など家計を預かる方には必見のサイトです。 呼び名はほけんケア池山と呼んでください! このブログは主婦が保険相談のため自分の力で徹底的に調査した記事と保険を調べることで出会った保険代理店の方に色々お話を伺ってまとめた記事で成り立っています。 過去に日商簿記3級を取得、現在3級FP技能検定取得に向けて勉強中! かれこれ保険について学び初めてから15年近く前、話せば長くなりますが、長男の誕生が保険の勉強のきっかけでした。 大恋愛の末に結婚した夫は企業関係で大手国内生保の保障額が高すぎる保険に加入しており、20代でも5万近い保険を払っていて保険貧乏になっていました。 結婚してから少しずつ保険の見直しをしていこうとしたと矢先に長男を迎えることになり、家計の見直しとともに本気で保険の見直しを検討し始めることになりましたね。 きちんとしたライフプランを考える上でも保険は切っても切れない存在であると同時に、保険貧乏になれば保険で不幸になる可能性もあります。 私や夫のように不適切な保険加入者をこれ以上増やしたくないという一心でこのブログを書き続けていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

次の