ウィンブルドン 2019。 2019ウィンブルドン・トーナメント表・結果速報 │ ネットカフェ

ウィンブルドン2019結果速報!錦織圭・望月慎太郎ら日本人試合結果と男子シングルスのスコア詳細ドロー

ウィンブルドン 2019

7月1日からいよいよウィンブルドン2019が開幕、 ハレを欠場で臨む錦織選手にとって芝は決して得意とは言えないサーフェス。 昨年はそれでもGSで唯一ベスト8のないこの大会でようやくベスト8進出も 今年はハレ欠場、直前のエキシビションで芝コートを経験できたとは言え、 おそらく万全の備えとは言えないのが現状でしょう。 やはり焦点はこの後の北米ハードコートシーズン、 ここは無理せず怪我することなく無事に通過して 8月からのシーズンに向けて調子を上げて行って欲しいところです。 錦織選手は第8シードでの出場になります。 過去の対戦成績は錦織の8勝0敗と相性は抜群。 直近の試合は2018年のエルステ・バンク・オープン(SF)の6-4・6-3の勝利、 しかも過去の対戦では2011年バーゼル・2012年バルセロナで 1セットずつ2セット落としただけでその後の6戦は全てストレートの快勝。 すでにQFのフェデラー戦が見えてきただけに 再び省エネでどんな勝ち方をしてくれるか、楽しみです。 特に2回戦のノーリー戦はネットプレーを混じえた早い攻めのショートポイント狙い、 いかにも錦織らしいサーブ&ボレーにドロップショット、 意表を突くロブにダウン・ザ・ラインとこれぞ錦織というプレー満載で 錦織ファンにとってはたまらなく楽しい試合です。 さらに第2週を見据えた体力温存を考えたプレーメーキングに この大会に掛ける意気込みが窺える気がします。 やはり大会直前のジュニア時代の柏井コーチ急逝が 錦織の気持ちに変化をもたらしているような気もしますが、 とにかくこのまま昨年を上回る結果を期待したいものです。 また第25シードのA・デミノールと第9シードのJ・イスナーが敗退。 錦織の3回戦の相手はS・ジョンソンです。 過去の対戦成績は錦織の4勝0敗、ハードコート3勝に芝が1勝。 2016年 インディアンウェルズ(R32) 7-6・7-6 錦織 2015年 全豪オープン(R32) 6-7・6-1・6-2・6-3 錦織 2015年 ブリスベン(R16) 6-4・7-5 錦織 2014年 ハレ(QF) 6-1・7-6 錦織 S・ジョンソンはシングルスではツアー通算4勝のうち 2勝が芝のノッティンガムとニューポート、 GSでも唯一の4回戦進出がウィンブルドンと芝が得意な選手ですが それでもここは錦織にアドバンテージがあるでしょう。 またこの時期のロンドンは雨が降りやすい時期で 毎年のように試合が中断されるケースが多いのですが今年から 2009年にセンターコート設置された開閉式屋根が新たに第1コートにも取り付けられ、 2つ目の屋根付きコートとして運営されます。 さらに従来のウィンブルドンでは最終セットでのタイブレーク決着は無いのが通例、 しかし今年から最終セットで12-12となった場合にタイブレークが導入されることも すでに決まっています。 こうしてやや新しいシーンも見られる今年のウィンブルドンですが 相変わらずウィンブルドンならではの伝統と格式も例年通り重んじられていて この大会独自のいくつかの基本ルールも設定されています。 1、試合や練習の際には白を基調としたウェアを着用するという ドレスコードが義務づけられています。 2、開催期間中に第1週と第2週の間の日曜日をミドル・サンデーと呼んで休養日になります。 3、大会シードは他の4大大会と異なって独自のルールで決定します。 この中で他のグランドスラムと決定的に異なるのが大会シードの独自ルールです。 この件については毎年このサイトで記載しているところですが今年も改めて記載しておきます。 通常のツアー大会ではシードは前週のランキングに基いて決められますが、 ウィンブルドンでは特例的に過去の芝の成績がポイントに加算される 独特のシード設定ルールが存在しているため単純にランキングだけでは決定されません。 ウィンブルドンのシードの決められ方 (1)ウィンブルドン前週までのランキングポイント 今年は6月24日付のランキングポイントになります。 (2)過去1年間の芝コートのATPツアー総合ポイント 2018年のウィンブルドンと今年6月以降の芝コートの大会、 シュトゥットガルト、スヘルトーヘンボス、ハレ、クイーンズ、 アンタルヤ、イーストボーン、昨年のウィンブルドン後のニューポートが含まれます。 その結果、今年の錦織選手は第8シードに決定しています。 錦織選手は第8シード、西岡良仁選手も出場予定です。 トーナメント表はA・B・C・Dの4ブロックで、準決勝はAとB、CとDが対戦します。 黄色枠が第1~第4シードの選手、青枠が第5~第8シードの選手です。 大会ドロー表は随時更新していきます。 したがってロンドンで正午からの試合は日本時間で20:00~になります。 テレビ放送はWOWOWとNHKで放送予定です。 WOWOW・放送予定時間(日本時間) ウィンブルドン 1回戦 7月1日(月) 18:45~ 22:00~ 0:00~(ライブ) 7月2日(火) 18:55~ 0:00~(ライブ) ウィンブルドン 2回戦 7月3日(水) 18:55~ 0:00~(ライブ) 7月4日(木) 18:55~ 0:00~(ライブ) ウィンブルドン 3回戦 7月5日(金) 18:55~ 0:00~(ライブ) 7月6日(土) 18:55~ 0:00~(ライブ) ウィンブルドン 4回戦 7月8日(月) 18:55~ 1:00~(ライブ) ウィンブルドン 準々決勝 7月10日(水) 20:55~ 1:00~(ライブ) ウィンブルドン 準決勝 7月12日(金) 20:50~ 1:00~(ライブ) ウィンブルドン 決 勝 7月14日(日) 21:45~(ライブ) NHK(総合)放送予定時間(日本時間) ウィンブルドン 1回戦 7月1日(月) 23:50~3:52(録画) 7月2日(火) 23:50~3:57(録画) ウィンブルドン 2回戦 7月3日(水) 23:50~3:53(録画) 7月4日(木) 23:50~4:07(録画) ウィンブルドン 3回戦 7月5日(金) 23:50~4:15(録画) 7月7日(日) 0:05~4:30(録画) ウィンブルドン 4回戦 7月8日(月) 23:50~3:55(録画) ウィンブルドン 準々決勝 7月10日(水) 23:50~3:25(録画) ウィンブルドン 準決勝 7月12日(金) 23:50~3:50(録画) ウィンブルドン 決 勝 7月14日(日) 22:00~0:35(ライブ) WOWOWオンデマンド WOWOWメンバーズオンデマンドでもライブ配信されます。 テニスデイリーでも1日目はライブ配信されます。 (無料会員登録) ウィンブルドン2019を インターネット中継でPCで観戦する方法 WOWOW・NHKで観ることのできない試合は インターネット中継でPCで観戦しましょう。 下記の海外ストリーミングサイトで無料で観戦できます。 試合当日に試合名のリンクをクリックしましょう。 ただし、試合直前までリンクは表示されません。 「fromHOT. ストリーミングではなくライブスコアのみの表示になります。 多少タイムラグがありますが比較的中断も少なく 試合もきちんと最初から観戦できて安定しているようです。 後は「Live TV」と同じようにBrowser Linksから リンクをクリックしてください。 サイドバーのMain SportsからTennisをクリックするとライブスコアが表示されます。 ただライブストリーミングは右サイドバーのLive Streaming Linksから Sportstream365をクリック、 上部テニスアイコンをクリックすると配信中の試合が表示されます。 「YouTube スポーツチャンネル」 YouTubeのスポーツチャンネルでもいろいろなスポーツの ライブ中継やハイライト動画を楽しむことができます。 サイト中央の「ライブ配信中 — スポーツ」でライブ配信中の試合をクリック。 大坂なおみ選手やWTAのYouTube配信などはここで探すとすぐに確認できます。 意外に知られてないと思うのですが 煩わしい広告を気にすることなく楽しめてとても便利です。 AVGアンチウイルスの無料版 スポンサードリンク.

次の

「ウィンブルドン」2019年トーナメント表(ドロー)結果あり:錦織圭・ジョコビッチ・フェデラー・ナダル他集結

ウィンブルドン 2019

タグ 10月 11月 1回戦 1月 2012 2016 2017 2018 2019 2020 2回戦 2月 3回戦 3月 4回戦 7月 9月 ATP500 アルボット アレクサンダー・ズべレフ イズナー ウィンブルドン オーストラリア山火事支援 ガスケ キリオス クライノビッチ ゴファン ゴヨブチック サンドグレン シャボパロフ シングルス ジョコビッチ ジョンソン スキル ステファノス・チチパス ズべレフ ソック ダニール・メドベージェフ ダブルス チチパス チョンヒョン チリッチ ティエム テニス ディミトロフ デミノー ナダル バレッティーニ ヒューイット フェデラー フェデラー速報 フクソービッチ ベルディヒ マレー ミルマン ミーシャズべレフ メドベージェフ メンタル モンフィス ヨーロッパ ラウンドロビン ラオニッチ ワウリンカ ヴィノラス 伊藤竜馬 吉田伊織 国枝慎吾 宇野真彩 振り返り 日本 有明 楽天オープン 決勝 準々決勝 準決勝 相撲 英語 西岡良仁 鄭現 錦織圭 【この記事でわかること】 ・ ウィンブルドン2019 の準決勝戦;フェデラー対ナダル ・フェデラーvsナダル特有のプレー展開 ・ウィンブルドン2019準決勝の各セットの顛末 コロナでATP大会も中止が続き、復帰開催の目処も立たない中、「 逆にこんな機会でしか過去の試合の振り返り記事を書くことはないでしょう!」ということで、 スーパーポジティブ思考(バカ)な管理人は、喜び勇んで過去の試合記事を書くことにしました! 今回選定した試合は、2019 年ウィンブルドンの準決勝、フェデラー対ナダルの試合です。 この前にウィンブルドンで両者が戦ったのは、あの伝説の試合、2008年のウィンブルドンの決勝戦にまで遡らねばなりません。 (その年の試合もいずれ記事にします。 ) 前回の負けはフェデラーファンにとっては辛かったですが、今回は無事勝てました。 まるでフルセットかのような疾走感、緊迫感、圧倒的密度な試合内容 昨年のこの当時、試合をLIVEで見ていたのですが、本当に息の詰まる試合でした。 今でも覚えています。 試合結果としましては、4セットマッチで 7-6 7-3 ,1-6,6-3,6-4でフェデラーが勝ちましたが、 まるでフルセットの末競り勝ったかのような緊迫と疾走感、密度でした。 ナダル特有の、あの異様なまでの土壇場の強さ、ブレークポイントを握られたときのギアの爆上げ。 これらにより、フェデラーは5回もマッチポイントをプレーしなければなりませんでした。 あの5回目のマッチを取りきれず、もしも第4セットが5-5に並んでいたら、、、、 体力的な面、お互いの調子の波、メンタル面を踏まえて、おそらくナダルが勝っていたでしょう。 フェデラーは終始、「 あのネオバックハンドは何処へ?」って感じで バック振りきれてなかったですし。 ナダルの徹底したバック攻めで昔を思い出してしまったのか、2017年全豪で克服したはずなのに、またバックがチキチキになって、所々、もはや当てて返すだけのバックを打ち、ナダルに好き勝手に叩かれるのを見ているのは辛かった。 観ていて本当に心臓に悪かったです。 胸が痛い。 勝った時には泣きそうになりました。 そんな感じの準決勝でした。 それでは、各セットごとに振り返っていきたいと思います。 各セットの流れ 〔第1セット〕 7-6(3) 序盤からハイレベルなラリー戦。 フェデラーのリターンの深さが際立ちます。 タイブレークで一気にフェデラーがギアを上げ、ナダルを置き去りにしました。 対ジョコビッチでは見れない積極的なプレーイングです。 スコアは競りましたが、 内容的にはフェデラーが常にリードしていたセットです。 〔第2セット〕 1-6 第1セット終盤からこのセットの序盤にかけて、「 錦織圭なら手も足も出ないだろうな」というほどのプレーをフェデラーが調子よくやっているにも関わらず、 ナダルがその神プレーをことごとく返して無効化。 フェデラーに着実にプレッシャーを与えていきます。 自分の調子がすこぶる良いのに、相手を押し込めず通用していないことに気付くと、私たちもかなり苦しいですよね汗 泣きそうになります。。。 ナダルの露骨なバックハンド攻めに昔を思い出したのか、ゲームカウント1-1の段階から少しずつ、しかし確実にバックを振り切れなくなっていきました。 フェデラーの、もはや当てるだけのふにゃふにゃバックハンドには、恐れ多くも私自身が仲間に笑われながら打っている片手バックハンドが重なるほどでした笑 第2セットは終始フェデラーの表情が弱気だし、バックに覇気もなく、それに釣られて次第にフォアも甘くなり、フェデラーがチキっているとき、調子が悪い時特有の(昨年ウィンブルドンのアンダーソン戦でも散見された)、 前に出てもボレーがネットする現象・フォアの宇宙開発が見られてしまい、「米屋さん」はおろか、「カモン」の声さえもあまり聞こえませんでした。 この時点、私はフェデラーの負けをほぼ確信していました。 (7-6,1-6,3-6,4-6くらいかなと) 〔第3セット〕 6-3 何をどうやったのかフェデラーはなんとなくサービスをキープし、ブレークされる危機もラッキーっぽく見えるギリギリのプレーで凌ぎ、ナダルのプレースメントが少し落ちてきたところを寄り添うようにブレークし、逃げ切ります笑 〔第4セット〕 6-4 ナダルのミスがかなり早くなっていきました。 依然としてナダルはフェデラーのバックを狙っていますが、フェデラーは別にそれを克服して強気で返せているわけでもないのに、なぜかナダルが先にミスするようになる謎現象が起こります。 フェデラーは特に何も変えていない。 ナダルが落ちてきているだけ。 しかし、 とても緊迫した高度な駆け引きのように見られました。 フェデラーは特にギアを上げているようにも見えなかったし、まあ下手なプレーをしているわけでもなかったのですが、7割くらいのプレースメントなのにも関わらずなぜナダルが優位に立てなかったのか、私にはよくわかりません。 ただ、 このセット、フェデラーはナダルのサービスゲームで2本、自身のサービスゲームで3本のマッチポイントを握りましたが、各ポイント共、ナダルの集中力は凄まじかったです。 ナダルが、第2セットでやっていたプレーと同じような感じのプレーを局所的に出していたのがこの、第4セットだったと思います。 なんだかんだでヌルヌルとフェデラーが勝ちましたが、どうやって勝ったのかハッキリしません笑 「ホントに勝ったの?」 そんな印象が残るなんだかモヤモヤ(嬉しいんですけど!)試合でした。 まとめ 以上が私の試合を見た感想ですが、「 これ決勝で良いやん」という思いがものすごく強かったです。 マッチポイントを5本握らないと決めきれなかったという事実。 弱気になってしまう事実。 これがまさか次戦、ジョコビッチとの決勝戦への壮大な伏線になっていたとは、、、 次戦、ウィンブルドン2019決勝、フェデラー対ジョコビッチ戦へと続きます。

次の

【ウィンブルドン2019】悪夢の40

ウィンブルドン 2019

Contents• 望月慎太郎のウィンブルドンの成績は? 【7月15日 AFP】(更新)テニス、ウィンブルドン選手権()は14日、ジュニア男子シングルス決勝が行われ、大会第8シードの望月慎太郎()は6-3、6-2でカルロス・ヒメノバレロ(、スペイン)を下し、日本選手として初となるジュニア男子の四大大会(グランドスラム)タイトルを獲得した。 16歳の望月は今大会が自身わずか3度目のグラスコート大会だったが、日本男女通じては1969年の女子シングルスを制した沢松和子()以来となるウィンブルドンジュニア優勝の快挙を成し遂げた。 望月は1セットアップとして迎えた第2セットの序盤にブレークポイントのピンチをしのげたのが大きかったと振り返り、「第1セットは2回ブレークされた」「何としても自分のサービスゲームをホールドしたかったから良かった。 非常にタフなプレーができた」と話した。 「彼に何本かブレークポイントがあったが、持ちこたえるために自分のベストを尽くそうとした」「自分にとってはあれが本当に大きなゲームだった」 また、この日の1番コートのように大勢の人の前でプレーすることには慣れていないと認めた望月は「僕はシャイだから、『なんでやらないといけないんだろう?』と思った」「本当にたくさんの人が来ていたから少し緊張した」と語った。 それでも「楽しかった」と付け加え、ひとたびコートに立つとジャンピングスマッシュを放って観客を喜ばせた望月は「あれはビッグチャンスだったから、遊びでやってみた」「簡単なボールだった。 とにかく自分を見てくれている人を楽しませたかった」と続けた。 この佐藤選手、ウィンブルドンに限らず、全豪、全仏でもベスト4に進出しています。 また、シングルスに限らず、ウィンブルドンではダブルスで準優勝、全豪では混合ダブルスで準優勝という輝かしい成績を収めています。 ちなみに、佐藤選手は世界ランク3位にもランクインしていました。 佐藤選手の詳しい情報は、ぜひこちらからご覧ください。 男子ダブルス 1933年に 準優勝した、佐藤次郎選手、布井良助選手が最高の成績です。 この佐藤選手は男子シングルスでベスト4入りも果たしている選手です。 布井選手は、全日本テニス選手権のシングルス決勝で、その佐藤選手を破り優勝した経験もあります。 布井選手の詳しい情報は、ぜひこちらからご覧ください。 最後は強烈なダウンザラインで決着。 歓喜を爆発させた歴史的瞬間を大会が動画付きで公開すると、海外ファンからも「ネクスト・ニシコリだ」などと絶賛の嵐となっている。 THE ANSWER より.

次の