彼女が性器ヘルペス。 唇がヘルペスになった彼女・・・

口唇ヘルペスから性器ヘルペスになる原因とは…キスでもうつる?性病になった女性の実話

彼女が性器ヘルペス

パートナーが健康そうだから「性病は移ってない」と都合のいい解釈をするのは禁物です 就職活動とゼミの活動に追われている大学4年生の健一郎君(仮名)は、ある朝トイレでオシッコをした際にピリピリとペニスに電流が流れたような痛みを感じて、思わず声をあげてしまいました。 しかも、トランクスを触ってみると、ペニスが収まっている場所がやけに濡れている…。 彼には同じゼミに所属している彼女がいますが、無防備なセックスはしていないので、性病の可能性を疑うことはありませんでした。 「手をよく洗わないままオナニーをして、手に付いたバイキンがチンコに入ってしまったかも…。 膀胱炎ってやつかな?」というのが、彼なりの推論でした。 「原因がなんであれ、このことは恥ずかしくて彼女に言えないな。 そもそもセックスは大丈夫なんだろうか?」 そう思って数日たったころに彼女から電話がありました。 すると意外なことに、開口一番「最近、体の調子でどこかおかしいところない?」と訊いてきたのです。 どういうことかと問い返すと、「先月の中旬くらいからアソコがムズムズしたり、おりものの量が増えた感じがしたから、思い切って婦人科クリニックで検査してもらったら、淋病だって言われたの。 今まで病気のことを隠していてゴメン!」とまさかの性病の感染を告白されたのです。 「お前はどこから病気をもらってきたんだ!?」と問い詰めようと思いましたが、実は彼も付き合い始めて日が浅かったころに一度だけの浮気を経験しているので、ここはグッと我慢して、正直に話してくれた彼女に感謝して、自分も泌尿器科で検査を受けることにしたのです。 案の定、彼も淋病に感染していました。 診察した医師から「淋病は抗生物質が効きにくい"薬剤耐性菌"が多いからね。 」という話を聞かされたときは焦りましたが、幸い、ほとんどの患者さんに最初に使用されるセフトリアキソン(商品名:ロセフィン)という薬を注射することで、大事に至らずに済みました。 このように、セックスで人から人へと感染する性病は、パートナーの感染が確実になった時点であなたも感染しているリスクがあります。 その場合は一刻も早く婦人科、泌尿器科、性病科などで検査を受け、感染が確認されたならば二人同時に治療を行う必要があります。 しかし、健一郎君の彼女のように 自身の感染をパートナーに正直に伝える人は、残念ながら多くはありません。 自分が性病であることがパートナーに知られてしまうと、その感染源(浮気、風俗の利用など)を訊かれたりして、最悪の場合、別れを切り出されてしまうのではないかと心配して、内緒にしておくことが多いのです。 症状が出にくい、あるいは感染から発症までの潜伏期間が長い性病の場合、パートナーが元気そうにしているのを見て、 「この様子だと彼(彼女)には病気は移ってないな」と都合のいい解釈をして、そのまま放置してしまう例もあります。 性病の感染の事実を相手に隠したまま治療を受けても、パートナーを既に感染させているかもしれません。 パートナーが普段と変わりない生活を送っているようだからと以前と変わらないセックスを繰り返していると、今度はパートナーから同じ性病を移されることがあります。 このように性病が互いに感染し、繰り返すことを、卓球のピンポン球になぞらえて「ピンポン感染」と呼んでいます。 女性の性病は自覚症状に乏しく、知らずに彼氏を感染させることも少なくありません 社会人の大吾さん(仮名:20歳代)は、付き合って間もない彼女との初めてのセックスから1週間ほどのちに、排尿時に灼熱間を伴った痛みと、ペニスの先にムズムズとしたかゆみを感じたため、仕事が休みの土曜日に泌尿器科を受診しました。 医師の視診と尿検査の結果、性病である「」と診断されました。 現在の彼女のほかにセックスパートナーはいないし、風俗にも行ったことがない大吾さんは、「彼女はあんな大人しそうな子なのに、結構、遊んでたんだな」とクラミジアの感染源は彼女だと勝手に判断して、数日後のデートの際に思い切って、「俺、お前から性病を移されたみたいなんだよね。 お前も一回、婦人科とかで検査受けてみなよ。 医師が言うには、俺たち二人とも一緒に治療しないと、いつまでたってもセックスできないみたいだぜ」と彼女に性病に感染した旨を伝えました。 これを聞いて驚き、そして怒ったのは彼女です。 「どーやったらそんなことを言えるわけ? 私は二股かけてないし、異常は症状はなにもないわ!!」 と普段の彼女からは想像できない凄い剣幕だったそうです。 これをきっかけに二人の関係はすっかり冷え切ってしまい、仕事の忙しさも重なったこともあり、あっさり別れることになりました。 結局、二人は破局してしまったため、彼女がクラミジアの感染源であるかはわかりませんでした。 大吾さんの伝え方に問題があるかどうかはさておき、彼女の「異常な症状がないから自分が性病であるはずがない」という主張は正しいのでしょうか? 実はここに若い男女間で性病が拡大している理由があるのです。 大吾さんが感染してしまった性器クラミジア感染症は、男性は初期の段階から、おしっこをする時の違和感といった比較的わかりやすい症状が現れるのですが、女性の多くは自覚症状がありません。 自覚症状がない状態が続くということは、現在の彼氏と交際する前、つまり元カレから性病を移されていても感染に気がつかないということです。 原則、性病は放置していて完治することはないので、そのまま現在つきあっている彼氏とセックスをすれば、当然、彼氏を感染させてしまうリスクがあります。 仮に自覚症状があったとしても、オリモノが少し増えたとかそういう程度です。 そのため、実際にクラミジアに感染している女性が婦人科で治療する機会を逃したまま、セックスでパートナーに病気を移してしまうのは決して珍しくないのです。 新しいパートナーができた時、お互いを深く知らないままパートナー以外の人とセックスをした時は、面倒くさがらずに性病の検査を受けるようにしましょう。 自覚症状に乏しい性病を早期発見し、大事に至る前に完治させるには、この点が重要となります。 浮気や風俗が原因で性病に感染した場合、どうやって彼氏や彼女に告白・言い訳する? 彼氏や彼女以外の相手とセックスをした、あるいは風俗で遊んでいたら運悪く性病に感染してしまったという方は決して少なくありません。 性病は自覚症状が現れるまで一定の潜伏期間があるため、感染が判明した時点で既にパートナーにも移してしまっている可能性があります。 当然、パートナーには自身の性病の感染の事実を告白したうえで、検査を受けてもらう必要がありますが、浮気や風俗という「後ろめたい理由」が足かせとなってズルズルと時間だけが過ぎていくという事態も十分に考えられます。 反省した態度で真実をありのままに伝えれば、彼氏や彼女がそこに誠実さを感じとってくれて、一度くらいは許してもらえるものです。 しかし、「浮気の"前科"があるので今度こそ別れを切り出されてしまう!」という方には一部の性病に限定されますが、以下のような言い訳もあります。 性器ヘルペス(男女の伝え方) 性器周辺にできた水ぶくれが破れて潰瘍(ただれ)ができ、鋭い痛みが現れる性器ヘルペスは、一度感染すると治療後もヘルペスウイルス(HSV)が体内で潜伏を続けます。 そして過労、ストレス、セックスの刺激が原因で何度も再発します。 したがって、仮に浮気や風俗が感染の原因であったとしても、「昔に感染した性器ヘルペスだけど、最近仕事が忙しいせいかよく再発するんだよ」とか言っても不自然ではありません。 トリコモナス(男女の伝え方) トリコモナスは女性限定の性病と思われがちですが、男性も尿道や前立腺に感染します。 女性では泡状で悪臭がするおりものが出る、外陰部や腟の激しいかゆみ、刺激感が現れる一方、男性は尿道炎を引き起こすものの一般的には無症状です。 主な感染経路はセックスですが、稀に温泉やトイレの便座を介して感染することもあるため、「先月、友達と日帰りで温泉旅行に行ったんだけど、どうやらそのときにトリコモナスに感染したみたい…」など男女ともにもっともらしい言い訳ができます。 ただしセックス以外のルートでトリコモナスに感染する確率は稀です。 パートナーがネットで調べるとそのことはすぐにわかるので、日頃の行いによっては今後も疑念がくすぶり続ける可能性があります。 膣カンジダ(女性の伝え方) 膣カンジダは女性限定の性病ではありません。 セックスを介してカンジダ菌が男性の包皮や亀頭に感染すると亀頭包皮炎を引き起こすため、膣カンジダを発症した女性は男性パートナーにその旨を伝える必要があります。 カンジダ菌は健康な女性でも一定の割合で皮膚や腸内に存在しているため、セックス以外でも感染が成立します。 そして過労やストレス、抗生物質の服用などで免疫力が低下すると、繁殖して膣カンジダの症状(膣のかゆみ・灼熱感、ポロポロした白いおりもの等)が現れ、何度も再発を繰り返します。 セックス以外にも感染ルートがあるということは、「残業続きで免疫力が低下しているのかな〜、また膣カンジダになっちゃったみたい」と彼氏に伝えても素直に信じてもらえるでしょう。 つまり、現在の彼氏との交際期間が半年〜1年程度の女性ならば、「最近おりものの状態がおかしいから婦人科で検査してもらったんだけど、なんだかクラミジアの可能性があるって言われての。 やっぱり前彼は付き合っている時から怪しいと思っていたのよね〜」など、二度と会うことのない前カレに責任転嫁しちゃってもバレることはないと思います。 ただし以上の伝え方はいずれもパートナーに対する「誠実さ」という面では大きな問題があるので、個人的には推奨できません。 あくまでも、正直な理由(浮気や風俗)を伝えた場合に二人の関係がズタズタになることを避けるための「最終手段」ですので、使用に際しては用法・用量をお守りのうえ自己責任でお願いします。

次の

陰部にできた性器ヘルペスを自力で治しました。

彼女が性器ヘルペス

口唇ヘルペスの感染経路とは? 口唇ヘルペスは、「単純ヘルペスウイルス1型」というウイルスに感染することによって発症する病気です。 では、この病気の原因となるウイルスへは、どのようにして感染するのでしょうか? 単純ヘルペスウイルス1型へは、これに直接、もしくは間接的に接触することによって感染します。 実際、この病気は恋人間・家族間というように直接触れ合うことが多い人同士での感染が多く、「愛のウイルス」なんて呼ばれることもあります。 ヘルペスウイルスは人の体から離れても3時間程の間は生存する事が出来ると言われています。 だから例えば、口唇ヘルペスの人が使ったグラスをあなたが使った場合、そこにウイルスが付着しているとグラスを介してヘルペスウイルスに感染してしまう可能性があるというわけです。 もちろん、ヘルペスウイルスに接触したからといって必ず感染してしまうのかというと、そういうわけではありません。 私たちの肌表面には角質層や皮脂によるバリア組織があるため、これらがウイルスをブロックしてくれることもあるのです。 ただし角質層がない粘膜や皮膚の表面に傷がある場合などは、そこからウイルスが侵入して口唇ヘルペスに感染する可能性が高くなってしまいます。 なお、「お風呂やプールでもヘルペスがうつるの?」と不安がる方もいますが、基本的に水を介してヘルペスが感染することはありません。 もちろん、タオル等を介して感染する可能性があることは、上で書いた通りです。 口唇ヘルペスはキスで感染するの? では、パートナーが口唇ヘルペスになってしまったという場合、キスをするとあなたにもヘルペスがうつってしまうのでしょうか? 結論から言うと、キスによって口唇ヘルペスに感染する可能性は十分あり得ます。 上でも説明したように、口唇ヘルペスはその原因となる「単純ヘルペスウイルス1型」に直接・間接的に接触することで感染します。 そして口唇ヘルペスを発症すると唇や口のまわりに水泡ができるのですが、症状が出ている部分からは、ウイルスが沢山排出されています。 つまり、口唇ヘルペスの症状が出ているパートナーとキスをするということは、自ら大量のヘルペスウイルスに直接接触しに行くのと同じ行為であるというわけです。 そのため パートナーに口唇ヘルペスの症状が出ている時にキスした場合は、ヘルペスに感染してしまう可能性が高くなります。 (なお、彼女や彼が口唇ヘルペスにかかっていて、オーラルセックスをする場合の注意点については、「」をご覧ください。 ) 症状が出ていない時期ならば大丈夫!? では、パートナーにヘルペスの症状が出ていないときはどうなのでしょうか? 実は口唇ヘルペスの原因となるウイルスは、一度感染すると現代医学をもってしては体の外へと追い出すことができません。 もちろんヘルペスの症状が常に出続けるわけではありませんが、症状が出ていない時も、ヘルペスウイルスは神経細胞の奥深くに潜んでいるのです。 では、ヘルペスを持ってはいるものの症状は出ていないという場合、キスをしても大丈夫なのでしょうか? ヘルペスウイルスは基本的に、症状が出ている部分(特に水ぶくれの部分)からたくさん排出されています。 そして症状がおさまってしまえばウイルスは神経細胞の奥深くに潜み、外に出てくることはまずありません。 感染を予防するためにはどうすればいいのか 口唇ヘルペスに感染するルートは、キスだけではありません。 ヘルペスウイルスに接触する可能性がある行為であれば、ヘルペスになってしまう可能性は十分あり得るのです。 そこでパートナーが口唇ヘルペスになってしまったという場合は、以下のような点に注意して感染を予防しましょう。 また、ヘルペスを再発すると2週間は辛い思いをするため、大切なイベント前など予防のためにサプリを活用するのも1つの方法です。 最近は、ヘルペス向けサプリメントの種類も増えているので、以下の別記事に情報をまとめました。 <参考:> まとめ 口唇ヘルペスは、その原因となるヘルペスウイルスに直接的・間接的に接触することによって感染します。 そのためパートナーに口唇ヘルペスの症状が出ている時は、キスをしないようにするというのはもちろん患部に触れたりタオルや食器を共用したりしないようにして、感染を予防するようにしましょう。

次の

性器ヘルペスってどんな病気?原因・感染ルート・症状など徹底解説!

彼女が性器ヘルペス

(一般に)ヘルペスと呼ばれるウイルスには、単純ヘルペス1型(HSV-1)と単純ヘルペス2型(HSV-2)の2種類があります。 単純ヘルペス1型は、口唇ヘルペス("COLD SORE"として知られる症状を含む)を引き起こし、口から口への接触によって伝播します。 性器ヘルペスの原因にもなります。 単純ヘルペス2型は、性器ヘルペスを引き起こす性行為感染症です。 HSV-1、 HSV-2ともに生涯にわたり感染し続けます。 世界で、推定で15歳から49歳までの4億1700万人がHSV-2に感染しています。 ヘルペスの症状には、感染部位の疼痛を伴う水疱や潰瘍があります。 ヘルペスは、症状があるときだけでなく、無症状のときにも他の人に伝播できる強い感染力を持っています。 HSV-2への感染はHIVに感染し、他の人に感染させるリスクを高めます。 HSV-1の性器感染については、2012年には推定で15歳から49歳までの1億4000万人がHSV-1に感染していました。 しかし、罹患率は地域によって大幅に異なりました。 HSV-1の性器感染のほとんどは、アメリカ大陸、ヨーロッパ、西太平洋で発生しているとみられています。 この地域では、HSV-1が成人期に感染獲得されることが多い状態が続いています。 他の地域、アフリカなどでは、性交渉の初体験以前に小児期に感染獲得してしまいます。 症状 口腔ヘルペス感染のほとんどは無症状で、HSV-1に感染した人々の大半は感染していることに気づいていません。 口腔ヘルペスの症状は、感染部位の疼痛を伴う水疱や口腔内や口腔周囲の潰瘍で現れるただれです。 唇のただれは一般的に"口唇ヘルペス( COLD SORES)"と呼ばれています。 感染者は、ただれの出現の前にしばしば口の周りに疼きや痒みや焼け付く痛みを経験します。 最初に感染した後、水疱や潰瘍は定期的に再燃することがあります。 再燃の頻度は、人によってさまざまです。 HSV-1による性器ヘルペスは、無症状か、または自覚しないほどの軽い症状を示します。 性器ヘルペスは、症状が現れたときには、性器や肛門に現れる単一かそれ以上の水疱や潰瘍を特徴とします。 最初に症状が重い性器ヘルペスの経過の後には、再燃することがあります。 しかし、HSV-1による性器ヘルペスは、ほとんどの場合、頻繁には再燃しません。 起こりうる合併症 重症疾患 病状が進行したHIV感染者のような免疫不全者では、HSV-1は、より重篤な症状を起こし、より頻繁に再燃することがあります。 稀に、HSV-1感染は、脳炎や角膜炎(眼感染症)のようにさらに深刻な合併症を引き起こすことがあります。 新生児ヘルペス 新生児ヘルペスは、分娩中に新生児が産道でHSVと接触したときに起こる、、稀ですが、時に致命的な状態です。 新生児ヘルペスのリスクは、母親が妊娠後期に初めて HSVに感染したときが最大です。 妊娠前から性器ヘルペスに感染している女性では、彼女らの新生児がHSVの感染伝播を受けるリスクは非常に低くなります。 心理社会的影響 口腔ヘルペスの再燃症状は不快なことがあり、ある種の社会的偏見や心理的な苦痛をもたらすこともあります。 性器ヘルペスでは、これらの要因は生活の質や性的関係おいて重大が影響を与えることがあります。 しかし、何れの型のヘルペスに感染した人も、やがてはほとんどが感染症をもった生活に慣れていきます。 治療 アシクロビル、ファムシクロビル、およびバラシクロビルなどの抗ウイルス薬は、HSVに感染した人に対して使用できる最も効果的な薬剤です。 これらは、症状の重症度および頻度を減らすことに役立ちます。 しかし、感染自体を治癒させることはできません。 予防 HSV-1は、口唇にヘルペス症状が現れた時に最も感染力が高くなります。 しかし、自覚症状や目に見える症状がないときでも感染力を持ちます。 感染力のある口腔ヘルペスの症状が現れている人は、他の人との接触や唾液が触れた物品の共有を避けるべきです。 また、これらの人は、セックスパートナーの性器にヘルペスが伝播することを避けるために、オーラルセックスを控える必要があります。 性器ヘルペスの症状のある人は、何れの症状があった場合にも性行為を控えておく必要があります。 既にHSV-1に感染している人が、再び感染するリスクはありませんが、単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)に性器感染(下記参照)するリスクは残されています。 コンドームを一貫性して正しく使用することは、性器ヘルペスの拡大を防ぐことに役立ちます。 性器ヘルペスがコンドームで予防できない部位に出現することもあるため、コンドームは感染のリスクを減らすことができるに過ぎません。 性器ヘルペスの症状のある妊娠女性は、自分に健康管理を提供してくれる人に知らせておく必要があります。 新生児ヘルペス感染の予防は、妊娠後期の女性では特に重要となります。 このときに、新生児ヘルペス感染のリスクが最大となるためです。 ワクチンのようにHSV感染に対してさらに効果的な予防法を開発するために、さらなる研究が進められています。 現在、いくつかのHSVワクチン候補が研究されているところです。 症状 性器ヘルペスは、しばしば無症状もしくは気づかない程に軽い症状です。 ほとんどの感染者が自分の感染には気づいていません。 症状が現れたときには、性器ヘルペスは単一または複数の水疱や性器潰瘍と呼ばれるただれを特徴とします。 性器潰瘍に加えて、最初の感染では発熱、全身痛、リンパ節腫脹を伴います。 HSV-2による最初の性器ヘルペス感染の後には、通常、症状が再燃しますが、ほとんどは最初の感染よりも軽度です。 再燃の頻度は、時間とともに減少します。 HSV-2の感染者は、性器潰瘍が現れる前に、足、腰、お尻に穏やかなうずきや特発的な痛みを感じることもあります。 起こりうる合併症 HSV-2 とHIV の感染の関係 HSV-2とHIVは互いに影響し合うことが分かっています。 HSV-2感染は、新たにHIV感染症にかかるリスクを約3倍に高めます。 また、HIVとHSV-2に重複感染している人は、他の人にもHIVを感染させる可能性が高くなります。 HIV感染者(さらに他の免疫不全を持つ者)において、HSV-2に感染していると、多くの場合、症状がより深刻になり、再燃がより頻繁となります。 HIV感染症が進行した場合には、HSV-2は、稀に、髄膜脳炎、食道炎、肝炎、肺炎、網膜壊死、播種感染など、さらに深刻な合併症を起こすことがあります。 新生児ヘルペス 新生児ヘルペスは出産時に産道でHSVに接触することで引き起こされます。 稀ではありますが、新生児ヘルペスはときに極めて致死的な状態となります。 新生児ヘルペスのリスクは、母親が妊娠後期にHSVに初めて感染したときが最大となります。 妊娠前に性器ヘルペスに感染している女性では、彼女らの新生児がHSVの伝播を受けるリスクは非常に低いものとなります。 心理社会的影響 性器ヘルペスの再燃症状は痛みを伴うことがあり、ある種の社会的偏見や心理的な苦痛をもたらすことがあります。 性器ヘルペスでは、これらの要因は生活の質や性的関係おいて重大な影響を与えることもあります。 しかし、ヘルペスに感染したほとんどの人は、やがては感染症をもった生活に慣れていきます。 治療 アシクロビル、ファムシクロビル、およびバラシクロビルなどの抗ウイルス薬は、HSVに感染した人に対して使用できる最も効果的な薬剤です。 これらは、症状の重症度および頻度を減らすことに役立ちます。 しかし、感染自体を治癒させることはできません。 予防 性器ヘルペスの感染者は、症状が現れている時には性交渉を控えるべきです。 HSV-2は皮膚にただれが生じているときに最も感染力が強くなります。 しかし、自覚症状、目に見える症状がないときでも感染力を持ちます。 コンドームを一貫性して正しく使用することは、性器ヘルペスの拡大を防ぐことに役立ちます。 しかし、コンドームで覆われない部位にも現れるため、コンドームの保護は限定的なものとなります。 医学的な男性の割礼は、HSV-2、さらにはHIVやヒトパピローマウイルス(HPV)に対しても生涯にわたり一部を保護できます。 性器ヘルペスの症状のある妊娠女性は、自分に健康管理を提供してくれる人に知らせておく必要があります。 ワクチンまたは(性行為感染から保護するために膣や直腸の内側に使用できる薬剤による)局所殺菌剤など、HSV感染に対してさらに効果的な予防法を開発するために、さらなる研究が進められています。

次の