電話番号。 国際電話のかけ方!固定電話からでも携帯電話からでもかけられる [日常英会話] All About

各地の裁判所の所在地・電話番号等一覧

電話番号

固定電話番号(は対象外) 電話番号検索の使い方1• 番号入力欄に住所を検索したい固定電話番号の先頭の0~上6桁目までの数字を入力します。 ハイフン(-)無しの連続した番号を半角数字で入力ください。 (例)031234xxxxx• 間違いがないかどうか確認し、よければ『検索』ボタンをクリックします。 入力をやり直す場合は、『リセット』ボタンを押します。 『検索結果』欄にその電話番号の市区町村までのおおよその住所が表示されます。 電話番号検索の使い方2 上記のように、電話番号からおおよその住所を検索するという使い方の他に、電話をかける際に、相手の番号に市外局番を付ける必要があるのか?あるいは付けなくてもよいのかを確認することができます。 上記の使い方1と同じ要領で、まず自分の固定電話番号を検索し、続いて、かけたい相手の固定電話番号を検索し住所を表示させます。 それぞれの番号の『検索結果』欄に表示される住所地先頭の「MA」が同じであれば、市外局番を省略して電話することができますし、「MA」が異なれば省略しないで電話をかける必要があります。 上記検索ボックスを試していただければお分かりのとおり、固定電話番号の上6桁からその番号のおおよその住所がわかります。 なぜ6桁でおおよその住所がわかるのか、その前に固定電話番号のしくみについてみてみたいと思います。 携帯電話の番号が全11桁なのに対し、固定電話番号は全10桁と決まっています。 ケタ数は国連の専門機関で通信の標準化を行っている部門「ITU-T」によって決められているものです。 一般的には、「03」や「06」のように最初の「0」も含めて市外局番と呼ぶことが多いですが、この最初の「0」は 国内プレフィックスと呼ばれるもので、市内通話や「110」「119」などの緊急電話、また「104」「117」などの電話サービスと異なるということを表す識別のための番号です。 したがって、正確には「03」の市外局番は「3」ということになります。 国内プレフィックスである0と下4桁の加入者番号を除いた5桁が市外および市内局番ということになりますが、組み合わせはその地域の加入者数によって変わります。 市外局番 市内局番 例 1けた 4けた 東京-3、大阪-6 2けた 3けた 横浜-45、京都-75、神戸-78 3けた 2けた 旭川-166、松本-263、栃木-282、鳥取-857、宮崎-985 4けた 1けた 伊豆大島-4992、硫黄島-9913 例えば、加入者数の多い東京や大阪など大量に市内局番が必要な都市部では、市外局番に「3」や「6」というように1桁を割り当て、残りの4桁を市内局番に割り当てる必要性があります。 反対に、加入者数の少ない伊豆大島など島嶼部では、市外局番が「4992」と4桁で、多くを必要としない市内局番が1桁という地域もあります。 さて、この市外・市内局番の5桁は、各地域の電話局に対応しています。 その電話局が管轄している住所(市区町村)は決まっていますので、この5桁(最初の0を加えて6桁)を見れば電話局が管轄している住所がわかり、結果としてその番号のおおよその住所がわかるということになります。 ちなみに市外局番の最初の1~9の番号(市外局番の0の次の1桁)を見れば、おおよその都道府県名がわかります。 大まかですが、参考までに以下にまとめてみました。 0の次の番号 対応都道府県 1 北海道、青森、秋田、岩手 2 宮城、山形、福島、新潟、長野、群馬、茨城、栃木 3 東京(おもに23区 4 東京、埼玉、千葉、神奈川、茨城 5 愛知、静岡、山梨、岐阜、三重 6 大阪(大阪市を含む) 7 大阪、和歌山、三重、滋賀、奈良、石川、富山、福井、京都、兵庫 8 広島、山口、島根、鳥取、岡山、香川、高知、徳島、愛媛 9 福岡、長崎、佐賀、熊本、大分、沖縄、宮崎、鹿児島 東京都、大阪府、茨城県のように同じ県でも二つの市外局番に分かれているものもありますが、大体上記のようにどのあたりの住所なのかが識別できますので、知らない電話番号から着信があった場合など、覚えておくと便利かもしれません。 しかし、地域によっては、市外局番が同じでも省略したら繋がらないといったこともあるのです。 理由はいろいろあるようですが、その中でも多いのが市外局番とMA(単位料金区域)とが一致していないためです。 MA(単位料金区域)とは、安い料金で市内通話ができる区域の事です。 ほとんどの電話番号の市外局番は、このMA(単位料金区域)と一致しているため、一般的な認識のとおり、市外局番が同じであれば省略して電話をかけることができます。 しかし、中には市外局番とMA(単位料金区域)が一致しない地域もあり、その場合には省略すると繋がらないということになるのです。 つまり、市外局番が同じであれば省略して電話できるというのは、厳密には、MAが同じであれば省略して電話できるという意味で、あくまでMAが同じかどうかがポイントなのです。 また、電話をかけたい相手と住所地が同じ市内であれば、大抵は省略しても繋がりますが、これも地域によっては住所地が同じ市内であっても、MAが異なるということもあり、必ずしも相手と住所が近いから省略できるとは限らないケースもあります。 いずれにしましても、市外局番が同じで省略して繋がらない場合には、MAが違うということになりますので、再度、市外局番を付けて電話をかけ直す必要がありますし、その際には市内通話扱いにはなりません。 また、反対に、ケースとしては少ないですが、異なる市外局番であってもMAは同じというエリアもあり、その場合には市内通話扱いとなり通話料金も安くなるといったケースもあります。 よって、相手の電話番号と自分の電話番号のMAが同じかどうかを確認したい場合には、このページ冒頭のに従って検索してみてください。

次の

総務省|電気通信番号制度|電気通信番号指定状況

電話番号

ひかり電話の番号取得方法• もともとアナログ回線で利用していた番号を、そのまま番号ポータビリティ(MNP)でひかり電話へ移行する方法• 新しい番号をひかり電話開通時に取得する方法 このうち1番の、もともとアナログ電話で利用していた番号をMNPで移行する場合は、特に問題はありません。 今までと番号が変わらないまま、基本料金は安くなるのでとってもお得な方法です。 番号移行時には同番移行費やNTTの加入権を休止させるための休止費用がかかりますが、もちろんそれは1度だけです。 それに光回線を解約する時には、またアナログ電話に戻すこともできます。 なので毎月々の料金が1,000円以上お安くなる事を考えれば、ひかり回線を引く時には固定電話もひかり電話にしたほうがお得ですよね。 けれど問題なのは2番の、 ひかり電話で新しい番号を取得する場合です。 もちろんひかり電話は固定電話と同じように市外局番からきちんと始まる番号を取得できます。 東京だったら03から、大阪だったら06から始まる番号になるので、ひかり電話の番号だということもわかりにくいです。 なのでそのまま簡単に番号を取得してしまいがちなのですが、そこに落とし穴が・・・!! 実は ひかり電話ではじめから取得した番号というのは、ひかり電話専用番号といってひかり電話でしか使えない番号なんです。 (光発番の番号とも言います。 ) しかも取得した回線(フレッツならフレッツ、auならau)のひかり電話でしか利用することはできません。 もちろん同じひかり回線を利用している間は、そのひかり電話専用番号もずっと使い続けることができます。 けれど万が一インターネットが不要になった時や、他社に乗換えをしたくなった時には同じ番号で継続することができないんです。 要は 電話番号を変えないためには、その回線を利用し続けるしかないということ。 なのでインターネットが必要なくなり電話だけの契約にしたい時は、アナログ回線の新しい電話番号で回線を引きなおす必要があります。 それに他の事業者への乗り換え時にも、番号は継続できないので新しい事業者での新番を取らないと電話を利用することができません。 固定電話はほとんど使わないし、番号も誰にも言っていないという場合は問題ないでしょう。 けれど親戚への連絡やいろいろなサービスの登録に固定電話の番号を使っていた場合は、相手へ番号が変わった事を伝えなければいけなくなってしまいます。 それに万が一仕事でその電話番号を利用していた場合は、番号が変わってしまうというのはかなり大変なことになってしまいますよね。 ひかり電話発番の番号を取得してしまったために、 電話番号が変わることがネックで回線の乗換えができないということにもなりかねません。 なのでひかり電話で番号を取得する時には、今後乗り換えやインターネットの解約をしないかどうかを考えた上で取得したほうがいいですよ。 ひかり電話発番の番号でできること、できないことは以下の通りです。 スポンサーリンク 番号を引き継げるようにするには? ひかり電話を利用したいけど、今後の事を考えると他社への乗り換え時にも番号は変わらないようにしたい! ここまで読んで、そう思う人も多いのではないでしょうか。 その場合にできる方法はひとつだけ。 それは 一度アナログ回線で電話番号を取得して開通してから、その番号をひかり電話へ移行する方法です。 実は先ほど紹介した光発番の番号だとできないことは、すべてアナログ発番だとできることなんです。 なので今後融通が利くように、一度アナログ発番での番号を開通させてしまいその番号をひかり電話へ移行するのが一番の得策です。 ちなみにアナログでの発番であれば、電話の加入権はあってもなくても大丈夫です。 加入権がないライトプランで取得したアナログの電話番号でも、その後ひかり電話への移行やアナログ回線に戻すことも可能です。 アナログの電話で取得した番号だと、こんなことだってできてしまうんですよ。 ちょっとややこしいのですが、とにかくアナログ発番の電話番号であれば基本的にはどこの会社に乗り換えようが、その後またアナログに戻すことも別事業者の回線に移行することもできるんです。 これなら万が一この先他社に乗り換えたくなったとしても、同じ番号を引き継ぐことができますし、インターネットが必要なくなった場合はアナログ電話に戻して同じ番号を使うことができます。 その場合、一度アナログで開通するための時間と工事費用などがかかってしまうので、電話利用を開始したい時期が決まっている場合は早めにNTTへの申し込みをしてくださいね。 ちょっと面倒でお金もかかってしまいますが、それさえしておけば今後どうすることになっても番号が変わる地域への移転がない限りは、同じ番号を継続して利用することが可能です。 特に仕事でひかり電話を利用しようと思っている人は、後々のことを考えると絶対にアナログ電話で番号を取得したほうが安全ですよ。 スポンサーリンク ひかり電話の新番取得時に注意したいこと それ以外にもいくつか、ひかり電話の番号を取得する時に気をつけておきたいことがあります。 ここからはそんなに重要ではありませんが、気をつけておいたほうが面倒なことにならないので頭に入れておいてくださいね。 前に使っていたのが会社やお店じゃないか確認 ひかり電話の番号は、通常はいくつかの候補を出してもらってその中から1番号気に入ったものを選ぶことができます。 結構ひかり発番の番号だと、結構ゴロのいい番号が出たりすることもあります。 けれど番号を決める前にひとつ注意してほしいのが、 その番号をネットで検索した時に何か情報が出てこないかどうかってこと。 ひかり電話の番号は入れ替わり激しいので、たまに候補で出された番号を検索するとお店や会社の番号として載っていたりすることがあるんです。 その場合もちろんそのお店はすでに閉店していたり倒産していたりするのですが、ネットなどで検索して出てくる場合は間違い電話がたくさんかかってくる可能性があります。 特に前利用していたのが飲食店だったりしたら大変! 出前の注文や予約などの間違い電話がたくさんかかってしまうかもしれません。 私も以前営業をしていた時に、電話を開通したらその番号がもともと代行タクシーの番号で使っていたようで、夜中に酔っ払いからの電話がかかってきて困る!なんて迷惑な話もありましたよ。 そうならないためにも、まずは番号の候補をもらったらどこかに載っていないかネットで検索をしてから決定するのがおすすめです。 電話機を設置する場所 もうひとつ気をつけたいのが 、ひかり電話を利用する場合に電話機を設置する場所です。 実はひかり電話を利用する時には、壁にある電話の差込口(モジュラージャック)は使いません。 光回線を引き込んできた先に設置する ひかり電話対応の回線終端装置に、直接電話機を接続するんです。 なのでインターネットを利用したい場所と電話機を利用したい場所が異なる場合は、接続方法を考えなければいけません。 たとえば有線でインターネットを接続したい場合は、PCの近くに回線終端装置を設置して、電話の親機もその近くに設置。 電話を利用したい場所では子機で利用するという方法があります。 また電話機を設置したい場所に回線終端装置を設置し、親機は隣に接続。 PCは無線で利用するといった方法もあります。 ただし1階に電話機、2階でPCを利用したい場合などはちょっと大変です。 無線LANや電話の子機で利用しようと思っても、1階と2階では電波が届かない可能性も出てきてしまいますよね。 そんな場合は 回線終端装置は2階に設置して、1階の電話機の位置までは電話線の配線工事を依頼するのが一番いいと思います。 NTTや電気店などに依頼すれば、電話の配線工事は1万円ほどで行ってくれます。 その工事をすることで、1階には電話の親機を設置でき、ネットも2階の回線終端装置から有線で利用できます。 それ以外にも無線の中継器を間に設置して、インターネットを無線で利用する方法もありますが、やってみないと電波が届くかはわからないので確実ではありません。 ネットと電話それぞれの利用場所を決めずに光回線の工事を依頼してしまうと、工事当日にとりあえずで回線終端装置を設置してしまいます。 するとその後電話を置く場所が決まった時に、回線終端装置がそばになければ線を延ばしてこなければいけなくなってしまったりいろいろと面倒なことになりかねません。 スムーズに工事を行い、その後も快適に利用するためにも、ひかり電話を利用する場合は必ず工事前に利用場所を決めておきましょうね。 今回ご紹介したことは、現在光電話を利用していて2番号目を取得するときにも、同じことが当てはまります。 もし2番号以上利用したい場合は、こちらの記事も参考にしてくださいね。 ひかり電話の注意点 まとめ 簡単に申し込みができるひかり電話ですが、だからこそ気をつけたいことがいろいろあるんですよね。 知らないで申し込んでしまうと、後々面倒なことが増えてしまいます。 そんなことにならないためにも、前もってひかり電話を申し込む前にいろいろと先のことまで考えてみてくださいね。 これからひかり電話の新番を取得しようと思っている方の参考になれば嬉しいです。 ひかり電話でFAXも使用したいと思っている人は、こちらも参考にしてください。

次の

電話番号追跡サイト?

電話番号

あなたは今、無料で使い捨ての電話番号を作れるサービスをお探しではないでしょうか? TwitterなどのSNSでは、電話番号を使ったSMS認証が必要です。 しかし、格安SIMを使っていて電話番号を持っていない方やサブアカウントを利用したい方は、電話番号が必要になり、困ってしまいますよね。 このページでは、 ばっちりSMS認証ができる電話番号登録サービスについて、お伝えします。 また、それぞれのサービスの使い方についても紹介しています。 お困りの方はぜひ参考にしてみてください。 日本で使える!無料で作れる使い捨て電話番号サービス一覧 日本で使える使い捨て電話番号が、気軽に取得できるサービスには• ブラステル• FUSION IP-Phone SMART があります。 その中でも特におすすめのサービスは、ブラステルです。 このサービスでは、アプリから簡単に電話番号が取得できるようになっています。 また、FUSION IP-Phone SMARTというサービスも、無料でアプリから電話番号が取得できるため、使い捨て電話番号として優秀です。 有料でもいいから、たくさんの電話番号を取得したいという方には、「Hushed」がおすすめです。 日本だけでなく、海外も含めてたくさんの電話番号の中から自由に選べます。 さらに利用期間まで選択できるので、複数の使い捨て電話番号を取得したい人におすすめです。 では、以下で詳しい特徴と使い方を説明していきます。 しかもアプリからの通話と、プリペイドSIMの2つから選べます。 ブラステルの特徴 ・アプリとSIMの2つから選べる ・ブラステル同士で使うと通話料が無料 ブラステルで取得できるのは、050から始まる電話番号です。 アプリ版に関しては、海外への通話ができるだけでなく、通話料が安いのも特徴になります。 また ブラステル利用者同士で通話すると、無料になるのも魅力的でしょう。 ちなみに、SIM契約のサービスもあり、データ容量のプランを1. 5GBと3GBから選べます。 もちろん4G・LTEの通信ができるので、ストレスなくインターネットが利用可能です。 使い方 ブラステルも気軽に始められるサービスなので、使い方は簡単です。 これからブラステルを使おうと思っている方は、次の流れで利用を開始してみましょう。 アプリをダウンロード 2. サインインする 3. 電話番号を取得する 4. テスト通話 このように、 スマホですべて準備できるので、気軽に通話が始められます。 アプリをダウンロード まずはアプリをダウンロードしましょう。 iOSはApple Storeから、AndroidはGoogle Playからダウンロードしてください。 アプリをタップしてトップページが表示されたら、自由にIDとパスワードを入力して、サインインしてください。 すると、ダイヤルの画面が表示されます。 ちなみにこの時点で、設定の許可などのシステムが表示されるはずです。 忘れずにすべて「許可」をタップしておきましょう。 電話番号を取得する 次に右下の「My Account」をタップし、下のメニューが表示されたら、「050番号」を選択してください。 下の画面のようにユーザーIDとPIN番号の入力画面が、表示されているはずです。 入力方法は、以下のように2つのパターンに分かれるので注意しましょう。 プラステルカードを持っている人 ブラステルカードのPIN番号 下4ケタ)を除いたアクセスコードをユーザーID欄に入力 プラステルカードを持っていない人 1. ユーザーID欄に「new」と入力してSign Inボタンをタップ 2. 簡単設定・新規登録をタップ 3. 必要事項を入力 ここまで入力できれば、画面の右上の「My 050」という部分の色が変わっているはずです。 色が変わっていれば、ここまでの作業は順調にクリアできています。 ダイヤルボタンを押して通話 ダイヤルの画面を見ればわかるように、右と左のマークに違いがあるはずです。 左の緑のボタンは、IP電話を利用する方法。 右の黄色のボタンは、従来の携帯電話の回線を利用した方法です。 アプリ名は「SMARTalk」といい、こちらからダウンロードできます。 FUSION IP-Phone SMARTの特徴 ・初期費用や月額料金が無料 ・初期設定が簡単ですぐ利用できる このサービスの大きな特徴は、気軽さ! 初期費用や月額料金が無料になっており、料金が発生するのは通話時のみになります。 初期設定も簡単で、アプリを導入後はすぐに使えます。 ちなみに050から始まる番号となっており、 登録すれば別の端末からも同じ番号が利用可能です。 使い方 気軽に使えるFUSION IP-Phone SMARTの使い方について、詳しく確認してみましょう。 大まかな流れは以下のようになります。 仮登録 2. 本登録 3. アプリダウンロード 4. ログイン これらの流れをひとつずつご紹介するので、参考にしてみてください。 仮登録 最初はをクリックし、メールアドレスを入力します。 ちなみにこのメールアドレスが、FUSION IP-Phone SMARTのアカウントとなるので、 メールアドレスが複数あるという方は、どれを登録したかメモしておきましょう。 その仮登録したメールアドレス宛に、FUSION IP-Phone SMARTからメールを受信すれば、仮登録が完了になります。 本登録 仮登録後に送られてきたメールから、本登録が開始できます。 本登録では個人情報などを登録し、クレジットカードの登録もしなければいけません。 ちなみに クレジットカード決済以外の申込みはしていないので、注意しましょう。 また1つのクレジットカードに対して、複数の電話番号を登録すると、番号発行手数料が500円発生します。 これらに注意しながら本登録が完了すれば、次の2つが手に入ります。 ・SIPアカウント ・パスワード これらの2つは以下で行うログインに使うので、メモするなどして忘れないようにしてください。 万が一忘れたとしても、 FUSION IP-Phone SMARTのサイトにある「マイページ」から確認ができます。 アプリダウンロード ここまでできれば、残すはアプリをダウンロードして、ログインすれば通話ができるようになります。 iOSではApple Store、AndroidではGoogle Playで、それぞれダウンロード可能です。 ログイン時には先ほど取得した、次のものが必要になります。 ・SIPアカウント ・パスワード これらを入力すれば、通話ができるようになります。 ダイヤルをタップして通話 上記の2つを正しく入力し、ログインできれば取得した電話番号が、次のOSに合わせて色が変わります。 iOS 白 Android 緑 この色になったら、下に表示されたダイヤルをタップして、通話をしてみてください。 今までの携帯電話と同じように使えるはずです。 もともと外国で作られたものだけに、 日本だけでなく、海外の電話番号も作れてしまいます。 Hushedの特徴 ・電話番号の取得が簡単 ・指定した期間内だけ利用ができる 上記のサービスとの大きな違いは、自分で利用期間を指定して、その期間分の料金を支払う仕組みです。 また使い方に関してもかなり簡単なので、どのように取得するのか見てみましょう。 使い方 使い方としてはかなりシンプルです。 次のような流れで、使い捨て電話番号を取得してしまいましょう。 サインアップしてアカウント作成 2. 電話番号を取得したい国を選択 3. 購入して電話番号を取得 これだけで各国の電話番号が手に入ってしまいます。 サインアップしてアカウント作成 トップページを開くと次のような画面が表示されますが、そのままGet Startedというボタンをタップして、画面を進めましょう。 するとSign Inのページが出てくるので、メールアドレスとパスワードを入力してください。 たくさんの画面が表示されますが、それらを画面の通りにタップして進めると、次のような画面が表示されます。 電話番号を取得したい国を選択 この画面が表示されれば、左下の「Get New Number」というボタンをタップしましょう。 これは新しい電話番号を取得するという意味です。 このようにたくさんの国の国旗が表示されるので、取得したい国を選んでください。 購入して電話番号を取得 国を選択後、電話番号を選ぶと、料金についての画面が表示されます。 利用できる期間によって、料金に違いがあるので注意しましょう。 ちなみに購入の場合は、iOSであればApple Storeに登録された、クレジットカードから引き落としになるようです。 つまり選択すれば、すぐに支払いが完了されるので、今すぐに電話番号を取得したい人も安心です。 その他の方法 上記で紹介した方法が、無難に使い捨ての電話番号を取得する方法です。 これらのサービス以外でも電話番号を気軽に取得したいのなら、次の方法も試してみましょう。 AirSIMを利用する Air SIMとは、名前のとおりSIMカードを使ったサービスです。 一見よくあるサービスと思えるでしょうが、 実は指定されたゲームで遊ぶと、利用料金が無料になるというメリットがあります。 SIMカードなので、もちろん今使っている端末はそのままで、気軽に電話番号が変えられるでしょう。 SMSも利用できるので、さまざまな使い方ができます。 なおかつ、ドコモの回線を利用しているので、繋がりやすい点も大きな魅力です。 格安simの普及率は、まだスマホユーザーの15%程度だと言われています。 引用元: 格安SIMのユーザーは、まだそれほど多くないようですが、使ってみると案外、通常のスマホと変わらず使えるので、試してみてください。 まとめ 以下の文献にもあるように、本来SMS認証はセキュリティ対策のために行われるものですが、 それによって利用したいサービスに登録できないとなると、元も子もありませんよね。 サービス提供者は誰でも見ることができる場所に暗号化キーを掲示するといった方法で はなく、SMS(Short Message Service)で暗号化キーを個別に送信したり、暗号化キーを定期的 に変更したりするなど、盗聴への抑止効果が期待できる提供方法の工夫が求められる。 引用元: SMS認証で困っている方は、使い捨てができる電話番号サービスを利用してみてください。 特に初めに紹介したブラステルは、アプリから簡単に電話番号を取得することができておすすめですよ。

次の