千と千尋の神隠し 湯屋 従業員。 『千と千尋の神隠し』を読み解く13の謎[前編]|岡田 斗司夫|note

【千と千尋の神隠し】神様たちの名前一覧!油屋に神々が集まる理由とは?

千と千尋の神隠し 湯屋 従業員

html 「千と千尋の神隠し」の油屋には多くの従業員が登場します。 その中でもお客様をもてなす女性たちは「 湯女(ゆな)」と呼ばれていますが… 湯女たちの正体は、なんと ナメクジでした。 確かに湯女たちの顔つきは少しのっぺりとして、なんだか柔らかそうな身体つきをしています。 そして男性たちの正体は カエル。 ちなみに、これらは日本の民族学的には神聖な生き物とされているのです。 彼らの正体は動物でありながら人間の姿をして働いています。 「千と千尋の神隠し」では正体であるカエルの姿のままの従業員もいますので、人間に化けて正体を隠しているというよりは人間の姿の方が働きやすいのかもしれませんね。 千尋の正体が人間であることは湯女たちにも知られていました。 人間特有の匂いがあるそうで、千尋は正体を隠し通すことができないまま湯女の見習いとして働き始めました。 それは「千と千尋の神隠し」でお馴染みの油屋のモデルが「 風俗」であるという都市伝説。 確かに湯女たちを見ると正体のナメクジのような妙にヌメヌメとした艶やかな雰囲気で、華やかな油屋の外観・内装にも合っている気がします。 それに、お客の神様たちも詳しい正体は不明ですが、 男性っぽい人が多いような… 都市伝説を裏付ける根拠は2つ。 まず1つ目として、湯女は「千と千尋の神隠し」の世界だけでなく現実世界にも存在していたこと。 Sponsored Link 湯女とは 江戸時代の銭湯で働いていた女性を指します。 当初、湯女の仕事はお客様の身体を綺麗にすることだけでしたが、次第に 大人の営みにまで発展するようになってしまい禁止令が出るほどになったとか。 これだけ見ても都市伝説の通り「千と千尋の神隠し」の油屋は風俗がモチーフになっていることは有力と言えそうです。 もう1つ、この都市伝説が確信となった根拠は他の誰でもなく、宮崎駿監督のインタビューがきっかけだそう。 「千と千尋の神隠し」について宮崎駿監督のインタビューで、 日本はすべて風俗みたいな社会になっている。 いまの世界として描くには何がふさわしいかといえば、それは風俗営業だと思う。 引用元: と答えています。 都市伝説の通り、 風俗という単語がバッチリ出てきていますね。 また、千尋も湯婆婆によって名前を「千」とされたように、湯女たちもそれぞれ 本名とは違う名前を持っているようです。 別の名前で働くということを考えると、現代の水商売でもある 源氏名と同じ意味なのかもしれません。 そう考えると千尋は10歳という年齢では考えられない場所に迷い込んでしまったわけです。 「千と千尋の神隠し」はどこにでもいる普通の女の子が主人公の物語。 彼女は文句やワガママを言ったり挨拶もろくにできませんでした。 現代のいわゆる「 夜のお店」をイメージしてみましょう。 そこで働く女性たちは皆コミュニケーション能力に長けていて お客様を楽しませるプロとして働いています。 もちろん初めて働く女性が最初からできるかと言えばそんなことはなく、他の従業員の様子から学んだりお客様から教えてもらいながら学んでいくと思います。 「千と千尋の神隠し」でも迷い込んだとはいえ、千尋は油屋に飛び込んだことで成長を遂げていきました。 正体が人間だということで対等に扱ってもらえない中、先輩のリンから礼儀や仕事の基礎を学びました。 また、最初に出会ったのは厄介者の オクサレ様という正体不明の客。 対応に苦戦しながらもなんとか満足してもらい、しかもその正体は名のある 川の神様だったことから皆に認めてもらえました。 そして「千と千尋の神隠し」のクライマックス、カオナシとの対峙でも自分の意志をはっきり伝えることができるようになりました。 油屋は千尋にとって過酷すぎる環境だったと思いますが、都市伝説にある通り、あえて風俗のような場所で働くことによって人間として成長を遂げることができたのでしょう。 uncyclopedia. 数ある「千と千尋の神隠し」の都市伝説の中でも驚きの内容でしたが、千尋の成長を見ると納得の設定でしたね。 都市伝説を思い出しながら、ぜひ油屋の外観や内装にも目を配ってみてはいかがでしょうか。

次の

【千と千尋の神隠し】神様たちの名前一覧!油屋に神々が集まる理由とは?

千と千尋の神隠し 湯屋 従業員

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 映画【千と千尋の神隠し】ハクが冷たい? 千と千尋の神隠しで千尋の両親が豚に変えられてから、ハクは千尋のサポートをして助けてあげていました。 橋を渡るのを手伝ったり、釜爺へ会いに行くルートを教えたり、かなり千尋に優しくしていましたよね。 釜爺やリン、おしら様の協力もあって湯婆婆と仕事の契約をすることが出来ました。 しかし、そもそもハクが千尋を助けなかったら、存在自体が消えていたと思います。 あの奇妙な世界で信頼出来ると思っていたハクが急に冷たくなったので、流石に千尋も戸惑ったようです。 物語を客観的に観ている僕らでさえハクの態度の変わりようには疑問が芽生えます。 ですので、当事者の 千尋からしたら本当に意味が分からなかった出来事だったのではないでしょうか。 関連: 関連: 関連: 【千と千尋の神隠し】ハクの態度が二重人格の理由はエレベーター内が原因? ハクが千尋に対して最高潮に冷たい瞬間が、2人でエレベーターに乗ったときです。 千尋が上手く油屋(湯屋)に潜入できたにも関わらず、ハクは顔色一つ変えません。 流石に千尋が「ハク。 あの・・・」と口にすると、ハクは「無駄口をきくな。 私のことはハク様と呼べ。 」とまさかのシャットダウン閉店ガラガラw 千尋にしてみれば人間不信(神様不信?)に陥ってもおかしくないほどの状況です。 千尋を助けて油屋(湯屋)に引き入れたのが、湯婆婆の直弟子のハクだと分かったら、ハクの立場が悪くなります。 ハクの立場が悪くなると千尋を助けることも困難になる可能性があります。 あの場で千尋に下手に優しくしてしまうと、 湯婆婆や従業員の前でボロがでてしまう可能性が高いとハクは考えたのかもしれません。 ハクは自分の立場を危ぶめないことが、千尋を助ける1番の手立てと判断したと考えられます。 カオナシが油屋(湯屋)に入ってきたときも、湯婆婆は気配だけで何かを感じ取っていました。 恐らく湯婆婆は油屋(湯屋)内にいる者の行動をある程度把握できる力があるのかもしれません。 勝手な想像ですが、湯婆婆が意識を集中すればエレベーター内の会話など簡単に聞くことが出来るような気がします。 ハクは湯婆婆の力を知っていたからこそ、エレベーター内では あえて冷たい態度になった可能性は高いです。 優しいハクと冷たい態度のハクが一つの体に共存しており、「エレベーター内では冷たい方のハクが顔を出した」という考えですね。 あの今日早退してきたんですけど1つ思ったことがあるの。 千と千尋の神隠しのハクって二重人格なのかな? — れん. 』 — らっきょがコロコロしてますがなwwww xehanote1090gm1 現物は見ていませんが、千と千尋の神隠しのパンフレットにはハクは 「一見二重人格」と記されていたようです。 ガチでパンフレットに描かれているのならば、公式でも「ハクに二重人格の素質がある」と認めていることになります。 やはりハクなりの考えがあり、普段から性格を使い分けているのかもしれません。 しかし、釜爺が「ハクは目つきだけが鋭くなっていった」とも言っていましたので、二重人格とまで行かなくとも 冷たい部分もハクが持つ性格の一部ということは確かです。 まぁ、同じ人が2人存在することはないので、あるとしたら湯婆婆と銭婆のような 「双子説」ですね。 あやつり虫とは千尋が踏み潰した黒い虫のことですが、湯婆婆がハクを操るために腹に忍び込ませたと銭婆が言っています。 そのあやつり虫の影響で、ハクの性格に影響が出ている可能性は十分にあります。 よく考えれば千尋が湯婆婆と契約を終えたあと、スタンバっていたかのようにハクが登場しています。 弟子モードのハクは湯婆婆の手下そのものなので、千尋に冷たかったこともつじつまが合います。 関連: ハクはツンデレだった? ハクがただのツンデレだったということも考えましたw これはちょっとふざけた考察ではありますが、まぁ可能性はゼロではないかなと。 (ほぼないでしょうがw) 仮にハクのツンデレだとしたら、エレベーターのシーンでは突き放しておいて、翌日おにぎりを握ってくるとはかなりのツンデレ上級者です。 「ツンデレおにぎり」によって千尋が元気になったのは言うまでもありません。 あまりのギャップに千尋もハクに夢中になったことでしょうね~。 関連: 【千と千尋の神隠し】ハクがエレベーターで冷たい理由まとめ 映画・千と千尋の神隠しでエレベーター内のハクが千尋に冷たい理由は、 ・湯婆婆や従業員に怪しまれないため ・湯婆婆は油屋(湯屋)内の事は把握できるから ・本当に二重人格だった ・ハクが2人いる ・ハクはあやつり虫に操られていた ・ハクはツンデレだった などの理由が考えられます。 ハクが冷たい真意は公式で明言されていないので、観ている側の捉え方で意見が分かれそうです。 しかし、湯婆婆との関係やハクの油屋(湯屋)での立場を考えると、 ・湯婆婆や従業員に怪しまれないため ・湯婆婆は油屋(湯屋)内の事は把握できるから ・ハクはあやつり虫に操られていた などが有力な理由として考えられそうです。 まぁ、初回から魔法を使って千尋の助けるなどしていますから、優しいというのがハクの基本かもしれません。 で、その場合「ハクが千尋を心配して近くまで来ていた」もしくは「湯婆婆がハクを近くまで呼んでいた」のどちらかの可能性が高そうです。 ハクが意味もなく湯婆婆の部屋の近くにいるのは明らかに怪しいですので、 湯婆婆がハクを近くに呼んでいたと考えるほうが可能性としては高い気がします。 理由としては、 千尋を働かせるにしろ、始末するにしろ、子豚にしてやるにしろ「後始末をさせる人物が必要だったから」というのが考えられます。 で、その瞬間のハクはハクの意思というよりも「あやつり虫の影響下にあって、さらにその影響で性格が悪くなった」という考察でした。 ちなみに、まゆさんが言われているのは金の綱で「ハクが瞬間移動的に最上階に召喚された」という意味でしょうか? 仮にそうだとすると、あやつり虫の影響と言うよりも、ハクの機転による性格の変化の可能性が大きそうですね~。

次の

【映画記事】「千と千尋の神隠し」 ”一生に一度は、映画館でジブリを”

千と千尋の神隠し 湯屋 従業員

追記、 ごめんなさい、こちらの質問に設定資料がありました。 狩衣ではなく、水干だそうです。 平安時代からの男性装束なのはかわりません。 簡略な絵で描くと、狩衣、水干、直衣(のうし)などは似たような感じになります。 皇族の装束などや神職衣装に同じような着物が今でもありますよ。 ご参考まで。 ******* 実際にある衣装がベースになっていますね。 リンや千尋が下に着ているのは腹掛けといって、今でも祭り装束などで売ってます。 その上に着ているピンクの上下は、狩衣をアレンジしたような感じです。 ハクの衣装は狩衣ですね。 平安時代の貴族の普段着です。 私は見たことないですけど、設定資料などに説明があると思いますよ。

次の