タイプ愛称。 エニアグラムの相性のタイプ一覧!恋愛・結婚・仕事・人間関係

16タイプ別の相性相関図

タイプ愛称

効果なし 無効 タイプ相性とは? 技とポケモンが持つタイプの相性 タイプ相性とは、放った技と受けるポケモン自身が持つタイプの相性のことを言います。 放った技のタイプが、受けるポケモンの持つタイプと相性がいいとダメージが大きく、相性が悪いとダメージが少なくなります。 相性によるダメージの増減 相性によるダメージの増減は倍率で決まっています。 相性が良い技を放つとダメージの倍率は高くなり、多くのダメージが与えられます。 そのため、ポケモンバトルではポケモンと技のタイプを理解し、有利な技を放つことが非常に重要です。 そのため、どちらも効果が抜群だった場合には4倍のダメージに、どちらも効果が今ひとつだった場合には0. 25倍のダメージになります。 2つのタイプのどちらも効果はばつぐん 4倍 片方が効果はばつぐん、片方は普通 2倍 どちらも普通 or 片方が効果はばつぐん、片方は効果はいまひとつ 等倍 1倍 片方が効果はいまひとつ、片方は普通 0. 5倍 2つのタイプのどちらも効果はいまひとつ 0. 25倍 どちらか片方が効果がない 0倍 無効 関連記事 初心者向け記事一覧 タイプ相性表.

次の

エニアグラムの相性のタイプ一覧!恋愛・結婚・仕事・人間関係

タイプ愛称

<解説> <ベスト相性> 自分の急所機能が相手のメイン機能に来ていて、 それでいてなおかつ、相手の急所機能が自分のメイン機能に来ている場合。 ~解説~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 似てないが、一番相性が良く、仲良くなれるし、尊敬し合える。 急所機能は自分には全くない部分なので、興味深く、不思議な感じに思う。 自分には全く想像もつかないことができるので、相手の強みを素直に受け止められる。 弱みや弱点は片方がカバーできるので、コンビを組むとバランスがいい。 基本的な性格は全く違うので常につるんだりすることはあまりしないが、 常にお互い気になっていて、できるだけ一緒にいたいと思っている。 一緒にいることで刺激的で、自分の世界が広がるワクワク感を感じられる。 その人、その人の人生のターニングポイントでの重要人物であることが多い。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「カンタンな判断法」:最後のPかJを合わせて、他は逆。 ~解説~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ とにかく居心地が良い。 ケンカが極端に少なくなる。 第3機能は憧れていて、上手く使いこなしたいと願っている部分なので、 それが上手にできる相手に無条件でリスペクトできる。 結果、 お互いがお互いを尊敬し合っていてとてもいい関係が生まれる。 ベスト相性は興味深くて刺激的な感じだが、こちらは癒やされる感じになる。 コミュニケーションを取る機会が減っても相手の考えていることが理解できる相性と 言われていているので結婚相手ではベスト相性よりいいのではとする理論も多い。 ただ注意点として第3機能が刺激されるのでサブ進化が抑制されてしまう欠点がある。 鬱になったり、疲れている時に接するとパワーをもらえ回復できる相性である。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「カンタンな判断法」:最初のIかEを合わせてそれ以外逆方向。 あるいは、自分の第三機能が相手のメイン機能に来ていて だが、相手の第三機能が自分のメイン機能に来ていない場合。 名称通り、自分は好感を感じる。 が、相手はそれほどでもない。 基本的には自分が前のめりになりすぎなければ非常に仲良くやれる。 基本的にはイヤな感じはなく、まあうまくやれる相性である。 8パターンはどう分かれるかは後述する。 表面的にはともかく、 本質的に似た部分が多く、よって話も合うし息も統合する。 自分がメインと逆方向、つまり、メインが外向なら内向的、 もしくはメインが内向なら外向的になった場合、こんな感じになると理解できる。 「カンタンな判断法」:最初と最後の記号を逆にする。 表面的には似てる部分が多く見える。 ので、この相性の人とは、 他人からはそっくりな2人と思われやすいかもしれない。 似てる部分とそうでない部分がハッキリしているので、 似ていない部分でケンカにならないよう気をつければ上手くやれる相性。 「カンタンな判断法」:認識タイプ(感覚、直感)の人はSとNを入れ替える。 判断タイプ(思考、感情)の人はTとFを入れ替える。 メイン機能と劣性機能は真逆の世界観をもっているので全く正反対の 人生観をもっている相手なのでどうしてもイラつくし、理解ができない。 一番注意しなくてはいけない相手。 自分もやりにくいが、 相手も嫌がっていることを理解する。 普通に接していると ストレスになるし、ケンカになる。 上手くやるためには、サブ機能を使う。 「カンタンな判断法」:全てを逆にする。

次の

タイプ相性

タイプ愛称

ポケモンや、ポケモンが使う技にはそれぞれ『タイプ』というものがあり、それぞれに相性があります。 例えば、『ほのお』タイプは『みず』タイプや『いわ』タイプに弱く、逆に『くさ』タイプや『むし』タイプに強かったりします。 技を使った時に「効果は バツグンだ!」や「効果は 今ひとつのようだ」などと表示されるものがそれです。 相性が良いと、与えられるダメージが「ポケットモンスター」シリーズでは 2倍になります。 2つのタイプを持っているポケモンもいるので、両方のタイプが効果抜群となると、 4倍になります。 6倍、両タイプが効果抜群で2. 56倍 逆に相性が悪い場合は 0. 5倍 半分 となり、2つのタイプとも相性が悪いと 0. 625倍、両タイプが効果いまひとつで0. 390625倍 また、「ポケットモンスター」シリーズでは『でんき』タイプの技を『じめん』タイプのポケモンに使った時などは 0倍となり、全くダメージを与えられない相性もあります。 相手の弱点をつけば有利に戦いを進められますが、逆に弱点をつかれれば不利な戦いになってしまいます。 タイプ相性はしっかりと理解して頭に入れておく必要があるでしょう。 変化技はタイプ相性がない 一部を除く.

次の