プロテイン ダイエット。 プロテインは飲むタイミングでダイエット効果に差が出る!【徹底解説】

【ダイエット効果あり】プロテインは運動しない女性も飲むべき理由

プロテイン ダイエット

プロテインダイエットの方法や口コミと効果!痩せない場合の対処法も! プロテインと聞くと、アスリートが筋肉を増やすために飲む物、というイメージがないでしょうか。 しかし、 最近はこのプロテインが「ダイエットに効く!」「綺麗に健康的に痩せられる!」と若い女性を中心に人気となっています。 では、なぜ プロテインは ダイエットに有効なのでしょうか。 そもそも、プロテインとは一体何なのでしょうか。 そこで今回は、プロテインダイエットについて調べてみました。 プロテインダイエットの正しい方法や効果、注意点の他、おすすめのプロテインなどもご紹介していますので、これからプロテインダイエットにチャレンジしてみたいと思っている方は、是非参考にして頂ければと思います。 プロテインダイエットとは? プロテイン(protein)は日本語に訳すると「たんぱく質」という意味になります。 つまりプロテインダイエットとは、たんぱく質を摂取するダイエット方法ということになります。 たんぱく質は、人の三大栄養素(炭水化物、脂質、たんぱく質)の一つであり、私達が生きていく上で欠かせない成分です。 たんぱく質は、筋肉や内臓、皮膚、髪、爪などの人のあらゆる部分を作るのに必要で、肉、魚、卵や乳製品に多く含まれています。 ダイエットでは「高たんぱく低カロリー」が基本と言われていることから、たんぱく質を摂取することはカロリーを抑えることと同じくらいとても大切なことと言えます。 しかし、これまでのダイエット法では、カロリーを抑えることばかりが注目されていたため、カロリーを抑える=食事の量を減らす、というのが主でした。 このため、必然的にたんぱく質の摂取量も減ってしまうため、筋肉量も減り、筋肉量が減ってしまうと基礎代謝が下がってしまうため、ダイエットを行うことで返って痩せにくい体になるデメリットがありました。 ところが、 プロテインダイエットではたんぱく質が不足することがないため、筋肉量を減らすことなくダイエットが行うことができるのです。 プロテインダイエットはどのような効果があるの? プロテインダイエットでは、体に必要なたんぱく質が不足しないため、筋肉量を減らさずにダイエットを行うことができます。 筋肉量が減ると基礎代謝も下がってしまうため太りやすくなってしまうのですが、プロテインダイエットにおいてはその心配がないと言えます。 ちなみに基礎代謝とは、生命を維持するために体がエネルギーを使用することを指し、睡眠時にも消費されています。 寝ている間にもカロリーが使われるため、この基礎代謝が高ければ高いほど痩せやすくなります。 基礎代謝は筋肉量と関係があり、筋肉量が多い人ほど基礎代謝量も高いと言われています。 そして、適度に筋肉がついた体というのは、ただ体重を落とすよりも均整がとれ引き締まった見た目となります。 特に女性が気になりやすいウエストや二の腕は、筋肉量を増やすことで体重の減少以上にイメージを変えることができます。 また、たんぱく質は髪や皮膚を作るためにも使われる成分ですので、ダイエット中にありがちなたんぱく質不足による髪のパサつきや肌荒れなども起きにくいと言われています。 プロテインダイエットが「綺麗に痩せられる」と言われている所以はこのあたりだと思われます。 プロテインダイエットの正しい方法 プロテインダイエットでは、主に粉末状のプロテインを水分に溶かして飲むのが主流となっています。 しかし、プロテインと名がつけばどれを選んでもよい、というわけではありません。 プロテインの種類によっては、脂質の量が多いものもあるため、ダイエット目的としてふさわしくない場合もあります。 そのため、 プロテインを購入する場合は、たんぱく質の含有量が70%以上で脂質が少なめのものを選ぶのがよいでしょう。 また、プロテインダイエットを行う上で最も大切なのがプロテインを摂取するだけではなく運動も併用する、ということです。 これは、たんぱく質を補うことで筋肉量を増やすだけではなく、その筋肉を使うことによって 脂肪燃焼効果を高めるのが目的です。 プロテインダイエットを行ったことがある方の中で、プロテインを飲んだら太ったという方が時々いらっしゃいますが、これは「プロテインを飲んでいたら痩せられる」と、運動を一切しなかったことが原因と考えられています。 プロテインは飲むだけで痩せる効果があるものではありません。 あくまでも筋肉量を増やし基礎代謝量を上げることが目的のため、運動を行わずにいると摂取したプロテインの分だけ過剰にカロリーが上乗せされることにもなってしまい、結果的には太ってしまうこともあるのです。 プロテインの効果的な飲み方は? プロテインの飲み方には、• 水に溶かす• 牛乳で溶かす• スポーツドリンクに溶かす の3つがありますが、ダイエットの目的によっても選ぶ水分が変わってきます。 牛乳は水やスポーツドリンクに比べて体内に吸収されるスピードが遅くなるため、その分腹持ちがよくなることから、置き換えダイエットにプロテインを利用する時にはお勧めと言えます。 しかし、牛乳には脂質が多く含まれるため、運動後や食事の前に飲む場合は、カロリーを抑えるという意味で水を選ぶのがよいでしょう。 プロテインを飲むタイミングはいつがいいの? プロテインを飲むタイミングをご紹介する前に、プロテインダイエットの方法をご紹介したいと思います。 プロテインダイエットには、主に下の3つの方法があります。 最も摂取カロリーを抑えることができるのは置き換え法です。 置き換え法とは、朝・昼・夜のどれか1食をプロテインのみにするというダイエット方法なのですが、例えば朝食に置き換えて1日の総摂取カロリーを300㎉減らすことができれば、計算上では1ヶ月で1. 25kgの減量を行うことができます。 また、食事の前にプロテインを摂取することで食事の量を減らす方法も、置き換え法ほどではありませんがカロリーを抑えるという意味では効果があります。 しかし、これら2つは空腹を感じやすくストレスが溜まりやすいことや、プロテインに含まれない栄養分が不足しがちになることから、体調管理が難しい面もあります。 このように、それぞれの方法によってプロテインを飲む方法が変わってきます。 なお、プロテインは運動後30分に摂取すると筋肉への吸収が高まると言われていることから、食事に関連したタイミングではなく、運動後に摂取するという方法もありますので、どれが自分の体に一番合うのかを見極めることが大切と言えます。 プロテインダイエット中でも運動や筋トレは必要? プロテインダイエットでは、運動は不可欠と言ってもよいでしょう。 たんぱく質は筋肉を作る成分ですが、筋肉を大きくするためにはやはり運動が必要となります。 置き換え法によるプロテイン摂取では、プロテイン自体のカロリーが低いため体重を落とすことは可能ですが、筋肉量が増えるわけではないので基礎代謝が上がりません。 このため、痩せやすい体質に変わっているわけではないのです。 リバウンドのないダイエットを目指すなら、プロテイン+運動がよいでしょう。 筋肉の元となるプロテインを摂取しながら運動をすることで、より効率的に筋肉量を増やすというのが本来のプロテインダイエットの目的となります。 ただし、運動と言ってもハードな筋トレなどは必要ありません。 軽いジョギングや水泳などで十分筋肉を増やすことができます。 また、プロテインを摂取して軽い運動をしても、筋肉がムキムキになることもありませんのでご安心下さい。 ダイエットに適したプロテインはどれがおすすめ? プロテインがダイエットに有効な理由がわかったところで、次におすすめのプロテインをご紹介したいと思います。 どれを買ったらよいか迷った時には、是非こちらを参考にして頂ければと思います。 ウィダー ウエイトダウンプロテイン ホエイプロテイン(動物性たんぱく質)とソイプロテイン(植物性たんぱく質)の両方を含んだプロテインで、ビタミンAやB群、C、D、Eなどのビタミンも同時に摂取することができます。 販売会社:weider URL: ザバス ウエイトダウン 女性らしい体つきを作るエストロゲンに似た働きをするイソフラボンが含まれている大豆プロテインと、ガルシニアエキス、11種類のビタミン、3種類のミネラルが配合されており、女性に人気の商品となっています。 販売会社:株式会社明治 URL: DHCプロテインダイエット こちらの商品は、運動後に摂取するプロテインというよりは置き換えダイエット方法に利用することが多くなっています。 1袋178㎉と低カロリーな上、味が多種で満腹感が持続しやすいのが特徴です。 販売会社:DHC URL: プロテインダイエットの注意点は? たんぱく質が体内に取り込まれると、胃や小腸で消化された後、肝臓にて必要なアミノ酸へと合成されます。 この際、不必要な成分は老廃物として腎臓に送られ、毒素を取り除いたものが尿として体外へ排出される仕組みとなっているのですが、 たんぱく質を多く摂取しすぎると腎臓への負担が大きくなってしまいます。 このため、 たんぱく質の1日の摂取量の目安は体重1kgに対して1gと言われており(筋トレを多くする方の場合は、体重1kgにつき1. 5gが推奨されています)これ以上の量を摂取することは控えた方がよいと考えられています。 例えば、体重60kgの人の場合は1日60gのたんぱく質が適切な摂取量と言えますが、鶏肉や豚肉、卵、豆腐、納豆など、私達が普段何気なく口にしている食べ物には、動物性・植物性のたんぱく質が豊富に含まれていることもあり、ダイエット目的としてプロテインを摂取する場合には、その摂取量に注意をすることが必要です。 特に、体がむくみやすい、トイレが近い・回数が多い、顔色が悪い、疲れやすい、血圧が高いなどの症状がみられる場合は、腎臓の機能が低下している可能性があるため、プロテインダイエットは行わない方がよいかも知れません。 プロテインダイエットの体験談や口コミ ・最初は一日一食から始め、ダイエット停滞期には一日二食の置き換えで、半年で9kg痩せました。 プロテイン飲んでおけばお腹が全く減らないということではないため、空腹にも耐えることが必要ですが、置き換えだけで痩せられたので結果に満足しています。 ・一日一食のみの置き換えで、三週間で2kgほど体重が落ちました。 他の二食で好きな物を食べているので、ストレスもないですし、体重もさることながらウエストが大幅に減ったのが嬉しかったです。 私にはとても合っているダイエットだと思います。 ・朝食の置き換えで1kgほど痩せましたが、それよりも私の場合は食べ過ぎてしまったなという時に、プロテインダイエットを始めるとすぐに1kg取り戻せるため、ベスト体重を維持するために利用しています。 ・一食置き換えと運動の併用で8kg痩せました。 プロテインダイエットは置き換えのみより、運動を一緒にした方が絶対効果が出やすいと思います。 プロテインダイエットで痩せない場合の原因と対処法! これまでのダイエットでは、カロリーのみを抑えることに気を注ぎ過ぎてしまい、たんぱく質が不足して結果的に筋力の低下を招いて基礎代謝が落ちて太りやすくなってしまいましたが、プロテインダイエットはダイエット中に不足しがちなたんぱく質を意識的に補うことで筋力の低下を防ぐことができるので、ダイエット中でも基礎代謝が落ちずに痩せやすい体を維持できます。 しかし、プロテインダイエットでプロテインを摂取しても、思うように痩せないと思う方も多いのではないでしょうか。 プロテインダイエットをしても痩せない原因として考えられるのは、プロテインを摂取しているだけだからです。 プロテインダイエットは、プロテインを飲めばそれで痩せられるダイエットではありません。 プロテインを飲むのはあくまでもダイエット中の筋力の低下を防ぐ目的のため、プロテインを飲むだけでは代謝を上げて脂肪を燃やすことはできないのです。 つまり、プロテインダイエットで痩せるためには、プロテインを飲んで運動をし、筋肉を増やすことが必要になります。 プロテインダイエットのまとめ プロテインダイエットは、代謝を上げるために欠かせない筋肉を落とすことなく減量ができるダイエット方法です。 さらに、運動をプラスすることで効率的に筋肉量を増やすことができ、引き締まったプロポーションを手に入れることができます。 女性は男性に比べて筋肉が少ないため太りやすいと言われていますので、筋肉を意識したダイエットはとても大切だと言えるでしょう。

次の

女性向けプロテインの人気おすすめランキング12選|ダイエットから筋肉増強まで!効果的な摂取法も

プロテイン ダイエット

コンテンツ• 置き換えプロテインダイエットのやり方・効果と気になる点いろいろ プロテイン置き換えダイエットのタイミングは夜? プロテインダイエットはいつもの食事をプロテインに置き換えるというやり方ですが、置き換えのタイミングは夜ご飯が良いです。 大切なことは、ただ置き換えるのではなく 朝昼でしっかりと必要な栄養素を摂取し、夜ご飯で足りないタンパク質を補給し、摂取カロリーが過多にならないようにすることです。 朝・昼の栄養摂取を意識しましょう。 PFCバランスに関しては をチェック プロテイン置き換えダイエットの効果は? プロテイン置き換えダイエットは効果があるのか? 早速ですが答えは7割方減量に成功するといったところではないかと思います。 というのも、1食もしくは2食プロテインに置き換える事で【摂取カロリー】が減少する事になるからです。 この方法は良い?悪い? それでは、プロテイン置き換えダイエットは体にいいのか、悪いのか?これに関しては、 カロリー収支があきらかにオーバーしつつ、タンパク質摂取量が少ない方には良い方法だと考えています。 そもそもの摂取カロリーが少ない方にはオススメできない方法です。 もしそもそもの摂取カロリーが少ないのにプロテインに置き換えした場合、体調を崩したり思った効果が出ない可能性が考えられます。 サプリメント会社は間違いなくオススメするでしょう。 自社の商品を売る為に! 効果がある人もいるし、身体によくない人もいる。 人によって条件は様々なので、自分の状態を知ってその上で置き換えダイエットを行う事が大切です。 プロテインダイエットはリバウンドする? ダイエットで気になる点はリバウンドですよね。 プロテイン置き換えダイエット含め、ボディメイク全般に言えることは、 『習慣化しなければ大概が元の体型に戻る』ということです。 体型は習慣のあらわれです。 プロテイン置き換えダイエットを始め、生活習慣を見直す事ができその生活習慣を続ける事ができればリバウンドを起こすことはないですね! プロテインダイエットはどのような人にオススメなの? プロテイン置き換えダイエットをお勧めできる人ももちろんいます。 以下のような方にはおすすめです。 1日の摂取カロリーが 2000kcalを超える方(女性:体重50k前後の方で)• タンパク質摂取量が極端に低い方• 仕事のスケジュールが多忙でご飯の調理、チョイスが難しい方• この方法を一つのきっかけとして、健康的な体つくりをしていきたい これらが複数当てはまる方はオススメできます。 4つ目の『この方法を一つのきっかけとして、健康的な体つくりをしていきたい』ですが、これは意外と大切なことです。 世の中には、短期間で無理やり痩せる方法や、突拍子もないダイエット方法が溢れています。 それを見極めて自分に合ったダイエットを探すことはもちろん大事ですが、まずは自分を変えるきっかけになるために、 とりあえずやってみて、一度『痩せた』という成功体験を小さくてもいいから作る、ということが同じくらい大切です。 プロテインの種類は? 様々な会社から豊富なプロテインが発売されていて、どの商品を選んでいいかわからない。 この悩みを持った方も多いのではないでしょうか?? プロテイン選びの大事なポイントは2つです• 味 私はトレーナーとして、いち男として 長年体つくりの為にプロテインを飲んできましたがこの2つはかなり大切です。 値段 プロテインの相場は 1kg 2500円~4000円です。 1杯約20gで計算すると、2500円~4000円で約50杯ほど飲めます。 たまに2週間分 14食セットで6000円などで売っていますが相場からするとかなり高めの設定ですね。 味 継続して飲むものなので、まずい物より美味しいに越した事がないです。 小袋で売っていることもあるので、最初はそれで試飲することをオススメします。 プロテインを初めて飲む!という方には• チョコorココア• バナナ から試すと失敗は少ないと思います。 飲みやすく、初心者向けです。 商品によっての差は? 今市場に色々な種類のプロテインが販売されていますが、基本的なことはあまり変わりません。 しかし、同じプロテイン商品でも、差がもちろんあります、それは栄養素です。 プロテインにプラスして「ビタミン配合」や「ホエイ・ソイ(大豆)のブレンド」「カルニチン配合」など栄養素をプラスに配合した商品になっています。 他の栄養素が配合された商品ももちろん良いのですが、最初は特に気にすることはなく【ホエイプロテイン】を選ぶことをオススメします。 他の栄養素に関しても必要になってきますが、それは3大栄養素の摂取がバランスよくできるようになってから考える方が良いです。 まとめ プロテイン置き換えダイエットはマッチする条件の方がやるのは賛成です。 ただ継続的に置き換えを行うのではなく、根本の「食事」を見直す事が身体にとって一番優しいです。 山岸 慎 【経歴】 21歳(大学在学中)から独立。 フリーランスとしてパーソナルトレーナーに。 横浜と広尾の大手フィットネスジムで経験を積み、着実にお客様を増やしていく。 24歳の時に友人と共同経営で渋谷区松濤のパーソナルトレーニングジムを設立 25歳で個人でも会社を立ち上げる。 現在は渋谷区南平台町のSTUDIOKOMPASを経営。 【一言コメント】 渋谷区南平台町のトレーニングジムSTUDIO KOMPASの代表の山岸です。 「変わる」を後押しする情報を発信しています! 現在は芸能事務所、音楽事務所とも提携していて、多くのタレントさん、モデルさんのボディメイクに携わっています。

次の

プロテインは飲むタイミングでダイエット効果に差が出る!【徹底解説】

プロテイン ダイエット

ダイエットには色々な方法がありますが、男性ならまずは筋トレから始めるという人が多いかもしれません。 筋トレだけではなくプロテインを飲むことで効率よくダイエットができるとされています。 しかし、プロテインを飲む経験がなかった初心者からすると 「どんなプロテインを飲んだらいいのか分からない」という思いからプロテインに手を出していない人もいるのではないでしょうか。 そこで 今回はプロテイン初心者向けに、失敗しないプロテインの選び方について解説したいと思います。 筋肉に欠かせない物質のタンパク質には筋トレと合わせると有用なものがあります。 その中でも摂っておきたい代表的なものに 「ホエイ」と 「カゼイン」があります。 皆さんが目にしやすいものでいうと、ヨーグルトです。 ヨーグルトを食べる時に半透明の液体が出てくるのですが、その液体こそがホエイです。 ホエイは筋肉を作る源であるタンパク質を多く含んでいます。 また、筋肉の分解を防ぐアミノ酸であるBCAAやビタミン・ミネラルも豊富に含んでいます。 しかし、 ホエイは体への吸収が早いため、時間をかけて効果が持続するという効果は望むことができません。 ただ、体への吸収が早いということは、筋トレ直後の栄養補給には向いているということになります。 皆さんが目にしやすいものでいうと、ホットミルクです。 ホットミルクを作ってしばらく時間が経つと膜が浮かんでくるのですが、その膜がカゼインです。 ホエイは体への吸収が早いですが、 カゼインは4時間以上かけて体にゆっくり吸収されるという特徴があります。 まずホエイが体に素早く吸収され、筋トレ後の体に対してスピーディーにタンパク質を供給します。 そして、あとからカゼインがゆっくりと時間をかけて体にタンパク質を供給し続けます。 ホエイとカゼインはお互いの長所を生かしつつお互いの短所を補い合い、筋肉を作る源であるタンパク質を体に供給することができる最強の組み合わせなのです。 そんなホエイを多く含み、なおかつヨーグルト味で飲みやすいのが、inゼリー プロテインです。 プロテインと言えば、水に溶かして飲むイメージがあるという方もいるかと思います。 inゼリー プロテインはそんな手間をかけずに素早くタンパク質補給ができるため、運動後のリカバリーに最適なのです。 また、ホエイプロテインとカゼインプロテインについては、こちらの記事も参考にしてみてください。 その数値によると、20代~30代の人間が摂取すべきタンパク質は 1日60gだとしています。 しかし、ダイエットに向けて定期的に筋トレをしようとする人も一般の人と同じ量のタンパク質摂取量で良いのでしょうか? 定期的に運動をする人や、毎日ハードな運動をするアスリートは、体の重さ1キロにつき、毎日タンパク質がだいたい1. 2~2. 0グラム必要になります。 体重70kgの人であれば、1日あたり84~140gのタンパク質を摂らなければならないということになります。 これを食事のみで補おうとすると大変です。 どんぶり1杯分のご飯(300g相当)に含まれるタンパク質は7. 5g、コップ一杯の牛乳ですら6. 6gです。 もしプロテインを摂取してタンパク質を得ようとするなら、まずは自分の体重から1日に必要なタンパク質を算出し、その数値から食事で摂れるであろうタンパク質の量を引いた数字を摂取すれば良いでしょう。 タンパク質の必要量については下記の記事にて詳しく解説しています。 そんなにたくさんプロテインを摂取するのは難しそう…と思う方もいるかもしれません。 そういったとき、役に立つのがタンパク質補給補助食品。 inバー プロテインシリーズです。 バータイプで持ち運びしやすく、手軽に食べられるうえ、タンパク質は10gも入っているのです!味の種類も豊富で気分によっても変えられるのが楽しい商品です。 まずは筋トレをはじめとする運動をした後です。 運動をした後は筋肉が疲弊したり筋繊維が壊れたりしているので、体が回復させようとします。 その時にプロテインを摂取すれば効率よくタンパク質を使ってくれるので、 運動してからだいたい45分以内に摂取するようにしましょう。 次は寝る前です。 睡眠中は体が成長しやすくなるので、その前に体の元になるタンパク質を摂取しておけば、効率よく筋肉を成長させることができます。 しかし、寝る直前にプロテインを摂ると胃に負担がかかってしまうため、 寝る30分~1時間前にはプロテインを摂りましょう。 最後のタイミングは、朝ごはんを食べる時です。 例え眠る前にプロテインを摂取していても、寝ている間に全て吸収されてしまい、朝にはタンパク質が不足しているという状態になっています。 そこで 朝一番にプロテインを摂取すれば、体が吸収しやすくなるのです。 プロテイン初心者であれば、まずはこの3つのタイミングにプロテインを忘れずに摂取できれば合格です。 効率よくダイエットをするなら、プロテイン選びと一緒にプロテインの摂取量・タイミングも意識しながら、筋トレにプロテインを加えてみてはいかがでしょうか。 カラダづくりに適したプロテインでおすすめしたいのが、マッスルフィットプロテインです。 先ほど紹介したホエイ・ガゼインのほか性能を高めてくれるEMRを配合しているため、筋トレには適した商品と言えます。 プロテインの摂取タイミングについては、次の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

次の